スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エジプトの精神医療 5

エジプトの精神医療 5
精神疾患法 法の待つ人生

 エジプトにはおよそ700,000人の統合失調症患者がおり、人民議会が先の五月中旬に採択した精神病者保護法により、患者の二親等内の親族、警察官、地域のソーシャルワーカー、当該施設で勤務しておらず患者と近親関係のない精神医療専門家、二親等内の病院長のいずれか一名による病院への書面提出があれば、決定から二十四時間以内に担当官への報告のある限りにおいて、患者の意志に関わらず入院を強制できるようになった。これは同法第十四項による。
 「第十五項の規定では、当人の意志に反する一週間以上の患者拘束は、精神医療地域会議の登録精神専門家二名による精神鑑定のある場合に限られる。これは以下のような同法第十九項と矛盾している。これは精神科医の権利を規定するもので、精神医療地域会議の同意のある場合六ヶ月間まで強制入院を延長できる、としている」。グローバル病院の精神医療専門家アムル・アブー=ハリール博士はこう語った。これにより、独立した精神鑑定なしに市民が六ヶ月間精神医療施設に拘束されることになるかもしれない。
 「個人の権利のためのエジプトによる健康と差別問題」責任者のラギヤ・イル=ガルザーウィー博士は、こう明らかにする。「この法律は、措置入院を行う精神鑑定への対応の遅れについて、精神医療地域会議に対するいかなる規制も課していない」。イル=ガルザーウィーは、これらの会議が、監督・監視機関から単なる通知機関へと変わってしまうのでは、と危惧している。これは、彼女の考えでは、精神病者の権利保護の最も重要な保証の一つを脅かすものだ。
 また、同法施行において、本人の意志に反する入院の担当官への報告が杜撰となることが危惧されている。この件に関する同法の条文は、警察官を煩わすかもしれなかったり、家族にいなくなって欲しいと思われているいかなる市民にも適応されかねないからだ。
 精神医療専門家バスマ・アブドゥルアジーズ博士もまた、同法第十四項が、精神医療を専門としない医師に、患者の拘束と精神医療施設からの外出禁止を許していることに警鐘を鳴らしている。これは、患者が自己または他者に危害を及ぼすかもしれない緊急事態に患者への治療を強制するものだ。彼女の考えでは、精神病者の権利保護と法律濫用防止のために、これは精神医療専門医師の管轄とすべき、としている。
 精神保険事務局長ナーセル・ルーザー博士は、措置入院手続きを専門医のみに限定しないのは、精神科医の不足のためだ、と言う。「80,000,000人の人口に1,000人の精神科医しかいないのだ」。
 アムル・アブー=ハリール博士は、同法は正当な精神医療法に従っておらず、精神病患者が法を犯した際の、責任能力制限について、飢えをしのげない欠乏状態しか認めていないことを示し、こう語る。「現在根拠とされている法制は1956年の法律で、白痴とか知恵遅れといった、精神医療ではまったく用いられなくなった慣用表現が使われているものだ」。
قانون المريض النفسى: الحياة فى انتظار اللائحة
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 5|2010/04/26(月) 14:56:36|
  2. 新聞・メディア

