スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モガンマア再び、エジプト人と日本人の結婚、謎の宗教「シャントゥー」、友と敵

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 訳あってモガンマアを再訪問。最初にモガンマアでビザを延長した時のことも書きましたが、二回目のせいかトラブルもなく進みます。
 ところが、遅い時間に行ったせいか、最初は「午後3時にできる」と言っていたのが、「土曜日だ」とか言い出します。パスポートは手元にあるので良いですが、50ポンド払って土曜日に何も手にできなかったら、間抜けすぎます。この国で解決が翌日以降に持ち越すと、必ずスムーズにいかないので、嫌な予感で一杯、というか、現時点で既に何も期待しないモードに入っています。期待したら負けです(笑)。

 S先生の授業で、面白い話題が二件。

 日本人とエジプト人の結婚について。
 「もし彼氏がいなかったらエジプト人と結婚してもいいか」と聞かれ「国籍は別にどこでもいい。ただ現実的には、色々問題があって難しいだろう」と答えました。先生は「わたしもそう思う。結婚しない方がいい」と言います。
 街のナンパエジプト人は、脳の八割は口説き文句に使っているんじゃないか、というくらいあの手この手の甘い言葉で迫ってきて、「国籍も言語も問題じゃないよ! 愛があれば何でもオッケー!」くらいのノリですが、ある程度日本人を知っている誠意あるエジプト人は、必ず「エジプト人と結婚するな、絶対合わないから」と言います。
 もちろん、結婚なんて最後は個人の気合の問題だし、日本人同士でも失敗する時は失敗するのですから、多大な困難を覚悟の上で結婚するなら、むしろ応援したいです。ただ、エジプトのことを知れば知るほど、「こりゃお客さんでいるうちが花やわ」とヒシヒシ感じます。
 とにかく習慣上違うところが多すぎるし、ビジネスや勉強ならともかく、結婚となると日本との最大の違いと言ってもいい「家族」の問題になります。本人二人は何とかなっても、お互いの家族が仲良くするのは至難の業でしょう。当の奥さんにしても、日本で余程人付き合いが良く、大家族的環境で暮らしてきた人でないと、到底耐えられないと思います。「一人の時間も大切にしたい」とかいう気持ちが一ミリでもあったら、絶対エジプト人とは結婚すべきではないです。
 でも、実際にはエジプト人と結婚している日本人女性は沢山いるし(逆はほとんどいない)、うまく行っているカップルも多いと思います。そういう人は「すごいな」と素朴に尊敬するし、幸せな家庭を築いて欲しい、と願っています。
 当たり前ですが、旅行で来てエジプト人の熱いラブコールにクラリとやられてそのまま結婚、とかは論外です。そんなのはエジプトに限らず論外ですが・・。

