スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エジプトでの自殺と結婚

 以前にエジプトでは自殺が非常に少ないことを書きましたが、ないというわけではありません。その背景には、エジプト独特の事情もあるようです。

自殺の新聞記事
自殺の新聞記事 posted by (C)ほじょこ

結婚資金準備に失敗し、若者が五階から身を投げる 別の若者は失業から動脈を切る

 生涯二度目の婚約をしていた彫像職人の若者が、ナイル東岸の新ベニー・スウェーフの住居の最上階から身を投げたのは、結婚準備に失敗し、経済的困窮に行き詰まったイード・ル=アドハー前のことだった。
 ベニー・スウェーフ治安部長アフマド・シャウキー氏は、救急局長シャリーフ・リヤード氏より昨日報告を受け、アブーターリブ・ファトハー(二十九歳、彫像職人)が、ベニー・スウェーフ市営共同住宅28棟の五階より身を投げ最期をとげた、と述べた。
 刑事捜査長ザクリーヤ・アブージーナ氏の調査の明らかにするところでは、弟のハサン・ファトハー(二十四歳、労働者)からの聞き取りでは、彼の兄は結婚準備のやり繰りに失敗する以前にその生を終えてしまい、というのも、イード中に結婚手続きを終えるつもりで、二ヶ月前から経済的困窮をしのいでいた、という。
 一方、ババー地区のスドス・ル=アムラーゥ村では昨日、悲劇的な事件が起こった。1998年に文学修士号を取得し、金物修理工を営む若者が、農業研究センターに隣接するスドゥス農場で右手の動脈を切り裂き、見回りが見つけババー救急病院へ運び入れた。
 彼に教育を受け養育された弟のアフマド・フサインは、文学修士号を取り金物修理工を営む彼の兄弟ムハンマド(三十四歳)は、ナイフを取り右手の血管を切ったのは、仕事の機会を得られず、経済的困窮の中で暮らしていたため、と語った。

一日に三件の自殺の新聞記事
一日に三件の自殺の新聞記事 posted by (C)ほじょこ

三つの県で、一日に三人の若者が貧困を理由に自殺

 昨日、一日に貧困を理由とする三件の自殺が三つの県で起こった。ダカフリーヤのダカルニスに属するアブーナーセル村の労働者サミール・アーシム・イル=サイードは、失業し家族の日々の糧を稼げなくなったことを理由に、アパートで紐で首を吊った。
 妻のアムル・マフムード・アフマド(24歳)は、アパートの居間に入ったところ、天井から吊るした紐で、椅子の上で夫が首を吊っているのに驚き、助けようと紐をナイフで切り、下の階に住む夫の家族に助けを求めた、と言う。しかし、彼は既に事切れていた。
 妻は、彼らの事情を詳しく語った。「サミールとは六ヶ月前に結婚したばかりで、アッラーがわたしたちに子供を授けて下さるのを夢見ていました。彼が言うには、彼の姉妹が結婚と家族の住居としてのアパートを建てるのを助けてくれ、彼女たちの結婚や共通の出費を助けなければならなかったのですが、物質的な状況からそれができませんでした。仕事を見つけられず、約一ヶ月前から家族と一緒に食事をしていました。家計を助けることができず、父や姉妹に対し、サミールはとても恥じていました。イードが始まった時はとりわけそうで、生活費を稼げない自分の無力に沢山泣いていました。それで、自分の生に別れを告げたのです」。
 カフル・ッシャイフ県では、四階から身を投げた失業者に、多くの住人たちが驚き、その周りに集まったが、既に息を引き取っていた。犠牲者の家族の語るところでは、彼は妻と五人の子供と共に、一年前から家賃300ポンドのアパートに住んでいた。彼の妻が付け加えるところでは、犠牲者サイード・ユースフ(32歳、失業者)は、日雇い仕事をしていて、月の収入は400ポンド以下で、家賃300ポンドを払うと家計には100ポンドしか残らず、妻がスークに出かけ、彼を助けるために売り買いするより他になかったという。彼女は飛び降りた夫に驚いていた。
 シャルキーヤでは、家族が長男ムハンマド・イブラーヒーム(31歳)の部屋の物音で目を覚ました。父親が息子たちの助けを借りて扉を破ると、長男が床に落ちているのに驚いた。首に洗濯紐が巻かれ、そばには木製の椅子があった。家族は救急車を呼んだが、若者の死亡が確認された。取調べによると、彼は自分で絞首台を作り、精神状態の悪化から生に別れを告げた。一ヶ月以内に結婚新居が購入できなければ婚約を破棄する、と婚約者の家族に告げられ、これを達成できなかったところだった。

