スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーンミーヤ(エジプト方言)の教材・勉強法

 アーンミーヤ(エジプト方言)の学習でわたしが使った教材です。
 まず、わたしはエジプト到着時点ではまったくアーンミーヤに興味がなく(それを考えるとエライ変貌ぶりです)、日本での学習量はゼロ、一応まずはこれだけ エジプト・アラビア語―口語アラビア語入門という、まったくのド素人向けのペラペラの入門書を保険で持ってきただけでした。
 しかし、こんな入門書でも、ないよりはずっと良いです。基礎の基礎の基礎だけは、日本語の情報があると助かります。他にCDエクスプレス エジプト・アラビア語というのもあるので、いずれかを終わらせる、もしくは持参すると後悔がないでしょう。

 他に、最初は某語学学校の独自プリントなどで学習していたのですが、今思うとこれはまったく質の良い教材ではありませんでした。お勧めしません。
 また「アーンミーヤなんて会話の中で覚えればいい」というのも甘い考えです。知らないものは永遠に聞こえません。余程耳に自信のある方以外は、座学を併用しないと非常に効率が悪いと思います。
 その後、

Kallimni 'Arabi Aktar: An Upper Intermediate Course in Spoken Egyptian Arabic 3
Kallimni 'Arabi Mazboot: An Early Advanced Course in Spoken Egyptian Arabic 4
Kallimni 'Arabi Fi Kull Haaga: A Higher Advanced Course in Spoken Egyptian Arabic 5

 の三冊を使い、とりあえず最後までクリアしました。これは非常に良い教科書です。CDの音声も素晴らしい。
 授業時間はなるべくフスハーに裂きたかったので、半分以上独習で、分からないところだけ先生に質問していました(どうせ授業中はアーンミーヤになるし)。
 Kallimni 'Arabiは五巻構成で、そのうち三巻から五巻を使ったことになります。この前に、

Kallimni 'Arabi Bishweesh: A Beginner's Course in Spoken Egyptian Arabic 1
Kallimni 'Arabi: An Intermediate Course in Spoken Egyptian Arabic

 の二冊がありますが、語学学校の先生によると、最初の一巻は簡単すぎるので、二巻目から使うことが多い、とのことでした。
 どこから始めるかはその時点でのエジプト方言力およびフスハー力次第です。すべてアラビア語で、英語による説明はないので、フスハーの基礎文法もわかりません、というようだと、ちょっと厳しいかもしれません。フスハー初級文法卒業レベルなら二巻から、新聞が何とか読めてエジプト在住で普段から聴きまくっているなら、三巻か四巻からでも良いと思います。
 エジプト方言に興味の中心があったとしても、フスハーは必ず勉強した方が良いです。フスハーの文法知識は本当に本当に役に立ちます。

 他に助かったものとして、以下の2サイトがあります。

Arabic vocabulary lists
MoodleによるTUFS言語モジュールのe-learning化 アラビア語エジプト方言

 前者はアラビア語の語彙リストですが、基礎動詞などでフスハーとエジプト方言が併記されていて、初歩の初歩を学ぶ時に役立ちました。このページはシンプルで素晴らしく、日本ではよく仕事中にサボッて見ていました(笑)。
 後者は東京外大の作って下さっている教材で、動画が大変素晴らしいです。エジプトに来て日本の大学にお世話になるとは思いませんでした。悲惨なネット環境で、辛抱強くダウンロードして全部見ました。
 口調等が「本物のエジプト方言」なのは当然ですが、会話の展開やネタも「そうそう、これがエジプト人!」と笑ってしまうものばかりです。個人的には、ファックスが壊れて「ちゃんとやったよ! ボタンも押したよ! 動かないよ!」とか自信たっぷりにオッチャンが断言するスキットが大好きです。あぁ、これがエジプト人やー。大好きやー。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  アーンミーヤ  教材  教科書  勉強法 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アーンミーヤ(エジプト方言)の教材・勉強法|2010/01/15(金) 01:25:16|
  2. 留学まとめ

良いアラビア語教師の探し方、語学教師は水商売に似ている説

 最近ふと、語学教師は水商売にちょっと似ていないか、と思いました。
 語学教師と言っても、例えば日本でアラビア語を教えているエジプト人、というのは該当しません。また日本人のアラビア語教師も違います(他の言語でも同様)。
 ここで言っているのは、エジプト人がエジプトでアラビア語を教える、あるいは日本人が日本で日本語を教える、というような場合です。

 日本人が日本で日本語教師をする状況を想像すればわかるでしょうが、ただ単に「アラビア語が喋れます」というだけなら、その辺のエジプト人でもみんな喋れるわけです。そんな渋谷で拾ってきた兄ちゃんに日本語を教えさせるようなことをされて、お金を払う道理はありません。
 アラビア語の場合「フスハーがキチンと喋れて読み書きがしっかりしている」という明示的要件があるので、渋谷の兄ちゃんほど悲惨なことはないでしょうが、とにかくアーンミーヤを喋るだけなら誰でもできます。
 変な先生につかまれば、水商売の女の子が店外デートを渋るように、枠を区切って「あなたの為に時間を割いているのよ」というだけになってしまいます。尤も、良い先生だとしても時間を区切らないと商売になりませんから、どこか水商売的要素はありますし、そのこと自体は悪いことではありません。「専用の時間を決めて、親切に説明してもらう」ことには、それだけで値打ちがあります。決して、語学の先生の価値を貶めよう、というのではありません。

