スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーンミーヤ(アラビア語エジプト方言)の辞書

 アーンミーヤの辞書を買いました。

アーンミーヤの辞書
アーンミーヤの辞書 posted by (C)ほじょこ

Arabic-English Dictionary: Colloquial Arabic of Egypt
 Socrates Spiro Librairie du Liban Publishers

 エジプト方言の辞書は、コンパクトなのがあったら買えばいいや、と思っていたのですが、勉強すればするほどそんな甘いものではないことを思い知らされ、かつエジプト方言への愛が深まってしまったので、結局大きいものを買ってしまいました。
 というか、エジプト方言のコンパクトな辞書は、辞書というより単語集のような全然使えないものしかなく、しかもラテン文字表記だったりします。
 このArabic-English Dictionary: Colloquial Arabic of Egyptは、似たようなデザインで一回り小さいEnglish-Arabic辞書も出ています。
 かさばるし悩んだのですが、日本では入手困難かエライお値段になってしまうので、今のうちに買っておきました。135ポンド。見た目の割には安いです。

 ついでに他の本も買ってしまいました。しかも三冊。

三冊
三冊 posted by (C)ほじょこ

توفيق الحكيم حماري قال لي
タウフィーク・アル=ハキーム「ヒマーリー・カーラ・リー(我がロバ、我に曰く)」
 エジプト文学の巨人の一人、タウフィーク・アル=ハキーム(実際の発音はタウフィーゥ・ルハキームくらい)のエッセイ集。
 はっきり言ってジャケ買いです。表紙もタイトルも超可愛くて、抗えませんでした。

علاء الأسواني شيكاجو
アラーゥ・アル=アスワーニー「シカゴ」
 以前に少し触れた、アメリカに移住したエジプト人の物語。英訳も出ています

غادة عبد العال عايزة أتجوز
ガーダ・アブドゥルアール「アウザ・アタガウワズ(結婚したい)」
 アーンミーヤで書かれた小説。結婚を巡る現代エジプトの人間模様。エジプトは日本より遥かに結婚プレッシャーが強いですが、それでも「良い人がいなければ無理に結婚したくない」キャリア女性は少しずつ増えていて、そういう女性が主人公。

 調子に乗りました。
 今の実力では、全部読むのに相当かかりそうですが、帰国後にでもコツコツ読みます。
 一応、エッセイ、フスハーの現代小説、アーンミーヤの現代小説、と揃えてみました(笑)。探してみると、アーンミーヤで書かれた小説は思いのほか多いです。

 日本で取り寄せることを考えたら圧倒的に安いので、つい買ってしまうのですが、重くて持ち帰れなくなりそうだし、送るとバカみたいに高い上、届くかどうか怪しいので、グッと我慢して控えるようにしておきます・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  アーンミーヤ  辞書  小説  アラーゥ・アル=アスワーニー  タウフィーク・アル=ハキーム  ガーダ・アブドゥルアール 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アーンミーヤ(アラビア語エジプト方言)の辞書|2009/12/16(水) 04:54:37|
  2. エジプト留学日記

雄鶏には天使が見え、ロバには悪魔が見える

 F女史から動物に関して面白い話を聞く。
 「朝、雄鶏が鳴くのは天使が見えるから」「ロバがいななくのは悪魔を見ているから」という二つ。どちらもイスラームに由来するお話です。
 一番鳥に天使が見える、というのは、ファジュルのアザーンとクロスオーバーするし、割と素直にわかります。
 ロバのいななきというのは、わたしもカイロに来て初めて聞いたのですが、「イーヒイーヒ」みたいなヘンテコな声で、夜中に時々耳にします。アラブ的にはあれは「醜い声」らしく、悪魔を連想するようです。ロバ、いつも踏んだり蹴ったりです。
 ちなみに、この話をしている時、F女史が素晴らしい動物の鳴きまねをしてくれました。彼女は今までにも何度か動物声帯模写をしてくれて、「エジプト人は音声センスが凄すぎる!」と思っていたのですが、これは別にエジプト人の性質ではなく、彼女個人の特技なのだとわかってきました(笑)。本当にめちゃくちゃ上手です。

