FC2ブログ

麻薬中毒から立ち直る若者たち

麻薬中毒から立ち直る若者たち
「元」中毒者の挑戦

アムル「前は麻薬と欲望でやるべきこともやらず、あらゆる過ちを犯した。今はみんなが僕がちゃんとしようとしている、と敬意を払ってくれている」

 麻薬を売っている「マフィア」がいるのはご存知だろう。しかし、麻薬治療のビジネスをしている「マフィア」がいるのを知っているだろうか。これがテーマだ。
 中毒者治療で商売しているマフィアの代表は、この分野で仕事をしている、特殊な地域にあるいくつかの病院だ。彼らは、治療してくれる、という「幻覚」で患者を搾取している。毒を身体から追い出さないだけでなく、麻薬でボロボロになった身体の治療に、舞い戻ることになるのだ。
 これらの人々の話を聞いてみよう。麻薬に惹かれ命を落としかけたハーニーには、長い中毒歴があった。「十九年間麻薬中毒だったんだ。でも麻薬にも、あれをやるようになった問題にもウンザリだった。人生に嫌気がさした。すごい量の粉があって、それを一気に注射したんだ。死ねばお終い、死ななかったら二度と元には戻らない。なぜって、疲れきっていて嫌気がさしていたからね」。
 「身体中から水分が抜けて行くのがわかった。疲れきって苦しく、周りの人に助けを求め、病院に担ぎ込まれた。専門病院での長い中毒治療の旅が始まった。すごい高額だったのに、状態は良くならなかった。でもアルハムドリッラー、主が救いを与えて下さり、正しい道を示してくれる人たちに会えた。今、麻薬をやめて六年になるんだ。病院で、他の人達の治療を手伝っている」
 ムハンマドは、中毒から立ち直った人の一人だ。彼は専門病院で治療を初めたが、その治療費は一ヶ月で28000ポンドに及んだ。退院後は、まるで入院していないように変わらなかった。親戚の一人が、イル=マタール・ル=アーッム精神医療・中毒治療病院へ連れて行くまでは。そこで治療は続けられ、今では、麻薬の辛い体験を越えた者として、他の人々の治療に加わっている。
 立ち直った人の一人アリーに、他の人達の治療を手伝おうとするのは何故なのか尋ねたところ、彼はこう行った。「僕を麻薬から治療してくれたその場所へ行かなければ、また中毒になってしまうかもしれない」。「ウンザリしていた中毒から抜け出した後、皆がやってきて言うんだ、小綺麗にするのをやめまた麻薬をやろう、と。これは本当に危ないことだ、とわかったんだ」。病院にいる人々のほとんどは、進歩の度合いを治療がどれくらい好きかで測っており、病院と集団治療から長期間遠ざかることを決めると、麻薬への逆戻りの危険が分かる、という。
 アルコール中毒と麻薬中毒から立ち直った人の一人スィーフは、以前は五つ星ホテルで働いていて、ホテルのバーで働かざるを得ず、その時から酒との関係が始まったと言う。しかし治療の後では、以前はそのジャンルで働くことで得られていた物質的メリットにも関わらず、そうした場所で働くのが嫌になった。
 彼の友人、アムルは言う。「いつも礼拝していたし、義務を怠っていたわけじゃない。でも、想像し得る限り、あらゆる過ちを犯していた。間違いを犯していることを考えることもなかった。欲望と麻薬で心が動いていたから。でも、治療を始めてから、自分がその中で生きていた過ちすべてが嫌いになった。人々は僕を尊重してくれ、ちゃんとしようとしている、と敬意を払ってくれた。自分が間違っていたことは分かっているし、これは自分にとっても主にとっても、大きな過ちだ。でも今は、治療を始めてから、すべての間違ったことから遠ざかるようにしている」。
 治療に絶望してしまうことは、その失敗の最大の原因だ。ムスタファーが言うように、多くの中毒者が逆戻りしてしまうが、だからと言って治療が継続できなくなるわけではない。二十回逆戻りして、それでも治療に来る者たちがいる。彼の強調するところでは、中毒は慢性的な病であり、永続的な治癒というものはない。中毒者は常に麻薬への逆戻りに晒されている。これは単に失敗したため、というのではなく、回復の全過程においてそうなのだ。