エジプトの精神医療 4

エジプトの精神医療 4
ヒシャームはテレビから「国家メッセージ」を受け取る

 彼の状態が変わり始めると、彼は一人で支えている家族を等閑にし、本を抱えて横になり、大きな声で読むのに没頭した。そこは彼の店の中で、いつも売り買いが飛び交っていて、通行人に聞こえるように読んでいるのだ。
 四十二歳になるヒシャーム・アウドの身に降り掛かった変化に皆が気付き、彼を避けようとし始めた。神経質になり、些細なことに反応し、皆と喧嘩になり、誰でも彼の意見に歯向かう者は敵であって、彼を待ち伏せし、陥れようとしているのだ。彼は、凄まじい能力の持ち主のつもりなのだ。
 仕事が忙しくなると、自分で店の扉を閉め、読んでいる小説の登場人物分析やテレビを見ることで良しとしてしまう。テレビは、彼によると「国家からの暗号メッセージ」を彼に届けており、このメッセージは彼が常に正しく偉大で他人の心を読むことができ、ということを伝えている。彼の語るところでは、彼は国家の求めている専門家なのだ。
 誰もがヒシャームの心の病に気付き、新しい段階が始まった。ヒシャームはそれに苦しんでおらず、彼の言うところでは「人生で最高の日々」を生きていた。
 彼が想像の中で待っているのは「共和国からの表敬だ。これこそ私に相応しく、人々からの迫害を補償するものであり、私の物質的問題を解決するものだ。この問題は、私が他人の心を読むようになってからますます増えている。表敬と、創造的な地位に相応しい評価がくだされることを待ち続けるだろう。テレビにあるすべての国家のメッセージと暗号が、表敬の時は近づいており、国家がわたしの読心術と人格分析能力を評価するまで、あと少しの辛抱だと言っている」。
 苦しんでいるのはヒシャームの家族だ。問題がついてまわるようになった。世間の目だけではなく、ヒシャームにいかに病気だということを分からせ、彼の心を満たしているのが正しくない考えだという事実に向き合わせるかが問題だ。彼は、彼の信念を否定したり批判する者とはいつでも戦うと宣言しているのだ。たとえ息子や兄弟、妻であっても。
 ヒシャームが自分の病的状態を理解せず治療を拒むので、家族はある精神科医の元を訪れることになった。この医師によると、彼は統合失調症の初期状態にあり、この状態では、多くの精神病者と同様、自分が病気であることを理解できないのだと言う。
 「一つの方法は、精神療養所に入ることです」。これが医師の意見だったが、家族はこの提案を激しく拒んだ。ヒシャームが療養所に入るとしたら納得してではないし、決して受け入れないだろうからだ。以前に彼の妻が治療を提案した時には、離婚の脅しを受けたのだ。
 家族が躊躇するのは、ヒシャームが二十年以上続いている結婚生活を終わらせることを恐れているからではない。彼の妻カリーマはこう語る。「わたしたちは田舎に住んでいるんです。こういう話は醜聞になって、わたしたちが彼を無理やり病院に入れたって言われるんです」。
هشام يتلقى «رسائل الدولة» عبر التليفزيون
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 4|2010/04/26(月) 14:54:19|
  2. 新聞・メディア

エジプトの精神医療 3

エジプトの精神医療 3
ワヒード「俺は病気じゃない・・人々に悲しんでいる」

 職場の同僚との口論から、精神病院に連れてこられたワヒード(32歳)は、イル=アッバセーヤ病院の患者の一人で、皆に熟練した大工で、「素晴らしい職人だけれど、すぐに癇癪を起こす」として知られていた。ワヒードは自分に向けられるいかなる軽蔑も許さず、「ゆったりと寛ぐ」ことからも「友情のぬくもり」からも無縁だった。
 「俺はこの病院が好きだよ。ここにあるもんは口をきかないからね」。このようにワヒードは、この公立病院の中での暮らしを表現した。ワヒードは職場で孤立していて、十年ほど前に彼が激しい発作的激昂を起こしていることに気づいた。
 ワヒードの兄弟ハーリドはこう語る。「ワヒードは熟練した大工で、素晴らしい職人だ。頭も回るし、仕事もよく出来る。みんなそう言うよ。でもどうしろって言うんだ。あいつはすごく神経質で、ちょっとしたことで傷ついてしまう。本当のことを言えば、あいつはすごく我慢しているんだ」。
 通りで同僚と口論していて発作を起こし、ワヒードは病院に入った。その時彼はチェーンを手にして相手と皆をメッタ打ちにしていた。家族が彼を紐で縛り付け病院に連れて行くまで、激昂は続いていた。
 イル=アッバセーヤ病院にしばらくワヒードを預け、その後退院した時には、精神状態は落ち着いていた。医者による退院の条件は、完全に治癒するまで、月に一回治療と検査のために通院することだった。
 「治療は彼を鋲で打ち付けられたようにしてしまった。だから通わなくなったんだ」。このようにハーリドは治療の中断を説明した。これが新たな発作につながり、今度は家族の家が破壊され、居合わせたすべての人が殴られ、また病院に戻ることになった。イル=アッバセーヤの塀の中にいる時、ワヒードはリラックスして見え、病気の性質を理解していたが、どうやって激昂発作をコントロールするのかはわからなかった。
 病院は彼にとって、今に到るまで彼がうまくやっていくことのできない社会から離れる機会となった。「俺は放っておいて欲しいし、自由でいたいんだ。ここには誰も他人に命令するヤツはいないし、他人に唾するヤツもいない。だから落ち着いていられるんだ。俺は病気じゃないし、みんなに悲しんでいるんだ」。
 ワヒードはこう付け加える。「外では母さんのことを悪く言うヤツがいるんだ」ワヒードは少し黙り、急に神経質になってこう続けた。「だけど奴らの脳みそを金槌で真っ二つにだってできるんだ。ミンチにしてやるよ」。
 ワヒードの治療効果は安心できるものではなく、時々とりたてて理由もなく激昂発作に襲われる。治療は彼にとって「心地よい」ものとなたが、彼は一家の唯一の稼ぎ手なので、家族はまだ不安でいる。
وحيد: أنا مش عيان.. أنا زعلان من الناس
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 3|2010/04/26(月) 14:53:29|
  2. 新聞・メディア