 貧困だけでも、日本の貧困とは比べるべくもないですが、特徴的なのは、やはり結婚が絡んでいることです。
 エジプトでの結婚は非常にコストがかかり、新郎には新居購入など大きな経済的負担がかかります。そのため、婚約から十年経っても結婚できなかったり、新郎の父親がローンを組んで家を買うこともあるそうです。
 また、男性に対する家族のプレッシャーは日本の比ではなく、家族を養えないとか、妻を仕事に出さざるを得ないというのは、人によっては相当不名誉に感じるようです(働いている女性も沢山いますが、「女は家に」という傾向は日本よりずっと強い)。

 これら二つの記事は、どちらも一面記事だったので、逆に言えば、自殺自体は日本よりまだまだ「ニュースになる」ということだと思いますが。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  新聞  自殺  結婚  貧困 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトでの自殺と結婚|2009/12/07(月) 02:56:37|
  2. 新聞・メディア

自殺について

 日本では、自殺者の遺族が変な社会的負い目を負ったり、葬儀ですら差別的待遇を受けている、という報告を目にします。「自殺用の施設を作れ」といったラディカルな意見もあります。
 「死ぬのは本人の勝手、迷惑かけないように死ね」「死んだ者にそれ以上鞭打つような真似はするな」「家族は関係ない」といった考えには、基本的なところでは素朴な共感を抱きます。

 自殺について、数回だけエジプト人と話題にしたことがありますが、どれも「馬鹿げた行い」と鼻で笑うような反応でした。イスラーム的に自殺は「罪」なわけですが、それ以上に「笑い話」のような扱いをしているように見えました。
 日本にある程度関心を持っている人なら、日本が非常に自殺の多い国である、と知っているのも珍しくありません。それで鼻で笑うような態度を取られたのにはちょっとムッとしたのですが、一応弁護しておけば、そもそも彼らにとって自殺というのは身近な話ではなく、リアリティのない抽象的概念で、例えば身近な人が自殺した、といった状況はまったく想定していないのではないかと思います。日本と違って、エジプトにはほとんど自殺がありません。公式統計の数字はアテにできませんが、自殺者ランキングで下から数えて何番目、という位置にあります。自殺を遠い国の話として考えてしまっても、無理はないでしょう。
 「自殺は罪かもしれないが、その罪を犯さざるを得ない状況があったのだろうし、死んだ者をそれ以上悪く言うのは正しくない。家族にも哀れみをかけてやるべきだ」といった感じに話をもっていけば、一定の理解を得られるだろう、という感触はあります(実際そこまで突っ込んで会話してはいない)。

 自殺してしまった友人もいるし、未遂を含めれば数名身近にいる身として、最初に書いたとおり、基本的には「死ぬのは勝手だろう、死んだ者に鞭打つな」という想いがあるのですが、一方で、「そりゃちょっと自殺者に甘すぎないか」という気もしています。「死ぬのは自由」という感じ方が根底にはあるのですが、本当に自由なのか、自由で良いのか、というのは最近特に疑問に感じるところです。
 わたし個人は自殺は「罪」だと思っていますが、そういう宗教的な捉え方というのを一旦脇に避けておくにしても、自殺というのはかなり身勝手な行動です。
 ただ、この「身勝手さ」を、「残された家族の身にもなれ」というところから語ると、結局功利的な発想に堕ちてしまい、「友達も家族もいないなら勝手だろう」「不治の病で生きているだけ迷惑になるだけだ」というオチになってしまいます。自殺の「身勝手さ」というのは、そういう安っぽい経済合理性から来るものではないのです。