 ただ、エジプトで生活し、ほとんどアーンミーヤとはいえアラビア語を喋る人たちに囲まれながら、なおかつ学校に通っていると、「良いアラビア語教師とは何のか」について思いを巡らさずにいられません(実際、お金を払う授業時間は最初の頃に比べ大分減らし、良い友人との時間や独習に割く時間が増えている)。
 特に初心者には、良い先生を見分けること自体が難しい、という問題があります。
 中国武術には「三年かけて良師を探せ」という教えがありますが、ある先生が「これは嘘だ!」と批判していました。「初心者にはそもそも良師を見分ける目が備わっていない。そんな状態では、三年かかっても良師には出会えないだろう。まず何でもいいから、一年でも二年でもやってみろ。良師を探すのはそれからでも遅くない」。
 語学について言えば、初歩の初歩については、日本人なら日本人の先生に教わるとか、日本語で書かれた本で勉強するといったプロセスが、合理的だと思います。「良師」を求めるのはそれからで遅くありません。この段階をクリアしないでネイティヴに教わっても、基本の理解にやたら時間が取られるだけで、お金の無駄です。わたしは日本人に教わった経験は一度もありませんが、幸いこのレベルは日本でクリアしていました。

 わたしの考える「アラブ人の良いアラビア語教師」とは、次のような人です。

 まず、当たり前ですが、キチンとしたフスハーを使いこなせること。別にクルアーンの先生であったりする必要はありません。基準としては、「カジュアルな話題をスムーズにフスハーで話せるか」というのが有効だと思っています。聞き取りや新聞を読む程度ならほとんどのエジプト人にできますし、「一応喋れます」というレベルも普通ですが、あたかもアーンミーヤであるかのように砕けた調子でフスハーを喋れて、かつ間違えない、という人は限られています。このレベルに達している人は、必ずフスハーについての深い理解があると思います。「硬い話題」ではなく「カジュアルな話題」というところがポイントです。
 逆に、フスハーについてのものすごい深い教養を持っている必要はありません。外国人学習者が必要とするのは、そんな高度なものではなく、むしろ基本的なことのわかりやすい説明です。万葉集について語れなくても、日本語教師としての資質にはまったく問題ないでしょう。

 次に、「アラビア語をアラビア語で説明できる」「適切な例文を当意即妙に作れる」「アラビア語の類義語・対義語を列挙できる」ということです。語学能力というより、機転が利くかどうかです。英語に翻訳できても、ちっとも偉くありません。そんなことなら辞書でもできます。外国人にストンと落ちる例文を作るのは、誰にでもできることではありません。
 「英語ができるかどうか」を基準にする人もいるかもしれませんが、個人的には全然必要ないと思います。むしろ一切英語は使いたくないです。
 大抵のエジプト人はほとんどの日本人よりは英語が上手なので(少なくとも上手だと当人は思っている)、そもそもこんな心配はあまり要りませんが、下手に英語が達者だと、やたら英語に言い換えて説明が終わった気になってしまう恐れがあります。「当該言語の中での相対的位置付け」を身体化できなければ、学習の意味がありません。
 もちろん、超初心者の場合は英語で説明してもらう必要があるでしょうが、そのレベルは独学なり日本での学習なりでクリアしておいた方が良いです。

 もう一つ、エジプト人にアラビア語を教わった人は皆経験しているでしょうが、「おはようー、今日は何しよう? 何でも好きな勉強でいいよ!」というノリの人がよくいます。「学生の主体性を重んじる」と言えば聞こえが良いですが、やはり教師というのは、ある程度リードしてくれる方が助かります。
 主体性の乏しいエジプト人に教えてもらう場合、こちら側で意志を強くもち、予め目標を決めてプログラムを提案した方が賢明です。それができるためにも、最悪初歩の初歩は日本でクリアしておいた方が合理的です。
 ただ、これも相性ですし、わたしも最初のころはリードを期待していましたが、今ではむしろフリーな方が主導権が取れて都合が良いな、と感じています。

 「外国人への対応に慣れている」という点では、海外経験のある先生だと、付き合い易いと思います。
 でも現実的には、「海外経験の豊富な外国人のためのエジプト人アラビア語教師」というのは、数が限られている気がします。それだけの経験があるなら、語学教師などより良い仕事があるでしょうから。
 教職の方には失礼ですが、語学の先生というのは、多分そんなに儲かる商売ではないでしょう。エジプトで外人相手の教師をするなら、普通の先生より大分稼げるはずですが、観光関係とかの方がずっと実入りが良いはずです(一般の学校の先生の収入を聞いたことがありますが、あり得ないほど安いです)。
 なおかつ、元々「エジプト人のためのアラビア語教師(国語の先生)」だったような場合、インターナショナルマインドどころか、非常に黴臭く偏った考えの持ち主の可能性もあります。高校の古文の先生を思い出してください。
 下手をすると、「バイト感覚の学生」の方が、人間的に付き合い易いかもしれません。

