スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アブラハムのモスクの帰属を巡る対立

アブラハムのモスクの帰属を巡る対立
イスラエル、宗教戦争の扉を開く

 パレスチナ責任者らは、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフが、ヘブロンのイブラーヒーミー・モスクとバイトゥ・ラフム(ベツレヘム)にあるヤアクーブの妻ラヒールの墓を、ユダヤ歴史地区のリストに含める決定を下したことで、中東における宗教戦争の扉が開かれることを警告している。昨日、西岸地区南部のヘブロン市では、この決定に抗議しゼネストが行われ、学校、大学、公設市場など様々な生活拠点でストライキが実行された。ヘブロンで抗議デモを行った学生たちとイスラエル軍の間で衝突が起こり、イスラエル軍はゴム弾、スタングレネード、催涙ガスなどを使った。
 イブラヒーミー・モスクを含む決定により、五十名のユダヤ過激派が、パレスチナ当局の管理下にあるアリーハ(ジェリコ)市のイスラエル軍事障壁の一つに侵入し、ジェリコ神殿での礼拝実行を主張しイスラエルの旗を掲げた。イスラエル過激派代表のマイケル・ベン・アリーは、この侵入により「オスロ合意は死んだ」と主張し、「イスラエル内にいる敵に対し、我々の監視の元で、国の礎を明け渡すことはない」と述べた。
 パレスチナ当局はイブラヒーミー・モスクを含む決定に抗議し、これは聖地の決め付けを禁じる国際法や慣習に反するもので、和平プロセスにも影響するだろう、とした。パレスチナ立法議会の変革改革グループは、この決定を「イスラームの聖地に対する新たなる戦争」とした。パレスチナ法廷裁判官シャイフ・タユスィール・アル=タミーミーは、「パレスチナにおけるイスラーム聖地に対する宣戦布告は、この地区に大虐殺と荒廃の宗教戦争を勃発させることにつながり、それはこの地区だけでなく世界全体を脅かすだろう」と述べた。
 この宣言は、アクサー・モスクへの敵対的な枠組みの中で起こったもので、その完全な支配への道を開くもので、次いでこれを取り壊し、その場所に望む施設が作られることになる、とシャイフは警告した。イブラーヒーミー・モスクは、イスラエル人入植者バルク・ゴールドスタインが1994年2月25日に起こした虐殺事件以来、パレスチナ人とイスラエル人の間で緊張状態にある。事件では、ファジュルの礼拝中に発砲され、礼拝するパレスチナ人29名がモスク内で殺された。
 一方、国連に族するアラブ湾岸プログラム代表タラール・ブン=アブドゥルアジーズは、アラブの状況は劣悪であり、それがイスラエルにこの声明の機会を与えた、と述べた。また、本紙への会見において、エルサレム問題を話しあうアラブサミットを早期に開催することを求めた。
إسرائيل تفتح أبواب الحرب الدينية فى المنطقة

 アル=ハラム・アル=イブラーヒーミー(イブラヒーミー・モスク、イブラーヒーム廟)は、アル=ハリール(ヘブロン)にある預言者イブラーヒーム(アブラハム)の墓。アル=ハリール(ヘブロン)はヨルダン川西岸地区にあります。

 イブラーヒーム(アブラハム)は、犠牲祭のルーツである息子を神の犠牲に捧げようとしたエピソードで知られる、セム系一神教共通の預言者ですが、捧げようとした息子は、ユダヤ教ではイスハーク(イサク)、イスラームではイスマイール(イシュマエル)と主張されています。「一人子を捧げようとした」のだから長子のイスマイールである、というのがイスラームの立場。イスマイールはアラブの、イスハークの子ヤアクーブ(ヤコブ)はイスラエル十二支族の祖、とされています。
 イスハークの子ヤアクーブの子ユースフ(ヨセフ)が、「ヨセフの倉庫」で有名なエジプトに売られたユースフです。全体的に物語性の乏しいクルアーンの中で、ユースフ章はかなりストーリー的で親しみ易い箇所として知られています。
 イブラーヒームの甥のルート(ロト)も預言者で、ソドムのエピソードが有名(聖書で振り返った妻が「塩の柱」になってしまうアレ)。

 ゴールドシュタインによる虐殺事件については、マクペラの洞窟虐殺事件参照。

 アラブ湾岸プログラム(AGFUND)のサイトはこちら
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
パレスチナ  イスラエル  西岸  イブラーヒーム  イスラーム  ユダヤ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アブラハムのモスクの帰属を巡る対立|2010/02/23(火) 18:39:50|
  2. 新聞・メディア

サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑?

