スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アブ・シンベルと砂漠の夜明け

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
11/29

 アスワーンでは、ルクソールのOASISホテルとつながりのあるヤーシーンというホテルに宿泊。駅のすぐそばです。普通の安宿で、OASISと違いちょっと薄暗くて憩いの場もありませんが、バストイレ・エアコン着きで35ポンド。不潔ではないですが、特別綺麗でもなく、タオルも何もありません。色々な意味で標準的な安宿です。

 アスワーンに着いた時の第一印象は、「意外と街」。もっとド田舎だと思っていたら、駅前は新しく整備されていて、きちんと観光拠点になっています。ナイル沿いの道もオシャレ。

 アスワーンに来た最大の目的は、めちゃくちゃ普通にアブ・シンベルです。
 アブ・シンベルはアスワーンから車で3,4時間の所で、宿を予約した時に一緒にツアーも申し込んでありました。アブ・シンベルだけを見るショートツアーで70ポンド。
 アブ・シンベル日帰りツアーは午前3時くらいに出発し、ショートツアーなら昼くらいには戻ってきます。
 3時に出るなら、2時くらいには起きたいですが、宿にたどり着いてシャワーを浴びて寝る体制になったのが、既に12時前。
 初日バス泊、二日目も朝7時ツアー、と来たところで、更に2時間睡眠か、と思ったら、その2時間も目がさえて眠れず、徹夜でそのまま出発しました。でも、バスの中でみんな寝ているので大丈夫です。

 バスはとても綺麗なマイクロバス(エジプトにおける「マイクロバス」ではなく、日本語での「マイクロバス」)で、警護のためにコンボイを組んで行きます。以前にフランス人か何かの観光客が、越境してきたスーダン人に身代金目的で誘拐される事件があったそうです。
 非常に良かったのは、アブ・シンベルそのもの以前に、このバスの旅がかなり楽しかったこと。
 砂漠の真ん中を物凄いスピードで飛ばして行きますし、未明に出発するので、砂漠の夜明けも拝むことができます。
 奇妙な形の岩や、ナセル湖から引いた水で行っているらしい灌漑施設なども見ることができます。
 できれば、バスは進行方向向かって左に座った方が良いです。日の出がそちら側で、かつ、右側は帰りは日差しがキツイです(わたしは右側でした・・)。

アブ・シンベル行きのバスから見る夜明け
アブ・シンベル行きのバスから見る夜明け posted by (C)ほじょこ

 乗客はほとんど中国人でしたが、駐在員系の日本人が延々と日本語でエジプトや中国についてネガティヴな話をしていて、非常に鬱陶しかったこと以外は快適でした。わたしも中国人だと思っていたのでしょう。ああいうのは仲間うちで冗談で言う程度は良いかもしれませんが、人前では控えて頂きたいものです。

 アブ・シンベルは、周囲もよく整備された観光拠点。
 嘘くさいと言えば嘘くさいのですが、ナセル湖に向かう巨像の姿は、素朴に壮観です。遺跡ファンでなくても、圧倒されます。エジプトに来たら、必ずこの南端まで訪ねるべきです。特に、この時期の澄んだ冷たい空気の中で見ると、実に気持ちが良いです(夏は地獄でしょうね・・・)。
 ちなみに、アブ・シンベルも図書館のstudentカードで強行突破しました。最初「ダメだ」と言われたのですが、「カイロでアラビア語を勉強している、学生だ」とアラビア語で粘ったら、学生扱いにしてくれました。寛大なる切符売り閣下に敬礼。

アブ・シンベル
アブ・シンベル posted by (C)ほじょこ

アブ・シンベルの台座脇レリーフ
アブ・シンベルの台座脇レリーフ posted by (C)ほじょこ

アブ・シンベルの小鳥
アブ・シンベルの小鳥 posted by (C)ほじょこ

アブ・シンベル小神殿
アブ・シンベル小神殿 posted by (C)ほじょこ

 昼過ぎにアスワーンに戻り、少し東岸の街をブラブラ。
 ジュース屋でフルーツブロックを食べる。5ポンド。カイロとは少し構成が違って、メロンが入っています。
 ナッツ5ポンドを買って、これがこの日のお昼ご飯。

アスワーンのフルーツブロック
アスワーンのフルーツブロック posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アブ・シンベルと砂漠の夜明け|2009/12/06(日) 02:04:20|
  2. ルクソール・アスワーンの旅

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。