スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少数派だからこそ社会にコミットせよ

 某所に某先生のお話を聞きに行く。
 聴衆はほとんど男性で、女性は六名のみ。男性の日本人率は2割くらいでしたが、女性は六名中四名日本人で、うち一名は非ムスリム。
 「非ムスリム国におけるムスリムの責任」というテーマで、この中には非ムスリム国にムスリム国からやって来たムスリムも、その国で生まれムスリムになった者も含まれます。別段変わった内容が話されたわけではないのですが(講演中でもوسط中庸の重要性が取り上げられていたし)、一点面白いな、と思ったのは、「ムスリムになっても積極的に人々と関わり、社会にコミットしていきなさい」というアドバイス。
 欧米などの非ムスリム圏では、ムスリムになることで親兄弟と断絶してしまったり、ムスリムとの付き合いに引きこもり閉じてしまう人もいるそうですが、「それではダメだ、どんどん人と関わり、自分からその国の人々に尽くさなければならない」。

 エジプト人は「義を見てせざるは勇なきなり」の精神に充ち溢れていて、正直お節介すぎて鬱陶しいくらいなのですが(笑)、こういう「せざることの不義よりは、まず介入せよ」という倫理観は、単にアラブとかエジプトの気質というだけでなく、イスラームにも由来するものでしょう。
 間違いや傷つくことを恐れて何もしないくらいなら、多少自信がなくてもまず関わってみる、という方が称揚される空気がありますし、実際、何でもやってみると意外とうまくいったり、当初の目的は果たせないでも、わらしべ長者的に新たな展開が見えたり、ということはあるものです。
 自分に割と閉じてしまう性質があるだけに、胸に刻んでおきたいです。

 ちなみに、非日本人ムスリマ二名はチェコ人とアフガニスタン人で、このアフガニスタンの方との共通言語がフスハーで、とても面白かったです。喋るとエジプト方言になってしまうのですが、それは彼女には通じないので、頑張ってフスハーで喋ります。アラブ人なら、非エジプト人でもエジプト方言は大体通じるのですが、非ネイティヴ同士だとやっぱりアーンミーヤは使えませんね。
 どっちももっと勉強しないとダメダメなのですが・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 少数派だからこそ社会にコミットせよ|2010/02/25(木) 00:51:39|
  2. 試論・雑記