エジプトの精神医療 2

エジプトの精神医療 2
アフマドは「アパートとシャブカ」で病院に入った 僕は恋人の婚約に同意したんだ

 「僕は誰も怖くない。恋人の婚約に同意したって、百遍も言っているのに。彼女の婚約者のところにいって、アパートとシャブカ(※)を用意したんだから、結婚したいならしろって言ったんだ。本当に彼のところに言ってそう言ったんだ。いいじゃないか、彼はアパートとシャブカを用意したんだ、何もいけないことはないじゃないか」。
 このようにアフマドの話は始まった。彼は自分のことをキチンとわかっていて、話の前に自分を病気だと言った。29歳になるアフマドがイル=アッバセーヤ病院にたどり着いたのは、「アパートとシャブカ」で恋人を失ってからだ。
 アフマドは、病院と人生についての「とても個人的な」話を語る。「とても息苦しいよ、病院側がみんなで僕を監視してるんだ。偉大なるアッラーにかけて、あいつらみんなが僕を監視してる。友達が気に入っている医者たちと看護婦たちが彼らを殺して、冷蔵庫に死体を入れているんだ」。アフマドは少し黙り、振り返った。「それからイーサーと婦長らが夜中に病棟に来て煙草をくれるんだ。でもお金を取られる。あいつらが僕らの食べ物を取っているんだ」。
 アフマドの「患者虐待」の物語を、イル=アッバセーヤ病院のある匿名の医師はこう分析する。「患者の中には、電気ショック療法中の他の患者を見て、彼らが拷問を受けていると思ってしまう者がいる。電気ショック療法は精神科医が用いる効果的な方法で、非常に良い結果を出している。ただし、患者が他の患者がこの電気治療を受けているのを見た場合は別だ。これは最も重要な治療法の一つで、大抵の場合はすぐに効果の出るものなのだが」。
 アフマドは何年も前から病院で暮らしており、いつからなのか彼にもわからない。イル=アッバセーヤの塀の外との関係は、ほとんど存在しない。「兄弟の誰も尋ねて来ない。お母さんだけが来て抱きしめてくれ、泣いてくれる。みんなはお母さんを笑って、お金を取っている。僕を病院にいさせるために」。(彼の家族だけでなく)アフマドもまた、イル=シャラビーヤ地区の家族の家に帰ることを望んでいない。「帰ると部屋に閉じ込められるんだ。兄弟やお父さんが鉄の棒でぶつんだ。弟のシャリーフも一緒になって殴る。僕が家から出ないように」。
 アフマドが望むすべては、次のようなことだ。「テレビを持ってきて欲しい。なぜって、僕が人民議会議員の息子なら、政府はとっくにアパートとシャブカと立派な職を用意してくれているはずだから。テレビ以外のものは欲しくない」。
 アフマドは病院で、すべてを恐れながら暮らしている。彼が「目撃者を殺している」と思っている医師たち、罰を加える看護婦たち、そして病院当局は「いつでもどこでも僕を監視している。どこに行くにも彼らの目がある」。一方、塀の外と比べれば、病院は天国のようだ。この患者の言うように、彼をいじめ「キチガイ」と言う家族がいる。社会が彼の個人的境遇を哀れむこともないし、愛の物語が時に精神病院にたどり着くことを理解することもない。
أحمد ذهب إلى المستشفى بسبب «الشقة والشبكة»: أنا موافق على خطوبة حبيبتى

