FC2ブログ

インフルエンザを恐れて子供を学校に行かせない親たち

インフルエンザを恐れて子供を学校に行かせない親たち

サーミルとサマル グーグル学校とデリバリー先生

 十歳前の二人の兄弟、小学校五年生のサーミル・ラムジー・ルゥーフと四年生のサマルは、特殊で現代的な教育を受けている。サーミルとサマルは、一学期は最初の数日しか登校しなかった。その後、父親が「学校なんていらない。この国は病気で一杯だ」と断固たる決意を示したのだ。
 サーミルとサマルの家族は、二人の子供に登校を禁じることを躊躇しなかった。状況が、家族の感じた通り危険だったからだ。健康省の報じる数字が、母の心と父の心配を刺激していた(訳注:政府の発表する豚インフルエンザの感染者数を見て心配になっていた、の意)。決定は根本的で断固たるものだった。「家で勉強する」。しかし実際の詳しい負担となると、シャイターン(訳注:サタン、悪魔)の潜みかねないものだった。父親は、サミールとサマルに授業をしてくれる「出張」教師と契約せざるを得なかったが、「誰でも病気の可能性がある」。一方、母親はデットル(訳注:エジプトで一般的な消毒液の商品名)に夢中だ。「清潔中毒になっちゃったわ。考えることといったら、子供が病気になるんじゃないか、デットルすること、そればっかり」。
 サミールと妹の生活はすっかり様変わりした。夜は「勉強と学習」の時間で、昼間は寝ているだけだ。母親は「逆転生活」を心配し、テレビの学習プログラムをやるよう励ましたが、「子供たちといったら、映画とアニメを見たがるばかりだったわ」。父親はもっと心配していた。子供は、教科を理解するのに、時間をかけた教師の説明を必要とするものだからだ。
 「家族の出費」は三倍に膨れ上がり、「自宅学習」の学費を支払うのに、父親は長時間働かなければならなくなった。年間の学費を作るのに、おそらくは一日二十四時間連続で仕事することになるのはわかっていた。この心配のすべてはーー父親の言うことにはーー「この伝染病は、この国で十年続くかもしれない。その時はどうすればいいのか分からないよ」。
 一方母親は、子供の教育にCD教室を使うことを考えていた。これは、昨年、伝染病が流行る前に考えたことで、特に理由はなかった。何人かの教師が、家族にカリキュラムの入ったCDをくれていたのだ。
 インターネットの得意なサーミルだが、教育省のサイトは知らなかった。「このサイトでは迷子になっちゃうよ。どこに教材があるのかわからないし、テストの表もないんだ。欲しい情報は、社会学習で探すか、グーグルで見つけるよ」。
 サーミルがグーグルで勉強する一方、妹はCDの学校でカリキュラムを学ぶ旅をしている。母親は、「自宅学習」の成果を不安を抱えながら見守っている。同時に、予防接種についての決意は固いようだ。「いいえ、予防接種は受けさせないわ。危険な副作用があるって言われているもの。わたしが病気を持ってきてしまうのだけが心配だわ。彼らは良い子だから、主がお守りくださるでしょう」。

 この家族はかなり極端ですが、豚インフルエンザ恐怖はエジプトで結構流行っていました。メトロでヒガーブの裾で口元を多う女性の姿も、よく見かけました(あんなものでは何の予防効果もないと思いますが)。
 以前にも書きましたが、恐ろしいのはインフルエンザではなく、インフルエンザに対する人々の恐怖です。パニックが恐ろしいだけでなく、「伝染る病気」というのは、人を疑心暗鬼に陥れます。
 エジプトでは特に、社会的な人と人の距離が近く、親しい同性に会えばハグしてチュッチュというのが普通です。これでは予防もヘッタクレもありませんが、むしろ予防のためにハグハグチュッチュを控えるようなエジプトなら、砂漠に埋もれてしまえ!くらいに思います。
 大体、エジプトで普通に暮らしていれば、最も危険なのは交通事故であって、インフルエンザなんか流行っていなくても、ガスマスクが欲しくなるくらい大気汚染が酷いです。そっちの心配が先でしょう。

 こうして外国のこととして見ると滑稽さが際立ち分かりやすいのですが、日本だって同じことです。豚インフルより狂牛病より、交通事故の方がずっと危ない。飲酒運転なんか特に危ないですから、豚を屠殺するより飲酒運転を死刑にした方が「安全」なんじゃないですか。誰が安全なんだかよくわかりませんが。
 エジプトでも、ある程度教育があり意識の高い人間は、徒に豚インフルを恐れるようなことはないし「真の政治的問題を隠蔽するための政府のプロモーションだ」と冷静な意見を言う人もいます。まぁ「豚インフルエンザなど実は存在しない! 政府の陰謀だ!」まで行くと、ちょっと行き過ぎですが。
 セキュリティ・パラノイアを激しくこじらせている日本の風景の方が、エジプトより余程滑稽です。

