スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アスワーン西岸の砂漠

 アブ・シンベルから戻ったお昼過ぎのアスワーン。
 ルクソールのOASISが余りに居心地が良く、この日にまたルクソールに戻ろうと思っていたのですが、夜の汽車までにまだ時間があります。
 アスワーンも「東高西低」な構造で、鉄道駅や宿などは東岸にあるのですが、西岸でもブラブラしてみるか、と思っていたところで、男が片言の日本語で「ヤクザ」とか言ってきます。
 「それは汚い言葉だ、そういう言葉で呼びかけてはいけない」と言うと、男が「知らなかった」と真剣に謝ってきました。「それはわかっている。日本人の観光客には、悪い人もいる。そういう人が変な言葉を教えて、知らないまま使っているのはわかっている、あなたのせいではない」と言うと、「お詫びにお茶を奢らせてくれ」と言ってきます。
 こういうナンパ手口なのかも、と思ったのですが、なかなか引いてくれないので「お茶は要らない、代わりに新聞を奢ってくれ」と言ったら、本当に新聞を買ってくれました。1ポンドですが。
 西岸に行こうとしている、と言うと、切符も買ってくれた上、「案内するから」としつこいのですが、ちょっとしんどくなってきたので、「悪いけど一人で行きたい」と何とかお断りしました。
 ローカルの渡し船に乗ります。ルクソールのローカルフェリーと違い、本当にただの船。混雑していたせいか、船の半分は男性、半分は女性、と分かれて乗っていました。
 帰りに自腹で乗ったら5ポンドでしたが、ルクソールのローカルフェリーでも1ポンドなのに、高すぎます。ボラれたかもしれませんが、まぁ他に交通手段もないので良しとしておきます(地元民の彼が幾ら払ったのかはわからないですが、5ポンドとうことはないと思う)。

 アスワーン西岸に着くと、そこには小さな売店がある程度で、ほとんど建物もなく、いきなり砂漠です。
 丘の上にマカービル・フィルアウニーヤという墳墓群があり(そう、「マァービル」ではなく「マカービル」と発音している!)、北がヌビアの集落になっています。
 ここにはラクダ引きやロバ引き(?)が沢山いて、イード休暇中のせいか、丁度日本のファミリー牧場のようなノリで、家族連れで大混雑していました。ほとんどエジプト人です。
 ここのラクダはギザのラクダと違って毛並みが良く、ロバも可愛い子が多いです。一匹まだ子供のロバがいて、時々地面を足でケンケンしたりして、めちゃくちゃ可愛いです。撫でてみたら毛並みもフワフワです。

アスワーン西岸風景
アスワーン西岸風景 posted by (C)ほじょこ

アスワーン西岸たくさんのらくだ
アスワーン西岸たくさんのらくだ posted by (C)ほじょこ

アスワーン西岸の子供のロバ
アスワーン西岸の子供のロバ posted by (C)ほじょこ

アスワーン西岸でロバに乗る子供
アスワーン西岸でロバに乗る子供 posted by (C)ほじょこ

 ラクダ引きが「それはまだ子供だ、乗れない」とか声をかけてきます。そんなことは分かっています。「どうせボッタくるのだろう」と思い、「ヌビア村まで歩く」と歩き始めると、ラクダでポコポコ追いかけながら、頭上から営業してきます。
 「鬱陶しいなー」と思っていると、買い物帰りらしいヌビアのおばちゃんが声をかけてきます。おばちゃんだとすっかり気を許し、ヌビアの村に向かって一緒に歩きながら「アスワーンはカイロと全然違ってのどかだねぇ」などとお喋りしました。
 おばちゃんが「ラクダ乗ってみたら? アメリカ人もフランス人も皆乗ってるよ」と言うので、「おばちゃんが言うなら」とラクダに乗ることにしました。