 ムスタファーはこう付け加える。「五年とか六年麻薬をやめていて、驕りを抱き、中毒に打ち勝ってきた期間を誇る人が沢山いるが、ある日麻薬に逆戻りしてしまい、前より酷くなる、ということがあるのだ」。
 ハーニーは言う。「立ち直った者は、自慢するのではなく、物事を治療の期間で考えよう。つまり、僕は十九年間中毒者で、六年間はやめている。中毒の期間と治療後の期間を比べなきゃいけない。回復後の期間の方が長くなった時はじめて、本来の人間に戻ることができた、と言うことができるんだ」。
 中毒治療の基礎にあるのは、個々人の行動様式を変える、という考えであり、生活スタイルを完全に作り替え、多くの間違った態度を獲得してしまった人間から、振る舞いの好ましい人間へと転換することである。これは、患者の人間性を新たに作り直すのに近く、単に中毒の原因になるような外的要因を取り除く、ということではない。
 「○○だったらよかったのに」。患者たちにこのフレーズを補完するよう問うと、大抵は間をおかず、こんな風に言う。「中毒にならなければよかったのに。ちょっと試してみたりしなければ。父や母の言葉を聞いていればよかったのに。麻薬に引きずり込んだ悪い友達と知り合わなければ」。
 中毒者が治療中に直面する最大の問題は、家族が治療とどう関わるか、ということだ。中毒と治療法の間違ったイメージを流布させている、という点でメディアにも責任がある。ムスタファーは語る。「家族は分かっていないんだ、中毒治療は単に毒を身体から追い出すことじゃないってことを。治療は、麻薬摂取への逆戻りから守ることであって、そこに戻る要因というのは、いつも患者の目の前にあるんだ」。
 ワーイルは強調する。「エジプトにおける中毒治療は、インターネットが最初に入ってきてみんながネットに入った時のようだ。。治療の基本にあるのは家族だ。なぜなら、彼らは、必要な二つのものを与えられるからだ。保護と、治療を継続するよう励ますことだ。麻薬へ逆戻りしないよう保護すること。注意を要するかもしれない変なことがあれば、それが何であれ、彼らが一番最初に気付くに違いないのだ」。
 サーミーには、回復にあたって問題があった。両親が、息子が麻薬中毒者であることを認めるのに困惑を示していたのだ。彼は言う。「家族は、治療の助けとなる環境を整えてくれたけれど、治療の見返りにお金を与えたり、自動車を買ってやるとか約束したのは、大きな間違いだった。これは大間違いだ、なぜなら、まず自分自身のために治療するよう、励まさなくちゃいけないからだ。何か他のものとかのためじゃなくて。もう一つの間違いは、自分たちに中毒者の息子がいる、ということを認めなかったことだ。中毒は恥や不名誉じゃない。隠したり、子供を治療に連れていかなかったり、溺れるままにしておくのは間違いだ」。
 ムニールは言う。「思春期に母が多忙だったことが、中毒者になってしまった主な原因だ。誰も話を聞いてくれる人がいなくて、どこから来てどこに行くのか言ってくれる人がいなかった。お金で何をするのかも。確かにママは役所の次官で忙しかったよ。だけど、兄さんたちも働いていて高い地位にあって、僕は麻薬に落ちてしまったんだ」。
 アイマンにも似た体験がある。彼は言う。「パパとママはUAEに行っていた。大学に行くためにエジプトに住んでいた。兄と一緒に住んでいたけれど、お互い自分のことだけだった。お金は米みたいにあって、何でも手に入った。パパとママが、このお金のために苦労しているなんて、その時は考えていなかった。麻薬に手を出して、お金を失い、それでお終いになった」。
 サアドは、メディアの中毒者の扱いを批判し、こう語る。「涙を誘う悲劇なんて聞きたくないし、困難や何やにぶつかる中毒者たちを楽しみたくもない。知りたいのは、どこで治療し、治療の後いかに人生を見つけるか、だ。それから、みんなに気をつけてもらいたい。麻薬マフィアのように、治療マフィアがいるからだ。最初に治療のための専門病院に入った時、医者は僕にこう言ったんだ。『いくら持ってる?』」。
تجربة «مدمن».. سابقا