 某日本関係施設で自習していたら、前にお話した日本語を学ぶNさんとSさんと再会。特にNさんは家もご近所で、物静かでお気に入りです。どうでもいいですが、背がわたしと同じくらいなのも楽チンです。
 Sさんはかなりアグレッシブなエジプト女子で、施設に勤める男性と激しく政治談議を交わしたりしていました。わたしが勉強している横から、ちょこちょこ日本語について質問してきて、ちょっとおかしいです。
 彼女たちには、「これ日本語でどう言うの?」という質問をよくされるのですが、アラビア語では非常に日常的な表現でも、日本語ではズバリ言えないものがよくあって、いちいち唸らされます。
ما فيس فائدة
 は「無駄」「仕方がない」と教わったらしいですが、彼女は「日本語をたくさん勉強しても、次の日には忘れてしまい、マーフィーシュファーイダ」と言いたいようで、そこで「無駄です」とか「仕方ないです」と言っては、あまりにも絶望的な台詞になってしまいます。確かに「無駄」に相当する表現なのですが、日本語ではそこで「無駄」とは言いません。「なかなか上達しません」とか、全然別の表現が来るのが自然な発言です。
 また「仕方がない」というのは、「他に方法がない」ということで、良い意味でも悪い意味でも使います。良い意味というのは、「結果は残念だったけれど、一生懸命やってくれたんだから、仕方ないよね」みたいな文脈の話で、これを伝えるのは非常に難しかったです。غير حاجة تانيةとかما فيس سبيلとか言うのでしょうか。フスハーならلا محالةとかもアリかと思います。それ以前に、これまたアラビア語ならまったく別の表現が来る方が自然な慰めになるはずです。
 帰りも家のすぐそばまで三人一緒で、子供の頃に戻ったみたいでした。

 Sさんがذبحという語の訳にこだわっていました。
 「動物を屠殺する」という意味なのですが、「日本語では人間と同じ『殺す』か『屠殺する』だ」と言っても、「日本では電気で羊を殺すんでしょう? そうじゃないの、喉をナイフでかき切るの、それが重要なの!」と引きません。特に犠牲の動物を殺すというのは、宗教的な行為であって、単に機械的に家畜を殺して食べるのとは違うのだ、と言いたいのでしょうが、日本語では「それ用の単語」というのはありません。
 こういう「自分や自分の文化にとってすごく大切なもの、重要な違い」を伝えたいのに、外国語にしてしまうとやたら冗長になるばかりでサッパリうまく言えない、という気持ちは、よく理解できます。
 でもね、それは諦めるしかない(笑)。とりあえず大雑把なことを言って、後から時間をかけてジワジワ説明するしかないですよ。

 彼女たちと話していて、居合わせたインドネシア人の女の子Oさんと友達になりました。
 ヒジャーブをしていますが、顔つきが東アジア系だし、日本関係の施設だったので、最初は「エジプト人と結婚した日本人かな?」と思ったのですが、それにしては発音がうますぎるし、訛りが日本的ではありません。
 カイロに一家で数年住んでいて、アズハール大学の学生とのこと。アーンミーヤは、わたしから見たら完璧です。言葉遣いも丁寧で、とても好印象でした。
 インドネシアは世界最大のムスリム人口を抱える国で、ムスリムなら子供の頃から意味は分からなくてもクルアーンを勉強しますから、彼らの発音は素晴らしいです。
 英語は今ひとつたどたどしく、最近日本語の勉強を始めたとのこと。フスハーについては「カイロに来る前から勉強しているけれど、本当に難しくて大変」と言っていました。まったく同感です(笑)。
 アラビア語を学ぶアジア人同士ということで、日ごろの思いを色々共有できました。「アラビア語は世界一難しい!」とか「ぶっちゃけ、エジプト料理は不味い」とか(笑)。ちなみにわたしはインドネシアやタイ、マレーシアの料理は大好きで、「食べ物はインドネシアが断然良い」という彼女を断固支持したいです。
 顔つきはエジプト人よりは日本人に近いですが、ノリ的にはエジプト人に近い気がします。彼女個人の性格かもしれませんが、ちっちゃいのに元気一杯で、ちょっと動きが雑だけれど、じっと相手の目を見て熱く語るところが、エジプト女子と少し似ています。でもエジプト人より愛嬌があるかな(笑)。
 日本や韓国のこともエジプト人と違い良く知っていて、俄然インドネシアに親近感が沸いてきました。

 インドネシアで思い出しましたが、以前工場で働いていた友人が、インドネシア人の労働者と知り合いになり、彼らの一人が「英語はわからないけれど、アラビア語はわかる」と言っていたそうです。
 また、以前にネット上で、インドネシア人とアラビア語でやり取りしたことがあります。多分彼女は英語もわかるのですが、アラビア語を共通言語として使う、というのは、とても楽しい経験です。
 そう言えば、今日は同じ学校に通うイギリス人の女性とも、ずっとアラビア語で話していました。英語という最強言語が母語でありながら、気合でアラビア語で通す姿はカッコイイです。彼女はペルシャ語を学んだ経験もあるとのこと。素晴らしい。
 どんな言語でもそうですが、外国人同士が第三言語として使って話すのは、ネイティヴの話を耳ダンボで盗み聞きするより遥かに簡単です。ネイティヴでも、「外人向け」に喋ってくれている時はまだ楽なのですが、エジプト人同士の会話を盗み聞きするのは非常に大変です。