 後になってわかったのですが、彼らは確かに営業をかけてくるのですが、カイロと違って、やり方も素朴だし、めちゃくちゃボッタくるようなこともありません。街の人がことごとく声をかけてきますが、本当に純粋に興味を持ってくれていることが多いです。
 ラクダも25ポンドで、結局2時間くらい満喫したので、十分適正価格でした。

 ラクダに乗るのは二回目ですが、前より少し余裕が出てきたせいか、自分で手綱を持たせてもらい、「どうやって操るの?」と質問します。マフムードと名乗るヌビアの青年は、ラクダ乗り独特の声を出して「こうやると進むんだ」と言いますが、そもそもその声を真似できません。結局タンデムしてもらって、砂漠をポクポク進みました。ラクダの名前は「モニカ」ちゃん。
 船着場から近いところは、岩のゴロゴロしている砂漠で、少しゴミも落ちていますが、それでもギザとは比べ物にならない程綺麗。
 しかも、丘を越えて少し進むと、岩がまったくない、日本人のイメージする「サラサラの砂漠」があります。サラサラ砂漠でラクダを降りて休憩したのですが、こんなに街から近いところなのに、本当に綺麗でずっと手ですくって遊んでいたくなります。砂の熱さが気持ちよいです(後で考えると、日中は砂の中に虫やら蛇やらが隠れているので、不用心だったかも)。
 お値段を考えても、ラクダに乗りたいなら断固アスワーンです。ギザなんかで乗ったら絶対ダメです。あそこは砂漠というよりゴミ捨て場ですから(笑)。

アスワーン西岸らくだの上から
アスワーン西岸らくだの上から posted by (C)ほじょこ

アスワーン西岸の砂漠
アスワーン西岸の砂漠 posted by (C)ほじょこ

アスワーン西岸墳墓群
アスワーン西岸墳墓群 posted by (C)ほじょこ

 青い装飾で統一された、とても可愛いヌビアの村も一望できます。
 「村には、嫁入りしたドイツ人とスペイン人がいる。君が僕のお嫁さんになったら、日本人は一人目だ」と、この辺は普通のエジプト人と一緒。
 砂の上で休憩している時、携帯に入れているボブ・マーリーの曲を聞かせてくれました。
 「ボブ・マーリーが好きでドレッドにしていたんだけど、軍隊に入った時に切った」「軍隊は大変だった?」「すごい大変だった!」。
 滅多なことでは弱音を吐きそうにないタフなヌビアの青年が、語気を強めます。彼だけでなく、屈強そうな何人ものエジプトの男が、「軍隊だけは・・」と語るのを聞きました。エジプトの軍隊は本当に過酷なようです。火の輪潜りをさせられた、と言っていました。それ何か意味あるのでしょうか・・。

 彼が時々、ラクダの上から携帯電話でヌビア語を話しています。
 ラクダに携帯、という風景が既にすごいですが、ヌビア語はアラビア語とはまったく違う言語で(アラビア語アスワーン方言とも関係ない)、書記を持ちません。
 ちょっと例文みたいなものを作ってもらったら、語順的には動詞が最後に来るようでしたが、全然自信はありません。

アスワーン西岸砂漠 らくだと携帯
アスワーン西岸砂漠 らくだと携帯 posted by (C)ほじょこ

 ラクダと砂漠を満喫して、船着場に戻る。
 お茶を飲みながら代金を支払ったのですが、25ポンドのうち20ポンドはラクダの持ち主に渡され、マフムード青年の取り分は5ポンドだけでした。時給2ポンド(約40円)くらいです。バクシーシくらい渡してくれば良かったです。

 船の中で、小学生くらいの女の子が話しかけてくる。
 つたない英語で「名前は何て言うの」「どこから来たの」とか聞こうとするので、「アラビア語で喋っていいよ」と言うと、途端にパァッと顔が明るくなって「アラビア語がわかるの!? どうして話せるの!?」と言ってくれたのは、とても嬉しかったです。あんまりまくし立てられると付いていけないのですが(笑)。