 エジプトでは病院すら「まず交渉」で、お金を払わないと診察もしてくれないくらいですから、ボッタクリ病院があるのは容易に想像がつくことで、まして「中毒治療」となれば、ひた隠しにしたい親や親族の見栄を利用し、高いお金を取って「監禁」しておくだけの施設があっても不思議ではありません。
 記事中に出てくる何人かの若者は、一般的なエジプトイメージと異なり随分ボンボンのようですが、エジプトのお金持ちは日本のお金持ちの比ではないので、こういう人がいてもおかしくありません。更に息子の甘やかし方も日本よりずっと酷いので(母ー息子関係が非常に強い)、小金持ちが息子にお金だけ与える、麻薬に溺れても受け止められずにお金で解決しようとする、というのは、あり得る話です。

 でも、そういう現状に対して、「これじゃダメだ」と元中毒者自身が語っているのは心強いです。
 「回復後の期間の方が長くなった時はじめて、本来の人間に戻ることができた、と言うことができるんだ」という台詞にはシビれます。

 文化的には、ハシーシュに関してはお酒よりずっとタブー度が低く、昔の田舎などではお酒は論外でもハシーシュは割と簡単に愛用されていたらしいです。現在でも入手自体は難しくありません(もちろん違法)。ハシーシュ以外のドラッグについては、お酒以上にタブー視されているでしょう。

 アーンミーヤの多い記事で、勉強不足を痛感。もっと頑張ります。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  麻薬  医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 麻薬中毒から立ち直る若者たち|2010/02/15(月) 15:41:54|
  2. 新聞・メディア

命がけのサッカー、新しい電話、安い抗生物質

 F先生の授業。
 昨日オペラで会えなかったのですが、彼女は風邪で来ていなかったと判明。
 でも、わたしがかなり良くなったのに対し、彼女はまだしんどそうで、家で寝ていて正解だったと思います。
 彼女は薬嫌いのようで、トローチすら飲みたがりません。薬を濫用するのは良くないでしょうが、こじらせないか心配です。
 それにしても、「招待された行ったら招待した本人はいなくて、にも関わらずタダでオーケストラを見る」という、すごい経験をしてきました。

 昨日のサッカー試合後の大騒ぎについて、F先生は「嘆かわしいこと」という認識のようです。
 彼女はかなり教養ある女性で、一般エジプト人と少し違うのかもしれませんが、「いくらなんでもあれは騒ぎすぎ」「エジプト人のサッカー狂いは度が過ぎている」と考えているようです。わたしもそう思います(笑)。
 火炎放射器のおもちゃ(殺虫スプレーにライターで火をつけるみたいなもの)で火を吹きまくっている子供や若者が沢山いたのですが、あれなんか軽く人が殺せそうです。有効な武器についていつも考えているので、個人的にはちょっと欲しくなっているのですが。
 勝って騒ぐだけならまだ良いですが、試合前にアルジェリアの選手に石を投げる事件もあったそうです。彼女の自宅がアルジェリア選手の宿泊先の近くで、すごい警備だったとのこと。「アルジェリア人は、同じアラブ人で、ほとんどはムスリムなのに」とF先生は悲しい顔をしていました。まぁ、仏教徒でもサッカー選手に石を投げるのはやめて欲しいですが。

 風邪で寝込んだり、ここしばらく立て続けに酷い侮辱を受けたりさんざんな目にあって、今日はかなり本気で「もう帰ろう、切符の日付変えられないか聞きに行こう」と思っていたのですが、彼女とお喋りしたらすっかり機嫌が直ってしまいました。

 そう言えば、昨日F先生に「抗生物質が一箱160ポンドでとても買えない」と話したら、「そんなはずない、20ポンドくらいであるはず」と言われ、ウストゥルバラドの薬局に再挑戦しました。
 そこでも「喉が痛い」と言って最初に出てきた薬は100ポンドくらいで、「これは高い、もっと安いやつないのか」と言っても、50ポンド以上する薬しか出てきません。
 「なんでこんな高いんだ」と聞いたら「喉の風邪の薬は、成分が違って高い」と言います。
 「じゃあ、抗生物質なら何でもいい、と言ったら何がある? 一番安いの頂戴」と言うと、苦笑いしながら3錠で18ポンドの薬をくれました。
 この「一番安い抗生物質」を昨日一錠飲んだのですが、安い癖にテキメンに効きました。
 エジプトは何でも強めに作ってありそうです(笑)。

