スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大統領閣下が通る、バスの切符を買う

 今日、授業後に学校のある建物から出ようとすると、真昼間の市街中心部なのに、外がガラーンとしています。車一台、歩行者一人見当たらず、代わりに警官が二メートルおきくらいにびっしり立っています。
 入り口のところに門番のおじさんと若い人がいたので「何があったの?」と尋ねると、「大統領が通るんだ」とのこと。
 いつもは騒がしいお店のテレビや音楽やクルアーンも完全に止められ、市民は全員建物の中に篭っているようです。
 しばらくすると、白バイに先導されたそれらしき車が通過しましたが、沢山車があって、どれに大統領閣下が乗っていたのかはわかりませんでした(わからないようにしているのでしょうけれど)。
 日本なら天皇陛下が通るような状態ですが、沿道で日の丸を振る姿はありません。ゴーストタウンのようで凄い風景でした。

 先々日に「明後日来い」と言われていたので、無駄な予感を抱えつつ、ラムスィースへ。
 前にアレキサンドリアに行った時は簡単に切符が買えたのに、時期(イード・ル=アドハー前)と方向(アッパーエジプト)が悪いのか、とんでもなく手間取ります。
 「あっちの窓口だ」「二日前にならないと買えない」「当日分しかない」等々、窓口ごとに違う答えに翻弄され、ほとんどすべての窓口に並んだ挙句「一番端の窓口だ」とか言われ、「そこでこっちだって言うから待ってたんだ! あそこに並んで、ここに並んで、最後にここに来たんだ! 予約ができないわけないじゃない! 予約で買ってる人がいるよ!」と喚きたてるものの、相手にされず。ムカついて窓口のガラスを殴ってふてくされていると、親切な若者が間に入ってくれて、もう一度交渉になります。
 その職員も「当日に来い、切符は電車の中で買える」と返すだけだったのですが、明らかに嘘です。
 ただでさえも「帰省ラッシュ」時期で、切符を求める客がわめき散らす修羅場と化しているのに、当日ふらっと来て買えるわけがありません。
 さらにダフ屋みたいな親父と警官が寄ってきて「夜の電車ならある、夜でもいいか」とか言ってきます。「昼がいいけど、夜しかないならそれでもいい」と言っているのに、何度も同じことを確認してきて、明らかに怪しい雰囲気。警官は仲裁しているというより、親父の変な商売を見逃して袖の下でも貰ってそうな雰囲気です。ダフ屋から電車の切符を買うのも釈然としないので、諦めて撤退しました。

 結局切符を買えないまま「どうしたもんかなぁ」と駅の外に出て、ふとカイロ在住暦の長い日本人の方に電話してみます。
 やはり駅員の口上は「その場しのぎの嘘だろう」とのことで、「時期が悪い、外国人は普通寝台列車に乗る、今の時期にその方法は薦められない」と言われます。
 外国人向け寝台列車が安全らしいのは知っていたのですが、アホほど高いので、なんとか普通の電車に乗ろうとしていたのです。
 でも確かに、たたでさえも評判の悪い電車に、さらに「帰省ラッシュ」時に乗り込んだら、どんな目に遭わされるかわかりません。日取りは多少ズラせるので、もう少し空いている時期にしようか、と思ったのですが、その前にバスに挑戦してみることにしました。

 シナイ半島に行った時にお世話になったトルゴマーンのバスステーションまで歩く(ラムスィースからはメトロ一駅半くらいで近い)。
 場末な空気漂うラムスィースとは対照的に、トルゴマーンはショッピングモールと一体化したとても綺麗な近代的施設です。
 切符売り場は、ほとんど並んでいる人もいなくて、空いています。
 アッパーエジプト行きの窓口に行き日にちと目的地を告げると、まったく並ばずものの数秒で切符が買えました。夜のバスしかありませんでしたが、外人価格で100ポンド。職員さんの言葉遣いもとても綺麗でした。
 なんというあっけなさ。
 バスが俄然大好きになりました。
 電車なんか牛とぶつかって大事故になるし、もう嫌い! イーッだ! バスだーい好き♪
 まぁ、まだ乗っていないので何が起こるかわからないですけれどね。
 アッパーエジプト方面は道も悪いらしいし、ちょっと怖いですが、まぁ悪くても死ぬだけなので気楽に行きます。