 以前に、サッカーU-20ワールドカップ(エジプト式だと「ワールドカップ・ユース」)のムハンマド・タラアト選手が、コカコーラのCMで、日本語で「コカコーラ」と書かれたTシャツを着ている、と話題にしました(元記事はこちら、動画あり)。
 今日新聞で、このムハンマド・タラアト選手が、正にこのTシャツのせいで「イスラエルの犬」疑惑をかけられている、という凄いニュースを見つけました。

サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑?
サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑? posted by (C)ほじょこ

 「ユース代表のスポンサー企業、エジプト代表のTシャツに、ヘブライ語でイスラエルのマークを載せる」。
 記事によると、問題はムハンマド・タラアト選手の着ているTシャツに、イスラエル企業B.M.B社の名前がヘブライ語で書かれている、というとのこと。
 この件についてタラアト選手に取材したところ、「Tシャツはスポンサー企業によるもので、個人的に選んだものではなく、スポンサー企業(コカコーラ)と代表組織の合意によるもの」とのこと。また、代表チームのマーケティング部長は「広告はスポンサー企業の責任によるもので、代表チームに責任はない」とコメント、代表チーム組織委員長も「スポンサー企業の要請によるもの」と言っています。

 一体これのどこにヘブライ語があるのでしょうか。最初は細かい字のところにあるのかと思ったのですが、動画でも写真でも視認できません。ヘブライ語はまったく知らないのですが、アラビア語とは同じセム系でノリくらいはつかめるので「もしや」と思い「BMB」に相当する文字を拾ってみたら、次のようになりました。

במב

 「コカ・コーラ」の「コカコ」が、この「BMB」という企業のヘブライ語表記だと勘違いされたようです。確かに似ています。
 日本語はまったく読めず、ヘブライ語なら読める、という人が見たら、そういう風に受け取ってしまうのかもしれません。タラアト選手はとんだ災難ですが、この記事も突っ走りすぎでしょう。「コカ・コーラ」の「-ラ」の立場はどうなったのでしょう。
 左派系の新聞の記事だったので、政府系の新聞に電話して一報入れたら、金一封くらい貰えるかもしれません(笑)。

 ちなみに、タラアト選手が長髪であることも、こういう疑惑を持たれた一因のようです。エジプトで長髪の男性というのは、かなり突っ張った思想の持ち主だと思われたも仕方ないですし、以前から快く思っていない人たちがいたのでしょう。
 でも、彼のおでこには、若いのにはっきりとした礼拝ダコがあり、信仰熱心な人であることは一目瞭然です。長髪でツッパったファッションでも、信仰心には事欠かない感じが、個人的にはすごく応援したくなるのですが、人を見かけで判断するクダラナイ奴らがエジプトにも多いようです。

 百歩譲って本当にイスラエルの宣伝Tシャツを着てしまっていても、どう考えても彼個人には何の責任もない、と思っていたのですが、今日先生にこの記事の話題を振ったら、驚いたことに「いや、彼にも責任がある」と言われてしまいました。
 「イスラエルと我々の間には、どこまで行っても心の中では問題がある。撮影の時にTシャツを見て着たのだから、着た時点で彼にも責任がある」とのことです。彼はヘブライ語も日本語も読めないと思うのですが・・。

 日頃イスラエルを悪し様に罵っているわたしですら、この話題になった時のアラブ人の気迫には、ちょっとビビるものがあります。
 「もちろん、イスラエルとの問題は政治的なものであり、宗教的なものではない。ユダヤ教、キリスト教とは、統合的متكاملな関係(お互いに支えあい完成するイメージ)にある。だが、残念なことに、政治的な問題が宗教的な面を被ってしまっている」「アメリカからユダヤ教徒の学生が来ても、普通の学生と変わらないし、歓迎する。また、イスラエル人でも受け入れはするし、彼または彼女個人は『敵』ではない。だがイスラエル人は仕事だけの関係だ。決して友達ではない」。

 コカコーラについては、アメリカ消費文明の象徴だけあって、様々な陰謀説が尽きませんが、特にアラブ世界では、「ユダヤ系企業としてのコカコーラ」に対して、単に政治的というより、妄想に近い反感を抱いている人がいます。「コカコーラ」の英語文字を組み替えるとアッラーを誹謗する内容になる、とかのトンデモ説を大真面目に語る人もいます。
 一部のトンデモ好きな人たちのものではなく、他の面では至って合理的に振舞う教養ある人物の口からこういう説が出てくると、問題の根深さを憂わないでいられません。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  イスラーム  ヘブライ語  サッカー  新聞  陰謀説  コカコーラ  ユダヤ  スポーツ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑?|2009/10/09(金) 03:32:07|
  2. 新聞・メディア

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。