 6:00の電車でルクソールに戻る。車内で買った切符は33ポンド。

 OASISホテルに戻り、また屋上のマタアムでぼんやりする。
 他所の宿に泊まっているのに入り浸っている日本人T氏から、色々お話を伺う。
 彼はAさんと同じく相当旅慣れた人で、本当に世界中よく旅行しています。
 モロッコの奥の方で、現地の人と結婚した日本人男性の話を聞く。逆パターンは沢山ありますが、男性というのは初めて聞きました。
 でも、聞いていて憂鬱になるような濃いお話で、ちょっとここには書けません。産業のない世界で一族を背負う稼ぎ頭になるというのは、大変な重荷を背負うことです。

 旅慣れたT氏が言った「都会の貧乏は惨めだけれど、田舎の貧乏は惨めじゃない」という言葉が、印象に残っています。
 そう、田舎は貧乏人でも、都会のスラムのように悲惨じゃない。食べていけるとかいけないとかではなく、例え仕事がなくても、何か居場所があるからじゃないか、と思う。
 仕事がなくなったら価値がゼロになる世界は、手探りで崖の淵を歩くような不安な世界だ。一番大切な命綱を、手放してしまったからだ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アスワーン  砂漠  ラクダ  ロバ  電車  貧困 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アスワーン西岸の砂漠|2009/12/06(日) 02:09:12|
  2. ルクソール・アスワーンの旅

シタデル、ラクダに乗りピラミッドで音と光のショーを見る、フスハーとベドウィン

 エジプトカイロまでやってきて早や二週間。到着翌日を除くと、初の休日です(正確には、ただダベっていた事実上お休みの日が一日ありましたが)。
 午前中はいつものように調子が悪く、昼近くまでゴロゴロして、その後も大して勉強するでもなく、グズグズした挙句、重い腰をあげてシタデル(القلع アル=クルア、イル=アルア)を見に行くことにする。今日は観光客や!
 シタデルは中世アラブの英雄サラーフッディーンが対十字軍の拠点として建設した要塞。周囲にはガーマ・ソリマン・バシャや軍事博物館(直訳なら戦争博物館)、ガーマ・ムハンマド・アリなどの観光名所があります。
 わたしの滞在拠点からだとタクシーで10~15エジプトポンドが相場ですが、行きは10ポンドに値切るのに成功。でも帰りは25ポンドにぼったくられました。後述のように、この後に予定があったので、背に腹は変えられず泣く泣く払いました。
 シタデルは日差しを遮るものもなく、ものすごい暑かったですが、ガーマ・ムハンマド・アリの美しさは圧倒的でした。
 軍事博物館はシタデルの入場料40ポンドでそのまま入れるのですが、カメラ持ち込みに1ポンド取られます。1ポンドをケチって持ち込まなかったのですが、味のあるジオラマみたいなのとか、ガマール・アブド=ナーセルの肖像画などがあったので、写真を撮ればよかったです。ちなみに、すぐそばにある警察博物館は無料で、「撮影禁止」と書いてあるにも関わらず、みんな余裕で写真を撮りまくっていました。
 シタデルだけではないですが、エジプトの有名な観光名所は、入るのに空港にあるようなX線装置に荷物を通して、持ち物チェックを受ける必要があります。結構ものものしい警備です。
 シタデルの中のカフェでコーラを飲んだら、20ポンドもぼったくられました。観光地価格だから高いのは当然ですが、20ポンドは日本の観光地も真っ青の暴利です。頼む前に確認しなかったわたしがバカでした。
 ちなみに、コカコーラ・ゼロは「セロシュガー」とは書いてありますが「ゼロカロリー」ではなく「低カロリー」との表記に留まっています。ダイエットペプシでも同様に「100mlあたり1カロリー」との表記になっていたのを前に書きましたが、製品そのものが違うのか、表示に関する法規制に由来するのかはわかりません。多分後者でしょう(日本の法律では一定以下のカロリーなら「ゼロカロリー」という表記が許される)。