エルサレムのユダヤ化と文化的虐殺、エルサレム第三神殿建造計画

エルサレムのユダヤ化と文化的虐殺、エルサレム第三神殿建造計画
パレスチナ、第三次インティファーダの空気を生きる

 西岸の諸都市と占領下エルサレムは、第三次インティファーダの空気に包み込まれた。イスラエルによるイブラ―ヒーミー・モスクを含む独占の決定に抗議し、昨日占領下エルサレムの各地区で抗議活動が勃発し、西岸の三都市でゼネストが行われた。
 一方、イギリスのインディペンデント紙は、イスラエルの決定はパレスチナ人の権利の「文化的虐殺」に等しい、とし、パレスチナ代表ハナーン・アシャラーウィーの「イスラエルのこの一歩は、イスラエルの窃盗・強奪計画を完成させるものだ」という言葉を伝えた。
 パレスチナ内におけるイスラーム運動指導者シャイフ・ラーイドゥ・サラーフは、本紙と昨日号の単独会見で、アクサ―・モスクは、以前より同モスクと周辺地区へのイスラエル占領軍による攻撃増強にさらされ、アル=ハリール(ヘブロン)市のイブラ―ヒーミー・モスクとバイトゥ・ラフム(ベツレヘム)のヤアクーブの妻ラーヒール廟をユダヤの遺跡へと包含することで、より危険を増している、と警告した。
 シャイフ・サラーフの指摘によると、イスラエルのハアレツ紙が、数日前から、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフの政府が第三ソロモン神殿の建築を始め、アクサ―・モスクを来たる三月十六日に攻撃することを伝えている。これは十八世紀のユダヤ教ラビの一人ジャーウーン・フィルナーの、2010年三月十六日に第三神殿が建設される、という予言に基づいたものである。
 サラーフは声明で以下のように付け加えている。「多くの者は知らないかもしれないが、イスラエル政府は、来たる三月十五日に、占領下エルサレムにおけるユダヤ教の最も重要な役割の一つフルバー神殿の建設を完了する。この神殿の建設は、アクサー・モスク西部にあたる壁の近くで行われ、イスラエル政府によると、オープニングが行われる。アクサー・モスクを犠牲にして、伝説の建築を本当に始めるのだ」。
 このイスラーム運動指導者が注意を促すのは、占領が一方で、この数週間でウマイヤ朝の城塞が攻撃されたのに続き、アクサー・モスクの建物の一つイスラーム博物館のムサッラー(礼拝所)を「ユダヤ教会」に変えようとしている、ということだ。
 パレスチナ大統領マフムード・アッバースは、イブラーヒーミー・モスクを包含するイスラエルによる決定により、中東地域に宗教戦争が勃発することを警告し、次のように述べた。「これは危険な挑発であり、宗教戦争の脅しをかけるものだ。我々は、我々皆がその重要性と主要性を認めるアメリカの役割を助けるものとして、EUに実際的な政治的役割を求める。いかなる遅延も先延ばしも、平和を破壊し、この地区を新たなる暴力の渦に巻き込むものと考えている」。
 一方、カイロで催される十二カ国によるイスラーム会議の参加者たちは、「エルサレムのユダヤ化」に対抗する一致した努力を求めた。
فلسطين تعيش أجواء الانتفاضة الثالثة

 エルサレム第三神殿の建設というのは、以前よりイスラエル極右勢力により画策されていたらしいですが、本当にイスラエル政府がそんなことを企図しているのでしょうか。このまま三月十六日を迎えれば、自ずと真偽も明らかになるのかもしれませんが・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エルサレム  イスラエル  パレスチナ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルサレムのユダヤ化と文化的虐殺、エルサレム第三神殿建造計画|2010/02/24(水) 17:45:59|
  2. 新聞・メディア

アブラハムのモスクの帰属を巡る対立

アブラハムのモスクの帰属を巡る対立
イスラエル、宗教戦争の扉を開く

 パレスチナ責任者らは、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフが、ヘブロンのイブラーヒーミー・モスクとバイトゥ・ラフム(ベツレヘム)にあるヤアクーブの妻ラヒールの墓を、ユダヤ歴史地区のリストに含める決定を下したことで、中東における宗教戦争の扉が開かれることを警告している。昨日、西岸地区南部のヘブロン市では、この決定に抗議しゼネストが行われ、学校、大学、公設市場など様々な生活拠点でストライキが実行された。ヘブロンで抗議デモを行った学生たちとイスラエル軍の間で衝突が起こり、イスラエル軍はゴム弾、スタングレネード、催涙ガスなどを使った。
 イブラヒーミー・モスクを含む決定により、五十名のユダヤ過激派が、パレスチナ当局の管理下にあるアリーハ(ジェリコ)市のイスラエル軍事障壁の一つに侵入し、ジェリコ神殿での礼拝実行を主張しイスラエルの旗を掲げた。イスラエル過激派代表のマイケル・ベン・アリーは、この侵入により「オスロ合意は死んだ」と主張し、「イスラエル内にいる敵に対し、我々の監視の元で、国の礎を明け渡すことはない」と述べた。
 パレスチナ当局はイブラヒーミー・モスクを含む決定に抗議し、これは聖地の決め付けを禁じる国際法や慣習に反するもので、和平プロセスにも影響するだろう、とした。パレスチナ立法議会の変革改革グループは、この決定を「イスラームの聖地に対する新たなる戦争」とした。パレスチナ法廷裁判官シャイフ・タユスィール・アル=タミーミーは、「パレスチナにおけるイスラーム聖地に対する宣戦布告は、この地区に大虐殺と荒廃の宗教戦争を勃発させることにつながり、それはこの地区だけでなく世界全体を脅かすだろう」と述べた。
 この宣言は、アクサー・モスクへの敵対的な枠組みの中で起こったもので、その完全な支配への道を開くもので、次いでこれを取り壊し、その場所に望む施設が作られることになる、とシャイフは警告した。イブラーヒーミー・モスクは、イスラエル人入植者バルク・ゴールドスタインが1994年2月25日に起こした虐殺事件以来、パレスチナ人とイスラエル人の間で緊張状態にある。事件では、ファジュルの礼拝中に発砲され、礼拝するパレスチナ人29名がモスク内で殺された。
 一方、国連に族するアラブ湾岸プログラム代表タラール・ブン=アブドゥルアジーズは、アラブの状況は劣悪であり、それがイスラエルにこの声明の機会を与えた、と述べた。また、本紙への会見において、エルサレム問題を話しあうアラブサミットを早期に開催することを求めた。
إسرائيل تفتح أبواب الحرب الدينية فى المنطقة