 でも、一番重要なのは、「その人と喋りたいと思えるかどうか」でしょう。
 一人でいる時に、その人と喋ることを妄想して、心の中でアラビア語で喋っていれば、それは良い先生だと思います。

DSCN4430
日本語教材 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アラビア語  学校  教師  勉強法 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 良いアラビア語教師の探し方、語学教師は水商売に似ている説|2009/10/12(月) 03:34:49|
  2. エジプト留学雑記

アーンミーヤから学び始めるべきか

 従来、アラビア語を勉強したい日本人は、まずフスハーを学び、それから必要に応じて各地の方言(アーンミーヤ)を勉強する、というのが普通だったと思います。アーンミーヤを学ぼうにも、日本ではチャンネルが非常に限られています。わたしも日本ではフスハー以外まったく勉強していませんでした。
 風の噂に日本でエジプト方言のラジオ講座(テレビ?)が始まったと聞いたので、これからは「アーンミーヤから入る」という人も現れるかもしれません。
 実際のアラブ人は、地域を問わず、必ず最初に方言を習得して、その後学校等でフスハーを身に着けるわけですから、方言から入るのは「正しい」側面もあります。また、旅行等でちょっとエジプトに来るため定型的なフレーズを覚えたい、というなら、間違いなくアーンミーヤだけで十分です。

 これに対し「アーンミーヤなんてその土地でしか使えない」みたいな反論をする人がいるかもしれませんが、わたしはこれはナンセンスだと思います。
 中国語ができたら十億人と話せるのでしょうか。一万歩譲ってそうだとしても、十億人も話せる必要はありません。大事なことは、自分の話したい相手と話せる、読みたい本を読める、ということで、話す相手も読みたいものもないのに、ただ漠然と「話者人口が多い」言語を学ぶなんて、時間の無駄以外のなにものでもありません。話したい人が一人でもいるなら、その言語が学ぶべき言語でしょう。

 では「アーンミーヤから始める」の肩を持つのかというと、個人的には、やっぱりフスハーに一票入れたいです。
 自分自身がフスハーから始めた、というのもありますが、いかに外国人から見て「二つの言語」に見えたとしても、アラビア語は一つです。いや、確かに耳で聞くと到底一つには聞こえないのですが、彼らがよく言う「一つの言語の違う局面を使っている」という感覚は、最近になって段々ストンと落ちるようになってきました。
 フスハーの文法は複雑怪奇極まりなく、日本人が学ぶには、主な言語の中では最も難しい部類に入るでしょう。でも、ある程度理解できてくると、その精密機械のような芸術的精妙さに、誰もが感嘆するはずです。個人的には、好き好き大好きでチュッチュしたいです。
 エジプト方言は、古いアラビア語と各種言語の雑種が、日常会話のスピード要件にあわせて高速・簡略化していったような言語で、両方勉強すれば「ここがこうなってこうなった」という流れが実感できます。この「言語の歴史を感じる」体験が素晴らしく楽しいので、やっぱりフスハーは大事にして欲しいなぁ、というのが個人的な想いです。
 フスハーの文法がわかれば、エジプト方言の文法は遥かに簡単です。文法に限って言えば「今までやってきたのは何だったんや」というくらい、簡略化されています。難しいものを気合で学んで、あとで最後のイチゴを食べる方が、喜びも大きいでしょう。F先生に意見を伺った時も「外国人はフスハーから学び始める方が良い」と仰っていました。
 もちろん、発音については難易度は変わらず、聞き取りや会話は、一度死んで生まれ変わる気迫が要ります。でも、当たり前ですが両者には非常に共通要素が多いですから、発音のシフトの原則に馴染んでくれば、何となく「あれのことか」という反射が利くようになります。

 大体、アーンミーヤだけ喋れてフスハーができない、というのは、エジプト人で言えば「文盲」です。ムスリムなら、読み書きができなくてもクルアーンのスーラのいくつかくらいは覚えていますから、「文盲」以下と言って良いでしょう。頑張って外国語を学んで、「文盲以下」にやっと追いつくのではショボすぎます。看板一つ正確に読めないのでは、生活していても不便でしょう(アーンミーヤが喋れない方がより不便ですが・・・)。
 やっぱり、両者は「併せて一つ」なのだと思います。

 でも本当は、こんな偉そうなことが言えるほど上達もしていないので、話半分で流してやってください・・・。

DSCN4826
アレキサンドリアの通り2 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  留学  アラビア語  アーンミーヤ  フスハー  勉強法 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アーンミーヤから学び始めるべきか|2009/10/08(木) 01:21:30|
  2. エジプト留学雑記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。