スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エルサレムの衝突とエジプトのデモ、アムル・ムーサーの動き

エルサレムの衝突とエジプトのデモ、アムル・ムーサーの動き
占領軍、爆弾でアクサー・モスクに侵入、礼拝者たちの死闘により撤退させる

 イスラエル占領軍は昨日、アクサー・モスクの中庭に侵入し二週目となり、占領下エルサレムの各地区とアル=ハリール(ヘブロン)のイブラーヒーム・モスク地区で続く衝突に、占領下エルサレムでのインティファーダが警戒される中、パレスチナ人礼拝者たちとの流血の衝突が発生した。62名が負傷する一方、エジプトではイスラエル当局とアラブの姿勢を批判するデモが続いた。
 パレスチナの通信社ワファーとインターネットのパレスチナ広報局の伝えるところでは、占領軍はアクサー・モスクの中庭に金曜礼拝の後突然に突入し、礼拝者たちに催涙ガスとスタングレネードを発射し扇動し、パレスチナ最高裁判事タシール・タミーミーを含む何十人もが負傷した。占領当局はアクサー・モスクのすべての入口を封鎖し、礼拝者たちをなかに閉じ込め、パレスチナの救急隊員がけが人救助のためにモスクに入れないようにしたが、その後アクサーを守る礼拝者の死闘により撤退した。
 アル=ハリール(ヘブロン)では、占領軍がイブラーヒーム・モスクから外に出ることを妨害し、聖域周辺では衝突が増加し、アル=イーサウィヤ地区とラァス・ル=ウムード地区、シャアファート地区と占領下エルサレム旧市街に広がり、十二名のパレスチナ人が負傷した。また、ガザでは何万ものパレスチナ人がパレスチナ政府の呼びかけに応え、アクサー・モスクとイブラーヒーム・モスク防衛のために批判の声をあげている。
 エジプトでは、昨日の金曜礼拝の後、アル=アズハル・モスク中庭で数十人がデモを行い、イブラーヒーム・モスクをユダヤ遺跡に含めることに抗議した。デモをモスク内部で行おうとしたことから、予め許可を取っていたにも関わらずデモ隊と治安部隊の間で口論と小競り合いが起こり、これがデモ隊を刺激し衝突となり、デモ終了まで当局が四名を拘束した。デモは先日のアラブ外相会議を批判し、アラブがイスラームの聖地を諦めるものだ、とした。
 一方、アラブ連盟事務総長アムル・ムーサーは、宗教的聖地をイスラエル遺跡のリストに含めるイスラエルによる決定の影響を追求する、緊急会議開催の呼びかけをエジプトが提案することに合意した。
جيش الاحتلال يقتحم «الأقصى» بالقنابل والمصلون يستبسلون ويجبرونه على الانسحاب

参考:
وكالة الانباء والمعلومات الفلسطينية - وفا
Al-Issawiya - Wikipedia, the free encyclopedia
رأس العمود - ويكيبيديا، الموسوعة الحرة
شعفاط - ويكيبيديا، الموسوعة الحرة
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
パレスチナ  イスラエル  エルサレム  エジプト  アムル・ムーサー  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルサレムの衝突とエジプトのデモ、アムル・ムーサーの動き|2010/03/08(月) 01:24:46|
  2. 新聞・メディア

