スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェット・リーの好きなエジプト人と踊る

 「シーニー」には一日百回は会うのですっかり適応して完全無視なのですが、この間道を歩いていたら、走ってきた車が凄い勢いでブレーキかけて、ザザザーッ!と砂煙を上げながらスリップして停車すると同時に、テンパったオッサンが「シーニー!シーニー!シーニー!」と叫んだのにはちょっとウケました。
 轢かれないで良かったですが、この車が対向車線にでも突っ込んで死んでくれなかったのは残念です。
 「中国人に『中国人』と言おうとして爆死、しかも中国人じゃなかった」という素敵なエピソードで人生のフィナーレを飾って欲しかったです。


 毎日決まって通る道で、決まって色々わめいていて、決まって完全無視している、という人が何人かいます。
 最近アバーヤでいることが多いのですが、普通の洋服でいつも通る道を歩いていたら、この手の男の一人が「Where is the egptian style?」と言っていて、不覚にも吹きそうになりました。微妙にションボリとした声でした。
 次の日、またアバーヤで同じ場所を歩いたら、「Egyptian sytle!」と、今度は元気一杯でした。
 意外とイイヤツかもしれません。


 最近、メトロの改札のところで、豚インフルエンザの予防を呼びかける放送が流れています。
 この放送が、完璧にフスハーです。
 イウラーブもはっきり発音していて、جもj音で、全然エジプトらしくありません。エジプトのテレビのニュースより、明らかに古典的なフスハーです。
إن الوقاية خير من العلاج
 という時代がかったフレーズが耳に残っています。「まこと、予防は治療に勝る也」くらいの感じでしょうか。
 こういうのはエジプト人にどういう風に響くのか、F女史に尋ねてみたところ「ああいう放送は必ずフスハー」。もしアーンミーヤで流れていたらどんな気持ちがするか聞いてみたら、「すごく変」とのこと。

 フスハーとアーンミーヤ問題では、ここ十数年のスパンでもアーンミーヤの勢力が増しているようです。
 アーンミーヤで書かれる小説や詩も増えており、若い彼女が「少し前はすごく変なことだったのに」と言っているので、本当に短い期間での変化のようです。
 عاوزة أتجوزというアーンミーヤで書かれた小説が人気、と聞きました。「結婚したい」というタイトルですが、タイトル通り、結婚を巡るドタバタを描いたコメディーのようで、聞いた話では日本の情景ともあまり変わらないネタが扱われているようです。
 もうちょっとアーンミーヤが上達したら、挑戦してみたいですが、いかにもスラングの嵐で難関そうです。

 ただ、このネタについて色々な人に話を聞けば聞くほど、アーンミーヤとフスハーの「差」は、エジプト人にとっては大した壁ではないようです。
 外国人から見ると大変な壁なのですが、当人達にとってこれほど軽いものなら、アラビア語好きの外人がよく話題にする「エジプト語」問題やら記法統一なんてことが、あまり真剣に取り扱われないのも当然かもしれません。


 先日「アバーヤはイスラームではなくアラブに由来するものなので、ヒジャーブなしのアバーヤも稀にいる(多分キリスト教徒)」ということを書きましたが、ヒジャーブなしのアバーヤのおばちゃんを発見したので、こっそり後ろ姿を激写させて頂きました。