※アパートとシャブカ:シャブカとは、婚約時に花婿側から贈られる宝飾品のこと。エジプトでは結婚の際の花婿側の負担が膨大で、このシャブカの他、婚姻契約で支払うマフル、さらに新居を用意しなければならないこと(昨今の家賃高騰の煽りで賃貸ではなく持ち家が要求されることもしばしば)、などがあります。ここでの「アパートとシャブカ」は、そうした結婚費用を賄うことができず破談となった(他の男性が婚資を用意しこの女性に求婚したらしい)、ということを示しています。
 こうした結婚事情については、エジプトにおける外国人との結婚 2などでも触れています。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 2|2010/04/26(月) 14:52:43|
  2. 新聞・メディア

エジプトの精神医療 1

エジプトの精神医療 1
精神病院を取材 社会の塀の外での生活

 高い塀と開かれた扉、イル=アッバセーヤ精神神経病院はこんな風に見える。この巨大病院の中で、他人との社会的疎通能力を失った人々が暮らしている。
 病的状態、これを生み出したのは社会だが、治癒後ですらこれとの関わりを拒んでいる。本紙はイル=アッバセーヤ病院に入り、患者とその家族の生活の細部を知り、新しい世界を暴き出した。これは、社会が拒否することで事足れりとし、精神病者の真の治癒は社会がその個別の事情を評価し苦痛を理解することでしか有り得ないことについて、少しの考えも巡らせずに塀の中に押し込んでいるものだ。
 本紙の扱う患者たちには、イル=アッバセーヤの塀により社会から守られている者もいるし、そこからの脱出を試みた者もいる。
 またこの特集では、精神病者保護法の施行の進展も扱う。この草案は、患者の権利侵害問題で多くの危惧を生んだ。専門家はどう見て、どのような成果があげられたのだろうか。
«المصرى اليوم» تخترق مستشفى الأمراض العقلية.. الحياة خارج أسوار المجتمع
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  医療  精神医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの精神医療 1|2010/04/26(月) 14:51:58|
  2. 新聞・メディア

ムバーラク大統領の手術成功

ムバーラク大統領の手術成功
大統領の胆嚢除去手術成功

 フスニー・ムバーラク大統領は昨日、ドイツで胆嚢除去の手術を受け、エジプトのテレビは、その終了直後に手術成功の知らせを報じた。その数分後、手術の行われたハイデルベルグ病院は、「手術はうまくいった」という短いコメントを発表した。
 ドイツ医療筋によると、エジプト大統領の退院予定は決まっていないが、この種類の手術の療養期間は三日程度である。また中東通信社の伝えるところでは、大統領は快方に向かっており、手術室から直接集中治療室に移り、家族や手術チームと普通に会話していた。
 ドイツのメディアに述べるところでは、ムバーラクの到着直後に行われた精密検査により、結石による慢性の胆嚢炎がみつかった。全身麻酔による手術でこの除去に成功した。
 大統領は集中治療室に移り、家族や担当の医療チームと会話した。手術チームは、手術は完全に成功した、と発表した。
 ムバーラク大統領は、金曜夜、慢性炎に冒されているのがドイツ訪問による精密検査で見つかった胆嚢の除去手術治療期間が終わるまで、アフマド・ナジーフ首相に大統領権限を委任することを発表した。
 手術の数時間前、人民議会は大統領に電報を送った。その中でアフマド・ファトハー・スルールは、大統領が快復し健康になって祖国に戻られることを願う、と表し、こう付け加えた。「大統領閣下、アッラーがあなたをお守りしますように。貴方の愛がその心にある人民、その心があなたを取り囲んでいます」。
 ドイツの病院には、スーザン・ムバーラク大統領婦人と二人の息子ガマールとアラーゥ、そして保健相ハーティム・イル=ガブリーが大統領に連れ添った。ドイツの法律により患者の状態についての情報提供が制限されているため、ハイデルベルグ病院は、手術の詳細については何も伝えていない。
نجاح جراحة استئصال «مرارة» الرئيس