 ただこの記事には一つ面白いことがあって、親が自己判断で勝手に「自宅学習」させていることです。日本ではもちろん違法でしょう。
 もしかするとエジプトでも正確には違法なのかもしれませんが、経済的事情で学校にロク行けない子供なんて掃いて捨てるほどいるので、国も一々チェックしていられないでしょう(エジプトの公教育はかなりの範囲で無料だが、それ以前に子供が働かないと家計がもたない家庭が多い)。
 学校に行かせるのが「義務」というのは、国家主体の考え方であって、行かせたくなければ勝手にやめればいい。それは個人主義というのとは違って、自由を称揚しようというのでも全然ありません(自由など要らん!)。
 この父親は、子供を学校に行かせず教育を与えるために、寝る間も惜しんで働いています。そういう覚悟をもって、自らの正義に従い、腹を括っている。ある意味、圧倒的「不自由」を選びとっているわけです。

 だからこれは、自由というより、単なる正義の実践であり、主の命に従うことだ。自由は与えられるものではない。なぜなら、我々は既にうんざりするほど自由だからだ。必要なのは、不自由さの中に自らを存在ごと投企することだ。

 そういう「反教育」なら、任侠的にもイスラーム的にもいつでも応援します。

元記事:سامر وسمر: المدرسة « جوجل».. والأستاذ «دليفرى»

追記:
 公教育が無料もしくは廉価であることについてですが、カイロで知り合ったある人物は、田舎を出て高校に通っている時は家がなく、路上で寝泊まりしていたそうです。ホームレス高校生!
 ちなみにこの男は、日本人好きのナンパエジプト人なので、同じエピソードを聞いたことのある日本人女性が他にもいるかもしれません。そう、アイツです。
 悪いヤツじゃありませんが、バカなので、一定以上の距離に入れないようテキトーにあしらってやってください。
スポンサーサイト



にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  豚インフルエンザ  教育  学校  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. インフルエンザを恐れて子供を学校に行かせない親たち|2010/01/26(火) 18:30:10|
  2. 新聞・メディア

エジプトのフスハー教育事情、根深いニーハオ、知ったかぶり問題

 朝にF先生の授業。
 珍しく早起きして「ラッシュが酷いだろうなぁ」と思っていたら、メトロがガラすきです。考えてみたら、シッタ・オクトーブルの祝日(10月6日 第四次中東戦争の勃発を記念する戦勝記念日)でした。
 F先生とは初めてのアーンミーヤの授業で、滑り出しは「一体何をネタに勉強しようか」とぎこちなかったのですが、一旦喋り出すと、まだ知り合って間もなくネタの蓄積があるせいか、自分でも気持ち良いくらい喋り捲れました。彼女もゆっくり優しい語彙で喋ってくるので、ほぼ100%聞き取れます。「アーンミーヤは二ヶ月半しかやっていない」と言ったら、驚かれました。ただ、「ネタの蓄積」というのは本当の大きくて、ちょっと違う話題になるとついていけないのが容易に想像できますが・・(留学経験のある人は「気がつくといつも同じことばかり話している」覚えがあるはず)。
 彼女は若いせいか、アーンミーヤについても割と整合的に考えようとするところがあり、非常に話し易いです。「جはフスハーでは常にジーム、エジプト方言では常にギーム」と、よくいる「どっちでもええのんちゃう」とか「ギームの方が古い発音で正しいのだ!」というエジプト人とは違います。エジプト人の「ギームへのこだわり」には大いに敬意を払いますし、わたしも影響されてフスハーでもギーム読みすることが多いのですが、ハッキリ分けてくれた方が外国人には助かります(「ギーム読み」は外人にもすぐわかるエジプト訛りとして知られていますが、人によっては「訛りじゃない」というくらい根深いもので、実際、エジプト方言というのは、ちょっとジームの発音が違うような生易しいものではありません。ギーム読みなんてほぼフスハーです)。
 また、表記についても、「アーンミーヤはみんなバラバラで当たり前」という投げやりさがなく、「アーンミーヤにはアーンミーヤなりに最もオーソドックスな表記があり、極力それに合わせるべきだ」というスタンスのようです。というか、これが普通の「国語」です(笑)。
 短い時間で、今のわたしに欠けているもの(表現の蓄積など)を把握してもらえて、有意義な授業でした。「フスハーの表現が時々混ざる」とのことで、その辺をアーンミーヤらしい表現と自由に行き来できるよう鍛えたいです。