ヒジャーブなしアバーヤのおばちゃん
ヒジャーブなしアバーヤのおばちゃん posted by (C)ほじょこ

 ヒジャーブがどうとかいう以前に、肩パットがすごいです。
 肩からミサイルとか撃てそうです。


 アバーヤを買った店で、裾などを少し直してもらう。
 この店の女の子と仲良くなり、待っている間に一緒に踊ったりする。彼氏の愚痴など、ものすごい普通の話題を聞く。
 よくいるコロコロと丸っこいエジプト女子なのですが、明るくて人懐こく、「アクション映画が大好き!」とか語ります。ジェット・リーが好きみたいです。ちょっと蹴りを見せてあげたら、ウケてくれました。
 「中国人はゴキブリ食べるって本当!?」と聞くので「中国人じゃないから分からないけど、それはないんじゃないかなぁ。でも犬は食べるみたいだよ」と言ったら、びっくりしていました。わたしもびっくりするわな。
 カイロの服屋さんは、時々うなぎの寝床みたいな妙に奥まった店があるので、「変な作りだなぁ」と思っていたのですが、奥の空間で女性が遠慮なく試着を楽しむためのものでした。ヒジャーブもなしで楽しくやっています。
 この時、お母さんと買い物に来ている女の子がいたのですが、この子が「武装解除」すると、ものすごいスタイルの良い美人さんで「こりゃ布くらい被せておかないと男が寄ってきて仕方ないだろうなー」と見とれてしまいました。
 逆に言うと、ブサイクだったらヒジャーブなんて要らないじゃないですか(笑)。
 日本人なんて、全員ヒジャーブ要らないですよ。放っておいてくれ!
 ちなみに、超絶美人さんのお母さんの方は、普通の象型エジプト人でした。歳月って恐ろしいですね・・・わたしも頑張らないと・・・。

タハリール広場を俯瞰
タハリール広場を俯瞰 posted by (C)ほじょこ
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  フスハー  アーンミーヤ    ダンス  中国  アバーヤ  小説 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ジェット・リーの好きなエジプト人と踊る|2009/11/11(水) 06:15:46|
  2. エジプト留学日記

ブスターン商業センター、イスラミック・サイバーパンク

 またネットが二日くらい落ちたまま(これも他所の無線LANを借りてポストしています)。
 ネットというか、うちの窓に入ってきているLANケーブルの先にあるはずのルータが落ちているに決まっているので、できれば直接行って再起動したいところです。バカハブか何かでつないでいそうな予感アリアリなので、見ない方が精神衛生上良いかもしれませんが・・・。

 ネットが落ちていると、そこはかとなく不安になり、日本に携帯メールを打てたらなぁ、と思います。海外でも使える携帯電話というのは、そういうこともできるのでしょうか。
 わたしは日本ではPHSしか持っていなかった原始的な人間なので、エジプト人より遅れています。


 تقاعسという単語をHans Wehrで引いたら、negligenceとあります。ジズルのقعسだけを見ると、to have a protruding chest and hollow backという長ったらしい訳が書いてあります。それっぽいポーズをしてみたら「ふんぞり返るってことか!」と閃きました。
 ふんぞり返って偉そうにしていて、他人のことなんてシカトするからتقاعسで「無視」。
 アラビア語は本当に面白いなぁ、と思う一方、「ふんぞり返る」って日本語もおかしいなぁ、と感心しました。「ふん」って何ですか「ふん」って。


 アバーヤでウロウロしていたら、すれ違ったの男性が「ガラベーヤ」と言っていました。
 ガラベーヤというのはエジプトの庶民的な伝統服ですが、女性のガラベーヤというのはカラフルでシルエットもアバーヤとちょっと違うし、デコルテも開いていて、部屋着以外で着ているのは庶民系のオバチャンだけです。
 外人が着ているからそう言われたのでしょうか。それともこれは実は黒いガラベーヤなのでしょうか。まぁどっちでもいいですけれど・・。

 アバーヤを日常的に着ているのは、オバチャンか、若い女性なら庶民系の子です。たまに超スタイルが良くて見とれてしまうようなカッコイイ女の子がいますが、ほとんどは象に黒い布をかぶせたようなオバチャン軍団です(失礼!)。一定以上の階層の若者は、普通アバーヤは着ていません。着るとしたら、スペシャルな時にスペシャルな派手派手アバーヤを着るのでしょう。
 図書館で勉強していたりすると、周りはインテリな子だけなので、アバーヤなんてわたしだけです。
 でもまぁ、この手の勘違い外人はどこにでもいるし、楽チンなので奇人で通しておきます。勘違い外人ファッションにサングラス、新聞を抱えてボロボロのバッグに汚いサンダルで歩いていると、客引きやナンパをかなり弾けます。「むしろお前からボッタくる」オーラ出しています。良いのか悪いのかわかりませんが・・・。
 昔日本で知り合ったベルギー人が、日本庭園の研究をしていて、庭園の写真集とか見せながら熱く語っていたのですが、わたしが全然興味がなくて「ふーん」とか言っていたら、ちょっとションボリしていました。
 彼の部屋には掛け軸とかかけてあって、ちゃぶ台に座布団、部屋の中では和服で暮らしていたのですが、今のわたしがあの時のベルギー人と同じポジションです。