 電話を購入。
 色々探して、中国製の一番安い電話をゲット。100ポンド(約2000円)。
電話
電話 posted by (C)ほじょこ
 できれば100ポンド以下にしたかったのですが、これ以上安いものは見つけられませんでした。
 カメラや音楽といった機能はもちろん、バイブレーションもないし画面もモノクロで、デザインも十年前の携帯のようです。
 でも、わたしにはこれで十分です。通話とSMSと目覚ましが付いていれば文句なし。
 エジプト滞在中だけだから、というのではなく、日本でもこれくらいショボい電話を使いたいです。そんなわけで未だにPHSしか持っていないのですが、あれでも機能過剰です。子供とかお年寄り向けの超低機能電話の方が安心します。

 図書館で女の子三人組と友達になる。
 「ニイハオ」と合掌するいつもの「エジプト式中国挨拶」をされて、一瞬「またかよ」とカチンと来たのですが、「シーニーヤじゃないよ」と穏やかに言って話し始めたら、普通に楽しく会話できました。図書館の人は路上と違ってマトモ率が非常に高いので(笑)、わたしが神経質になりすぎていました。しかも相手は女の子ですからね。
 路上で毎日のようにあまりにもムカつく体験をするので、必要以上に喧嘩っ早くなっています。
 新電話になってから、初の番号交換してきました。
 ちなみに、彼女たちの電話はわたしのものよりずっと進んでいて、赤外線か何かで伝達しあっていました。あれ、日本でもわたしやったことないんですけれどね。基本、番号は紙に書きます(笑)。

 図書館で新聞を読んでいると、男性にドイツ語で話しかけられる。
 ドイツ関係の施設だったので、「この中国人はドイツ語ができるに違いない」と思われたのかもしれませんが(今までにも何度かある)、残念ながらドイツ語は「グーテンモルゲン」レベルです(学生時代に自主的第四外国語としてちょっと齧ってすぐ挫折、その後ラジオ講座を一年続けましたが、すっかり忘れました)。
 ドイツの大学に留学していたそうで、名前も「フィルアウニー」なもので、家庭環境からしてリベラル寄りっぽい人でした。
 男性に対しては無条件に警戒レベルが上がっているので、少し話しただけでした。

 アラビア語初心者のオランダ人に会う。
 このオランダ人は、学校も一緒で、図書館でも時々会うので、挨拶して少し話す。
 彼はほとんどアラビア語ができないので、英語で話しかけてくるのですが、ついアラビア語で返してしまいます。というか、アラビア語しか出てきません。英語忘れています。
 相手の英語は完璧にわかっているのに、二言三言話すとどうしてもアラビア語に戻ってしまいます。
 これは喜ばしいことなのでしょうか。いや、かなり問題ですね。日本語だけは忘れないと思いますが、英語は使っていないとどんどん退化していきます。
 わたしが新聞を読んでいたので「新聞が読めるまでどれくらいかかった?」と聞いてきます。「今、始めてから二年くらいかなぁ(純独学を含めるともう少し長い)」と言うと、遠い目をしていました。わたしも毎日遠い目ですがな。

 自宅近くで、子供達のグループの一番小さい子が「フィーノ(ホットドックに使うような柔らかいパン)食べる? フィーノ!」と、話しかけてくる。
 「いや、いいよ」と返事しようとしたら、その前に他の子が「バカッ余計なこと言うなっ」という感じに慌ててその年下の子を制して、何も言っていないのに「ごめんごめん」とか謝ってきます。
 前に学校まで怒鳴りこんだせいか、近所の子供達に怖い印象を植え付けすぎたようです。
 ちょっと可哀相なことをしたかもしれませんが、ここでニコニコするとまた調子に乗るので、無表情のまま立ち去りました。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  医療  電話  サッカー 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 命がけのサッカー、新しい電話、安い抗生物質|2009/11/18(水) 05:04:11|
  2. エジプト留学日記

