FC2ブログ

エルバラダイ、改革プログラムを開始

エルバラダイ、改革プログラムを開始
イル=バラーダイー、改革プログラムを開始 公正な選挙を保証する七つの要求を決める

 国際原子力機関前事務局長ムハンマド・イル=バラーダイー氏は、「改革のためのエジプト連盟」の基礎となる最初の声明を発表し、その中で公正な選挙を保証する七つの要求を定めた。「エジプト社会の幅広い層が自由で公正な選挙のためにこれを要求している。完全な改革を実現するための変革の始まりとして」。
 これらの保証とは、非常事態の終結、エジプト司法に完全なる選挙監視を可能たらしめること、国内的および国際的市民団体による監督の実現、とりわけ大統領選挙において、すべての候補者に広報手段に訴える機会を等しく充実させる、在外エジプト人の投票の実現、恣意的な制限によらず大統領選に出馬する権利を保証する、同時に大統領立候補の権利を二期に限定する、IDカードによる投票、である。
 イル=バラーダイーは、これらの保証の実現には、憲法の三つの条文の修正が必要で、それは76条、77条および88条である、と触れ、連盟の目的は大統領選立候補あるいは候補者の規則を変革することにとどまるものではなく、完全なる変革を目指すものであり、これは平和的方法でこの目的への大衆的賛意の結集による、と強調した。
 また、連盟は、国内在住も国外在住も等しく、変革を求めるすべてのエジプト人に開かれている、と付け加えた。公正な選挙の実現に着手し、すべてのエジプト人に尊厳をもって生きる権利を与える新憲法の準備を完了し、これを民衆が主人であり統治者となる包括的社会・経済改革プログラムの端緒とする。
 同じく「我が権利を求める」運動組織長サフワーン・ムハンマドは、アレキサンドリア行政司法裁判所は、同団体が国際原子力機関前事務局長ムハンマド・イル=バラーダイー氏擁立のための代理人選出の不動産公示禁止に対して起こした訴訟の、最初の検討会議を次の木曜日に行うことを決めた、と述べた。
 一方、ウンマ党、平和党、民主党、大衆党、アラブ・エジプト党、民主同盟、自由共和党、自由党の各党は、「エジプト防衛のための大衆戦線」を組織し、次の大統領選でのイル=バラーダイー擁立を拒否することを確認した。
 これらの党は、一昨日、開催した二つの会議で、同戦線の目的は、海外から組織され国の安定を揺さぶろうとするキャンペーンに抗することで、外部や外国、海外資本からの圧力やを拒むことだ、と述べた。
«البرادعى» يبدأ برنامج الإصلاح.. ويحدد ٧ مطالب لضمان نزاهة الانتخابات

 「非常事態の終結」とあるのは、1981年のサーダート元大統領暗殺以来施行されたままの非常事態法を解除する、ということです。実に三十年近くに渡って「非常事態」が続いていることになっていて、これが反政府勢力弾圧に使われているわけです。

 イル=バラーダイー氏に期待する声も小さくないものの、現実問題としては、当選どころか立候補も覚束ないのが現実ですし、長年海外生活を続けてきた同氏に対して「エジプトの何がわかる」という反発もあるようです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  エルバラダイ  選挙  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルバラダイ、改革プログラムを開始|2010/03/03(水) 06:16:57|
  2. 新聞・メディア

アクサー・モスクの攻防

アクサー・モスクの攻防
占領がアクサー・モスクに至る イスラエルの報告書、聖墳墓教会をユダヤ遺跡に含むことを明かす

 ヘブロンの聖域からエルサレム、アクサー・モスクから聖墳墓教会まで、西岸すべての地区で、昨日、緊張が最大限にまで高まった。メディアのリポートがこれらをユダヤ遺跡に含もうとしていることを明かしたからで、イスラームの聖地もキリスト教の聖地も等しく対象とする宗教戦争と発表はみなしている。
 ユダヤ教過激派にプーリームを祝い侵入するとの脅しを受け、パレスチナ人の若者がアクサー・モスクに泊まり込んだ夜の後、占領当局が聖なる庭に侵入した。抗議するパレスチナ人が「非ムスリムの来訪者」にモスクの中庭で石を投げつけている、との口実が使われたが、パレスチナ筋によると、来訪客には入植者やユダヤ過激派がおり、両者の間で揉み合いとなり、パレスチナ人十二人が負傷した。
 エルサレムでは、宗教的および国家的指導者の「参拝」呼びかけによって、緊張が日々高まっており、モスク中庭での活動は「明日も明後日もその後も、ユダヤ過激派に対抗しアクサー・モスクへの侵入を防ぐ」。
 目撃者によると、大勢の軍と警察がヘルメットに警棒を携え、旧市街のすべての入口と家々の屋根に展開しており、軍は聖地の門を金属の鎖で閉じ、パレスチナ人の立ち入りが益々制限され、軍の若者に対する攻撃は旧市街の細い路地にまで至り、占領軍によるゴム弾や催涙ガスの被害を受ける者もいる。
 攻撃を背景に、モスクのイマームの声とムアッジン(訳注:アザーンを行う人)の声は高まり、スピーカーを通しエルサレムの救済を呼びかけている。アラブ大学の抗議声明による呼びかけでは、イスラエル軍のアクサー・モスク侵入が激しく非難され、アラブ政治と国際法を無視している、とされた。
 パレスチナおよびアラブの知識人の間では、エルサレムへの「参拝」が、占領当局に従うことと見なされるのか、占領包囲の破壊を試みることとみなされるのかを巡って、議論が続いている。一方、エジプトのコプト教会は、エルサレム参拝はパレスチナのビザによる以外拒否する、と確言した。
الاحتلال يقتحم «الأقصى».. وتقارير إسرائيلية تكشف نوايا لضم «كنيسة القيامة» للتراث اليهودى

 شد الرحالは、聖地巡礼を指すようなのですが、「巡礼」という日本語はイスラームではحجまたはعمرةに充てられているので、とりあえず「参拝」にしておきました。
 マッカへのハッジ以外、イスラームには「巡礼」はないはずで、エルサレムと言えど、本来は別段「聖地」ではありません。いささかワッハービーな考え方ではありますが、聖者廟詣でやエルサレムにある「宗教的遺跡」を有り難がって訪れることも、厳密には反イスラーム的です。
 とはいえ、多くの民衆にとってエルサレムが特別な場所であるのは事実で、イスラーム的というより政治的な意味で、イスラエルの行いは愚かとしか良いようがないでしょう。

参考:
كنيسة القيامة 聖墳墓教会 - Wikipedia
عيد المساخر プーリーム - Wikipedia
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アクサー・モスクの攻防|2010/03/02(火) 03:14:08|
  2. エジプト留学日記
前のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。