エルサレムのユダヤ化と文化的虐殺、エルサレム第三神殿建造計画

エルサレムのユダヤ化と文化的虐殺、エルサレム第三神殿建造計画
パレスチナ、第三次インティファーダの空気を生きる

 西岸の諸都市と占領下エルサレムは、第三次インティファーダの空気に包み込まれた。イスラエルによるイブラ―ヒーミー・モスクを含む独占の決定に抗議し、昨日占領下エルサレムの各地区で抗議活動が勃発し、西岸の三都市でゼネストが行われた。
 一方、イギリスのインディペンデント紙は、イスラエルの決定はパレスチナ人の権利の「文化的虐殺」に等しい、とし、パレスチナ代表ハナーン・アシャラーウィーの「イスラエルのこの一歩は、イスラエルの窃盗・強奪計画を完成させるものだ」という言葉を伝えた。
 パレスチナ内におけるイスラーム運動指導者シャイフ・ラーイドゥ・サラーフは、本紙と昨日号の単独会見で、アクサ―・モスクは、以前より同モスクと周辺地区へのイスラエル占領軍による攻撃増強にさらされ、アル=ハリール(ヘブロン)市のイブラ―ヒーミー・モスクとバイトゥ・ラフム(ベツレヘム)のヤアクーブの妻ラーヒール廟をユダヤの遺跡へと包含することで、より危険を増している、と警告した。
 シャイフ・サラーフの指摘によると、イスラエルのハアレツ紙が、数日前から、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフの政府が第三ソロモン神殿の建築を始め、アクサ―・モスクを来たる三月十六日に攻撃することを伝えている。これは十八世紀のユダヤ教ラビの一人ジャーウーン・フィルナーの、2010年三月十六日に第三神殿が建設される、という予言に基づいたものである。
 サラーフは声明で以下のように付け加えている。「多くの者は知らないかもしれないが、イスラエル政府は、来たる三月十五日に、占領下エルサレムにおけるユダヤ教の最も重要な役割の一つフルバー神殿の建設を完了する。この神殿の建設は、アクサー・モスク西部にあたる壁の近くで行われ、イスラエル政府によると、オープニングが行われる。アクサー・モスクを犠牲にして、伝説の建築を本当に始めるのだ」。
 このイスラーム運動指導者が注意を促すのは、占領が一方で、この数週間でウマイヤ朝の城塞が攻撃されたのに続き、アクサー・モスクの建物の一つイスラーム博物館のムサッラー(礼拝所)を「ユダヤ教会」に変えようとしている、ということだ。
 パレスチナ大統領マフムード・アッバースは、イブラーヒーミー・モスクを包含するイスラエルによる決定により、中東地域に宗教戦争が勃発することを警告し、次のように述べた。「これは危険な挑発であり、宗教戦争の脅しをかけるものだ。我々は、我々皆がその重要性と主要性を認めるアメリカの役割を助けるものとして、EUに実際的な政治的役割を求める。いかなる遅延も先延ばしも、平和を破壊し、この地区を新たなる暴力の渦に巻き込むものと考えている」。
 一方、カイロで催される十二カ国によるイスラーム会議の参加者たちは、「エルサレムのユダヤ化」に対抗する一致した努力を求めた。
فلسطين تعيش أجواء الانتفاضة الثالثة

 エルサレム第三神殿の建設というのは、以前よりイスラエル極右勢力により画策されていたらしいですが、本当にイスラエル政府がそんなことを企図しているのでしょうか。このまま三月十六日を迎えれば、自ずと真偽も明らかになるのかもしれませんが・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エルサレム  イスラエル  パレスチナ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エルサレムのユダヤ化と文化的虐殺、エルサレム第三神殿建造計画|2010/02/24(水) 17:45:59|
  2. 新聞・メディア

アブラハムのモスクの帰属を巡る対立

アブラハムのモスクの帰属を巡る対立
イスラエル、宗教戦争の扉を開く

 パレスチナ責任者らは、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフが、ヘブロンのイブラーヒーミー・モスクとバイトゥ・ラフム(ベツレヘム)にあるヤアクーブの妻ラヒールの墓を、ユダヤ歴史地区のリストに含める決定を下したことで、中東における宗教戦争の扉が開かれることを警告している。昨日、西岸地区南部のヘブロン市では、この決定に抗議しゼネストが行われ、学校、大学、公設市場など様々な生活拠点でストライキが実行された。ヘブロンで抗議デモを行った学生たちとイスラエル軍の間で衝突が起こり、イスラエル軍はゴム弾、スタングレネード、催涙ガスなどを使った。
 イブラヒーミー・モスクを含む決定により、五十名のユダヤ過激派が、パレスチナ当局の管理下にあるアリーハ(ジェリコ)市のイスラエル軍事障壁の一つに侵入し、ジェリコ神殿での礼拝実行を主張しイスラエルの旗を掲げた。イスラエル過激派代表のマイケル・ベン・アリーは、この侵入により「オスロ合意は死んだ」と主張し、「イスラエル内にいる敵に対し、我々の監視の元で、国の礎を明け渡すことはない」と述べた。
 パレスチナ当局はイブラヒーミー・モスクを含む決定に抗議し、これは聖地の決め付けを禁じる国際法や慣習に反するもので、和平プロセスにも影響するだろう、とした。パレスチナ立法議会の変革改革グループは、この決定を「イスラームの聖地に対する新たなる戦争」とした。パレスチナ法廷裁判官シャイフ・タユスィール・アル=タミーミーは、「パレスチナにおけるイスラーム聖地に対する宣戦布告は、この地区に大虐殺と荒廃の宗教戦争を勃発させることにつながり、それはこの地区だけでなく世界全体を脅かすだろう」と述べた。
 この宣言は、アクサー・モスクへの敵対的な枠組みの中で起こったもので、その完全な支配への道を開くもので、次いでこれを取り壊し、その場所に望む施設が作られることになる、とシャイフは警告した。イブラーヒーミー・モスクは、イスラエル人入植者バルク・ゴールドスタインが1994年2月25日に起こした虐殺事件以来、パレスチナ人とイスラエル人の間で緊張状態にある。事件では、ファジュルの礼拝中に発砲され、礼拝するパレスチナ人29名がモスク内で殺された。
 一方、国連に族するアラブ湾岸プログラム代表タラール・ブン=アブドゥルアジーズは、アラブの状況は劣悪であり、それがイスラエルにこの声明の機会を与えた、と述べた。また、本紙への会見において、エルサレム問題を話しあうアラブサミットを早期に開催することを求めた。
إسرائيل تفتح أبواب الحرب الدينية فى المنطقة