カイロの身体障害者

 カイロで生活していると、身体障害者の方が働いているのを非常によく見かけます。
 まず、身障者の絶対数自体が、日本よりかなり多いと思います。
 理由は色々あるでしょうが、とりあえず、カイロの交通事情をご存知の方なら、一度も交通事故に遭わずに成人するのも大変、というのはすぐわかるでしょう。危険な仕事に従事している人も多いので、仕事中の事故、ということもあるはずです。また、最近まで何度も戦争していたので、元軍人の方もいらっしゃるでしょう。
 次に、怪我をしても十分な医療が受けられない、という可能性があります。日本なら障害を残さずに治療できたものが、適切な医療が欠けた結果、障害として残ってしまっているケースがかなりあるように思います。「医療の欠如」というのは、医者が全然いないとか医療レベルが低いということではなく、単に医者が高いのでそう簡単にかかれない、ということです。エジプトのお医者さんは、料金先払いしないと診察もしてくれませんし、信じられないくらい高いです。

 加えて、障害を負っているからといって、部屋に閉じこもっていては生きていけない、という現実もあるでしょう。こうした人たちに対する行政的・システム的援助は、日本でもまったく不十分なくらいですから、エジプトではまずアテにできないはずです。
 ただ、これについてはプラスの側面もあって、みんな障害者が働いている姿に慣れきっていますし、普通の人が率先して手助けしています。このエジプト人の「老人と障害者を労わる」姿勢には、素晴らしいものがあります。一見チンピラみたいな街の若者が、駅の階段で老人の荷物を持ったり手を引いている姿をよく見かけます。いかにも人が良さそうな人が善意を発揮していても驚きませんが、どちらかというと老人から引ったくりでもしそうな風情の男が(失礼w)、おじいちゃんの手を引いている姿には感動します。
 交通事情や医療制度など、改善の必要な点は山ほどありますが、障害者が普通に働ける、働いている姿を誰も奇異に思わず、必要な時には誰もが率先して助ける(必要じゃなくても必要以上に助けるw)、という市民の精神には、本当に頭が下がります。
 それに、エジプトの障害者の方は、下手な健常者より運動神経が良いです(笑)。元々彼らの身体能力は、全般に非常に高いと思うのですが(低い人は子供のうちに淘汰されるのかも)、片脚のない人が道路を走り回りながら車両誘導の仕事をしていたりして、こんなことを言って良いのか迷うのですが、すごくカッコイイです。

DSCN4439
廃墟と影 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  イスラーム  身体障害者  医療 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. カイロの身体障害者|2009/10/17(土) 06:35:58|
  2. エジプト留学雑記

薬局で軟膏を買い、野良じゃない犬を初めて見る ヒジャーブとニカーブのこと

 連日寝不足で疲れが抜けず、朝寝坊ぎみになりつつ、何とか朝食の時間までに起床し活動開始。
 午前中はもう一つ頭が回らないのですが、なんとか宿題を完了。授業開始まで少し時間があったので、一時間くらいお昼寝しました。

 最初はA先生。今日はナツメヤシのお菓子をお土産に持ってきてくれます。昨日コシャリのお店を教えてもらったのに、喧騒で気分が悪くなってしまったことをお詫びします。
 A先生の授業はいつも脱線気味でなかなか教科書が進まないのですが、A先生と使っている方の教科書はかなり簡単なので、どっさり宿題にされても何とかなります。途中でまた信仰の話に流れかけましたが、さすが大人で「今度ゆっくり話そう」と本線に戻してくれました(わたしがつい話してしまうのであって、先生から話題にすることはほとんどありません)。
 今日はアラブのカリグラフィーについての文章を読んでいたのですが、最後まで到達できずに予想通りどかっと宿題になり、しかも「明日中にこの課を終わらせる」と宣言されました。あのー、M先生とこの教科書使っていた時は遥かに高速度だったのですが(笑)。でも、お喋り自体が訓練になるので、全然OKです。