 アル=ハラム・アル=イブラーヒーミー(イブラヒーミー・モスク、イブラーヒーム廟)は、アル=ハリール(ヘブロン)にある預言者イブラーヒーム(アブラハム)の墓。アル=ハリール(ヘブロン)はヨルダン川西岸地区にあります。

 イブラーヒーム(アブラハム)は、犠牲祭のルーツである息子を神の犠牲に捧げようとしたエピソードで知られる、セム系一神教共通の預言者ですが、捧げようとした息子は、ユダヤ教ではイスハーク(イサク)、イスラームではイスマイール(イシュマエル)と主張されています。「一人子を捧げようとした」のだから長子のイスマイールである、というのがイスラームの立場。イスマイールはアラブの、イスハークの子ヤアクーブ(ヤコブ)はイスラエル十二支族の祖、とされています。
 イスハークの子ヤアクーブの子ユースフ(ヨセフ)が、「ヨセフの倉庫」で有名なエジプトに売られたユースフです。全体的に物語性の乏しいクルアーンの中で、ユースフ章はかなりストーリー的で親しみ易い箇所として知られています。
 イブラーヒームの甥のルート(ロト)も預言者で、ソドムのエピソードが有名(聖書で振り返った妻が「塩の柱」になってしまうアレ)。

 ゴールドシュタインによる虐殺事件については、マクペラの洞窟虐殺事件参照。

 アラブ湾岸プログラム(AGFUND)のサイトはこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
パレスチナ  イスラエル  西岸  イブラーヒーム  イスラーム  ユダヤ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アブラハムのモスクの帰属を巡る対立|2010/02/23(火) 18:39:50|
  2. 新聞・メディア

エジプトの結婚しない女

エジプトの結婚しない女
 「オールドミス」。社会は彼女たちをこう呼び顕微鏡の下に置き、単に結婚適齢期を過ぎただけだ、とみなす。彼女たちを取り巻く視線は、心地よいものではない。結婚するには「変わり者」といった中傷が投げつけられる。一方、白髪をたくわえた既婚男性や男やもめが、彼女たちを熱望する。この現象は、エジプト社会にとって新しいものではないが、その割合が日に日に増加している。何かが間違っていて、それに注意しなければならない。部屋に閉じこもっての研究や、エアコンのきいた事務所やアカデミックな理論からほど遠い何かが。こうした女性の数が、千二百万人以上に達しているのだ。誰の責任なのか?
 答えるのが難しい質問で、ただ疑問符ばかりが湧いてくる。とりわけ、婚期を過ぎてなお、心の狭い男を恐れ、男の迷妄より未婚の炎を選ぶ女性たちがいるのだから。興味深いことに、何百万ものこうした女性が、何度も結婚の申し出を断っていることだ。彼女たちの中には、それぞれの理由で、一時的な結婚をする者もいるかもしれないし、また何人かは一度ならず婚約したものの、最終的には経済的または性格的な理由で破棄している。
 最も興味を惹かれるのは、「オールドミス」のほとんどが高い学歴を持つ教育のある人々だということで、彼女たちの中には医師はエンジニア、修士や博士を持つ者もいて、一方で社交的で刺激的な生活を送っている。奇妙なことに、未婚のまま三十を迎える女性の数の増加する一方で、婚約が復権している。ただし、現代的な形態で。コンピュータによる結婚事務所やインターネット上の結婚サイトが増えており、結婚相手を求め何百もの女性が幅広く活動している。
 (後略)
»بنات فوق الثلاثين.. فتيات يكافحن «الوسادة الخالية