 夕方からS先生とピラミッドに行く約束をしていたので「そろそろタクシーを拾うか」と思ったところで「もうホテルに着いた」という電話が。そんなわけで、慌ててぼったくりタクシーにやられました。まぁ、そんな無茶苦茶な価格でもないですが・・。

 先生とタクシーで三大ピラミッドへ。距離としてはそんなに遠くありません。先生の家からは遠くにピラミッドが見えるそうです。ちなみに、そう言われて「わたしの実家からは富士山が遠くに見えるよ」と言おうとして、「わたしの両親の家からも・・」のところで「ピラミッドが見えるのか?」とツッコまれて、大笑いしました。
 ピラミッドに近づく途中で何度も車を止められ、ごちゃごちゃとよくわからない交渉をしています。外人価格とエジプト人価格が違ったりするので、色々うるさいのです。多分、入れるタクシーも制限されていて、さらに観光警察に袖の下を渡してシノギを営んでいる人もいるらしく、外人の目にはカフカ的迷宮に見えます。
 生で見るピラミッドはちょっと冗談みたいで、一人でケラケラ笑ってしまい、ハタからみたらヤバい人だったかもしれません。でも、あんなのが本当に砂漠にドーンとあると、ネタか何かにしか見えません。

 そして遂に、念願のラクダ様ご搭乗!
 ピラミッドのラクダ引きは詐欺が多いので有名ですが、カイロっ子の先生が一緒だったので安心でした。立ち上がったラクダは想像よりずっと高く、落ちたら絶対怪我しそうで、ちょっと怖かったです。普通の人は自分で降りられないので、それをいいことにぼったくり価格を要求する悪徳業者が多いのです(先生は普通に立ったままのラクダから飛び降りていました・・)。
 あんまり乗り心地の良いものではなく、特に下りは前に落ちそうになって怖いです。馬に乗る感じに内腿で挟んでお腹に力を入れて乗っていたのですが、ラクダ引き氏に「アラブ人がするみたいに、前で足を組むといいよ」とアドバイスされます。『アラビアのロレンス』に登場するような、ラクダの上で胡坐をかいているみたいな乗り方です。実際やってみたのですが、不安定な感じで怖くなってしまい、結局元の乗り方に戻しました。
 「乗り心地はどう?」と聞かれ、「たった今、どうしてみんなが自動車に乗るのかわかったよ」と冗談を言って大笑いされました。
 でも、ひと回りして降りて徒歩になった時には「確かにラクダって楽」と感じるようになっていたので、慣れたら結構楽しいかもしれません。昔の人にとっては素晴らしい存在だったのでしょう。乗れる生き物ではロバが一番好きですが、次は馬や牛よりラクダかなぁ。単に可愛い順ですが。

 ラクダ引きのおっちゃんが英語で色々説明してくれるのですが、なまりがキツくて今ひとつよくわかりません。「フスハーで喋ってくれ」と言ったら「学校に行ってないので喋れない。二十年この仕事だけしてるんだ」とのことでした。きっと彼は英語だけでなく各種言語に通じているのでしょうが、アラブ人なのに正則アラビア語は喋れないのです。英語とフスハーのエジプトにおける位置づけが、端的に表れているような一場面でした(もちろん、両方できる人もいるし、そういう人の英語はおっちゃんの自己流英語と違ってキレイ)。ちなみに彼の「英語名」は「カルフォルニア」、ラクダの名前は「ミッキーマウス」だそうです。カルフォルニアって、地名やん・・・。
 ラクダによるピラミッドめぐりの最後に、エジプト人の祖先の墓の前を通ります。ミスター・カルフォルニアは「この墓の前に来た時は、わたしたちはクルアーンのファーティハを詠むんだ」と、急に神妙な顔つきになって、ファーティハを口ずさみます。先生もそうするので、わたしもファーティハを詠むと「この子はムスリマ(女性イスラーム教徒)なのか?」と聞いてきます。先生が「正式には違うが、よく勉強している」といった感じに答えていました(アーンミーヤで細かいところはわからなかった)。フスハーが喋れない(多分字も読めない)おっちゃんでも、クルアーンのいくつかのスーラはちゃんと暗記している様に触れると、優しく静謐な気持ちになります。
 ラクダツアー終了後、なぜかミスター・カルフォルニアは観光警察と喧嘩になり、物陰に連れて行かれて一悶着後、(たぶん袖の下を渡して)ヘラヘラしながら戻ってきました。警察も半分ヤクザみたいなものなので、どっちもどっちな気がします。

