スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フスハーとアーンミーヤ

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 相手がこちらに合わせてフスハー(あるいはフスハーだと彼が思っている言葉)で話している時、その中でもよくわからない言葉があって、「それどういう意味?」と尋ねることがあります。すると彼(または彼女)は、大抵その言葉をアーンミーヤで言い換えます。
 ごめん。それ、余計わからん(笑)。
 でも実は、こういう場面は、フスハーとアーンミーヤの関係を端的に反映しているように思われます。
 大分以前にS先生とフスハーとアーンミーヤの乖離を扱った文章を読んだことがあって、それは「教育の普及によりフスハーの勝利の日が訪れるだろう」といった超楽観的な教科書的(本当に教科書ですが)見通しで締めくくられていたのですが、「本当のところ、どう思う?」とわたしは尋ねてみました。
 フスハーとアーンミーヤについては、「フスハーこそが正当なアラビア語」「フスハーなんて堅苦しい言葉はもう要らない、アーンミーヤに正書法を与えて国語にすべき」という二つの立場が長年戦っていて、テレビの討論番組などでも扱われているのを見たことがあります。
 S先生はフスハーの先生をしているくらいなのでフスハー支持派なのですが、普通に現実を見ていて「教育の普及ではフスハーが日常の口語になることはないだろう。教育は既に相当普及しているが、状況はそれほど変わっていない。書き言葉や公式な場面ではフスハーだが、カジュアルな場面になるにつれて段々アーンミーヤになってくる。フスハーを普及(あるいは復活)させるには、何より会話でフスハーを使わないといけない」ともっともなことを仰っていました。「子供は学校でフスハーを習う。子供が母親にフスハーの言葉の意味を尋ねると、母親はアーンミーヤで説明する」。これは正に、わたしがエジプトの人との交流の中で起こっていることです。
 といっても、実際に断固フスハーで全生活を送ることは困難です。S先生は「たとえばスークでフスハーを話したら、みんな笑うだろう。だから、なるべくフスハーっぽいアーンミーヤで喋るようにしている」と仰っていました。
 日本人的な感覚からしたら、現実に普及しているアーンミーヤを国語化してしまうのが妥当に見えるでしょうが、言語というのはそんな単純なものではありません。わたしたちは書き言葉と話し言葉が一致しているかのような幻想を抱いていますが、話言葉は常に書き言葉から乖離しています。外国語をある程度以上訓練したことのある方なら、誰でも知っていることでしょう。母国語ではあまりに熟練しすぎてこの乖離が見えないのです。
 強引に「言文一致」させても、すぐに乖離は始まるし、場合によっては言語の持っていたいくつかのルーツが切断され、かえって造語能力が落ちてしまう場合もあるでしょう。
 加えて、フスハーにはイスラームというものすごい強力なバックボーンがありますから、そう簡単に滅びるとは思えません。もちろん、「アラブ」というアイデンティティの礎もフスハーという「一つの言語」に負うところが大きいでしょう。
 また、フスハーを逆に口語化していく、という「逆言文一致」が荒唐無稽かというと、そうとも言い切れません。イスラエルは失われたヘブライ語を現実に口語として復活させました。もちろん、現代ヘブライ語は古代ヘブライ語と同じではありませんが、言語というのは政治的な意思によって相当に「母語として普及」させることが可能なものですし、わたしたちの日本語だって、政治的に形成されて植えつけられたものです。強い政治的実行力があれば、二世代くらいで「母語」を作り変えることは十分可能ですし、歴史上無数に行われてます。

 大体、日本語の「標準語」だって、標準語として制定された時点ではただの東京弁であって、それを力ずくで日本全体の「国語」にしただけの話です。それでも書き言葉に細かいイントネーションが反映されないことが、逆説的にも国語的統一感、一つの日本語というファンタジーを支えているといえます。

 誰の主張だったか、残念ながら失念してしまったのですが、日本語の「言文一致」を、書き言葉に話言葉を合わせる、という方向で行うべきだった、と主張している論者がいました。無茶苦茶なようですが、必ずしも夢物語というわけではありません。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
アラビア語  アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. フスハーとアーンミーヤ|2009/07/28(火) 22:47:29|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。