 先生が東洋の宗教について話題にした時、ブーザ(仏陀のこと)やら何やら早口で名前を列挙して、その中にشنطوシャントゥーという言葉がありました。
 スペルについては確認していないのですが、まず間違いないと思います。これはもちろん、「神道」のことで、シントーがشنطوと表記されているのを、シャントーと読んでそのまま覚えてしまったのでしょう。
 アラビア語は短母音を原則表記しないので、こういう「母音の取り違え」が起こらないのかと、アラビア語初心者は必ず考えると思うのですが(わたしは考えました)、実際には、アラビア語の単語については、母音表記なしで困ることはまずありません。母音は統語論的に決定される要素が大きいし、残りの「どうとでもなる」部分も、ある程度「ありがち」なパターンというのが決まっているので、大抵は直観的に分かります(ただ、アーンミーヤだとノリが違って間違えることが多い)。
 ただし、アラビア語本来の単語ではない、外来語の場合は事情が違います。「外来語は短母音を長母音のように表記して、発音上は短く読む」と日本で勉強したのですが、実際の表記を見ると、かなりテキトーです。日本語のカタカナ英語も酷いですが、「アラブ英語」「アラブ日本語」も外国人にはなかなか厳しいです。一目で外来語と分かるスペルなら良いのですが、最初にنت(ネットのこと)という単語を見た時は「なんじゃこりゃ、ターハーみたいな神秘文字??」と考え込んでしまいました(笑)。انترنت(インターネット)とかも、一瞬アラビア語にありそうで、初めて見た時は「第8形でジズルがنرن??? 何その語根」とかハマりました。
 شنطوという綴りも、とても素直なアラビア文字への落とし方ではありますが、タシュキールがなければ、アラブ人なら八割くらいの確率で「シャントゥー」と読むでしょう。「読もうと思えば読める」というなら、果てしない可能性がありますが、現実的には「シャントゥー」「シントゥー」くらいがせいぜいだと思います。「シントゥー」も十分あり得るところが罠で、書いた人は「これでわかるだろう」と思っていたのかもしれませんが、もっと高い可能性が上に一つあった、ということだと思います。例えば「カマクラ」をكمكرとか書いても絶対正しく読んでもらえないから、こんな書き方はしません。شينطوくらいの綴りなら別にしつこくないし、わたしならこう書きますけれど。
 そう言ってふと気づきましたが、كاماكوراはしつこいので避けたい時に、كماكرةくらいに書くと、意外と近く発音してくれるかもしれませんね。なぜか女性名詞になっていますね。何でしょう、これ。

 この時に、ムハンマド・タラアト選手のイスラエルTシャツ疑惑の話をして、そこからイスラエルの話題になったのですが、S先生が「敵」という言葉を使う時の凄みはなかなかです。彼は自分で「独裁的」と言うくらいボス然としたエジプト人で、微笑んでいる時は優しそうですが、何かで怒りを表す時には、鬼のような形相になります。
 彼が「敵」という言葉を使う時には、「敵に対してなら何をしてもいい」「敵なのだから、殺すことが正義だ」とでも言うような圧力があります。実際に尋ねたら「いや、敵だからといって何でも許されるわけではない」と答えるでしょうが、戦うとなれば手段は選ばない、というオーラが全身から放たれています。
 多分、多くのアラブ人に、こういう「友-敵」の明瞭な弁別と、割り切りというには強烈すぎる、切り分けのようなものがあるのではないでしょうか。「敵」とまで言われたことは幸いありませんが、ボッタクリターゲットにする時の強欲極まりないエジプト人と、一旦友達になった時の尽きることない親切を見ていると、「これが敵になったら、とどまるところがないだろう」と容易に想像できます。
 でもこういう「敵」への割り切りというのは、必要な場面では必要なのではないでしょうか。日本人だって、ほんの六十年前には戦争していたのです。「敵」は作らないに越したことはありませんが、一旦「敵」と認識したら、殺すのを躊躇う方が罪です。
 もちろん、闇雲に「仮想敵」を作り出してヒステリックになるのは愚かしいことで、むしろ「友-敵」の弁別から遠ざかっているように思います。本当に友と敵を峻別し、手段を選ばず叩き潰さなければならない状況なら、軽々しく「敵」などと言えないはずです。
 一番難しいのは、敵とも友ともつかない人たちと関わりながら、うまく距離を操作して、必要な時には瞬時に引き金を引けることでしょう。普通に人と人が出会った時、最初の段階では友とも敵とも判別つきません。この曖昧な領域でうまく立ち回るためにも、敵に対して躊躇しない強さが欲しいです。どこかの国のチープな排外主義みたいに最初から喚いていては、倒せる敵も倒せないし、友達にもなれません。
 そういう勘を鍛えるためにも、縮こまらずに絶え間なくガンガン人と話まくり、時に友となり、時に敵となっていきたいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アラビア語  結婚  モガンマア  日本 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. モガンマア再び、エジプト人と日本人の結婚、謎の宗教「シャントゥー」、友と敵|2009/10/10(土) 04:20:05|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。