 ラクダご堪能の後、ちょっとお茶して、ピラミッドの音と光のショーを見学しました。
 本物のピラミッドをライトアップし、レーザーを駆使したショーを繰り広げるのですが、これが本当に壮大で感動ものでした。
 「貴重な文化遺産でふざけたことを」と怒る人もいるでしょうし、いかにもエジプト的なドギツくて悪趣味な演出なのですが(失礼)、実際見ると素直に圧倒されます。ネタそのものはベタなので、テレビなどで見たらちっとも面白くないと思いますが、一生に一回見て損はありません。かなりぼったくられますが、今まで人生で見たショーの類の中で、一番度肝を抜かれました。
 ショーそのものもさることながら、上演中に本物の流れ星が二回砂漠の空を横切るのを見られたのにも、感動しました。

 ショーの感動も覚めやらぬまま、コシャリを食べて岐路に。
 コシャリは「マカロニ抜き」、つまりご飯と豆だけバージョンの小を頼んだのですが、既に飽きてきました。日本にも数多いコシャリ愛好家には申し訳ありませんが、あのジャンク感は個人的にはちょっとキツいです。食べた後体臭が変わっていそうです。

 帰りのタクシーの中で、「こないだM先生と観光の改善について話したのだけれど、個人的に、エジプトについては、交通の秩序をなんとかすべきだと思う。観光客だけでなく、エジプト人にとっても大切なことだと思う」と話した後、運転手が早口のアーンミーヤで先生に何か言いました。「彼は君と同じことをアーンミーヤで言ったんだ」と言われ、まったく理解できなかった自分にがっかりしました。
 「道路横断がこんなに大変では、若者はともかく、年寄りや身障者には辛いはずだ」と言ったら、「いや、実は身障者にとって道路横断は簡単なんだ」と言われます。「どうして?」と聞くと「身障者が渡ろうとしたら、皆が必ず車を停めるからだ。わたしが渡ろうとしても誰も停めないけどね」とのことでした。
 カイロの道路の無秩序ぶりには呆れるばかりですが、この一言には考えさせられました。めちゃくちゃなようだけれど、これが本当なら、素晴らしい大衆倫理が生きています。同じことが日本で起こるでしょうか。秩序はあるけれど信心も義侠心も薄れた日本と、どちらが立派なのかよくわからなくなります。
 そう話している正にその車中から、片足がなくて松葉杖をつきながら、自動車誘導の仕事をしている人を見かけました。ものすごい根性だし、何より雇っている経営者が立派です。また、自転車を改造して手で漕げるようにしたものを、足の不自由な方が使っているのも何度か見たことがあります(普通の車椅子ではないのは価格的な問題か、他に理由があるのでしょうか)。

