FC2ブログ

エジプトの精神医療 2

エジプトの精神医療 2
アフマドは「アパートとシャブカ」で病院に入った 僕は恋人の婚約に同意したんだ

 「僕は誰も怖くない。恋人の婚約に同意したって、百遍も言っているのに。彼女の婚約者のところにいって、アパートとシャブカ(※)を用意したんだから、結婚したいならしろって言ったんだ。本当に彼のところに言ってそう言ったんだ。いいじゃないか、彼はアパートとシャブカを用意したんだ、何もいけないことはないじゃないか」。
 このようにアフマドの話は始まった。彼は自分のことをキチンとわかっていて、話の前に自分を病気だと言った。29歳になるアフマドがイル=アッバセーヤ病院にたどり着いたのは、「アパートとシャブカ」で恋人を失ってからだ。
 アフマドは、病院と人生についての「とても個人的な」話を語る。「とても息苦しいよ、病院側がみんなで僕を監視してるんだ。偉大なるアッラーにかけて、あいつらみんなが僕を監視してる。友達が気に入っている医者たちと看護婦たちが彼らを殺して、冷蔵庫に死体を入れているんだ」。アフマドは少し黙り、振り返った。「それからイーサーと婦長らが夜中に病棟に来て煙草をくれるんだ。でもお金を取られる。あいつらが僕らの食べ物を取っているんだ」。
 アフマドの「患者虐待」の物語を、イル=アッバセーヤ病院のある匿名の医師はこう分析する。「患者の中には、電気ショック療法中の他の患者を見て、彼らが拷問を受けていると思ってしまう者がいる。電気ショック療法は精神科医が用いる効果的な方法で、非常に良い結果を出している。ただし、患者が他の患者がこの電気治療を受けているのを見た場合は別だ。これは最も重要な治療法の一つで、大抵の場合はすぐに効果の出るものなのだが」。
 アフマドは何年も前から病院で暮らしており、いつからなのか彼にもわからない。イル=アッバセーヤの塀の外との関係は、ほとんど存在しない。「兄弟の誰も尋ねて来ない。お母さんだけが来て抱きしめてくれ、泣いてくれる。みんなはお母さんを笑って、お金を取っている。僕を病院にいさせるために」。(彼の家族だけでなく)アフマドもまた、イル=シャラビーヤ地区の家族の家に帰ることを望んでいない。「帰ると部屋に閉じ込められるんだ。兄弟やお父さんが鉄の棒でぶつんだ。弟のシャリーフも一緒になって殴る。僕が家から出ないように」。
 アフマドが望むすべては、次のようなことだ。「テレビを持ってきて欲しい。なぜって、僕が人民議会議員の息子なら、政府はとっくにアパートとシャブカと立派な職を用意してくれているはずだから。テレビ以外のものは欲しくない」。
 アフマドは病院で、すべてを恐れながら暮らしている。彼が「目撃者を殺している」と思っている医師たち、罰を加える看護婦たち、そして病院当局は「いつでもどこでも僕を監視している。どこに行くにも彼らの目がある」。一方、塀の外と比べれば、病院は天国のようだ。この患者の言うように、彼をいじめ「キチガイ」と言う家族がいる。社会が彼の個人的境遇を哀れむこともないし、愛の物語が時に精神病院にたどり着くことを理解することもない。
أحمد ذهب إلى المستشفى بسبب «الشقة والشبكة»: أنا موافق على خطوبة حبيبتى

※アパートとシャブカ:シャブカとは、婚約時に花婿側から贈られる宝飾品のこと。エジプトでは結婚の際の花婿側の負担が膨大で、このシャブカの他、婚姻契約で支払うマフル、さらに新居を用意しなければならないこと(昨今の家賃高騰の煽りで賃貸ではなく持ち家が要求されることもしばしば)、などがあります。ここでの「アパートとシャブカ」は、そうした結婚費用を賄うことができず破談となった(他の男性が婚資を用意しこの女性に求婚したらしい)、ということを示しています。
 こうした結婚事情については、エジプトにおける外国人との結婚 2などでも触れています。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 2|2010/04/26(月) 14:52:43|
  2. 新聞・メディア

