スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

指標としてのユースフ・アル=カルダーウィー

100125.png

フォーリン・ポリシー「イル=カルダーウィーの反対者たちは、彼を『アラブの冷たい戦争』の原因と考えている」

 アメリカの作家で高名な中東政治研究者マーク・リンチは、ムスリム・ウラマー世界連盟会長ユースフ・アル=カルダーウィーを、この地域の諸問題に対するアラブの一般的意見を感じ取ることにおいて「最もよく認識している」と表した。議論をまとめることで「多くの実績」がある上、彼が公衆の意見を率いれば、多くがこれに従う。
 リンチが一昨日、アメリカの「フォーリン・ポリシー」誌の記事で語ったところではアル=カルダーウィーの反対者たちは、彼をこの地域における「アラブの新たなる冷たい戦争」の原因と考えている。この戦争は、ガザやハマースやアブー=マーゼン(訳注:ファタハのマハムード・アッバース議長のこと)に対する立場、そしてイェメンでの出来事についての彼の考えを巡り勃発したものだ。彼の意見はアル=ジャジーラで放送され、インターネットの世界中のサイトで広まっている。
 このアメリカの研究者が付け加えるところでは、この「反目」をフォローすることは、アラブ政治において現在、何が地域を分裂させ、感情を刺激しているのかを観察するための「優れた窓」である。アル=カルダーウィーは、いくつかの政治的議論の中心点だったのだ。
 彼は、世界中のイスラーム・ネットワークから幅広い共通の部分を作り上げる人物で、テレビスターであり、多くの著作を表し、ハマースを擁護し、世界的ムフティー(訳注:ファトワ-を出す人、イスラーム法学者)の立場からインターネットにおけるイスラーム指導者とみなされている。
 「フォーリン・ポリシー」でリンチは、アラブの諸問題に対する彼の立場は、アラブの一般的意見からの答えを測るのに最も益があり、と示した。アル=カルダーウィーは人気があり、注目を惹く能力があり、とりわけ彼の近著「ジハード法」以降は著しい。この著書で彼は、占領への抵抗が認め、アル=カーイダについては世界に狂気の戦争の火を放ったものと非難している。
 リンチは、近年にアル=カルダーウィーを巡り議論を刺激したものとして、四つの主題を挙げている。その第一のものは、エジプト政府による金属障壁建設を、ガザ包囲を強化し、合法的でもなければシャリーアに反する、としたファトワ-で、これはエジプトの怒りを買った。
 第二のものは、ムスリム同胞団の新指導者にムハンマド・バディーアを選出することに対し、沈黙を保ちコメントを拒んだことだ。これは彼にとって「予期せざること」だった。次は、イェメン政府とアル=ホウシ族の戦争を仲裁すべくサルマーン・アル=アウダらイスラーム宗教者への彼の書簡に関するもので、最後にファトハとハマースによるパレスチナの内部分裂がある。アル=カルダーウィーはエルサレム防衛を呼びかけ、パレスチナ当局を批判した。

 ユースフ・アル=カルダーウィーはエジプト人ですが、ムスリム同胞団への関与により最終的に国外追放、カタル在住。
 Wikipedia : ユースフ・アル=カルダーウィー

 マーク・リンチによる元記事は、多分こちら
 Foreign Policy
 フォーリン・ポリシー誌ブログ「パスポート」日本語版

 著作などを読んだこともないので、極めて大雑把なことしか言えませんが、アル=カルダーウィー氏の意見というのは、多くのエジプト人の共感を呼ぶものに見えます。逆に言えば、「アラブ人ムスリム」の最大公約数的な妥当な意見を言っている、とも言えますが。
 個人的にも割と共感しますが、「パレスチナの戦いは侵略に対する防衛であり、外部に対する戦い故に肯定される、テロは内部に対する暴力であり肯定できない」等と「正論」(少なくとも、多くのエジプト人にとってこれは「正論」だし、わたし個人にとっても「正論」だ)を言っているだけでは埒があかないという一面もあります。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アメリカ  ユースフ・アル=カルダーウィー  イスラーム  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 指標としてのユースフ・アル=カルダーウィー|2010/01/26(火) 02:35:02|
  2. 新聞・メディア

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。