スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スイスのミナレット建設禁止とフェイスブックでの抗議活動

スイスのミナレット建設禁止問題とフェイスブック
スイスのミナレット建設禁止問題とフェイスブック posted by (C)ほじょこ

スイス政府に対するインターネット上でのイスラームの戦い

 アラブおよびイスラーム市民は、国民投票の結果が伝えられてから、スイスにおけるミナレット建設禁止に対する怒りを、フェイスブックで表している。この国民投票は、スイス右派人民党が、同国内での新しいミナレット建設禁止を呼びかけたもので、57.5%の賛成多数で禁止となった。国民投票の結果を批判し、スイスへの制裁と政治的・経済的断絶を求める、英語およびアラビア語による何十ものグループが作られた。
 国民投票から数日しか経っていないにも関わらず、フェイスブックは、国民投票を批判するグループとニュースで賑わっており、300を越えるグループに五十万近い人々が集まった。「共にスイスとの断絶を」と題するグループの一つの創設者は、「スイス人民のYESは、スイス政府および人民が、イスラームを戦争を呼びかけるテロ宗教であり、そのモスクは戦争を呼びかける象徴だ、と公式に考えているということだ。スイスとの断絶およびスイス製品拒否で、これに対抗する」と語った。そのメンバーたちは、ムスリム労働者たちに対し、スイスの銀行から預金を引き上げるよう呼びかけ、何十億ものドルでスイス政府に再考を促させようとしている。別のグループは、スイスのムスリムにへの差別的処遇に対するイスラームの怒りの大きさを世界に知らしめ、当地のムスリムを支援すべく、国民投票を批判する百万の著名を集めた。グループはコメントで溢れ、フェイスブックで活動する「ヤーセル・ナジュム」は、「民主主義とは、矛盾のある場合には、少数派の権利を尊重する、という条件の下で、多数派の決定を適用するものだ。民主主義と自由と他者を受け入れること、というヨーロッパのスローガンは、どこで響いているのか、と考えている」と語った。
 また、フェイスブック利用者の一人「アフマド・アブドゥルファッターフ」は「多くの人が、スイスでのミナレット建設禁止問題につらい思いをしているよ。彼らは尤もだよ。でも問題は、大騒ぎしている連中のほとんどが、(ミナレットだけでなく)新しい教会を建てるレンガの一つだって拒むってことだ。キリスト教徒が本当に必要としていてもだ」
 グループメンバーの一人ターヒル・アブーザイドは「スイスでのミナレット禁止が問題なのか分からない。ミナレットは、マイクのない時代に、ムアッジン(訳注:礼拝を呼びかけるアザーンを行う人)が声が届くよう登るために作られたものだ。今は、ミナレットからもマイクからも、モスクの外でのアザーンはないんだ」。テクノロジー専門家は、フェイスブックは、単なる社交の場ではなく、アラブ民衆の状態を写す鏡になっていてる、と語り、精神分析家は、アラブ社会は、アラブ民衆が苦しんでいる政治的・経済的理由で苦しんでいる抑圧から逃れるための空間として、ソーシャルサイトを利用しており、納得のいかない出来事に対する不満の捌け口となっている、と言う。
 現在までの怒りの形が、批判や非難、断絶要求という形式に留まっているにも関わらず、フェイスブックは、依然頂点には達していないイスラームの怒りが満ちていることを示しており、スイスの国民投票の結果が、未だ癒えぬイスラームの傷口を開くことになった。2005年には、預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)のカリカチュア画がイスラーム世界で大騒動を引き起こし、デンマーク経済を混乱させる広範な批判と断絶に至ったが、現在までのところ、対スイスの状況はこのような事態には至っていない。


 台詞部分は一部アーンミーヤ。
 過剰な反応に見えるかもしれませんが、過敏になる理由があるのもまた事実。
 この件に関しては、スイスの極右政党が煽ったお陰で、スイス政府にとっても都合の悪い結果が出ていまい、双方あまり得していない、という状況のようです。多分今、一番困っているのはスイスの良識ある市民で、一番得しているのはアホな極右と、一部のアホな勘違いムスリムです。
 スイスを叩いているのはムスリムだけでなく、欧米メディアでも大変評判が悪いですが、怒ったムスリムが暴走して、かえって欧米人の「反対意欲」をそいでしまわないか、気がかりです。彼らが、イスラーム以外のものが同様の抑圧を蒙った時、同じように抗議することができれば、素晴らしいことなのですが、現実的には、そこまで広い視野を持っているのは一部の人だけのように思います。