エジプトの精神医療 1

エジプトの精神医療 1
精神病院を取材 社会の塀の外での生活

 高い塀と開かれた扉、イル=アッバセーヤ精神神経病院はこんな風に見える。この巨大病院の中で、他人との社会的疎通能力を失った人々が暮らしている。
 病的状態、これを生み出したのは社会だが、治癒後ですらこれとの関わりを拒んでいる。本紙はイル=アッバセーヤ病院に入り、患者とその家族の生活の細部を知り、新しい世界を暴き出した。これは、社会が拒否することで事足れりとし、精神病者の真の治癒は社会がその個別の事情を評価し苦痛を理解することでしか有り得ないことについて、少しの考えも巡らせずに塀の中に押し込んでいるものだ。
 本紙の扱う患者たちには、イル=アッバセーヤの塀により社会から守られている者もいるし、そこからの脱出を試みた者もいる。
 またこの特集では、精神病者保護法の施行の進展も扱う。この草案は、患者の権利侵害問題で多くの危惧を生んだ。専門家はどう見て、どのような成果があげられたのだろうか。
«المصرى اليوم» تخترق مستشفى الأمراض العقلية.. الحياة خارج أسوار المجتمع
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 1|2010/04/26(月) 14:51:58|
  2. 新聞・メディア

ムスリム同胞団と諸政党の対話

ムスリム同胞団と諸政党の対話
ムスリム同胞団、包括的政治改革のための文書を用意

 ムスリム同胞団指導部筋は、同団が現在、包括的政治改革文書を鋭意準備中であることを明らかにした。これは、イッ=タガンムア党とワフド党訪問から開始された政党指導者らとの会見が終わり次第発表される。
 匿名希望の情報筋は本紙に対し、同文書は同団と諸政党およびその他の政治勢力とのすべての一致点を包括するもので、この文書が準備され初めたのは、政治改革のために政治勢力を「総結集」するためである、と述べた。
 また「同胞団指導者らによる特別委員会が準備しているこの文書の最終発表は、諸政党および政治勢力の同意に基づくことになり、同胞団と諸政党指導者との会見の後で行われる」と付け加えた。これは、文章の条項について同意できた場合、共同行動文書と同様に、野党の要求と政治改革に対する国の「頑迷さ」と彼の呼ぶものに対抗するものとなる。
 同胞団指導部員イサーム・イル=アルヤーンは、同胞団は彼ら個々人にエジプトのための歴史的事業を遂行する能力を求めてはおらず、重要な事業というものは、すべての相違を脇におき、違いを認めてこそ遂行可能なものだ、と述べ、こう付け加えた。「本当に、エジプトには祖国のために努力を尽くす真摯な人々がおり、歴史は彼らを評価するだろう」。
 同胞団を含む諸政党および政治勢力が合意に達する見込みについては、「我々は合意を願っており、近日中に達することができるかもしれない。とりわけ、エジプトは困難な状況にあり、政治改革のために皆が一致する必要があるのだ」とイル=アルヤーンは述べた。
 最近行われた同胞団のワフド党訪問については、良好なものであり、続けて他の政党も訪問する、と語った。来たる諮問議会および人民議会選挙についての同胞団と諸政党間の調整については、「既に行われた」とした。
 同胞団指導部員ムハンマド・マルサーは、「ワフド党訪問の際、同党指導者らから良い言葉を聞き、ワフド党事務総長ムニール・ファフラー・アブドゥルヌール氏の話は、同胞団が同党と関係していく上で勇気づけられるものだった」と述べた。
«الإخوان» تعد وثيقة لـ «الإصلاح السياسى الشامل»
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ムスリム同胞団と諸政党の対話|2010/04/23(金) 22:45:42|
  2. 新聞・メディア

クウェートから追放されたエルバラダイ支持者


クウェートから追放されたエルバラダイ支持者
クウェート帰国者と対話
マスアド:クウェートの治安担当官はわたしに言った。「我々はムバーラクを望んでおり、彼を怒らせたくない」
ハリーファ:揉み合いに巻き込まれた。「イル=バラーダイーの大統領への夢のせいで、俺の夢がぶち壊しだ」