 日本では三十過ぎて独身という女性は珍しくありませんが、エジプトでは結婚プレッシャーが遥かに強く、師匠だったまだ若いF女史も、未婚なのに左手の薬指に指輪をしていました(外国人がナンパ避けによくやる方法ですが、エジプト人も様々な圧力に対抗する方法として使うらしい)。
 社会が「遅れている」というより、そもそもの文化的背景として、エジプト社会は大家族的で女性の抑圧度も高いですから、結婚していない女性の辛さは日本の比ではないでしょう。
 「見合い話」も次から次へと押し付けられるそうですが、それでも結婚したがらないのは、家庭に入ることと引き換えに手放さなければならないものが、これまた日本より遥かに大きいからです。一専業主婦として生きたいならそれも結構でしょうが、高学歴で職業生活の中で自己実現していきたい女性には、辛いものがあるでしょう。大学も卒業させてもらえないケースもあります。

 (عنوسة(عوانسは未婚女性ということですが、spinsterということで、「歳を取ってるくせに結婚していない」ニュアンスが含まれているようなので、「オールドミス」(死語)にしておきました。
 سى السيدというのは、心の狭い男、といった意味の俗語表現のようです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  結婚  女性  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの結婚しない女|2010/02/21(日) 20:19:35|
  2. 新聞・メディア

エルバラダイ帰国を巡る国内外の反応

エルバラダイ帰国を巡る国内外の反応
イル=バラーダイーの支持者へのメッセージ「我々は自由と誇りある生活を回復できる」

 「あなたがたは、自由と社会的公正による民主的エジプトの希望です」。2011年共和国大統領選挙立候補を支持するフェイスブックのグループのメンバーに向けたメッセージで、このようにムハンマド・イル=バラーダイー氏は語った。
 グループのメンバーには、一昨日カイロ空港へ歓迎に参加した者もいて、国際原子力機関前事務総長イル=バラーダイーは謝辞を述べた。六万八千に達するグループへのメッセージで、イル=バラーダイーは、彼の兄弟アリー・イル=バラーダイー氏は「皆さんの活動と関心により、立候補と選挙における全エジプト大衆の権利を阻む憲法・法律の障害を乗り越え、憲法を改正し、すべてのエジプト人が自由と誇りある生活における権利を回復できる、と確信している」。
 イル=バラーダイーは、空港を足早に去り出迎えの人たちと長い時間を過ごせなかったことについて、遺憾の意を表した。
 一方、サイトのグループは、イル=バラーダイー帰国を記念し冊子を百万部印刷した。「イル=バラーダイー エジプトの男、その希望」と題されたこの本には、イル=バラーダイー批判者への批判も含まれ、彼らを「無知」と表し、国際原子力機関での任にあった彼の立場を擁護している。
 イル=バラーダイーの生地アブヤール村の人々は、彼が村の訪問を取りやめたことに対し、不快感を表した。彼に立候補の取りやめを勧める者もいる一方、政治的有力者の何人かは、イル=バラーダイーの帰国と大統領選への立候補を支持している。人民議会議員で尊厳党の大統領選候補ハムディーン・サバーヒーは「イル=バラーダイーの帰国と大統領職への立候補を支持する」と述べた。
 精神科医たちはイル=バラーダイーの人格を分析し、注意深く、偏執的で、見識を備え、同僚を信頼し、人気を気にしない、とした。イル=アズハル大学の精神医学教授ハーシム・バフリーは、彼について「自立し、論理的に考える能力を備え、仲間と共に働くことを好む」と述べた。
 他方、アメリカとイギリスのメディアは、イル=バラーダイーのカイロへの帰還に注目し、ムバーラク大統領を前に「可能性ある候補」歓迎に対する大衆の反応を観察している。イル=バラーダイーにとっての最初の障害は、エジプト憲法が独立系候補に課している「法的制限」だとした。
 アメリカのフォーリン・ポリシー誌は、イル=バラーダイーの帰国はムバーラク大統領体制にとって「頭痛の種」であり、大統領選立候補を巡るイル=バラーダイーの発言は、とりわけ選挙の公正性と憲法改正をイル=バラーダイーが要求した今では、大統領の計画を阻む「爆弾」に等しい、とした。同誌は、イル=バラーダイーは、当局による妨害と、現体制が反対派を封じるために長きにわたって築いてきた法的制限に直面している、と述べ、イル=バラーダイーがエジプトにおいて果たしうる役割については、不明瞭である、とした。
 一方、イギリスのガーディアン紙は、イル=バラーダイーの人生の次なる段階は、政党に属さず公式の候補ではない人物による、素晴らしい物語の最後の章に等しい、と述べた。十二年以上にわたる外交活動を経て、彼は家族とくつろぎたいはずなのに、反体制派のリーダーへと変貌した、と表した。
«البرادعى» فى رسالة لمؤيديه: «نستطيع استرداد الحرية والحياة الكريمة»

