スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

留学先選びと学校選び

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 今後何回かで、わたしの乏しい経験の中から、参考になりそうな情報をまとめておきます。

 まず、大前提のエジプトという留学先。
 アラビア語学習者ならご存知だと思いますが、アラビア語ではフスハーとアーンミーヤの乖離というのが、一つの学習上の難所になります。
 エジプトのアーンミーヤ(エジプト方言)は、フスハーからかなり離れたものなので、とにかくフスハーを極めたい!という方には、不適かもしれません。
 マグリブよりはマシでしょが、シリア方言はエジプト方言よりはフスハーに近いと聞きますし、おそらく湾岸やイェメンなども、比較的フスハーに近いのではないかと思います。
 ですが、それでも完全にフスハーのままで日常生活のすべてを行っている地域があるわけではなく、いずれにせよアーンミーヤの海と戦う、という現実からは逃げられないはずです。
 また、わたし個人が強く感じることは、アーンミーヤがいかにフスハーから遠くなっていても、やはり「一つの言語」で、フスハーとアーンミーヤは合わせて一つなんじゃないか、ということです。
 イスラーム草創期の時代でさえ、現存している書き言葉としてのフスハーがそのまま全生活で使われていたとは考えにくいです。「正しいフスハー」が整備されていったのは、遥かに後の時代の話で、「千年以上変わらない言語」などというのは、ファンタジーにすぎません(このファンタジーはとても大切なのでバカにしてはいけませんが)。
 わたし自身、最初はエジプト方言が嫌いでした。わたしの中での「アラビア語の美しさ」からかけ離れ、何でもかんでもカスラだし、乱暴な印象があるし、「なんでみんな素晴らしいフスハーを使わないんだ!」と見当違いなことでイライラしたりもしました。
 でも、慣れてくるとエジプト方言も愛しくなり、TPOに合わせてコードを操っていくエジプト人の言語感覚が、段々理解できるようになってきました。フスハーというのは、フスハーの文法・語彙体系だけで成り立つものではなく、「フスハーで語るとはどういうことなのか」という、社会におけるフスハーの位置付けまで含めて、言語なのです。そして当該社会ではアーンミーヤが使われている以上、やはり二つは一つ、コードシフトとそのタイミングまで含めて、一つの言語なのだと考えた方が、より包括的にアラビア語およびアラブ社会を理解することができるのでは、と考えています。そう思ってから、エジプト方言がグッと好きになりました。第一、実際にエジプトで暮らしていれば、エジプト方言の速射砲のようなキレが心地よくなるものです(笑)。
 ですから、多少フスハーからの距離が離れていても、エジプトが悪いとは言いたくないのですが、まぁ正直なところ、フスハーの「会話力」はあんまり上がっていない気がします(笑)。読む力は格段に上達したし、アーンミーヤに至っては、最初全くのゼロだったものが、ほぼ全生活をアーンミーヤでこなし、路上で日々喧嘩できるまでになりました(笑)。
 エジプトを選ぶことの問題は、言語そのものというより、カイロという町がとにかく騒々しく空気が悪く、落ち着いて勉強できる雰囲気ではない、というところにあるように思います。自分なりの生活サイクルを築かないと、おせっかいなエジプト人に振り回されてばかりで、時間を浪費します。この浪費自体から学ぶことも多いので、一概に無駄とは言えませんが、いつまでもそれが続くのは好ましいと言えないでしょう。
 エジプト国内なら、アレキサンドリアあたりが、日本人には暮らしやすいと思います。ルクソールもとても環境の良いところですが、勉強に適しているかはわかりませんし、夏は地獄でしょう。
 聞いた話では、シリアの風土は全然違って、もっと素朴で、人々もエジプト人のようにやかましくはないようです。シリアにはシリアの問題があることでしょうが、フスハー以外やりたくない!少しでもフスハーに近い環境で暮らしたい!というようなら、選択肢に入れておくのも賢いでしょう。

 次に、学校選びについて。
 わたしは、エジプトに渡る前からお世話になっていたAという家庭教師派遣型の学校を最初利用していたのですが、途中でFという別の学校に乗り換えました(Fは現在はAから始まる名称になっていますが、紛らわしいのでFにしておきます)。前者はオンラインレッスンが中心で、家庭教師派遣のみで物理的な学校はありません。後者も個人レッスン中心ですが、物理的な場所があります。
 A語学学校が割高なのはわかっていたのですが、今までの関係、他の学校でいくつか悪い噂を聞いていたので、最初は疑問なくそこで学んでいました。
 辞めようと思った理由はいくつかありますが、最大のものは、途中から授業キャンセル等が頻発するようになったことです。
 当初教わっていた先生が学校を辞めてしまったり、その理由がわたしの関わるお金関係だったり、というのにも疲れましたし、経営者でもある先生のやたら人を支配しリードしようとする性質にも嫌気がさしました。生徒層を眺めていても、駐在員や大使館関係者など、割とお金を持っている日本人をターゲットにしているように見えます(日本との関係は深い)。
 経営者でもある先生は教師として優秀な人物だと思いますが、どうにも営業主体で、授業スタイルもいちいち手綱を握っていないと気がすみません。おまけに、自分が直接教えるとなると、平気で遅刻やキャンセルを繰り返します。
 支配的な授業スタイルというのは、リードしてもらいたいタイプの方にはむしろ向いていると思いますが、わたしは自分のプログラムにそって教師を逆調教する方が性分に合っているため、相性の悪さもありました(偉そうなことを言えば、管理されないと勉強できないような人は、どちらにせよ伸びくい気がします)。
 また、家庭教師派遣というやり方自体の問題もあります。
 落ち着いて勉強できる場所が確保できているなら良いですが、それがない場合、物理的な場所を求めて苦労することになる可能性があります。わたしは、「毎日決まった場所まで通って、同じ場所で勉強する」というサイクルが欲しかったので、これもF語学学校の方が好ましかったです。
 F語学学校は、教師によりバラつきはあるものの、決して指導力に劣ることはなく、先生方もみな礼儀正しいです。遅刻は一度もなく、病気でキャンセルというのが数回あっただけでした。価格的には、期待していたほど安くはならなかったのですが、もっと早くこちらに移るべきだった、と後悔したほどです。
 強いて言えば、フスハーの授業でも、こちらがアーンミーヤで喋ると、そのままアーンミーヤに流れます。わたしはそれで構わない、というか、「フスハーをアーンミーヤで説明する」というのはエジプト人が普通に行っていることなので、テクストを読み上げる場合以外はすべてアーンミーヤで喋っていましたが、徹底してフスハーを鍛えたい方は、「フスハー以外喋らないでくれ」と最初に言った方が良いです。もちろん、先生方はフスハーには不自由ないし、英語も非常に上手です。

 確証はありませんが、オンラインレッスンやウェブ上でのビジネスの大きいところは、どうも怪しい匂いがします。何の因果関係もなく、緩い相関関係が見出させるだけですが、個人的にはウェブに力を入れすぎているものは、何でも信用しません。わたしの求めているものは、もっと泥臭くてウェットなものなので。

B002QDNVGO留学ジャーナル別冊2010-2011『学生&社会人のための海外の大学・大学院完全ガイド』
留学ジャーナル 2009-10-01

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  留学  学校  アラビア語 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 留学先選びと学校選び|2010/01/14(木) 01:13:40|
  2. 留学まとめ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。