 「教会を建てるレンガ一つも拒否」云々と言っているのは、建設禁止派は宗教行為そのものを敵視しているのだ、という主張ですが、これが妥当かどうかは少し疑問です。
 記事の最後でカリカチュア問題が触れられていますが、確かにこれとは次元の違う話で、そういう発展の仕方はしないのでは、と思います。

 この記事で面白いのは「ミウザナ(ミナレット)なんて、今はあってもなくてもいいやん」という素朴なツッコミがムスリムの側から入れられていることです。もちろん、多くのムスリムが反対しているのは、そんな実用的側面ではなく(それを言ったら、エジプトだってマイク使ってるからミナレットなんか要らない)、象徴としてのミナレットの建設禁止をイスラームに対する抑圧と捉えているからですが、斜め上に抜けてしまうようなとぼけたコメントがあると、逆に少し安心します(記事から推測するに、スイスではアザーンの大音響放送は行われていない様子)。
 このとぼけた彼がいてくれるお陰で、この記事一つでも、ムスリムが非常に多様であることを察することができるでしょう。
 欧米の人々、あるいは日本や韓国の人にとってムスリムが不気味に映る時というのは、彼らが一様な行動様式を取り、まるで個というものがないかのように一体となって見える時なのではないでしょうか。マッカの巡礼風景の写真などを見ると、そんな印象を受けてしまうかもしれませんが、実際のところは人それぞれで、宗教に対するスタンスも多様なら、そもそも信仰一つに全人格を還元できるものでもありません。
 大体、イスラームが個を殺し一糸乱れぬ統一を生むものなら、とっくの昔にイスラエルを追い出せているでしょう(笑)。このまとまりの無さは、イスラーム的には問題なのかもしれませんが、多くの日本人にとっては、むしろ親近感を持ちやすいのではないか、と思います。

 この件にしても、最近日本で流行っている安っぽい排外主義にしても、目にするたびに心に浮かぶのは「じゃぁアンタら日本人同士だったら共存できんのかい」というツッコミです。
 少なくともわたしにとっては、日本人のほとんどは赤の他人で、大多数の人はノリも合わなければ仲間でもないし、むしろ「敵」とすら思える人々の方が数が多いし、とりたてて「共存」しようとも思っていません。一週間後にアイツもわたしも生きていたら、結果的に「共存」できていたのかもしれませんが。そういう意味では、日本人もエジプト人も一緒です。
 分かりやすい異物を見つけて排除しようとする人たちは、逆に「共存」の敷居が低すぎるんじゃないですかね。わたしだったら、向き合ってじっくり話して、腹を探り合いの一つや二つしないと、到底信用できませんがね。
 日本人ならOKとか、キリスト教徒ならOKとか、ちょっと油断しすぎちゃいますか。アンタたちに足りないのは、寛容さじゃなくて絶望だよ。
 まぁ、油断してくれた方がこっちは都合が良いのですが。

関連記事:
スイスでのミナレット建設禁止
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ミウザナ  スイス  インターネット  イスラーム  ファイスブック  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. スイスのミナレット建設禁止とフェイスブックでの抗議活動|2009/12/10(木) 05:56:25|
  2. 新聞・メディア

スイスでのミナレット建設禁止

 スイスでのミナレット建設禁止については、日本でも報道があったようなので、ご存知の方が多いと思います(こちらの記事で日本で報道されていることを知りました。ありがとうございます)。
 エジプトでも大変話題になっています。