 文中ابن مصر(エジプトの息子)という表現がありますが、ちょうど「日本男児」ならぬ「エジプト男児」なイメージです。ابن البلدとかも言います。
 「ホンマもんのエジプト人や!」なニュアンスでマスリー・マスリーとか言うこともありますが、これは悪い意味でも使いますね。「ホンマあいつはベタベタのエジプト人でどうしようもないわ」みたいな。外国人はこういう使い方をしない方が良いと思いますけれど(笑)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  選挙  エルバラダイ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルバラダイ帰国を巡る国内外の反応|2010/02/21(日) 20:08:29|
  2. 新聞・メディア

エルバラダイ歓迎で「四月六日」青年運動から二名の逮捕者

エルバラダイ歓迎で「四月六日」青年から二名の逮捕者
三方面がカイロ空港でイル=バラーダイーを待つ 群集に対し治安上の警戒

 国際原子力機関前事務局長ムハンマド・イル=バラーダイーが、明日金曜日の午後カイロ空港に到着する。「治安、政府、市民」の三方面が彼を出迎え、治安機関は、空港での出迎えにおけるあらゆる違法な集まり対して警戒している。情報筋によると、外務省が出迎えの代表にあたるが、「四月六日」運動の多くのメンバーが彼への支援を通りで訴えようとし、彼を支持するスローガンを書き空港へ皆で出迎えに行くことを促したため、治安当局が二名を逮捕し、取調べが行われている。
 カイロ国際空港の責任者筋は昨日、明日金曜日にオーストリアから帰国するイル=バラーダイー出迎えの意思を表明している諸団体は、法律違反、乗客妨害、乗客の外出妨害、または空港施設損害にあたる、と警告し、違反者には厳しくあたる、と強調した。イル=バラーダイーが出てくるホールは分かっていないが、「前回の旅行からして、おそらく三番ホールから出てくるだろう。多分VIPホールからで、VIPホール入場許可証を持っているだろうから」。
 ギザ治安当局は、「四月六日」青年運動オーガナイザーのアフマド・マーヒル、同運動アムル・アリーを、イル=バラーダイーを支持する表現を壁に書いていて、イル=アグーザ地区で昨日未明に逮捕した。治安筋によると、彼らの容疑は「通行妨害、公共物損壊、印刷物配布」である。
 「四月六日」運動はメンバー逮捕を糾弾する声明を出し、政治活動員の逮捕がイル=バラーダイー支持と彼を歓迎する意志を阻むことはない、と確言した。イル=ガド党元党首アイマン・ヌール氏は、検事長に対し、マーヒルとアリー逮捕について内務省指導部は法的根拠を欠いている、と届け出た。
٣ جهات تنتظر «البرادعى» فى مطار القاهرة.. وتحذيرات أمنية من التجمعات