 イル=バラーダイーを支持するキャンペーンに参加したことで国外退去となりクウェートから帰国した多くのエジプト人が、彼らの逮捕がクウェート当局の主権決定に基づくものであることを、クウェート治安担当官らが彼らに伝えたことを明らかにした。
 帰国者の一人マスアド・ハサンは、本紙との単独会見で、クウェートの担当官が彼にこう言ったと述べた。「政府が自発的にこの決定を採択した。これにはエジプトではなくここで従ってもらう。我々はムバーラク大統領を望んでおり、彼を怒らせたくないからだ」。
 マスアドは逮捕の詳細を語る。フェイスブック上のクウェートでのイル=バラーダイー支持グループのメンバーらは、多くのエジプトの知識人がシャツとイル=バラーダイーの写真をプリントしたステッカーをハイターン(訳注:クウェート南部の街)のマクハー「イル=アイユービー」で配っているとのことだったので、文化的な集まりを平和裏にもとうとしたところ、集合の二時間ほど前から逮捕が始まった。
 マスアドは、南スッラのクウェート治安本部に連行され、ムハンマド・イル=バラーダイー氏支持キャンペーンがどのようなものなのか尋問され、その後手錠をされクウェート空港に連れていかれた、と語った。彼の他に三人の同僚がおり、クウェート人の担当官らはエジプト大使館への連絡を拒否したという。空港でのエジプト治安官の扱いは良く、すぐに問題なく外に出してくれた、と語った。
 帰国者の一人ハリーファ・アブドゥルハミード・アブドゥルハリームは、クウェート治安当局は、彼がイル=バラーダイーのキャンペーンと関係ないにも関わらず彼を逮捕した、と語った。たまたまキャンペーンのメンバーの集まっていたマクハーにいただけだった。彼は政治とは縁遠い人間で、十二年前からクウェートで働いていた。「イル=バラーダイーの共和国大統領への夢のせいで、俺の夢がぶち壊しだ」と、彼は付け加えた。
 改革連合事務局長ハサン・ナーフィア氏は、クウェートからの帰国直後に逮捕が解かれたことは、治安当局の市民の扱いが改善されたと見る一方、同団がエジプト外務省およびクウェート当局に帰国者の権利回復を要求する予定であり、これが実現されない場合は国連の助けを求めることを明らかにした。
 一方、イル=バラーダイーは昨日、ウサーマ・イル=ガザーリー・ハルブを長とする民主戦線党の代表と会見した。会見は3時間に及び、同氏の述べるところでは、イル=バラーダイーは諸政党に彼が加えているという批判について否定し、これが彼の実像を歪めようというキャンペーンによるものである、とした。
 イッ=タガンムア党は、四月十七日の同党結成34周年記念にイル=バラーダイーを同党本部に招く。同党書記長補佐マグディー・シャラビーは、イッ=タガンムアが同党メンバーの改革連合への参加禁止を決定したと述べた。これは、党員は党のもとで政治活動を行うことを第一とすることによる。
 一方、「イル=バラーダイーを支持する独立大衆キャンペーン」は、クウェートでの事件を受けて海外における運動方針を変更することを決定した。アラブ諸国の当局を刺激しないためで、同キャンペーン筋によると、海外での活動はインターネット上に限定し、集会は行わないという。
 カイロ空港には昨日、クウェートからの別の帰国者四名が到着した。このうちワリード・イル=キットとターリク・サルートは、クウェートにおけるイル=バラーダイー支持団体の主要な活動員とされており、他にアフマド・ガマール、ムハンマド・ガマールがいた。
 イル=キットは、監禁中ずっと目隠しされており、取調べは十二時間続き、連合の資金調達状況とイル=バラーダイーとの関係について集中的に尋問された、と述べた。
«المصري اليوم» تحاور العائدين من الكويت : «مسعد»: مسؤول أمنى كويتى قال لى «بنحب مبارك ومش عايزين نزعله» «خليفة»: كنت متواجداً بالمصادفة.. و«أحلام البرادعى فى الرئاسة أضاعت أحلامى»
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  クウェート  エルバラダイ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. クウェートから追放されたエルバラダイ支持者|2010/04/13(火) 23:46:23|
  2. 新聞・メディア