スイスの新聞記事
スイスの新聞記事 posted by (C)ほじょこ

スイス人がミナレット建設禁止に賛成

 スイスの有権者は、新しいミナレット建設を禁止する右翼の呼びかけに59%の多数で賛成した。三つの問題を問う国民投票で、スイス有権者の半数が意見表明した。一つ目の問題は、ミナレット建設禁止で、二つ目はスイスからの軍事物資と兵器輸出の禁止、三つ目は国内航空運輸への財政支援に関するものだった。投票の数時間前、アムネスティは、ミナレット建設禁止は、スイスが信教の自由を損ねるという侵害を犯すことであり、スイスにおけるムスリムが信仰を表す権利を損なうものだ、と述べた。

 アムル・ムーサーが早速動いてくれているようです。

ミナレットとアムル・ムーサー
ミナレットとアムル・ムーサー posted by (C)ほじょこ

ムーサー、「ミナレット禁止」問題で欧州法廷への訴えを求める
スイス人民党、半ムスリム・キャンペーンを拡大、ヒジャーブ禁止を訴えイスラーム地区での墓地建設禁止を広める

 アラブ連盟は昨日、スイスにおけるモスクでのミナレット建設禁止の決定に反対し、事務総長アムル・ムーサーは、国際人権法廷および欧州法廷へ緊急の訴えを起こし、状況改善の必要性を訴えた。イスラーム世界の拡大に対するこの禁止への反対の声が続く中、議会で多数派を占める「右派」スイス人民党は、「スイスにおけるイスラームの普及」に対する計画の拡大を決定した。新しい計画には、ムスリムへの専用墓地建設禁止に加え、公共の場におけるヒジャーブ着用禁止が盛り込まれている。
 ムーサーは昨日、在カイロ・スイス大使ドミニク・フォルギーを迎え、当地におけるモスクのミナレット建設を禁じた国民投票の結果に不快感を示し、これを「危険で否定的な前進」と表した。
 事務総長は会見で「この振る舞いはスイスに住みイスラームを信じる者たちの権利に抵触するもので、彼らには、人権と国際憲章の基本理念に沿い、モスクで彼らの信仰を実践するすべての権利を有する」と述べた。
 またムーサーは昨日、本件を巡ってスイス外務省に電話にて連絡を入れた。
 また、ミナレット禁止計画の主たる提唱者である「右派」スイス人民党は、本件についての新計画を立ち上げ、当地のムスリムに対する禁止項目リストを提出した。
 党の主要メンバーのアドリヤーン・アムストレッチ議員は、彼の党は、スイス社会における「地に這いつくばる信仰」により強く対抗するため、議会での訴えを強めていく、と述べ、「強制結婚、女児割礼、ブルカ、水泳授業の免除が、リストの先頭にある」と付け加え、党がムスリム専用墓地を禁止するつもりであることを示唆した。

 アムル・ムーサーは、エジプトで大変人気のある人ですが、市民感情を素早く汲むセンスがあるところも一因かもしれません。

 エジプト人F女史の他、アメリカ人の意見も聞く機会がありました(「アメリカではこんな禁止は無理」とのこと)。
 F女史が「害のないものは禁止する必要がないのに、なぜ」と言うのに対し、わたしが「彼らにとっては『害』なんじゃないの? ヨーロッパ人は、信仰というのは内面のもので、形に表れるものはイヤなんじゃないかな。ヨーロッパのキリスト教徒のほとんどは名前だけだし」と言うと、面白い説明をしてくれました。
 「もしイスラームが存在しなくて、わたしが単にヒジャーブをしていたら、そのことでとやかく言う人はいないだろう。だから、やはり問題はイスラームなのだ」。
 いや、その通りです。同じ「外面」が別のものに由来していれば目くじらを立てないのだから、やっぱりこれは単にイスラーム嫌悪であって、外面とか内面とかいう問題ではないですね。
 それとは別問題として、信仰が外的形象を持つことに対する嫌悪、という問題は、日本でも欧米でも存在すると思いますが。

 ミナレットというのは、ガーマ(モスク)にある塔のことですが、アラビア語では「ミウザナ(アザーンをするための塔だからミウザナ)」で、「ミナレット」というのは英語です。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  新聞  ミウザナ  スイス  アムル・ムーサー 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. スイスでのミナレット建設禁止|2009/12/06(日) 02:35:13|
  2. 新聞・メディア

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。