スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファジュルの告げる「終わり」

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 ファジュルのアザーンは独特です。
 アザーンの文句が一つ多い、ということではなく、あれが街中から流れてくる時というのが、独特の雰囲気を持っています。
 眠っている時にファジュルのアザーンが聞こえてノロノロ起きだす(起きないけれど)、という場合は、それほど不思議でもないかもしれません。気になるのは、何かで夜明け近くまで起きていてしまい、目覚めたままファジュルのアザーンを聞く時です。
 夜が永遠に続くかのような気持ちでいたところに、ファジュルの第一声が聞こえ、連鎖するように街中にアザーンが響き渡る。野良犬が吠え出す。声と声が、地の底から這い上がるようにうなりながら登っていく。

 あの音を聞くと、何故かいつも『フロム・ダスク・ティル・ドーン』を思い出します。名前の通り、夜の間だけ活動できる怪物たちが登場する映画です。この映画に限らず、「暗闇の中だけでしか生きられない怪物」というモチーフは、人類の文化の様々な面で見出すことができるでしょう。
 ファジュルが聞こえると、怪物たちは巣穴に戻らなければならない。あのうねるような音は、怪物たちの断末魔の叫びのようにも聞こえる。

 時を断たれ、闇への退却を余儀なきされる怪物、それはわたしです。
 夜の思考は穴掘りに似ていて、全体を見渡すというより、視野狭窄をプラスに使って、一つの部分を徹底して掘り下げていくのが得意です。逆に言うと、具象から切断された透明な思考が、ただただ暴走していくようなところがあります。夜に書いた手紙が、朝読み返すとロクでもないことがあるように。
 そういう透明性、静謐さ、「夜の自由」が、ファジュルに切断される。

 「太陽の元では明らかなものは何もない」と言ったのはソロモン王だったか、よく覚えていません。ミシェル・セールがこれを援用して、文化相対主義的な、失礼ながらややチープな論を唱えている場に居合わせたことがありますが、確かに太陽はある種の自由を奪います。太陽が示すのは「ただ一つの具体的な世界」です。太陽の元では、世界は目に見えるままのものでしかない。夜、世界は可能的なものに満たされる。ファジュルと共に、世界は収斂し、形を持つ。形を持ってしまったがゆえに、形なき自由を失う。

 ファジュルの告げる「終わり」。ファジュルは一番最初のアザーンですが、ここで気になっている感覚について言えば、むしろ「終わり」が近いです。そう、ファジュルで何かが終わる。
 ファジュルの後で、礼拝の感覚がグッと広くなっているのは、何となくストンと落ちるところがあります。ファジュルで何かが終わって、太陽の世界の前で何もかも諦めた頃に、ズフルがやってくる。

 イスラームとアラビア語が生まれたアラビア半島は、エジプトはカイロなどより遥かに過酷な自然環境で、朝の訪れの持つ意味は、一層熾烈なものだったことでしょう。照りつける太陽の元では、人間は本当に、寄る辺ない力なき存在だと感じます。
 もっと大げさに考えるなら、わたしたちの大ご先祖様の初期哺乳類は、爬虫類たちの支配する昼の世界に怯えながら、嗅覚を頼りに夜の世界を生き延びたはずです。彼らにとって、夜明けは間違いなく「終わり」だったでしょう。

 ファジュルで何かが終わる。終わりが始まる。
 街をファジュルのアザーンが吹きぬけ、嘘のような静寂が再び支配し、それからしばらく経って次第に空が白んでくる頃、神の楔を打ち込まれた怪物たちが、ゆっくりと死体のように行進を始める。
 もう一度、夜の自由に帰るまでのあいだ。

DSCN4299
夜の自転車 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  イスラーム 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ファジュルの告げる「終わり」|2009/09/08(火) 10:42:56|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。