 アーンミーヤを文字に起こした教材を読もうとすると、いつも非常にぎこちないです。つい「フスハー読み」してしまいます。何もなしで喋っている時は、下手くそなりに喋れているのに、「アーンミーヤを読む」のは難しいです。基本的に「お喋り用の言葉」なので、それはそれで結構なのかもしれませんが、時々アーンミーヤで書かれた文章などもあるので、この表記にも慣れるようにしていきたいです。

 フスハーとアーンミーヤでコードシフトする時に「違う自分が出てくる」ような感覚について話題にしたのですが、彼女自身(おそらく多くのアラブ人)にそういう感覚があり、学生からもツッコまれる、とのことです。傍から見ていると「微妙に人格が変わる」ように見えるし、最近ようやくわたしもその感覚が芽生え始めたのですが、ネイティヴでも一緒のようです。
 外国語を喋る時には、誰でも人格がシフトするような感覚を抱くものですが(言語習得の非常に重要なポイント)、一つの言語の中でそういうシフトがあるのは、非常に面白いです。
 よくお茶しているDさんとは、フスハー、アーンミーヤ、英語で会話したことがあるし、彼がドイツ語で喋っている現場にも度々居合わせていますが(ドイツ語は一言もわからない)、傍目にもシフトが明瞭です。彼個人について言えば、フスハーで喋っている時が一番礼儀正しく距離ができるので、付き合い易いです(男性全般に言える気がする)。特にフスハーで信仰について語っている時は、彼に限らず多くのエジプト人が、本当に輝いています。F先生とはアーンミーヤの方が楽チンです。

 F先生と各地のアーンミーヤについての話をしたのですが、シリア方言はカイロ方言よりフスハーに近いそうです。逆にマグリブ方言はもっとかけ離れていて、彼女も「全然わからない」と言っていました。
 「どの方言が一番フスハーに近いのか」議論については、どこのアラブ人も「うちが一番正当や!」と言うので決着が付かない、という話をよく聞きますが(笑)、エジプト人の彼女が謙虚にも「シリアの方がフスハーに近い」と言っているので、本当なのでしょう。
 でも、勉強すればする程、最初に感じていた程の「フスハーとアーンミーヤの距離」を気にしなくなり、「確かに喋る時はこっちの方が楽だよね~」という気持ちになってきました。やっぱり一つの言語なのです。道はまだかなり遠いですが・・。

 学校でもアラビア語の授業(「国語」)以外はアーンミーヤが使われている、というのは知っていたのですが、最近ではアラビア語の授業ですら先生がアーンミーヤで説明していることがあるそうで、彼女は「問題だ」と言っていました。
 大家さんの娘が非常にフスハーが上手だ、と言うと、「多分テレビで学んだのだろう」とのこと。
 フスハーのできないアラブ人なんて、漢字の書けない日本人くらい恥ずかしいです。そういう矜持をもって、胸を張って勉強して頂きたいです。

 「お腹の小鳥がピヨピヨ言っている」という表現を教わりました。
عصافير بطني بتصوصو
 「お腹がペコペコ」という意味。超かわいいです! 絶対使いたい!

 授業後外に出ると、正午くらいの一番暑い時間帯のはずなのに、暑くないです。
 ふと空を見ると、雲があります!
雲
posted by (C)ほじょこ
 雨どころか曇の日というのもほとんど記憶にないのですが、雲で日陰になると、本当に涼しいです。ちょっと肌寒いくらいです。
 秋だなぁ、と感じ入ります。
 うちの母が、昔「日本には四季があるから」とか「一年中同じような気候の場所の人間は、刺激がなくてバカになる」みたいな偏見をぶちまけていましたが、四季なんてどこにでもあるし、エジプトなんか一日の中に四季が詰まっているくらい変化が激しいです。日本の気候の良いところは、むしろ変化が乏しく安定していることでしょう。

 いつものように通りのカフェで新聞を読んで過ごす。
 例によって「ニーハオ」と声をかけてきた人がいたので、「ニーハオじゃないよ。シーニーじゃないよ」とにこやかに返したら、「それは失礼」と謝ってくれて、そこから会話が始まりました。
 最近ではもう、すっかり「ニーハオ」にも慣れてしまい、余程虫の居所が悪くなければ、笑ってスルーしています。
 「日本人だ」と言うと、「日本の銀行がギザに新しい博物館を作ったんだ。これはビックビジネスで、俺はとてもハッピーだ」とか、そんな話になったのですが、それだけ会話した挙句、また最後に「ニーハオ」と合掌して頭を下げて去っていきました。
 もう、ニーハオでもシェシェでも何でもいいです。ええ、ヤーバーンもコリアも中国の一部ですよ。普段着はキモーノですよ。日本人は全員忍者でカンフーができますよ。はいはいはい。
 「中国人は天安門広場で『毛沢東は神の使徒』ってシャハーダしないと結婚できない」とか嘘教えてやりましょうか・・。

