スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寛大さより手抜きといい加減

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 信仰や「異文化との共存」(この表現はいかにも教科書臭くて嫌いだし、ハッキリ言えば欺瞞だけど)を巡って旅していると、寛大さについて話したり考えたりする機会がどうしても多いです。
 寛大とか寛容とか言えば、それは聞こえが良いですし、どこの国のどこの人でも、寛大であることは素敵なことだ、と思うでしょう。「寛大さ」を理想として掲げておけば、とりあえず文句を言ってくる人はあまりいないし、「異文化との共存のためには寛大さが大切です」とか言っておけば、なかなかケチもつけられません。
 ですが、この「寛大」という言葉がなかなか曲者で、まず、一口に寛大といっても、その性質は文化により異なります。
 さらに、実際に「寛大さ」を実践する段階になると、単に緩めていくだけだと「それは寛大ではなくいい加減なだけだ」とか「いくら何でもやって良いことと悪いことがある」とか「社会の最低限のルールだけは守ってくれないと」等々、細かい異論が噴出して、結局立ち行かなくなることが往々にしてあります。

 問題の根っこは多分、最初の「寛大さ」という理想が、綺麗すぎることにあるのです。
 似た環境・似た文化で育った者同士でも諍いが耐えないのに、見当もつかない世界の人々がやって来たり、こっちから出向いたりすれば、問題の一つや二つ起こるのが当たり前です。それに対処するのに「寛大さ」などという、何だか聖人君子のような理想を持ち出してしまうと、結局「いやー、ウチらそんな立派なものじゃないしなー」と諦めてしまう結果になるのです。
 「寛大さ」という言葉には、現実世界でわたしたちが直面しなければならない、「大したことじゃないけどどうにも不愉快な細かい問題の山」を、単純化しナメてかからせてしまう小奇麗さがあります。
 実際にわたしたちを苛立たせる問題というのは、ほとんどの場合、大したことではありません。電話で喋る声がやたらデカいとか、よく遅刻するとか、挨拶がやたら長いとか、一つ一つ見れば些細なことなのです。「ほとんど一緒で、ちょっと違う」からイライラするのです。こういうタイプのチクチクくるストレスに対しては、大上段に構えた大きな理想はあまり役に立ちません。

 実際のところ、本当に役に立つ心構えというのは、ただ単に「雑」で「いい加減」になることでしょう。
 「雑」とか「いい加減」というのは、初めからプラス一面の言葉ではありません。「いい加減」であることに利点があるにしても、100%ポジティヴな性質だと思う人はあまりいないでしょう。
 そういう、半ば必要悪的なものを覚悟して初めて、現実の中で戦っていけるのです。
 色々問題は起こる。その問題は、多分解決しない。でもとりあえず死なないから、今日はもう寝ろ。
 そんな調子で、テキトーにノラリクラリかわす、ダメダメなやり方が功を奏する場面も沢山あります。
 ですから、最初から「ちょっとダメっぽいことをやらないと乗り越えられない」覚悟を持っておく方が、綺麗な言葉で理想を語るより、ずっと有効でしょう。

 イスラーム研究者の片倉もとこさんが、「ゆとり」と「くつろぎ」から「ゆとろぎ」という言葉を提唱されていましたが、大変失礼ですが、この言葉もちょっと美しすぎます。
 その美しさと「ゆとろぎ」の大切さには異論はないのですが、リアル「ゆとろぎ」には、ゆとりというより単に「怠けている」とか「やっつけ仕事」的な一面もあって、全面的にプラスに見られるものではありません。
 そういう、これまた「ちょっとダメっぽいものでもいいのか」という問いが、美しい言葉の前では忘れられてしまいます。
 ちょっとダメっぽくてもいいんですよ。そういう覚悟が必要だ、ということです。

 「ゆとり」と言えば「ゆとり世代」。
 「ゆとり世代」という言葉に最近込められている「ゆとり教育とか緩いこと抜かしていたから、このザマだよ」なネガティヴなイメージができてしまったのも、元の「ゆとり」という言葉が綺麗すぎることが一因です。
 最初から「手抜き教育」くらい言っておけば、多少抜けたり漏れたりしていても、後から文句をつける人はいません。いや、幾らなんでも「手抜き教育」では採用されないでしょうけれど・・。

 でもですね、本当は「手抜き」くらいダメダメなものが、逆にプラスに働く場面というのがあるでしょう。認めたくないし、大々的に認めてしまうとみんなが手抜きしすぎて困るかもしれませんが、「手抜きもたまにはいいもんだ」くらいドーンと構えて置いたほうが、本当に「手抜きが必要な場面」に出会った時に、堂々と手が抜けるというものでしょう。

 わたしは「寛大」ではないので、そんなものが必須条件なら、到底「異文化との共存」なんてできません。
 でも大雑把でいい加減ですぐ忘れるので、実際のところはそれなりに生きています。神様ありがとう。

追記:
 ふと思い出しましたが、一時期鬱病を「なまけ病」等と呼んで、患者さんを誹謗する言説がありました。個人的には、ぶっちゃけ「なまけ病」でも良いと思っています。問題は「なまけ病」くらいでグダグダ他人のことに因縁つけてくる小町的精神の方でしょう。「なまけ病」、結構じゃないですか。そんなヤツもいるがな。アンタこそ働き病とか小町病とかそんなんやろ。放っとけボケ。

アスワーン西岸らくだと2ショット
アスワーン西岸らくだと2ショット posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
文化  社会 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 寛大さより手抜きといい加減|2009/12/30(水) 01:40:23|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。