日本製ゲーム
日本製ゲーム posted by (C)ほじょこ

 オマケで、トルゴマーンにあった日本製のアーケードゲーム。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  治安  大統領  ラムスィース  電車  トルゴマーン  バス 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 大統領閣下が通る、バスの切符を買う|2009/11/22(日) 06:56:36|
  2. エジプト留学日記

無差別同時多発お手伝い、豚インフルエンザ陰謀説、徴兵制

 最近の出来事をメモ。

 帰宅途中、メトロの階段の下で、大きなスーツケースを持った女性に会う。
 一人で階段の下に取り残されて、わたしと目が合うと、子供が甘えるようにニヘラッと笑います。「しょーがねーなー」な感じで、手伝って一緒に運んであげました。「めっちゃ重い~」「家近くなの?」とか会話できて、楽しかったです。
 常に人助けのチャンスを狙っているようなエジプト人が、なぜ彼女を放置していたのか不思議ですが、考えてみると、若い女性が相手の場合、男性は気軽に手助けできないのかもしれません。一方で、女性は普通に「あんな重いものイヤ」とスルーするのかもしれないし、外人女のわたしは丁度良い相手だったのかもしれません。

 こういう「ちょっとしたお手伝い」ができた時や、施しを与えた時にいつも感じますが、「助ける」喜びというのは、単に相手のためでも、純粋な自己満足でもなく、「社会に受け入れて貰えた」感覚に由来するのでは、と思います。
 乞食について書いた時、「それでも働こうという人が現れるのは何故なのか」というコメントを頂戴しましたが、極論を言えば、人は「施しを与えるために働く」のでは、と考えています。
 人間は、お手伝いしたくてたまらないのです。
 お手伝いすると、世の中に受け入れて貰えたような気持ちになれるからです。
 別に頭を下げて感謝されるから、とかではありません。何も貰えず、当たり前に流されても、助けることができただけで、十分「承認欲求」が満たされるのです。
 子供の時、お母さんのお手伝いをした時のことを思い出して下さい。何も貰えなくても、大人になったみたいですごく嬉しかったじゃないですか。堂々とした気持ちになれたじゃないですか。大人になったって、そういう根底のところは、人間変わらないはずです。
 社会人になって、親戚のちびっこにお年玉あげる悦びと一緒です。
 もちろん、今のわたしはただの外人で、エジプト社会にとっては単なるお客さんですが、それでもちょっとした手助けをしたり、道を教えたりすると、すごく満たされた気持ちになります。
 自己満足と言われればそれまでですが、この承認感を得るためなら、頑張って働いて、貯めたお金で「お助け」チャンスを狙う、というのも理解できます。
 イスラームは、明示的な施しや人助けのシステムを作り上げることで、こうした感情をうまく汲み上げ活用していますが、別にイスラームでなくても、こういう充実感は万国共通なのではないかと思います。
 日本だって、一昔前までこういう任侠的気風があったんじゃないですかね。やっぱり任侠ですよ任侠。日本も右派革命しかないですね。