 金曜・土曜は図書館が閉まっていて辛いです。
 安いカフェは蝿がウザかったり絡んでくる若者がウザかったりしますし、ファストフードはコーヒーだけで5ポンドする上騒がしいし、高いカフェは普通に入りたくないし、勉強する場所に悩みます。
 行くところがなくなってメトロのホームで辞書を引きつつ新聞を読んでいたら、隣に座った女性が「エジプト人?」と話しかけてくれました。
 男と違って女は向こうから声をかけてくれることが少ない上、「エジプト人?」なんて言われてウキウキです。
 格好が総エジプト化し、全般に薄汚くなるに連れ、女の子にモテるようになってきたようで幸せです。平和やなぁ。


 近所を歩いていたら、子供にビンを投げられる。
 なんですかね、これは。彼らなりの愛情表現ですかね。不器用なんだから、もう♪
 わたしも負けずにたっぷり愛情表現してあげるので、オッケーですけれどね。愛に飢えていたらいつでもいらっしゃい。たっぷり愛してあげるからね♪


 ブスターン商業センターمركز البيتان التجاريでUSBメモリ(アーンミーヤで「フラッシュ」)を購入。

ブスターン商業センター
ブスターン商業センター posted by (C)ほじょこ

ブスターン商業センターの中
ブスターン商業センターの中 posted by (C)ほじょこ

 ブスターン商業センターは電気屋さんが集まったビルで、某大先輩が「カイロのミニ秋葉原」と書かれていましたが、どちらかというと「ラジオデパート」です。ブスターン通りとタラアト・ハルブ通りの交差点から東に入ってすぐ北。周りも電気屋さんが多いです。
 エジプトでは電化製品が全般に高いので、極力買いたくなかったのですが、不便で仕方ないので購入を踏み切りました。8GBで値切って100ポンド。割高です。エジプトにラップトップ持参で来られる方は、絶対一個持ってきた方が良いです。「添付でメールして」などという方法は、このネット環境ではやっていられません。
 最近出費が激しいので、稼がないとヤバいです。
 それにしても、基盤がズラーとぶら下がった店でクルアーンが流れている風景というのは、すごくサイバーパンクで素敵です。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アラビア語  日本語  電化製品  IT  買い物   

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ブスターン商業センター、イスラミック・サイバーパンク|2009/11/07(土) 22:51:03|
  2. エジプト留学日記

オートビスとマイクロバス、エジプトのクロワッサン、メトロで検問

 我が家のネット回線は、窓からLANケーブルを引っ張り込む、という、「アマチュア無線かっ」なすごい仕掛けで接続されているのですが、このケーブルがどこにつながっているのか、ずっと気になっています。ちなみに、ケーブルを通すために窓を開けておかないといけないかというと、そんなことはないです。建てつけが悪いので、窓を閉めてもケーブル一本くらい余裕で通るからです(笑)。
 今日何気にnet viewしてみたら、サーバのような個人PCのような名前がいくつか丸見えでした。
 「まさかねー」と思いながら、適当なものにつないでみると、普通に入れました。
 ついでにルータの管理画面に入って、端末のMACアドレス一覧まで取れます。
 「寛大」って素晴らしい。


 オートビスとマイクロバスは、どちらもカイロ市内交通の要。
 オートビスというのは、所謂普通の路線バスですが、時間帯によっては、人がぶら下がるくらいの勢いで混雑しています。停車ポイント以外でも、減速したタイミングで飛び降りれば、どこでも降りられます。
 マイクロバスは、ワゴンバンを利用した小型バスのような乗り合いタクシーのような交通手段。定員以上は乗せないので、必ず座れます(全席埋まるとかなりギュウギュウですが)。ルートは定番コースですが、降りる場所は自由に指定できます。といっても、マイクロバスの運転手は大抵テンパっているので、要領よく伝えないといけません。

 それはともかく、この二つの表記を見て、ふと面白いことに気づきました。

أتوبيسات
ميكروباصات

 両方複数形ですが、耳で聞こえる通りオートビスが「ビス」なのに、マイクロバスは「バス」です。
 それよりも、オートビスの「ス」はسなのに、マイクロバスではصになっています。なぜサードなのでしょう。全然気が付きませんでした。
 語源的には、オートビスはフランス語、マイクロバスは英語から入ってきた言葉でしょう。音としてはどっちもsだと思うのですが、エジプト人には違って聞こえたのでしょうか。


