スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルクソールのホテルOASIS、カルナック、フルーカ

 犠牲祭休暇で、ルクソールとアスワーンを旅行してきました(ルクソールは本当は「ルクソル」「ルゥソル」の方が発音が近いです)。

11/26-27

 トルゴマーン長距離バスターミナル21:00発のバス。
 休暇時期ということで、バスは満員。バスそのものは綺麗なのですが、ぎゅうぎゅうなので今ひとつ快適さには欠けます。シナイ半島に行った時と違い、ほとんどエジプト人です。
 隣のムハンマドというエジプト人青年はジャーナリストで、仕事でルクソールに行くとのこと。携帯に入れてある写真を色々見せられます。この人が良い人なのですが、休憩に着く度に寝ているわたしを「休憩だよ」とか起こすので、鬱陶しかったです(「良い人だけど」はエジプトで毎日体験し続ける最大の苦行)。
 「日本人はみんな空手をやっているのか」とかベタなことを聞かれたのですが、その流れで「俺は武道が好きだ、ウィンチャンをやっていた」と聞かされびっくりします。
 「ウィンチャン」と聞いてわかる日本人は少数派でしょうし、中国人でもわからない人が多いと思いますが、中国福建省に起源を持つ武術で、世界的にも割とメジャーです。わたしは個人的にこの系列のものを学んでいたことがあったので、驚きました。
 彼が手作りのサンドイッチをご馳走してくれます。すごくおいしかったです。

 早朝にルクソール着。
 エジプトの長距離バスターミナルは悉く不便な場所にあり、ルクソールのターミナルも畑のど真ん中みたいな所です。
 鉄道より中心街に入りやすいはずのバスが僻地で止まるのは理由があって、そこから市内までの交通で一稼ぎするためです。ですから、長距離バスターミナルで待ち構えているマイクロバスやタクシーは、基本すべてボッタクリだと思った方が良いです。
 こういう超近視眼的な儲け方というのはエジプトの至るところで遭遇しますが、ここルクソールでは、ナイルにかかる橋も、わざわざ町外れに作ってあります。フェリーの需要を保つためらしいです。やれやれ・・・。
 町まで15ポンドとふっかけられたのを、例によって超不機嫌に10ポンドまで値切って、バスに乗り込む。さらに、運転手どもは自分の関係の宿に誘導しようと、巧みに誘ってきます。
 宿についてはまったく決めていなかったのですが、隣のドイツ人と会話になり「OASISという宿に泊まる、ドイツ人のやっている安宿だ」と言います。なんか聞いたこともある気もしたので、運転手には「OASISを予約している、そこまでやってくれ」と大嘘ついてかわしました。

 OASISは青の塗装で統一された綺麗な安宿。バストイレ付きは45ポンド、バストイレ共同は25ポンドで、バストイレ付きは埋まっている、とのことで、バストイレ共同にチェックイン。
 部屋はなかなか清潔で(というかエジプトの中級ホテルは設備的には安宿と変わらないことが多い)、トイレットペーパー、タオル、石鹸まであったのは感激しました。
 屋上のカフェで、ドイツ人と一緒にウェルカムティーを飲む。
 このドイツ人は、砂漠を旅して地中海まで北上しようというツワモノなのですが、微妙に挙動不審なところがあり、「俺は中国人とロシア人が嫌いだ。ヤツらには文化がない」とか、ちょっとアレなことも平気で口走ります。
 あんまりお友達になりたくないタイプだったのですが、彼のお陰でOASISホテルとの運命的?出会いを果たすことができました。ドイツ人が去った後で、この宿で働く日本人Yさんと巡り合うことができたのです。
 実はOASISはドイツとは全然関係なく、ドイツ人は一人も働いていません。彼もわたしもエヴェレストという宿と勘違いしていたのです。
 お陰でたどり着いたOASISは、とても良い宿でした。OASISというより、Yさんが物凄いイイキャラの大阪女だから、というのが大きいですが、OASISそのものも、特に屋上マタアムが素晴らしく居心地良くて、ダハブの海辺のカフェで寝転がっているようにリラックスできました。しかもダハブよりずっと安い(笑)。