 日本で職もなく鬱憤の溜まった若者は、街に出て無差別に老人を助けると良いと思います。
 大きな階段で待っていれば、そのうち年寄りの一人や二人通るでしょう。「荷物持ちます!」と言ったら、最初は訝しがられるでしょうし、拒否されることが大半だと思います。でも辛抱強くやれば、そのうち助けさせてくれる人が現れるはずです。
 五体満足なら、荷物くらい誰でも持てます。少なくとも、戦争に行ける若者なら、荷物くらい持てますし、戦争なんか待ってるくらいなら、こっちから荷物を運んだりおばあちゃん本体を運んだりする方が、ずっと手っ取り早くて簡単です。
 「手なんか貸すと、かえって迷惑なんじゃないか」などと考えるべきではありません。むしろ迷惑かけて良いと思います。神様とわたしの問題ですから、助けられる人が本当は迷惑に思っていても、全然関係ありません。エジプト人も迷惑なくらい助けてくれます(笑)。
 そして毎日毎日食べるものも食べずに、手助けしまくって、そのまま死ねばいいじゃないですか。
 靖国に奉ってもらえるかはわかりませんが、きっと天国に行けると思います。そして、死ぬ間際には必ず幸せな気持ちになっているはずです。
 運がよければ、子供のいないお金持ちのお年寄りに気に入って貰えるかもしれません(笑)。
 無差別テロ的人助けは、必ず本人の承認欲求を満たします。爆弾投げる前に年寄り運べ。爆弾を投げるのはそれからでも遅くないです。年寄りは投げちゃダメ。
 ちなみに、システム的にボランティアか何かの活動に参加すると、きっとそこにはボランティア同士の村社会とかがあって超ウザいので、独立機動的に攻めた方が吉でしょう。
 おまわりさんが来るかもしれませんが、国家権力が怖くて人助けができるか!の精神でいきましょう。

 所用で大家さんがやって来る。
 「ヨルダン人の女の子が二人家を探しているのだけれど、一緒に住めないか」と言われ「いやです」と即答しました。全然任侠じゃないです。すいません。

 大家さんと言えば、こないだ電話で「アナ・ミスファトマ」と言っていて、色々な意味で間違っているのがホノボノしました。大体、いつからミスになったんや、あんた。そこの娘は拾いっ子かいな。

 大家さんの娘が「日本人と中国人の見分け方がわかる」というので「何?」と聞いたら、「中国人は超デブがいるけど、日本人にはいない」とのことでした。
 日本人でもいないわけではないと思うのですが、確かに異様にツブが揃っていてスリムですよね。最初はエジプト人のデブ率の方が目についていたのですが、考えてみると、日本の方が異常なのかもしれません。
 太ってても、肌の色が違っても、言葉が喋れなくても、そんなことどうでもいいやん。

 ちなみに、娘は最近アーンミーヤだけで普通に喋ってくれるのですが、大家さんは相変わらず変なフスハーの「ファトマ語」に固執していて、まどろっこしくて仕方ありません。

 新聞で、カイロのバス内の風景をリポートした記事を見かける。
 カイロのバスは、時間帯によっては殺人的に混んでいて、バスから人が溢れる勢いです。バスというより、虫が動物にしがみついて移動しているみたいです(この描写を前にF先生に話したら大爆笑してもらえた)。しかも、この超混雑したバスの中に、変な小物を売る売り子がいたりするから、すごい風景です。色鉛筆なんか買うてる場合か。
 記事には、混雑や痴漢の問題と併せて、バス内で交わされる豚インフルエンザについての議論が掲載されていました。「豚インフルエンザは神罰に違いない」「いや、そもそも豚インフルエンザなど存在しない。政府の陰謀だ」というもので、「アンタら極端しかないんかっ」とツッコみたくなります。
 でも実際、こういう議論は街の至るところで耳にし、市民が激論を交わしている風景は珍しくありません。この手の会話を聞き取るのは、非常に難しいのですが、気合で集中して耳ダンボになると、かなり面白いです。エジプト人は、どんな普通のおっちゃんでも一家言持っているようです。
 論の内容はともかく、こういうことがパブリックな場で議論されていること自体は、すごく良いことだと思います。不満や疑問があったら、その場で口にしてちゃんと言い争う。顔だけニコニコして後でネットに悪口書いたりしない。素晴らしい。
 メトロの女性専用車両に男性がうっかり乗りそうになった時も、特に混んでいる時間帯だと、車内から一斉に「女性専用や! 降りろ!」と声があがって、男の人が可哀想になるくらいです(笑)。