 エジプトのお菓子類は異様に甘く、菓子パン系も砂糖の塊みたいなのがあります。
 見た目おいしそうなので、いくつか試してみたのですが、甘すぎるかパサパサかのどちらかで、幾度となく裏切られました。
 そんな中で、個人的に結構気に入っているのがクロワッサンです。
 お菓子屋さんのようなパン屋さんのようなお店なら、大抵どこでも置いていますが、甘すぎないし、菓子パンだと思えば丁度良いくらいだと思います。
 العبدという人気のお菓子屋さんのクロワッサンは、2ポンドもしますが(普通は75ピアストルくらい)、どーんと大きくて味もなかなか。でもデブ一直線食品なので、控えています。

 ちなみに、エジプトの菓子パン屋さんは、店員さんが手でパンを袋に放り込んだり、自分でビニールに入れたりします。
 日本のコジャレたパン屋が、変なハサミみたいなので摘んでお盆に載せたり、一個ずつ袋に入れたりするのがウザくて仕方なかったので、非常に楽チンです。あの日本の仕組みは何なんですかね。ほんと気取っててムカつくんですけれど。


 アバーヤ買いました。
 さんざん見て回った挙句、何度となく前を通っていた店の奥に、程よいアバーヤを発見。
 一つは前をボタンで留めるタイプで、コートっぽく着られて楽なもの。ペラペラの生地で装飾も地味ですが、100ポンド以下で値段が非常に安かったので購入。
 もう一つ、同じ店で、アバーヤというより単なる黒い超ロングワンピっぽいものをゲット。雰囲気はアバーヤですが、普通のアバーヤよりデコルテが開いているし、カジュアルな印象。値段も許容範囲内。
 最初に買ったアバーヤと併せて、アバーヤっぽい仲間が三着になりました。これと重ね着で冬を乗り越えます。
 肩パットの入っているアバーヤが多いのですが、わたしは肩幅が広いので「これ要らん」と言ったら、お店の子がバリバリ素手でひきちぎってくれました。獣っぽくてイイです。
 考えて見ると、最初に買ったアバーヤは、いい感じのものを良い値段でゲットできました。最初300ポンドとか言われて、150ポンドまで値切って買ったのですが、150ポンドならアバーヤとしては無茶な値段ではありません。
 今日アバーヤで歩いていたら、例によって若者に「アバーヤアバーヤ!」とか声をかけられました。それは服だ。わたしの名前じゃない。
 でも面白いから、アバーヤとかウンムアバーヤとか呼ばれてみたいです。バカ一直線。


 タイ製のお醤油購入。
 前に買った中国製のお醤油が余りに酷く、疑心暗鬼になっていたのですが(笑)、これはアタリ。ナンプラーなのかな、と思ったら、普通のお醤油のタイっぽく薄いタイプでした。
 いつもの野菜炒めを醤油味にしてみる。美味しい。
 毎日毎日ひたすら「野菜炒めと米」「野菜スープと米」だけで過ごして不満のない味音痴の言うことなので、本当に美味しいのかは自信がありませんが・・・。
 米は素晴らしいなぁ。米と鍋があればどこでも住めるよ。


 F先生との授業で、フスハーとアーンミーヤとアラビア語の未来についての文章を読む。
 大学受験英文解釈くらいのレベルの文章で、最近(わたしにとっては)異様に難しい文章ばかり読んでいたせいか、非常に楽に読めた上、テーマがズバリ関心ど真ん中なので、めちゃくちゃ楽しかったです。
 この手のテーマや、ヤバくない範囲での政治・宗教について語り合えるので、彼女との授業が毎日本当に楽しみです。神様に感謝。