エルバラダイを支持する在クウェートエジプト人逮捕への抗議

エルバラダイを支持する在クウェートエジプト人逮捕への抗議
 治安部隊は昨日、在カイロクウェート大使館前で多くの女性政治活動家らがデモを組織しようとしたのを止め、彼女たちの抗議文提出を阻んだ。これはクウェートで33人のエジプト人が逮捕されたことに抗議するもので、彼女たちは、国連原子力機関前事務局長ムハンマド・イル=バラーダイーの改革要求を支持していた。当局はドッキ地区の大使館へ通じる道を封鎖した。
 16名ほどの女性政治活動家は、彼女たちの言うところでは、クウェートからの追放者の権利保護と、政治的志向を理由とした一方的な解雇をやめるよう求めるため、クウェート大使館に向かった。彼らはムハンマド・イル=バラーダイーへの支持を表明していた。活動家らの代表が要求提出のために大使館に入ることを治安部隊が拒否した後、大使館そばで抗議デモを組織し、クウェートとアラブ体制に反対するシュプレヒコールをあげた。その中には「すべてのアラブ体制は、公正と自由に反している」というものがあった。
 イル=ガド(明日)党副代表ガミーラ・イスマーイールは、反エジプト警察の抗議の声をあげ、アラブ体制を「治安当局上層部による連携」と断罪した。エジプト内務省がクウェートのカウンターパートに対し情報を提供している、と言い、アラブ体制は改革運動を「盗賊団か何か」のように扱っている、とした。
 一方、諸人権組織は、当地在住のムハンマド・イル=バラーダイー氏の支持者が逮捕され、このうち21名が追放されたことを受け、クウェート政府に対し広範な抗議キャンペーンを組織した。
 ヒューマンライツウォッチは、昨日、クウェートに対し「エジプト人反体制派への迫害の停止」を求め、エジプト人全逮捕者の即時解放と追放措置の停止、クウェートの住居への帰還許可を要求した。
 一方、アラブ司法独立センターは本日、国連に対し同問題についてクウェート政府に抗議する声明を提出した。エジプト人権協会は、昨日、在カイロ・クウェート大使に書簡を贈り、一方的な追放について現状を調査するよう求め、彼らの権利を取り戻すよう要求した。
 クウェートでは、クウェート人権協会が昨日声明を発表し、クウェート治安当局が行った措置を「一方的」であるとし、クウェートがコミットしている基本的人権を極めて杜撰な形で否定するものだ」とした。
انتقادات حقوقية واسعة للكويت بعد ترحيل أنصار البرادعى.. والأمن يمنع مظاهرة نسائية أمام سفارتها

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  クウェート  エルバラダイ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルバラダイを支持する在クウェートエジプト人逮捕への抗議|2010/04/12(月) 23:03:01|
  2. 新聞・メディア