 F先生の授業中、エジプトの懲役制が話題になり、そこから大幅に脱線して語り捲ってしまう。
 エジプトは徴兵制で、将校は三年、兵卒は一年の義務があるそうです。彼女の弟さんが丁度今軍役の最中で、たまの休日に帰ってくると、元は少し太り気味だったのがすっかりスリムになり、真っ黒に日焼けし、軍隊生活の過酷さをこぼしている、と言います。日本の自衛隊だって大変でしょうが、エジプトの軍隊は食べるものもロクに与えられず、炎天下(日本の炎天下の比ではない)で延々立たされたり、怪我をしても医者にかかれなかったり、腐ったような水を使わなければならなかったり、刑務所なみのようです。
 ですが、個人的には、わたしは徴兵制を支持しています。
 軍隊なんか誰だって行きたくないですが、その最悪な軍隊がなぜ必要なのか、あるいは本当に必要なのか、全国民が直接対峙すべきだと考えているからです。貧乏人が他に職がなくて入る軍隊なんて、真の「防衛軍」ではありません。軍の仕事は、普通の仕事とは違います。世界中どこでも、人を殺すことが正しい行いのわけはないし、それをどうしてもしなければならないのだとしたら、そこには止むに止まれぬ義がなくてはいけません。貧しい人間が「職の一つとして」入るような軍隊であってはなりません。軍を維持するなら、断固徴兵制を採るべきだと信じています。
 話の流れの中で、ジョシュア・キーの『イラク―米軍脱走兵、真実の告発』(原著The Deserter's Tale: The Story of an Ordinary Soldier Who Walked Away from the War in Iraq)に触れました。貧しい家に生まれ、家族を養うために軍隊に入り、米国の大義を信じてイラクに派兵されたものの、そこで目にした矛盾と不正義に耐え切れず、脱走兵となった人の本です。翻訳を読んで、わたしは泣きました。
 「イラクの人々が最大の犠牲者なのは言うまでもないが、アメリカの末端の兵士、貧しさから軍隊に入らざるを得なかった人々も、同じく犠牲者だ。金持ちが軍役を逃れ、軍隊がただの仕事に成り下がっているから、こういうことが起こる。軍隊が本当に必要で、やむをえない戦いだけしているなら、なぜこんな馬鹿げたことが起こるのか。軍を維持するなら、徴兵制を採るべきだ。エジプトの軍隊には改善の余地があるだろうが、徴兵制自体は正しい」。
 ジョシュア・キーの本の中には、彼が上官につっかかり、「テロリストを焙り出す家宅捜索と言いながら、来る日も来る日も何も出てこない。テロリストというのは、我々のことなんじゃないのか」「なぜこんなことをしなければならないんだ?」と言う場面がありますが、上官の答えは「お前が書類にサインしたからだ」というものでした。

 彼はイラク人の抵抗に共感を示し、こんな風に語ります。「もし僕の故郷の町に、どこだか知らないが外国の軍隊が攻めてきたら、持てる知恵と力の限りを尽くし、命の限り戦うだろう。塹壕を掘り、爆弾をしかけ、ありとあらゆる方法を使って、必ず軍隊を追い出してやる」。
 現実には、今の軍隊は本当に「仕事」であって、大人の事情で戦争しているだけなのでしょう。アメリカの議員には徴兵制を主張する人もいますが、圧倒的に少数派で、日本はもちろん、アメリカが再び徴兵制を採ることもあり得ないでしょう。
 結構。そっちが大人の事情なら、子供の事情でお前達を皆殺しにしてやるだけだ。穴を掘り地を這い泥水を飲み、知恵と力の限りを尽くし、子供の事情で戦って死ねばいい。どっちが本物の「軍隊」か、アッラーだけが知ればいい。

DSCN4325
戦争博物館の戦車 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  戦争  軍隊  徴兵制  バス  豚インフルエンザ  陰謀 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 無差別同時多発お手伝い、豚インフルエンザ陰謀説、徴兵制|2009/10/23(金) 08:01:16|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。