 そう言えば、前日ナイル川沿いを一緒にお散歩した時、ヒジャーブとニカーブの話になりました。ヒジャーブ(ヒガーブ)というのは、ムスリム女性(ムスリマ)が髪を覆っているスカーフのことで、カイロ市内を歩いている限り、九割以上の女性がヒジャーブをしています。エジプト人すべてがムスリムなわけではないので、ムスリマはほぼ100%ヒジャーブをしていると言って良いでしょう(子供はしなくて良い)。
 ただ、別段みんな義務としてやっているわけではなく、色とりどりのファッションを楽しんでいて、首から下はジーンズだったり結構セクシーな格好の場合もあります(ただしひざ上のスカートはまずあり得ないし、肘から上を出していることも稀です)。女子高生ファッションのようなもので、あれを「抑圧の象徴」などとほざいているサルコジは頭がおかしいです。わたし自身もかぶったことがありますが、とても安心するものです。服装というのは習慣に負うところが大きいわけですし、フランスなどで突然「スカーフ禁止」というのは、「明日からパンツはいちゃダメ」というようなもので、まぁパンツはかないでも死ぬわけじゃないですが(笑)、いきなり禁止されたらとても恥ずかしいしとまどうのが当然でしょう。わたしだって「明日からマイクロミニで出社しろ」と言われたら会社辞めます(笑)。
 一方、ニカーブというのは真っ黒で目だけが見えているもので、サウジなどでは外国人を含めた全女性に義務付けられています。A先生は「あれは義務ではないし、わたしは好きじゃない。時には顔が見えないことでニカーブを悪用する者もいる」とおっしゃっていましたし、わたしもちょっと怖いです。また、ニカーブをしているムスリマが必ず信心深いかというと、必ずしもそういうわけではないようです。
 ちなみに、ヒジャーブやニカーブをしているムスリマたちの写真を見ると、いかにもおしとやかに見えますが、実際はかなりアクティヴで、夜の公園でニカーブのまま子供とサッカーをしている女性もいました。動物園の木陰などでは、伝統的なヒジャーブ姿のおばあちゃんが地べたに座ってピクニックをしていたりします。良くも悪くも、大げさに捉えるべきものではないでしょう。

 続いてM先生の授業。
 最初に三十分くらい毎回テーマを決めて議論して、それからテクストに基づいた練習をしていきます。新出単語から速攻で例文を作る練習、穴埋め問題を口頭ですごいスピードで答えていく練習など、結構ハードです。時々うまいこと余談に誘導して、無理やり休み時間を作っています(笑)。今日は幸福に関するテクストの続きを中心に扱いました。

 授業の後、薬屋さんに寄ってからご飯を食べに行きました。
 乾燥と汗のかきすぎのせいか、脛のあたりの肌が荒れて、そこを無意識に掻くものだから傷になり、それがさらに痒みを呼ぶ、という悪循環に陥っていたので、薬屋さんで相談して、適当なクリームを買ってきました。あくまで薬屋さんなので、診断的なことを尋ねると、笑って「医者に聞いた方がいい」と言われました。
 ちなみに、薬屋さん(サイダリーヤ)はカクテルグラスのようなマークが定番で、最初は「ムスリムがほとんどの国でこんなにバーがあるのか!」とびっくりしたのですが、よく見たら薬局でした(笑)。

 昨日に続いてコシャリを食べたのですが、A先生と行った場所は込み入った場所にあってうまくたどり着けず、ギザ広場近くのأبو عمارという店に入りました。コシャリ小とウルズビラバンで4エジプトポンド。ウルズビラバンはちょっと甘すぎるかな、という感じでした(エジプトの甘味は大体全部甘すぎですが・・)。

 宿に帰ってネットをチェックしたいたら、A先生から「薬局ではちゃんと薬が買えた?」と電話が入る。お母さんからメールが入っていて、とても嬉しい気持ちになる。テレビのニュースで日本の集中豪雨が報じられていたけれど、お母さんのメールでも触れられている。「そっちではそういう災害はないんですか」とのことしたが、夏はほとんど一滴も雨が降りません(笑)。
 諸事情あって、長年家族ととても悪い関係にあったのですが、出発直前にお母さんと会って楽しく食事して、本当に良かったと思いました。愛するお母さんに神様のご加護がありますように。あ、お父さんもよろしく(お父さんごめん!)。

 今日は、初めて野良以外の犬を見ました。ペットショップらしき店に、マルチーズのような犬がいたのです。「目を合わせたらあかん」野良の人たちと違い、フレンドリーでした。
 野良の人たちも、見た目は結構可愛くて、大きい犬の方が好きなわたしにとってはタイプなのですが、お犬様の方はわたしのことが好きじゃないみたいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アラビア語  医療 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 薬局で軟膏を買い、野良じゃない犬を初めて見る ヒジャーブとニカーブのこと|2009/07/27(月) 04:25:09|
  2. エジプト留学日記
前のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。