夜遅くまで働く女性たち

夜遅くまで働く女性たち
深夜に働く女性たち 仕事は悪くないけど人々は口性ない

 年頃の娘たちが貴重な「パンの一切れ」を求めている。社会には哀れみをかける者もなく、「か弱き性」のものとなれば尚更だ。馬鹿げた問いと無駄な考え、訳も無く拒絶する感情、少女が夜の仕事から帰る時、これらがエジプトの通りを満たし、社会には解決を差し伸べるわけでもなく、職探しを決めた者を受け入れもしない。
 商業高校を出た持つライラ・アービドゥ(19歳)は、父親を亡くし、母親にも何の考えもなかった。「仕事を探しにでかけ、ムニーラのうちのそばにあるセンターをみおつけて、そこで昼の十二時から夜の十二時まで働いているの」。しかし夜の仕事は家からいくつもの通りが離れていて、帰り道にはいつも暇を持て余した人々から嘲りの言葉を投げかけられる。「これらの人々はお喋りし、どんな理由でも、あるいは理由など何もなくても、娘の陰口を叩く。この程度の卒業証書で、他所に行ってどんな仕事が取れるって言うの?」
 ライラは深夜過ぎに家に帰ると言われながらぬくもりのない家に帰り、彼女だけが「暇が人を裁く、人は互いにとやかく言うことをやめない」と知っている。
 一方、呼吸器病院の看護婦アミーナ・ガアファルは、その公立病院での仕事のため、イル=ワイリー地区のイル=カービラートの自宅に「夜半すぎに帰るのがほとんどで、地区に着くとすぐみんなにジロジロ見られる。若者がね。ここに住んでいる人はみんなわたしが公立病院の看護婦だって知っているのに、疑ってかかっているみたいだわ」。アミーナはこう続ける。「道のアフワ(訳注:カフェ)にいる人達よ。窓際の女性たちにいたるまで、ヒソヒソ話をやめないの。近所の人もそうでない人も、ひどいことを言って、それっきりなんだから」。
 アミーナの家族は彼女の職務状況を静かに受け入れている。給料はそれなりで、仕事は看護という技術職だ。しかし、時々仕事の予定が原因で問題になることもある。「時々お父さんと口論になるの。早朝シフトがダメだとか、大喧嘩になる。でもそれがシフトなんだからどうすればいいって言うの?」。
 「人の噂」のせいで、この家族には、社会が受け入れてくれないアミーナの仕事の状況を何とかする必要があった。「人々を黙らせるために、公立高校に通う弟が、どんな夜のシフトでも迎えに来てくれるの。どうすればいいって言うのよ。働けば悪いことのようで、働かなければ物乞いでもするしかない」。
 若きジャーナリストのラニヤ・マフムードは、偉大な女性の道を歩くにはまだ道のりが長い。もっと仕事をしなければならないし、もっと勉強しなければならない。もっと柔軟にならなければならない、とりわけ仕事の予定については。「最初、家族は夜の九時より遅くなるのを心配していました。すこしずつ仕事の状況を理解してくれて、遅くなることもできるようになったんです。でも夜の十二時には絶対家にいなければならないし、仕事や交通のせいであってもです」。
 ラニヤは幸運だった。彼女は高級なイル=マアーディの住人で、周辺住民は職務上の責任についてとやかく言うことが少なく、皆がほとんど「自分のことだけ」構っているからだ。しかしこの地区には、別のタブーがある。同僚が彼女を家まで送らなければならないのだ。これが「高級地区」イル=マアーディの習わしなのだ。
 一方、多くの若者は女性の職業事情に理解を持っている。会計士アーディル・イル=マフディーは、女性が夜遅くまで働くという考えは、もう社会的に受け入れられないことではない、と示した。少し耳が不自由なだけの女性がいて、家族が夜に彼女が帰ってくるのを心配していた。娘以前にあったような危険にまたあうかもしれない、という家族の心配だ。しかし現在の社会的・財政的状況から、より良い生活のための方法のために、考えを変えて行っている。
 携帯電話店店主イマード・ラーディーは、社会は女性が夜働くことを少しずつ受け入れていくだろうが、まだこの考えは慎重に扱わなければならないもので、女性が夜の遅い時間まで働くことを社会の自由度の証しと見ることはできない、と述べた。
 工学部の学生マフムード・イッ=シャリーフは、エジプト社会に自由な領域が現れ始めていて、それは社会・経済的状況によっている、と述べた。例えば、大学には夜間講義があり、夜の九時か十時に終わる。ここから、女性が夜遅くまで働くという考えに道を開くことができる。なぜなら、家族は彼女が学生の時から彼女が遅く帰ってくることに慣れていくからだ。
عاملات بعد منتصف الليل : الشغل مش عيب والناس «كده كده» ألسنتهم ما بترحمش

 この記事について、たまたま知人のエジプト人ムスリマと話す機会があったのですが、彼女の意見が興味深かったです。
 「女性が深夜遅く帰ることを社会が徐々に容認するようになってきている、というようなことを言いたいらしいが、この新聞はムスリム以外も読んでいて、ムスリムでも形だけのものが多い。イスラーム的には、そうしたことは容認できない」。
 これに対しわたしが「しかし、彼女たちだって好き好んでそんな仕事をしているわけではないし、それで帰りが遅くなるのをとやかく言うのは問題ではないか」と言うと、
 「確かにそれは良くない。その前に、彼女とその家族を皆が助けるべきだ。女性が夜に働きに出る、ということは、そのこと自体の是非以前に、そんな状況に追い込まれるまで、周囲が助けなかったことが問題なのだ」という答えを頂けました。
 なるほど、そう言われるとそれはそれで筋が通っています。
 「では、彼女を悪く言う人間に、『お前たちの言葉は正しい、だが文句を言う前に手を動かしたらどうだ』と言ったら、それは正しいか?」と尋ねたら「そういうことだ」と了解してもらえました。
 そういうことなら、わたしも同意見です。