ルクソールOASISの屋上
ルクソールOASISの屋上 posted by (C)ほじょこ

 何度も書いているように、わたしは古代エジプトやら遺跡やらにほとんど興味がないのですが、ルクソールくんだりまで来て、遺跡を見ないで帰るわけにも行きません(笑)。
 ルクソールの町は、東岸と西岸に分かれていて、東岸の見所はカルナックとルクソール神殿。鉄道駅や宿、スークなど、生活・滞在拠点も東岸です。
 一方、西岸は王家の谷などの見所が沢山ありますが、町そのものとしては小規模で、のどかな田園地帯が広がっています。生活者視点だと「東高西低」な構造です。

 とりあえず手近な東岸のカルナックを見に行くことにしました。
 宿で一日10ポンドで自転車を貸してくれたので、これでフラフラ向かいます。
 駅のすぐそばのOASISからカルナックまでは歩いて40分くらい、ちょっと微妙な距離です。ルクソールでもこの時期はそんなに暑くないのですが、暑さというより、カイロよりもさらに寄ってくるガキどもをかき分けながら進むために、自転車がお勧めです。自転車でもギリギリですり抜けようと絡んでくるので、一回わざとこっちから突っ込んで引き倒して行きました(笑)。

 カルナックの入場料は70ポンドでしたが、studentとして作った図書館のカードでゴリ押しして、学生料金35ポンドで入りました。一応、カイロでは「学生」なのですが、大学生等ではないので、際どいところです。学生証っぽいものがあれば、エジプトでstudent cardを作れますし、多くの観光拠点が割引されますから、是非用意されることをお勧めします。別に学生じゃなくても、偽造できるんじゃないかと思います(笑)。

 カルナックそのものはですね・・デカい。
 正直、余りにも人が多く、かつ綺麗に整備されすぎてしまって、「デカいなー」という感慨以外は何もないです。古代エジプトファンの皆様、すいません。

カルナック正面
カルナック正面 posted by (C)ほじょこ

カルナック像
カルナック像 posted by (C)ほじょこ

カルナック レリーフ
カルナック レリーフ posted by (C)ほじょこ

カルナック像2
カルナック像2 posted by (C)ほじょこ

 宿に帰ると「もう帰ってきたの!?」と笑われます。
 長くエジプトを旅している日本人女性の方がフルーカに乗ろうと考えているのだけれど、一緒に乗ると安くなるから、とYさんに誘われます。二人で乗ると一人50ポンド。
 フルーカは乗りたかったのですが、50ポンドは高いです。
 要するに船一隻100ポンドということらしいので、たまたまそばにいたスイス人カップルに話しかけ、「一緒に乗らない? 四人なら一人25ポンドだよ」と誘い、勧誘成功。この四人でフルーカから夕日を眺めることになりました。八人まで乗れるらしいので、頑張ったら12.5ポンドまで安くできる筈です。

 フルーカから眺める夕日は最高。お茶もカルカデも出してくれて大満足。悪いけど、遺跡よりこっちがずっとイイです。
 猿のようにマストに登るちびっこの技も拝めました。

フルーカ
フルーカ posted by (C)ほじょこ

ルクソール フルーカから見る夕暮れ
ルクソール フルーカから見る夕暮れ posted by (C)ほじょこ

フルーカのマストに登る子供
フルーカのマストに登る子供 posted by (C)ほじょこ

 Yさん、一緒にフルーカに乗ったAさん、別の宿に泊まっているのに何故かOASISの屋上に入り浸っているTさんとわたしの日本人四人で、OASISそばのマタアムで夕食。