 ふと思ったのですが、日本人アラビア語学習者で、フスハーの方がエジプト方言より話しやすい、と感じる人はいないでしょうか。
 「日本である程度フスハーを学んでから、本場で修業しようと思ったらみんなエジプト方言で話していて、結局アーンミーヤも頑張ることに」という、わたしのようなパターンが多いと思うので、単なる学習年数の違い、というのがまずあるでしょう。
 それ以外にも、フスハーの方が概ね発音が明瞭で、比較的母音をしっかりつけていく、という辺りが、日本人には易しい気がします。
 また、先日触れた「目的語を名詞文のムブタダウにして、動詞文のハバルで受ける(寿司、わたしは好きだそれが)」タイプの語り方が、エジプト方言では難しい(不自然)、というのがあるように思います。
 個人的に、最後のコレが気になっていて、文法的にはずっと難しいけれど、語順についてはフスハーの方が楽だなぁ、と思うことが時々あります。
 「語順の統語論的重要性が高い」というのは、日本人にとって存外に壁になるのではないでしょうか。思いついた名詞をぽっと口に出して話し始める、という語らいにすっかり脳が出来上がっていませんか。わたしはすごくその傾向が強くて、日本語なら「は」で明示するトピックが、たまたま主語だとラッキーですが、目的語だった場合、アーンミーヤでは不自然な文になってしまうことがよくあります。
 一方で、疑問詞が最後に来る構文は、アーンミーヤの方が楽チンですね。とても自然。
というか、イウラーブ以外はフスハーが極端に難しいとも言えない気もします。会話では基本イウラーブは誤魔化してオッケーですし(笑)。女性複数とか双数の音が呼応して連なる、いかにも古い屈折語的な響きも、今では愛しいです。


 メトロに乗っていたら、女性専用車両なのに男の人が数人乗り込んで、全員の切符とIDをチェックし始めました。
 「切符拝見」は初めての経験でしたが、IDを確認させられるのがエジプトらしいです。
 国内で旅行すると至るところで検問で止められますし、市内でもちょっと警備のしっかりしている所ではパスポート必携ですが、メトロの中で確認させられるのは、ものものしかったです。
 誰か外国の要人でも来ていたのかもしれません。


 ウストゥルバラド近くで、門番のおっちゃんが「お茶していけ」とか声をかけてくる。
 いい加減こういうのは完全スルーしているのですが、たまたま機嫌が良くて、ちょっと付き合ってみることにする。
 念のためですが、ウストゥルバラドとか観光名所で外人に声をかけてくる男は、99%セックス&マネーが目的です。面倒に巻き込まれたくないなら、完全無視するのが一番です。わたしは面倒に巻き込まれたいので(笑)、時々相手をします。
 「どこに住んでいるんだ」「何でアラビア語が話せるんだ」とか、定番の話の後で、突然「こっちがトイレだ」とか言い始めます。トイレのことなんて全然聞いてないのに、「こっちだ、来い」とか凄い勢いで招きいれようとします。
 「分かりやすいやっちゃなー」と思いながら敢えて中に入ってみると、案の定「キスさせろ」とか絵に描いて額に入れたような展開に。
 適当にあしらってバイバイしてきましたが、そういうのが苦手な人は、どんな人の良さそうな人とも、絶対に人目のないところに行くべきではありません。
 わたしは、正義の名の元に人体をボコれる機会を拾えたらラッキー、くらいに開き直っています。非推奨。


 最近非常に心穏やかなのは、こうしてアホなことに首を突っ込むのを自制し、女と話している時間が長くなったからでしょう。
 エジプト女性のすべてが付き合い易いとはまったく思いませんが(無教養な人や知的好奇心の低い人は非常に疲れる)、男どもが次から次への引き起こす面倒に比べたら、ずっとマシです。エジプト男性と結婚されている方には申し訳ないですが、わたしはあの野郎どもはパスです(笑)。
 背が低くて丸々と肥えている子が多いし、ヒジャーブしているとお地蔵さんみたいで可愛いのも気に入っています。一緒にいると、なんか動物が集まって会議しているみたいでホンワカします(本人たちに言ったら怒られるやろな・・)。
 図書館で会う何人かの男性以外とは、ほとんど会話しなくなりました。


 今日ハッとしたアーヤ。
ما تشاءون إلا أن يشاء الله رب العالمين
 「だが万有の主アッラーの御望みがない限り、あなたがたはこれを望むことも出来ないのである」(التكور 29)。

DSCN4331
職人さんと猫 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アラビア語  食べ物  交通  治安    IT 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. オートビスとマイクロバス、エジプトのクロワッサン、メトロで検問|2009/11/05(木) 08:03:49|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。