 アメ大が休みなので、普通の本屋さんにちらっと寄る。
 アーンミーヤの教科書を眺めたのですが、値段を聞くと120ポンド(約2400円)。
 日本でならブックフェチ的に躊躇もしない価格ですが、こちらでのケチ暮らしに慣れた今では、手が震えそうなお値段です。一週間暮らせます。
 どのみちお金がなかったので、「明日アメ大でもう一度見よう」と撤退。

 考えてみると、アーンミーヤについては、日本語による超超入門書とS先生手製のプリント以外、教材らしい教材を使ったことがありません。辞書すら持っていません。アーンミーヤ独自の文法や頻出語彙のシフトについても、口頭とネットだけで覚えました。これもアッラー、そして人懐こい街のエジプト人たちのお陰です。
 アーンミーヤでも色々辞書があるのですが、ゴツい辞書を買うつもりはありません。高級な語彙についてはフスハーのままのものが多いし、安いハンディ辞書だけ、見つけたら買おう、くらいに思っています。

 昨日地下鉄のことを書きましたが、そういえばエジプト人に「日本にメトロはあるか」と聞かれたことが複数回あります。
 悪いですが、こと地下鉄に関しては絶対負けません。「一遍大江戸線の階段歩いて腰抜かしてみろ」とか心の中でえばっています。
 というか、二本あるカイロの地下鉄のショブラ-ギザ線は日本製の車両が使われていて、車両にも「日本から贈られた」みたいに書いてあるのですが、カイロっ子にはさっぱり伝わっていないようです。
 この路線には毎日お世話になっているのですが、見慣れた車両というだけで、すごく安心感があります。対して、もう一本の路線の方は、なんだかヨーロッパくさい車両で、「ツンツンしてんじゃねーよ」と嫌っています。
 なんでしょうね、この意味不明な身内びいきは。わたしだけですか。わたしだけっぽいですね。

 地下鉄と言えば、以前に深夜のサーダート駅で、若者四人組が「四人で3ポンドしかないんだ! 頼むから乗せてくれよ!」と駅員に訴えている現場を見たことがあります。
 地下鉄を値切るってアンタら一体・・・。

 肉屋に羊の生首が転がっている。
 首を落とされた残りがぶらさがっているのはよく見ますが、首だけ落ちているのは初めて見ました。意外と普通です。
 人間の生首が落ちていても、実際に見たら「ふーん」くらいなのかもしれません。

 道で大きな国旗を配っている人がいる。
 祝日なので愛国心を表明しているのかと思ったら、道行く車に国旗を売っている人でした。ホンマなんでも売りもんにするね、アンタら・・・。

 S先生との授業で、有名な「道を尋ねると嘘を教えられる」件が話題になる。
 「知らない」ということを恥と感じるメンタリティによるものだろう、と前に書いたのですが、エジプト人の先生も同意していました。
 もう慣れてしまったので何も感じませんが、この「知らない」と言えない性分には、エジプト人自身も困っているそうです。先生も一度、道を尋ねて言われた通りに歩いたら、一時間かかって同じ場所に戻ってきて、最初に尋ねた場所が目的地だった、ということがあったそうです。
 困っている人を捨て置けない、というアラブ人の性分(というか、多分にイスラーム的な倫理観)も原因の一つのようです。「絶対スルーしない」この性格が、多くの旅人を助けてもいるし、犯罪を見逃さない地域の目にもなっているのですが、困っていそうな人を見つけて、ホイ来た出番だ!と威勢良く出て行くと(こういう時のエジプト人は本当に嬉しそう)、引っ込みがつかなくなって、知らないことも知らないと言えなくなってしまうのかもしれません。
 もちろん「知らないことは知らないと正直に言う」美徳が存在しないわけではありません。知ったかぶりを諌める言葉を教えて貰いました。

من قال لا أعلم فقد أفتى

 「知らない、と言った者は、ファトワを出したに等しい」。
 苦しい訳ですが、أفتىというのは、ファトワ(イスラーム法学者が出すイスラーム法解釈)を出す動詞で、つまり「知らない」と素直に言った人は、余計なことを言わないことによって、素晴らしい情報を与えているのだ、という意味です。

 というか、わたしだけでなく多くの外国人がアラブ世界で感じていることだと思うのですが、この手の「イスラームの知恵」は素晴らしく、それを語る時のアラブ人もキラキラ輝いているのですが、その知恵を全然実践していないアラブ人が多すぎます(笑)。はっきり言って、全然信仰心のない普通の日本人の方が、平均点で見れば、余程「イスラーム的」な気がします。

 ちなみに、今日夜到着予定だった洗濯機は、予想通り来ませんでした。アッラーはわたしに手洗いをお望みのようです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アラビア語  フスハー  教育  文化  アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトのフスハー教育事情、根深いニーハオ、知ったかぶり問題|2009/10/08(木) 00:56:41|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。