 全然関係ありませんが、最近現代アラビア語小辞典を借りて使っていることが時々あり、これが結構使えます。
 アラビア語日本語辞書なら、まずパスポート初級アラビア語辞典という例文も豊富で素晴らしい辞書がありますが、あくまで初級用で、これだけでは新聞も読めません(解説は本当に素晴らしく、単語集としてはずっと使えるし、わたしも寝る前に毎日読んでいます)。
 また、Pdicで使う辞書データが公開されていて、大変お世話になっていますが、マシンが手元にないと当然使えません。
 Hans Wehrは語彙数的に申し分なく、全アラビア語学習者が使っていると思いますが、単に訳語が羅列してあるだけで、また日本人にとっては英語も所詮外国語です。わからないアラビア語の単語を調べたら、わからない英単語が出てきて、わからない単語を二つノートに書く、というシュールなオチになることもあります(笑)。
 現代アラビア語小辞典は、語彙数ではHans Wehrに到底及びませんが、実用に供する収録数で、かつ日本語です。以前に書店で見た時は「表紙が固くて使いにくそう」とかいうどうでもいい理由でパスしてしまったのですが、異国の地で有り難味を噛み締めています。
 とりあえず現代アラビア語小辞典で調べて、見つからなかったらHans Wehr、みたいなパターンが最近多いです。

夜の肉屋さん
夜の肉屋さん posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  日本語  アーンミーヤ  インドネシア  動物  辞書 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 雄鶏には天使が見え、ロバには悪魔が見える|2009/11/25(水) 08:01:12|
  2. エジプト留学日記

アラビア語の辞書、Hans Wehrの評判

 アラビア語学習者なら誰でも持っているHans Wehrの辞書。もちろんわたしも手元に置いていますが、正直、あまり好きではありません。英語の訳語がただ羅列してあるだけで、例文も同義語も載っていません。元がドイツ語への辞書なので、英語版作成の際に誤訳が生じた、という話も聞きます(それがわかるほどわたしは熟練していませんが・・)。大体、所詮は英語だって日本人にとっては外国語だし、結局、何となくぼんやり訳語の羅列を眺めてイメージを掴む使い方しかしていません。
 M先生とHans Wehrの話題になった時、彼も「あれはダメだ」と言っていました。それは「アラビア語-アラビア語辞書を使え」という意味でしょうが、そうだとしても同意です。
 と、書いて今気が付いたのですが、ほとんど一日中勉強しかしていないにも関わらず、Hans Wehrをはじめ、日本語への辞書も、カイロに来てから一度も使っていません。驚くべきことです。
 では何を使っているかというと、Personal Dictionaryに入れたアラビア語-日本語辞書データなのですが、それも自習時にちょこちょこ使う程度で(これはわたしが怠慢なだけ)、授業中は使いません。先生が嫌がるし、そもそもそんな余裕ありません(笑)。
 授業中にどうしても類推できない単語があったら、先生に直接尋ねて、アラビア語の中で解説してもらいます。類義語や反対語を教えてもらったり、用例を尋ねたりします。
 この時、「いかに適切に類義語や例文を提示できるか」に、外国語の先生の力量というのは端的に表れると思います。良い外国語の先生とは、一つには、生徒を「この人と話したい」という気持ちにさせる人、一つには良い例文を臨機応変に作れる人でしょう。
 そして話を聞いていて「あ、アレのことや!」と意味を閃いたら、こっちも例文をいくつか作って、「これって自然? OK?」と確認します。それで「その通り」と反応があれば、大体その意味で合っています。
 もちろん、動植物の名前とか、説明の難しい概念などは、辞書を使うべきですし、一応1授業後は辞書で再確認していますが、辞書の訳語イメージと実際の用例が微妙にズレていることもありますし、結局使いながら「こんなもんやろ」と落としどころを見つけるしかないと思います(初級段階は別。最初は絶対母語による説明が望ましい!)。
 これはどんな言語でも同じでしょうし、常識かもしれませんが・・。

 ちなみに、動植物の名前やら、抽象概念を例示する状況を説明するために描いた変な落書きイラストで、わたしのノートは一杯です(笑)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  カイロ  留学  辞書 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アラビア語の辞書、Hans Wehrの評判|2009/08/07(金) 18:46:15|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。