 アル=ハラム・アル=イブラーヒーミー(イブラヒーミー・モスク、イブラーヒーム廟)は、アル=ハリール(ヘブロン)にある預言者イブラーヒーム(アブラハム)の墓。アル=ハリール(ヘブロン)はヨルダン川西岸地区にあります。

 イブラーヒーム(アブラハム)は、犠牲祭のルーツである息子を神の犠牲に捧げようとしたエピソードで知られる、セム系一神教共通の預言者ですが、捧げようとした息子は、ユダヤ教ではイスハーク(イサク)、イスラームではイスマイール(イシュマエル)と主張されています。「一人子を捧げようとした」のだから長子のイスマイールである、というのがイスラームの立場。イスマイールはアラブの、イスハークの子ヤアクーブ(ヤコブ)はイスラエル十二支族の祖、とされています。
 イスハークの子ヤアクーブの子ユースフ(ヨセフ)が、「ヨセフの倉庫」で有名なエジプトに売られたユースフです。全体的に物語性の乏しいクルアーンの中で、ユースフ章はかなりストーリー的で親しみ易い箇所として知られています。
 イブラーヒームの甥のルート(ロト)も預言者で、ソドムのエピソードが有名(聖書で振り返った妻が「塩の柱」になってしまうアレ)。

 ゴールドシュタインによる虐殺事件については、マクペラの洞窟虐殺事件参照。

 アラブ湾岸プログラム(AGFUND)のサイトはこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
パレスチナ  イスラエル  西岸  イブラーヒーム  イスラーム  ユダヤ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アブラハムのモスクの帰属を巡る対立|2010/02/23(火) 18:39:50|
  2. 新聞・メディア

パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU

パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU
パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU posted by (C)ほじょこ

パレスチナ人、本日、ヨーロッパからエルサレムを同国首都とする承認を引き出そうとする イスラエルはスウェーデン提議を失敗させるべく注力

 東エルサレムをパレスチナ国家首都として承認することを呼びかけるスウェーデンの提議を検討するEU外相会議にて、パレスチナ人は本日、ヨーロッパからエルサレムを同国首都とする承認を引き出そうとした。パレスチナ当局は、アラブ諸国と連携し、スウェーデン草案を認め、パレスチナ問題に肯定的な立場を取るよう、ヨーロッパに鋭意働きかけていくと述べた。イスラエルは、採択が早々に中座するよう、ヨーロッパ首脳への働きかけを強めている。
 イスラエル紙「ハアレツ」への報告によると、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフは、ここ数日、ヨーロッパ首脳との電話会談を行っている。ネタニヤフは、ヨーロッパ首脳部に、パレスチナ当局がイスラエルとの交渉プロセスを延期するよう、圧力をかけるよう求めた。同紙の付け加えるところでは、ネタニヤフの国家治安顧問ウージー・アーラードは、フランスのカウンターパート、ジャン・ダフィド・ロイドに電話連絡し、スウェーデン提案受諾を拒むよう説得した。
 パレスチナ側では、政府広報事務所長ガッサーン・アル=ハティーブ氏がラマラにて「ブリュッセルのEU外相会議にて本日始まるヨーロッパ会議の結果を待っている。明日には結果を見るだろう」と語った。ヨーロッパのパレスチナ人居留区では、スウェーデン提案承認とエルサレム支援のために、本日ブリュッセルでの座り込みが呼びかけられている。
 提案のいくつかの点は、議論の的になるであろうと予想されている。ヨーロッパの外交官たちは、エルサレムの地位についての項目に議論が集中するだろう、と述べた。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  パレスチナ  EU  エルサレム  スウェーデン  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU|2009/12/08(火) 05:16:05|
  2. 新聞・メディア