 الحوصلة المراريةはgall bladderで、胆嚢の意。アラビア語も英語も知りませんでした。もう一生使わない気がします(笑)。というか、日本語でも言葉は知っていても、具体的なことはほとんど知りません。
 こういう言葉に出会うと、言葉の意味を知っているというのはどういうことだろう、と考えます。ウィトゲンシュタインを待つまでもなく(笑)、当該言語の内部で運用できれば良いのですが、その運用というのは、意味の詳細や正しい情報を知っていることではなく、その単語に慣れ、最低限の連合関係(身体の一部である等)を把握し、「正しい間違え方」ができることなんですよね。面白い。
 と、大統領が大変な時に例によってのんきなことを考えていました。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ムバーラク  医療  ドイツ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ムバーラク大統領の手術成功|2010/03/08(月) 09:15:21|
  2. 新聞・メディア

人民議会前で一日で五つの抗議活動

 健康保険法改正に関する抗議活動のニュース。

人民議会前で一日で五つの抗議活動

人民議会と閣僚理事会前のハイドパーク 一日で五つの抗議活動

 人民議会と閣僚理事会に面する通りは、ただ意見を表す「ハイドパーク」になっただけでなく、様々な社会階層や職業から成る人民の議会のようになった。人民議会通りでは、昨日四つの抗議活動があり、これらを組織したのは、活動指導者、健康における権利委員会、障害者たち、社会検事局職員らだった。また、「タンタ・リネン」の労働者たちが、家族と共に、閣僚理事会前での座り込みを続けており、八日目に突入した。
 最初の活動は、健康における権利保護委員会が、キファーヤ運動と民主主義戦線党、結集党、尊厳党、中道党(結成途中)の各党、年金生活者連合、不動産税協会と共に組織したもので、健康保険の民営化と新法の計画に反対し、保健分野の予算増加と、優れたサービスを可能にするために医師、看護師、労働者の給与を引き上げることを要求している。
 その数メートル後ろでは、十五人ほどの障害者が抗議活動を組織し、障害者協会の設立を求め、すべての障害者に5%条項を実施し、カイロ県でコシュクやアパートを提供し、物質的な収入を助ける小さな計画を設立することを要求した。
 多くの県から集まった百五十名ほどのワクフ省のイマームが、彼ら固有の組織設立と保護協会設置を求め、生活水準向上のための計画を要求し、ワクフ省が彼らの要求を無視していることを批判した。その近くでは、四十名ほどの社会検事局職員が、彼らを公正省に帰属させる法律の必要性を訴えた。
 一方、「タンタ・リネン」の労働者は、閣僚理事会前で八日目の座り込みを続け、昨日には彼らの子供や妻が加わった。危機解消のためのいかなる政府介入も行われていない。
«هايد بارك» أمام مجلسى الشعب والوزراء: ٥ وقفات احتجاجية فى يوم واحد

 すいません、جهاز المدعى العام الاشتراكىというのがよくわかりません。「社会主義検事局」みたいな感じなのですが、それではあんまりだし、ググッたらالمدعى العام الاشتراكىってなに?という掲示板書き込みなどがあるので、何だかよくわかんない組織だということだけはわかりました。エジプトの法律にはこれに関する記述があるのですが、それもよく把握できていません。
 キファーヤ運動については以前に書きました。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  健康保険  法律  医療  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 人民議会前で一日で五つの抗議活動|2010/02/17(水) 15:24:12|
  2. 新聞・メディア
次のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。