スポンサーサイト

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーンミーヤから学び始めるべきか

はてなブックマーク livedoorクリップ del.icio.us
 従来、アラビア語を勉強したい日本人は、まずフスハーを学び、それから必要に応じて各地の方言(アーンミーヤ)を勉強する、というのが普通だったと思います。アーンミーヤを学ぼうにも、日本ではチャンネルが非常に限られています。わたしも日本ではフスハー以外まったく勉強していませんでした。
 風の噂に日本でエジプト方言のラジオ講座(テレビ?)が始まったと聞いたので、これからは「アーンミーヤから入る」という人も現れるかもしれません。
 実際のアラブ人は、地域を問わず、必ず最初に方言を習得して、その後学校等でフスハーを身に着けるわけですから、方言から入るのは「正しい」側面もあります。また、旅行等でちょっとエジプトに来るため定型的なフレーズを覚えたい、というなら、間違いなくアーンミーヤだけで十分です。

 これに対し「アーンミーヤなんてその土地でしか使えない」みたいな反論をする人がいるかもしれませんが、わたしはこれはナンセンスだと思います。
 中国語ができたら十億人と話せるのでしょうか。一万歩譲ってそうだとしても、十億人も話せる必要はありません。大事なことは、自分の話したい相手と話せる、読みたい本を読める、ということで、話す相手も読みたいものもないのに、ただ漠然と「話者人口が多い」言語を学ぶなんて、時間の無駄以外のなにものでもありません。話したい人が一人でもいるなら、その言語が学ぶべき言語でしょう。

 では「アーンミーヤから始める」の肩を持つのかというと、個人的には、やっぱりフスハーに一票入れたいです。
 自分自身がフスハーから始めた、というのもありますが、いかに外国人から見て「二つの言語」に見えたとしても、アラビア語は一つです。いや、確かに耳で聞くと到底一つには聞こえないのですが、彼らがよく言う「一つの言語の違う局面を使っている」という感覚は、最近になって段々ストンと落ちるようになってきました。
 フスハーの文法は複雑怪奇極まりなく、日本人が学ぶには、主な言語の中では最も難しい部類に入るでしょう。でも、ある程度理解できてくると、その精密機械のような芸術的精妙さに、誰もが感嘆するはずです。個人的には、好き好き大好きでチュッチュしたいです。
 エジプト方言は、古いアラビア語と各種言語の雑種が、日常会話のスピード要件にあわせて高速・簡略化していったような言語で、両方勉強すれば「ここがこうなってこうなった」という流れが実感できます。この「言語の歴史を感じる」体験が素晴らしく楽しいので、やっぱりフスハーは大事にして欲しいなぁ、というのが個人的な想いです。
 フスハーの文法がわかれば、エジプト方言の文法は遥かに簡単です。文法に限って言えば「今までやってきたのは何だったんや」というくらい、簡略化されています。難しいものを気合で学んで、あとで最後のイチゴを食べる方が、喜びも大きいでしょう。F先生に意見を伺った時も「外国人はフスハーから学び始める方が良い」と仰っていました。
 もちろん、発音については難易度は変わらず、聞き取りや会話は、一度死んで生まれ変わる気迫が要ります。でも、当たり前ですが両者には非常に共通要素が多いですから、発音のシフトの原則に馴染んでくれば、何となく「あれのことか」という反射が利くようになります。

 大体、アーンミーヤだけ喋れてフスハーができない、というのは、エジプト人で言えば「文盲」です。ムスリムなら、読み書きができなくてもクルアーンのスーラのいくつかくらいは覚えていますから、「文盲」以下と言って良いでしょう。頑張って外国語を学んで、「文盲以下」にやっと追いつくのではショボすぎます。看板一つ正確に読めないのでは、生活していても不便でしょう(アーンミーヤが喋れない方がより不便ですが・・・)。
 やっぱり、両者は「併せて一つ」なのだと思います。

 でも本当は、こんな偉そうなことが言えるほど上達もしていないので、話半分で流してやってください・・・。

DSCN4826
アレキサンドリアの通り2 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  留学  アラビア語  アーンミーヤ  フスハー  勉強法 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アーンミーヤから学び始めるべきか|2009/10/08(木) 01:21:30|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。