シュクシューカ
シュクシューカ posted by (C)ほじょこ

 その後、OASISの屋上で、延々とお茶をしながらダベる。Tさんが帰り、同年代の女三人になってからは、色々と深いお話も伺えました(笑)。
 Yさんはエジプト人男性と結婚されて約十年。彼はルクソール西岸のそのまた果ての村の出身で、結婚当初「ここに住もう」と言われた場所はただの荒地。水道もガスもなく、毎日井戸で水を汲み、火を炊いて料理もお風呂もこなし、家もレンガを焼いて作ったそうです。
 エジプト人男性と日本人女性の結婚は、何気にかなり多いのですが、かなりの率で残念な結果に終わっているようです。普通の結婚でも難しいのに、国際結婚で、さらに家族のつながりが異様に強く日本とは習慣もかなり違うエジプト人が相手となれば、簡単に行かないのも当然です。
 そんな中、そのエジプト人の中でもさらに大変な相手とご結婚され、凄まじい生活を明るく生き抜いてこられたYさんには、本当に頭が下がります。

 「うるるん生活」のエピソードも、すごいお話ばかりです。
 お義父さんが毎日ロバで買い物に行くので、自分で行こうとロバに乗ってみたら、意外と難しくて見当違いな方向に走ってしまって諦めた話。
 暇でハエを観察しているうちに、ハエの動きが読めて、指で弾けるようになった話(ハエは、止まっているところに手を近づけると逃げるけれど、止まっている対象の方を動かすと逃げない。試したら本当にそうでした)。
 お義父さんが、効率よく草を運ぼうとロバの引く車を奮発して買ったら、その車の音にロバがびっくりして暴走してしまい、結局車は使えないまま売った話(ロバも子供の頃から車に慣らしておかないと、「引けるロバ」にはならないようです)。
 水牛に草をやり、日がな一日水牛を眺めていたお話(でも二時間が限界とのこと・・)。

 Aさんの「仙人」彼氏の話も面白かったですが、勝手に書いたら怒られそうなので割愛(笑)。
 三人とも変な人に惚れるクチっぽいですが、エジプトくんだりでさ迷っているような女が既に変人なので、似たもの同士くっついている、ということかもしれません・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ルクソール  ホテル  安宿  食べ物  カルナック  フルーカ  結婚  恋愛 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ルクソールのホテルOASIS、カルナック、フルーカ|2009/12/02(水) 16:55:10|
  2. ルクソール・アスワーンの旅

Middle East Hotelの朝とナイル川プチクルーズ

 一夜明け、Middle East Hotelでカイロ最初の朝。といってもあんまり寝ていません。
 昼間でも日陰にいれば、思ったほど暑くはありませんが、まぁやっぱり少し汗くらいはかきます。
 一階の食堂の朝食がもう終わっていたので、五階のオープンテラスのようなところで朝食。山ほどパンが持ってこられますが、いくつかかじっただけで十分。ホテルのチーフみたいな人?が親しげに話しかけてきて、つい話し込んでしまいます。アラビア語を喋るので驚かれましたが、そんなに上手でもなく、向こうもフスハーは苦手なのか、結局英語になってしまいます。
 結婚式場を見せてもらいました。ピカピカに電飾がセットされて、アラブっぽい派手可愛い式場です。何度も「結婚してるのか? 恋人は日本にいるのか?」とか聞かれましたが、これはエジプトに行った全女性が無数に経験する質問でしょう(笑)。
 ちなみにわたしは未婚ですが、普段は恋人にもらった指輪を左手薬指にしています。エジプトでは男避けにちょうど良いのですが、文字通り「結婚している」と取られてしまうので、婚約の印として右手にしていこうとつけかえてみたところ、右の方が微妙に太くて断念しました。ショックです。
 というわけで、カイロでも結婚ポジションに指輪をしていますが、何か聞かれたら「婚約している(マフトゥーバ)」と答えています。これで大体面倒はクリアできます。