 宿に戻ってフロントで鍵を受け取りふと横を見ると、前にお話したDさんがいて、びっくりしました。
 彼は主にドイツ人向けのガイドをやっているらしいですが、英語もドイツ語もフスハーもとてもキレイで、態度も教養を感じさせられる好青年です(関係ないですが、ホテルのレセプションにも一人フスハーが達者でわたしをよく理解してくれている人がいて、わたしに話しかけてきた人に「この子はフスハーの勉強に来ているんだ、フスハーで喋ってやってくれ」と言ってくれたことがあります)。仕事で深夜1時までロビーで待たなければならないとのことで、退屈そうだったので、少し一緒に散歩することにしました。
 ちょっと歩くとすぐナイル川なのですが、川沿いの道にトヨタの軽トラが停まっていて、その荷台に座ろう、と言います。「君の国の車だろう、座れるよ」。いやいやいや、それ他人のだから。トヨタ全然関係ないから。
 前は専ら英語で喋っていたのですが、この日はフスハーで通すことにしました。
 フスハーで喋り始めると、途端に真剣な顔つきになり、詩人のような美しい言葉を紡ぐので、ちょっと可笑しいくらいです。
 エジプト人の軽口ぶりはよく知られていますが(偏見?)、彼の軽口はなかなか機知がきいていています。前に英語で会話していた時にも、こんなことがありました。
 エジプト人は飲み物をやたら甘くするので、わたしは砂糖をなるべく避けているのですが、それを見て「なぜ君は砂糖を避けるの?」と質問してきました。
 わたしは「理由は二つあって、一つは太りたくないから、もう一つは単に甘いものがあんまり好きじゃないから」と応えました。すると即座にこんな答えが返ってきました。「三つ目の理由は、君がもう十分スイートで、これ以上甘くなったら困るからさ」。
 ・・・あんたアホやねぇ(褒め言葉です)。
 この日も見事なフスハーで歌のように語るので、「フスハーで喋っていると、あなたは詩人のようね」と言うと、また節をつけて詩のようにこう返してきました。
 「詩人がどういう時に詩を詠むか知っているかい? このナイルの流れのように、美しいものを見た時さ。そして今僕も、美しいものを目の前にしているから、詩を詠んでいるのさ」。
 日本語で書いたら、キザを通り過ぎてひっくり返りそうです。ちなみに、この台詞を言われた時は、途中から今ひとつ意味が追えなくなり「ナイル川のことはわかったけど、その後何て言ったの?」と聞き返して、ずっこけさせてしまいました。
 でも実際、フスハーには人を詩人にさせてしまう不思議な力があるように感じます。とりわけ、クルアーンの一説を口ずさむ時は、普段ガサツ極まりない人間にすら、何か神々しい力が降りてきているように見えてなりません。
 ダーリンにも是非フスハーを習得して頂き、愛の言葉の一つも囁いて頂きたいです(笑)。駄目だったら、日本語の古文でもいいよ(マジで言ってます)。

 フスハーについて、この日Dさんから非常に興味深い話を聞きました。
 Dさんはついこの間まで、ガイドの研修のために、ダハブというシナイ半島のアカバ湾に面した街に行っていたのですが、この近くにはベドウィンがまだ生活しているそうです。そして彼らの言葉を聞くと、100%フスハーなのだそうです。大衆口語としてのアーンミーヤと使い分けるのではなく、会話すべてがフスハーなのです。つまり、非常に古い時代の言葉がそのまま残っているということです。
 彼個人から聞いただけなので、正確なところはわからないですが、本当ならすごいことです。カイロでもヒーヒー言っているわたしにできるかわかりませんが、ベドウィンの方と接触して、その言語活動を観察してみたいです。

 ちなみに、この日ナイル川沿いに散歩していた時、ベンチに座っていたカップルの前を通りすぎた時、「パレスチナ人だね」とDさんは即座に看破しました。「どうしてわかるの?」と聞くと、「方言が違うから」と言います。アラブ人にとっては、それくらいすぐわかるもののようです。
 わたしには「アラビア語らしいけれどエジプト以外のどこかのアーンミーヤ?」という程度しかわかりませんでした(もちろん内容はさっぱり)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  カイロ  留学  アーンミーヤ  ピラミッド  ラクダ  イスラーム地区 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. シタデル、ラクダに乗りピラミッドで音と光のショーを見る、フスハーとベドウィン|2009/08/02(日) 17:16:26|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。