 「四月六日」青年運動は、حركة شباب 6 ابريل - ويكيبيدياによると、フェイスブックから始まった活動で、2009年4月6日のゼネスト(失敗に終わる)に呼応したもののようです。
 フェイスブックのページ:Facebook | شباب 6 ابريل .. APRIL 6 YOUTH MOVEMENT
 「四月六日」ラジオ:راديو 6 أبريل - من نحن؟
 公式ブログ?:شباب 6 ابريل

 アイマン・ヌールは、前回の大統領選でイル=ガド(明日)党から立候補した人物。元は新ワフド党に所属し、反体制とはいえ親米派でアメリカとパイプを持っているらしいです。新ワフド党も支持基盤は地主層。

 「四月六日」青年運動について調べていたら、カッコイイ動画を見つけました。顔出ししてコレを言っているのは根性あります。訛りのあまりない綺麗な英語(だと思う)。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  政治  選挙  エルバラダイ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルバラダイ歓迎で「四月六日」青年運動から二名の逮捕者|2010/02/18(木) 19:05:52|
  2. 新聞・メディア

人民議会前で一日で五つの抗議活動

 健康保険法改正に関する抗議活動のニュース。

人民議会前で一日で五つの抗議活動

人民議会と閣僚理事会前のハイドパーク 一日で五つの抗議活動

 人民議会と閣僚理事会に面する通りは、ただ意見を表す「ハイドパーク」になっただけでなく、様々な社会階層や職業から成る人民の議会のようになった。人民議会通りでは、昨日四つの抗議活動があり、これらを組織したのは、活動指導者、健康における権利委員会、障害者たち、社会検事局職員らだった。また、「タンタ・リネン」の労働者たちが、家族と共に、閣僚理事会前での座り込みを続けており、八日目に突入した。
 最初の活動は、健康における権利保護委員会が、キファーヤ運動と民主主義戦線党、結集党、尊厳党、中道党(結成途中)の各党、年金生活者連合、不動産税協会と共に組織したもので、健康保険の民営化と新法の計画に反対し、保健分野の予算増加と、優れたサービスを可能にするために医師、看護師、労働者の給与を引き上げることを要求している。
 その数メートル後ろでは、十五人ほどの障害者が抗議活動を組織し、障害者協会の設立を求め、すべての障害者に5%条項を実施し、カイロ県でコシュクやアパートを提供し、物質的な収入を助ける小さな計画を設立することを要求した。
 多くの県から集まった百五十名ほどのワクフ省のイマームが、彼ら固有の組織設立と保護協会設置を求め、生活水準向上のための計画を要求し、ワクフ省が彼らの要求を無視していることを批判した。その近くでは、四十名ほどの社会検事局職員が、彼らを公正省に帰属させる法律の必要性を訴えた。
 一方、「タンタ・リネン」の労働者は、閣僚理事会前で八日目の座り込みを続け、昨日には彼らの子供や妻が加わった。危機解消のためのいかなる政府介入も行われていない。
«هايد بارك» أمام مجلسى الشعب والوزراء: ٥ وقفات احتجاجية فى يوم واحد

 すいません、جهاز المدعى العام الاشتراكىというのがよくわかりません。「社会主義検事局」みたいな感じなのですが、それではあんまりだし、ググッたらالمدعى العام الاشتراكىってなに?という掲示板書き込みなどがあるので、何だかよくわかんない組織だということだけはわかりました。エジプトの法律にはこれに関する記述があるのですが、それもよく把握できていません。
 キファーヤ運動については以前に書きました。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  健康保険  法律  医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 人民議会前で一日で五つの抗議活動|2010/02/17(水) 15:24:12|
  2. 新聞・メディア
次のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。