 「死ぬのが自由」というのは、基本的に命が自分のもので、個人という単位で人が存在している、という前提から生まれる発想です。ですが、人間というのは個人である以前に、共通のディスクール、社会の網の目の中に産み落とされるものです。近代的自我という存在は、そうした「ぐちゃーと一緒になっている魂」の何万年もの積み重ねの末に、ひょこっと顔を出したばかりのものであって、基本的に命は自分のものではありません。
 では誰のものか、と言えば、神様のものなのですが、神様と言われて拒否反応のある方には、共同体のもの、と言えばいいでしょう。命は「みんな」のものです。
 「みんな」には「わたし」も含まれているので、わたしのものでもちょっとありますが、ほんのひとかけらでしかありません。残りは全部(「みんな」-「わたし」)のものです。共有財産です。
 共有財産ですから、勝手に処分するのはダメです。共同体の合意が得られてから、初めて処分することができます。人間はそんな機械みたいにキッチリできていないので、六割合意くらいで見切り発車することも多いですが、見切り発車は見切り発車であって、褒められたことではありません。

 こういう「みんな」を持ち出すと、日本的にはすぐ「みんなのものを勝手に使うな」とかいう煩いババァみたいなのが出てくるのですが、これも違います。
 みんなのものだから、ババァ一人のものでもありません。ババァにはバアァ一人分の発言権しかない。「わたし」には「わたし」一人分の発言権しかない。誰も「みんな」を代理しない。誰も神様の代わりではない。
 だから、「みんな」を想定したからといって、結局一人一人は、個人主義以上に個人の名においてしか語れません。個人の名においてではありますが、その領分をはみ出してでも語る、という気迫がある時だけ、殴られるのを覚悟で語ることができます。誰にも殴られる心配のない発言など、言論ではない。

 話を戻しますが、命は神様とか「みんな」とかのものなので、自殺はやっぱり罪です。自殺者を甘やかしてはいけません。
 その代わり、もともと「みんな」の命なのだから、自分のもののように大切にしなければなりません。命なんだから、死んだ後で権利だの何だの言うのでは手遅れです。死ぬ前に大事にしないで、自殺者の権利を守るなんて、本末転倒でしょう。
 他人の命も、ちょっとだけ「わたし」のものです。本人のAさんが100くらい権利があって、「わたし」には1だけある、というのではありません。Aさんにも「わたし」にも、同じ1だけ権利があります。命は「みんな」のものだからです。本人にも他人にも、同じくらいちょっとずつだけ権利があって、同じくらいちょっとずつだけ義務があります。

 だから、死にそうな人間、貧しい人間を助けるのは、自分を助けるくらい当たり前のことです。
 死にそうな時、飢えている時、他の何でも死にたいくらい辛い時に、他人に助けを求めるのも当然であって、むしろ助けを求めなかったら罪です。そこで危機に晒されているのは「みんな」の命なんですから、危機を見つけた人間には、「お宅のロバさん、なんか病気っぽいで!」と「みんな」に報告して何とか救う方法を見つけ出す義務があります。
 死にそうなくらい辛い時に、助けを求めないのは罪です。

 繰り返しますが、心情的には、「死ぬのは勝手、他人に迷惑かけるな」という考え方にも、一定の共感を抱きます。
 でもやっぱり、それを認めちゃだめですよ。
 それを「勝手」だの「自由」だの言ってしまうのは、そのまま今ある命を粗末にすることに通底しているのです。自殺一つの問題ではないのです。
 もう自殺してしまっていたら、今更どうしようもないので開き直るしかないですし、死者と残された家族の名誉を守ることを優先すべきですが、一般論として言ってはやっぱりダメです。

 死ぬのは自由ではない。
 死にそうな人を助ける助けないも自由ではない。
 助けを求める求めないも自由ではない。

 日本には、死ぬような危機にあるのに「迷惑をかけたくない」とか遠慮して、本当に死んでしまう人がいるようです。
 迷惑かけたくない? 甘ったれるな!
 生まれた時点で、もう迷惑かけまくりだし、手遅れなんですよ。
 むしろ迷惑かけに生まれてきたんだから、ガンガンかけてオッケーに決まっているじゃないですか。水くさいこと言うな!
 それでも「迷惑かも」なんてセコい発想に憑りつかれて身動きとれないなら、「義務」というキーワードで自分を説得してください。命は「みんな」のものだから、危ない時に助けを求めるのは「義務」です。

 自殺者を甘やかすな。
 助けない自分を甘やかすな。
 助けを求められない自分を甘やかすな。

 もっと任侠を!!!

アレキサンドリア 果物と海
アレキサンドリア 果物と海 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  イスラーム  自殺 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 自殺について|2009/10/29(木) 08:39:02|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。