 学校の関係者の方と移動して、滞在先を探します。といっても候補のホテルがあって、部屋を見たらちょうど良い広さで、Middle East Hotelほど郊外でもなく値段も少し安めだったので、そこで手を打ちました。
 清潔で居心地の良い部屋ですが、エレベータにドアがないのがすごいです。廊下側にはドアがあるのですが、エレベータの箱側にはドアがついていません。つまり、移動している時はエレベータの筒の内壁が見えている状態です。廊下側のドアも手動です。最初何回か、エレベータが到着しているのに気づきませんでした。危なっかしそうですが、ちゃんと正常動作しているだけでもすごいのかもしれません。
 このホテルは無線LANが使えますが、電波が届くのグランドフロア付近だけらしく、わたしの部屋からは接続できませんでした。

 この日は宿探しだけで勉強は翌日からだったので、急に暇になってしまいます。今から市街に行くのも面倒だし、近所を散歩に出たのですが、余りの暑さにすぐ退散。
 ホテルのレストランでぼさーっと本を読んでいたら、若いウェイターが話しかけてきます。暇なので他愛もないことをおしゃべりしています。しきりに色々なものについて「これは日本製か?いくらだ?」と聞いてきます(ラップトップについては、最初の二日だけで三四人に聞かれました。安物なのですが)。ペンに興味津々だったので、一本進呈しました。
 日本製のペンが重宝されるというのはもう地方だけで、カイロではそんなもの誰も欲しがらない、と聞いていたのですが、彼にとっては魅力的だったようです。個人的な趣味かもしれません。

 夕方にS先生から電話がかかってくる(携帯を貸して貰っています)。二時間後に迎えに行くというので、涼しくなったところでまた散歩に出て、水を買う。
 ブラブラしているといつものナンパがやってくる。左手薬指の指輪も効かない! こっちも歩いているものだから、一緒に歩いてどこまでもついてきます。まぁ暇つぶしに散歩しているので良いのでけれど、ちょっと鬱陶しいです。「五分だけ!」と何度も言うので「五分はもう経ったよ」と言うと、苦笑いして「もう五分!」。そのエネルギーをもうちょっと他のことに向けようよ・・。
 やっと説得してバイバイしようとすると、キスしよう、ホッペだから大丈夫、とか言ってくる。あぁ、最初に相手したのが間違ってた。「日本人はそういうことしないんだ!」と言うと「ここはエジプトじゃないか」と言う。「エジプト人もしないやろ! というか、エジプト人こそそんなこと男女で絶対しない! 嘘つき!」と言い返したら、やっと諦めてくれました・・。
 ちなみにこの会話はほとんど英語。自分のアラビア語力のショボさにガッカリします。

 先生が迎えに来てくれて、ナイル川までタクシーを飛ばす。ほんと、タクシーから見る風景がカーレースのゲームです。スリルが欲しい人はカイロで運転すると良いと思います。わたしが運転したら二時間以内に死ぬか人を轢き殺す自信があります(笑)。
 ナイル川には大きいのから小さいのまで、遊覧船のようなものが浮かんでいるのですが、小さな船を一時間くらいだけ借りて遊んでくれる。サービスしすぎでしょ。手を取られて船に乗ったりして、お姫様にでもなった気分です。川の眺めは本当に素晴らしくて、正直ポワーンと夢心地です。一応勉強しに来たのに、思い切り遊んでます。先生とは断固フスハーで会話するので、練習にはなっているかもしれませんが・・。
 船上結婚式のような楽しそうな船、巨大な遊覧船المطعم العائم(泳ぐレストラン?)、モーターのついていない帆船など、様々な船が航行しています。遊覧ではなく実用的な「水上バス」も航行していて、政府が運営しているそうです。
 帰りに橋に座ってフンモス(ヒヨコマメ)を食べる。日本の枝豆みたいなノリ。ナイル川にかかる橋には「椅子屋さん」みたいなのがいて、涼みたい人に椅子を貸す商売をしています。
 造花売りのおじさんがやってきて、先生が買ってくれる。おじさんのトークが面白かったので、買ってあげたみたいです。「この子はアラビア語わかるよ。フスハーの勉強に来ているんだ」と先生が言うと、おじさんが綺麗なフスハーで「どこから来たの?日本?日本は大好きだ、柔道のマフムードが有名だろう」という話を流麗に語ったのです。実際面白い話だったので、トーク商売で一本取った感じです。わたしは知らなかったのですが、先生によると「日本でも有名」だそうです。恥ずかしい。

