スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語を話すエジプト人、現地で学ぶメリット

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 日本語のできるエジプト人というのは、いるところには結構います。
 ウストゥルバラドや観光名所で片言の日本語を叫ぶエジプト人は掃いて捨てるほどいますが、あれはできるとは言わないので除外。
 キチンと勉強している人はそれなりにいますし、数人はびっくりするくらい上手な人に会ったことがあります。
 ただ、これらの人たちが皆日本に行ったことがあるかというと、そんなことはなくて、物凄いハイレベルの日本語を操る人でも、日本には行ったことがない、という人の方が多いと思います。
 こういう人たちの日本語に出会うと、いつも奇妙な感覚を覚えます。
 驚くほど日本語が上手なのに、文化的な空気が、エジプトそのままだからです。ぶっちゃけ、こういうタイプのエジプト人の日本語は、日本的基準だと「失礼」なのです。
 エジプト基準なら、ちっとも失礼ではありません。彼らには彼らの礼節の基準があるのです。ですから、アラビア語で話している時はまったく気にならないのですが、日本語を話していると「ちょっと、それはないんじゃない?」と言いたくなる時があります。
 ここはエジプトであって、何語で喋ろうが彼または彼女はエジプト人なのですから、エジプト式に物事を進めるのは当然であって、腹を立てるのは筋違いです。でも何か、ぬぐい切れない不快感があるのも、正直なところです。
 どんな言語も文化的コンテクストと表裏一体なもので、日本語なら日本の生活様式、人間関係の構築方式、日本の「生活の空気」というものを知らなければ、文法的には完璧でも、運用として不適切な言動をしてしまう結果になります。
 多分、留学等で現地に行って学ぶことのメリットというのは、この「空気」を知ることでしょう。新聞を読んだり基本的な会話をする程度ならどこでも学べるということは、多くの「日本語上手のエジプト人」が立証してくれています。
 逆に「場のノリ」にうまくシンクロできれば、言語プロパーがそれほど達者でなくても切り抜けられるのですが、それを言ってしまうと学習上問題なので(笑)、目を瞑っておきます。

 ただし、英語についてだけは、「現地メリット」みたいなものは完全無視して良いですし、無視すべきだと考えています。
 なぜなら、英語というのは、現在ではアメリカ人やイギリス人と会話するためのものではなく、第三言語として運用される場面が圧倒的に多いものであり、かつそういう目的で学ばれているものだからです。
 もちろん、「イギリス文学が大好き」で英語を勉強しているなら、話は違います。また、アメリカ人と商売するなら、アメリカ的バックグランドを知っておくのも、意味のあることでしょう。
 でも、日本人と韓国人が、共通言語として英語を使う時、アメリカ文化なんか知っていたって、何の役にも立ちません。むしろ邪魔です。韓国について知っている方が遥かに重要ですし、一番大切なのは、日本のことを英語で話せることです。
 こと英語について言えば、通じる範囲で「日本人英語」でも構わないと思いますし、アメリカやイギリスのことより、とにかく日本について勉強すべきでしょう。
 って、この話は鈴木孝夫さんの『日本人はなぜ英語ができないか』の受け売りですが、まったく同感で常々感じていることなので、大して英語も上手じゃないのに厚かましくご意見させて頂きます(この本は非常に面白くのでお勧め!)。

 司書さんのような仕事をしている、日本語のできるエジプト人女性と話しました。
 彼女の日本語レベルはなかなか高いので、他の日本語学習者に時々質問されているのですが、それでもわからなくて、わたしに尋ねてくれたのです。
 たまたま読んでいる文章で一箇所だけわからないところがあったので、教えた後で「ところでこれどういう意味?」とわたしも質問してしまいました。
 「発音がとてもきれい」と言ってもらえて嬉しいです。いやほんと、発音には苦労していますので、お世辞でも何でも天にも昇るほど幸せです。
 彼女とアラビア語で話している時は、いんちきエジプト人的な振る舞いや表情をしているのに、日本語になると、途端に「思い切り日本人」に戻るのが、自分でも面白いです。

 日本語を話すエジプト人女性と会話すると、最初はちょっと「怖い」んですよね。なぜだろう、と考えると、彼女たちは日本人みたいにすぐ微笑まないからです。また、会話のトーンが、日本人の感覚からすると怒っているみたいに「強い」ので、その調子で日本語を話されると、この「強さ」にすっかり慣れているはずなのに、ちょっとビビってしまいます。
 わたしも、普段は全然ニコニコしません。口調もデフォルト喧嘩腰です(笑)。スマイルを安売りして良いのは、日本の中だけです。あれは非常に危険なもので、気安くスマイルすると、付け込まれる隙を作るだけなので、むしろ笑わないように気をつけた方が良いくらいです。
 でも、日本語になって尚且つスマイルがないと、ちょっとドキドキするんですよね。「日本人、気安く笑いすぎ」といつも思っているくせに、ちゃんと怖くなるから不思議です。
 ある程度会話が進めば、エジプト人だってスマイルしてくれますから、そうなれば問題ないのですけれどね。

 ここしばらく、体調を崩すやら不躾な言動を投げられまくるなど(いつもだけど)イヤなことが続いて、心が内向きになっていたのですが、彼女たちと話してちょっと元気になりました。

馬車とトゥクトゥク
馬車とトゥクトゥク posted by (C)ほじょこ

 全然関係ありませんが、この写真の左端に小さく映っている赤いシャツのガキは、この直後に瓶を投げつけてきました。捕捉する前に逃げられたので、見かけた方は殴っておいてください(笑)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  英語  日本語 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 日本語を話すエジプト人、現地で学ぶメリット|2009/11/19(木) 03:06:02|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。