イスラエルの臓器売買疑惑

イスラエルの臓器売買疑惑
イスラエルの臓器売買疑惑 posted by (C)ほじょこ

ウクライナ、二万五千人の子供を臓器売買のために誘拐したとイスラエルを告発

 昨日、アメリカのニュース網CNNは、最近ウクライナ内の多くのニュースサイトが、イスラエル当局が二万五千人にのぼる子供の「集団殺害」を犯し、それをウクライナから臓器売買目的で取り寄せた、という疑惑を伝えている、と報じた。この嫌疑についてのイスラエル側からの公式の回答はない。
 イスラエル「ハアレツ」紙の回答によると、このニュースは旧ソ連の選挙キャンペーン中に出てきたものである。また、もう一つの出所は、数ヵ月後のあるスウェーデン紙の報道で、イスラエル軍が臓器を得る目的で大量のパレスチナの若者を虐殺した嫌疑を伝えるものである、という。
 この報告は、作家で学者のファイスルーフ・ジューディーンが、ウクライナの首都キエフで先週行われた会議で引用した話に拠る。イスラエル人が、イスラエル医療センターでの「交換用の肉片」のために、ウクライナから二万五千人の子供を二年間に渡って取り寄せた、というものだ。
 ジューディーンは、先週始めの「ビシードゥー」会議に参加した三百にのぼる学者の前で語ったところでは、ウクライナ人が、イスラエル人によって養子に取られた十五人のウクライナの子供についての広範な調査を行っが、結果は杳として知れず、ただ、医療センターが彼らを引き取り、彼らが「交換用の肉片」として用いられたことは明らかである。イスラエル紙の報じるところでは、ウクライナの哲学者が「すべてのウクライナ人が、イスラエル人の犯した虐殺行為の真実を知る必要がある」と付け加え、「ウクライナのユダヤ人が担っている役割を知るために、すべてのウクライナ人にこの情報を知らせなければならない」と続けた。
 一方、ロシア最高位のラビ、ビーリール・アーザール氏は、このウクライナ・メディアの流している報道を非難した。イスラエル紙は、彼の「ウクライナの政治秩序は、民主主義の馬鹿にした物真似と言える」との言葉を伝えている。
 およそ三ヶ月前にスウェーデンのウフトゥンブラディード紙が伝えた報告の後、イスラエルとスウェーデンの間には外交危機が勃発している、という。イスラエル兵らが、パレスチナの子供と青年を殺す前に、臓器を摘出した、というものだ。

 少しややこしいですが、疑惑は二つです。
 一つは、旧ソ連時代のウクライナで、イスラエルが大量の子供を臓器売買目的で養子に取った、というもの。これが最近になってウクライナで掘り起こされ、問題になっている、ということです。
 もう一つは、(おそらく最近)イスラエルがパレスチナ人を殺す前に臓器を抜き取っている、というもの。スウェーデンで報道されているそうです。

 伝聞の多い記事ですし、この手の記事に誇張や誤報が多いのは事実ですが、まったく根も葉もない噂と断じるのも早計です。なぜか日本では、イスラエルの数々の行いが「あり得ない」として真面目に取り上げられない傾向があるように見えますが、その「あり得ない」ことを本当にやってしまうのがあの人たちなので、一応留保して観察して頂きたいです。事実だとしたら恐ろしい話です。

 一方で、記事からは、「ウクライナのユダヤ人に注意しろ」という言論がウクライナで盛り上がっている様子が伺えますが、問題を「ユダヤ教」に帰してしまうのも危険です。問題はイスラエルという国家とシオニストの蛮行にあるのであって、宗教は直接的には関係ありません。ウクライナで暮らすユダヤ教徒のほとんどは、極普通の市民のはずです。
 在日朝鮮人の問題を思い出して、少し心配になります。

 もう一つ覚えておきたいのは、こうした記事は、エジプトの政府系の新聞にはまず登場しない、とういことです(この記事は非政府系新聞のもの)。別段、サーダートの結んだ和平と現在のエジプト-イスラエル関係を否定しようというのではありませんが(戦争よりはマシに決まっている!)、彼らが国民の思いを反映していないのもまた事実です。

追記:
 スウェーデンで報道されているパレスチナ人臓器売買については、8月の時点で以下等に日本語情報が出ていました。
IRIB日本語ラジオ
 イスラエル軍がパレスチナ人の遺体の臓器を略奪
 シオニスト、パレスチナ人の臓器売買の公表を阻止
 イスラエルによるパレスチナ人の臓器略奪

パレスチナの敵をストックホルムで討つな? - flagburner's blog(仮)
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  イスラエル  ウクライナ  ロシア  スウェーデン  パレスチナ  臓器売買  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. イスラエルの臓器売買疑惑|2009/12/08(火) 03:48:33|
  2. 新聞・メディア

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。