 シティバンクのカードでお金を引き出そうとしたところ、エジプトポンドでしか引き出せず、困り果てる。どうやったらドルを手に入れられるのだろう。みずほ銀行があるらしいので、そっちで今度もう一度やってみる。結構焦る。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ホテル  カイロ  ナイル川 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. Middle East Hotelの朝とナイル川プチクルーズ|2009/07/21(火) 03:56:10|
  2. エジプト留学日記

エジプト航空でカイロへ

 いよいよカイロに出発です。
 怖がりなので直前まで不安で仕方がなかったけれど、ダーリンが成田まで送ってくれて、大分気持ち的に助かりました。それにしても、毎度ながら成田は遠いです(笑)。
 成田からカイロはエジプト航空の直行便で14時間。長いフライトですが、前日によく眠れなかったのが幸いして?、ひたすら寝ていることができました。
 エジプト航空の飛行機といっても、乗客はほとんど日本人、アナウンスにも日本語があり、あまり「エジプト行くぞ!」という雰囲気ではありません。客室乗務員の方も半分くらい日本人。機内食も日本っぽいものです。逆に日本人以外の(多分エジプトに帰るエジプト人)お客さんが可哀想です。途中、間食でおにぎりと和菓子が配られたのですが、隣のエジプト人らしき男性にはパンケーキが用意されていました。
 機内のヘッドホンの音楽は、ひとつのチャンネルがクルアーンで、起きている時は大体これを聞いていました。
 機内食は出発直後と到着前の二回。その間におやつが一回配られました。
 サービス、雰囲気ともに、わたしが乗った数少ない飛行機の中で一番くらいに快適でした。

 いよいよカイロ到着。窓から見えるカイロの夜景に「うわあー」と心が躍ります。大都会ですが、東京のような町とは、空から見る風景だけでも違います。砂漠の中に突然現れた蜃気楼のような、不思議な輝きがあります。
 わたしが訪れたことがある外国はタイ、フランス、スペインだけなのですが、空港はなんとなくタイの空港のようなものを想像していました。要するに「ゴミが散らかってる空港」です(タイの方にもエジプトの方にもごめんなさい!)。一応フォローしておけば、以前タイに一ヶ月くらい滞在して成田に帰ってきたときは、綺麗すぎて気味が悪かったので、空港なんてちょっと雑然としている方がそれらしいと思うのですが。
 で、実際のカイロ空港ですが、予想に反して超きれい! ピカピカでゴミひとつ落ちていません。失礼ながら、わたしのエジプトのイメージと大分違います。
 職員は日本人の目から見るとちょっとぶっきらぼうで怖いです。でもまぁ、アラブ人が喋っていると(特にアーンミーヤのとき)、普通に話していても喧嘩しているみたいに見えることがありますから、あれくらいのぶっきらぼう度です。
 驚いたことに、飛行機を降りてすぐのあたりまで、出迎えの人が入ってきています。税関やら何やら、あの手のゲートをいくつもくぐった中、ということです。成田では考えられません。
 その中にわたしの出迎えは見当たらなかったので、どんどん外にでて、一番最後の出口をくぐったものの、それらしい人は見当たりません。タクシーの客引きばかり声をかけてきます(笑)。
 「どうしたものかなー」と思い、試しに空港のLANに入ってみたものの、外に出ることができずSkypeは断念。そうしているうちに、恩師S先生とA先生と会うことができました。感激!!
 お二人と一緒に車で市街へ向かいます。
 夜のカイロはとても賑やか。「いつ寝てるの?」というくらい、みんな活動的です。というか、この時期は夜の方がすごしやすいですし、アラブ人は宵っ張りで有名ですから、夜中に活動しているのでしょう。夜型のわたしにはむしろしっくり来ます(笑)。治安は日本のように良くはないですが、アメリカの大都市のような危険はありません。夜でも普通に歩けます(でも注意して!)。
 カイロの町並みは、窓が小さいのが印象的。日差し対策を第一に考えているのでしょう。
 また、建設中の建物がやけに目につきますが、なぜだろう?と考えると、日本なら建設中のビルはシートみたいなので覆っているのですよね。だから建設中でも、現場がそんなにむき出しに見えなくて、気にならないのでしょう。カイロではシートも何もなく、そのままビルを建てていますから、実際以上に建築中のビルが多いような印象を受けるのだと思います。
 ちなみに、気候は大変快適。夜と昼、日向と日陰の温度差が大きいのですが、夜は東京の夏よりずっと楽です。昼間でも日陰にさえいれば、そんなに辛くありません。湿度が低いせいでしょう。逆に言うと、直射日光に当たればちゃんと猛烈に暑いので注意(笑)。
 それにしても、カイロはエアコンの効いているところがものすごい寒いです。カイロっ子は寒暖の差に慣れているのでしょうか。「クールビズ」以前の日本のオフィスの比ではありません。