 また、「女性の夜の一人歩きと言っても、都市によって状況が違う。例えば東京なら、夜遅くに女が一人で歩いていても、まず危険はない」と言ってみたら「カイロだって安全だ。そういう問題ではない」と返されてしまいました。それは確かにその通りです。エジプトは全般に治安が良く、夜に若い娘が一人で歩いていても、冷やかされたり、この記事のように「悪い噂」につながることはあっても、襲われたり殺されたり、ということはまずあり得ません。

 紋切型の「女性の社会進出」的な切り口だけで読んでしまうと、片手落ちになってしまう問題だと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 夜遅くまで働く女性たち|2010/04/11(日) 23:48:46|
  2. 新聞・メディア

メルセデス社からエジプト政府高官への賄賂

メルセデス社からエジプト政府高官への賄賂
メルセデス社からエジプト政府高官への賄賂詳細を明かす米国文書を本紙が入手

 米国資本取引市場機構の提出した訴状により、ダイムラー・メルセデス・ベンツ社の賄賂についての新たな詳細が明らかになった。同社からの政府による自動車や機器類購入の便宜をはかるためである。
 本紙とアメリカ・イン・アラビック通信社は28ページから成る訴状を入手した。これは同社が1998年と2004年に賄賂を提供したことを示すもので、一回目は1,100,000ドイツマルク、二回目は322,000ユーロ(およそ2,500,000ギニー)が、同社のエジプトでの事業と販売を容易にすべく、エジプト高官ーー告訴状に名前は明示されていないーーに提供された。
 告訴状によると、支払いはコンサルティング・エジプト社を通じて行われ、この会社が賄賂の隠れ蓑となった。支払いの目的は「エジプト政府組織における消防車と自動車シャーシの購入を保証し、車体と交換部品をメルセデスから購入すること」だった。
 これは、世界的なメルセデスが関与した世界規模の賄賂事件について最初に明かされた詳細となる。
 アメリカの裁判所は、昨月末に、ダイムラー・メルセデス・ベンツ自動車製造社は、1998年と2004年に、事業円滑化、自動車販売、取引拡大と促進のために、エジプト政府職員に対する二度にわたる賄賂支払いを決めた、と述べている。
 ワシントン裁判所は同問題の文書で、賄賂提供は数千万ドルにのぼり、エジプトはメルセデスが賄賂を提供した国の一つである、としている。
 告訴状とは別の裁判文書によると、巨大企業メルセデス社は、別会社を通じて賄賂のための金を銀行口座に入れたが、賄賂の中には、税抜きで300,000ユーロを越えるフィアットなどのメルセデスの高級車が、トルクメニスタン政府高官への誕生日プレゼントとして贈られたものも含まれる。
 支払い嫌疑には、自動車購入取引の保証としてイラク政府高官に提供されたものもある。
 裁判文書によると、この巨大企業は、22の国で米国国際商取引法に違反する腐敗行為に関与しており、これらの国にはエジプト、イラク、トルコ、クロアチア、中国、ロシア、ギリシャ、インドネシア、コートジボワール、ラトビア、ナイジェリア、ベトナム、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タイ、モンテネグロ、セルビアが含まれる。
 同文書は会社指導部とエクゼクティブマネジャーらが、事業円滑化のために数年間にわたって行われたこの行為を認識していた、と認めている。
 この問題が発覚したのは、同社の元従業員がこの問題を指摘し贈賄の中止を求めて解雇されたことを明らかにしたことによる。
 同社は二月に、アメリカ法務省と合意できる見込みであり、事態解決のため185,000,000ドルを支払う旨を発表している。
 ダイムラー・メルセデス・ベンツが支払った賄賂は、およそ50,000,000ドルの利益を会社にもたらしていた。
«المصرى اليوم» تحصل على وثيقة أمريكية تكشف تفاصيل رشوة «مرسيدس» لمسؤول مصرى كبير

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  賄賂  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. メルセデス社からエジプト政府高官への賄賂|2010/04/08(木) 21:50:03|
  2. 新聞・メディア
前のページ 次のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。