 カイロの交通ルールがめちゃくちゃなのはよく話に聞いていたのですが、予想していたほどではありませんでした。バンコクくらいじゃないでしょうか。確かに運転は荒いし、ルールないし、車に混じってロバとか歩いていますが、まぁ「死んじゃうー!」というほどではありませんでした。もちろん、東京と比べてはいけません(笑)。

 案内されたホテルはMiddle East Hotelという中クラスのホテル。一泊35ドル。長期滞在するには高いですが、初日ということで学校が気を使ってくれたようです。
 中は超豪華で、わたしの部屋の三倍くらいあります(笑)。「こんな広くなくていいから安いところでいいです・・」と気弱になりました。
 衛生面やセキュリティを考えると、女性にあまり安いホテルは薦められないとのことで、確かにそういう印象を受けましたが、それでももうちょっとボロいところで大丈夫です。一人で泊まっているのに三つ椅子があるテーブルとかフカフカのダブルベッドまで要らないです(笑)。
 部屋は広くて清潔で、バスルームも問題ありませんでしたが、エアコンは音ばかりであんまり冷えませんでした。シャンプーなんかも備え付けであります! 豪華すぎる。
 ちなみに、二三ヶ月だとフラットを借りるとこれより割高になるそうです。保険やら何やら面倒ですし、それくらいならホテル暮らしの方が良いようにも思います。

 荷物を置いて、S先生とA先生とホテルの向かいのマクハーへ。夜も遅いし、二人とも帰りたかったかもしれませんが、「もう休む? ちょっとお話する?」と聞かれて、うれしくてつい「お話しましょう!」と言ってしまいました。
 マクハーではエジプトでのトルココーヒー初体験。コーヒーはカフワ(エジプト方言ならアフワ)ですが、カフワと言えばカフワトルキーヤ(トルココーヒー)で、ドロドロに煮出した濃いコーヒーになります。日本でコーヒーと呼んでいるものが欲しい時は「ネスカフェ」と言います。ネスカフェでなくても、ドリップコーヒーなんかもみんなネスカフェと呼んでるっぽかったですが、とりあえずホテルの「ネスカフェ」は本当にネスカフェのインスタントコーヒーでした。でも結構おいしいです。アラブ仕様?
 深夜なのに延々とおしゃべりして、ザバーディ(蜂蜜ヨーグルトパフェみたいなの)も頂きます。デブ警報です。
 目の前の通りは警笛を鳴らした車が通り過ぎますが、たまにロバが引いている車がいます。野良猫も通ります。野良犬も通ります。
 カイロの犬は怖いと聞いていたので、その話を先生にすると「別に怖くないけど、触ったりは駄目だ。話しかけちゃだめ」と言われました。話しかけるとどうなるのでしょう・・・。
 A先生はシーシャをプカプカ。S先生は普通のタバコ(シガーラ)で、わたしは禁煙したはずなのに、勧められてつい吸ってしまいました。ああ・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  エジプト航空  ホテル 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプト航空でカイロへ|2009/07/19(日) 20:09:37|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。