スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

汚染されるナイルの水

汚染されるナイルの水
汚染されるナイルの水 posted by (C)ほじょこ

弁護士たち、イル=マスリー・ル・ヨームと連帯、イル=ハワームディーヤ精糖告訴のため著名キャンペーンを始める
健康、灌漑、環境各相に対して公式に届け出る

 大勢の弁護士たちが、ナイルに注がれる下水と、イル=ハワームディーヤ地区における化学物質と毒物による飲料水汚染に対するイル=マスリー・ル・ヨーム(訳注:本記事の掲載紙名)のキャンペーンと連帯し、汚染された飲料水による被害者家族の代表団と共に、イル=ハワームディーヤ精糖社長ハサン・カーミル氏を告訴する予定である、と述べた。本紙がカイロ大学精密分析室で行った分析により、エジプトの基準値と世界基準を上回る重金属や有毒化学物質の存在が突き止められ、先月曜日にこの地区における飲料水汚染を大きく報じていた。
 弁護士でイル=ハワームディーヤの住人の一人でもあるマフムード・サイード・アフマドは言う。「我々はこの地区の生まれ育ち、飲料水の汚染に大変苦しめられてきた。しかし、製糖会社に対抗する何の証拠も持ち合わせていなかった。今、新聞社が政府の研究所で行った精密分析が、飲料水汚染を突き止め、イル=ハワームディーヤ住民から著名を集めるキャンペーンを始め、会社に対する法的訴訟を起こそうとしている。ナイル川への有毒物垂れ流しを止めるまで、立ち向かうつもりだ」。
 イル=ハワームディーヤに住む弁護士アフマド・アブドゥルタワーブ・マフムードは語る。「この怠慢の責任者たちが、彼らの杜撰さと、イル=ハワームディーヤの住人の心を軽んじてきたことの代価を払うまで、我々の魂が静まることはないだろう。我々は環境省に、彼らの分析で、会社の犯した重大な違法行為を明らかにするものを提出するよう、求めていく」。
 この時、一市民サウサン・アリー・スレイマーンが、イル=ハワームディーヤの住人と共に連帯し、昨朝、検事総長事務所に環境、農業、灌漑の各相および及びイル=ハワームディーヤ精糖社長に対し、管理不行届きを訴える届出番号20293を提出した。サウサンが本紙に語る。「一エジプト人のわたしは、この会社が国民に対して行ったことで、悲しみと痛みを覚えた。責任者たちには、わたしたちが飲んだ水を飲み、食べたものを食べて欲しい。多分、わたしたちを苦しめてきた怠慢の大きさを感じることでしょう」。また、こう付け加える。「わたしが届出を出したのは、政府が腕組みをして突っ立っている前で、飲み水のせいで国民が毒に冒されたり、腎臓を蝕む病気に苦しむのを見るに耐えないからです」。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  環境問題    ナイル川 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 汚染されるナイルの水|2009/11/20(金) 20:23:37|
  2. 新聞・メディア

エジプトの肌荒れ、ウンム=アリー、アーンミーヤの入門書

 起床、朝食、宿題。
 夜活動して少しだけ寝て朝起き、昼過ぎに少し仮眠を取る、というエジプト的リズムに体が適応してきたのか、前より寝覚めがよくなってきました。この暑さでは、睡眠分割式の方がずっと体も楽で合理的です。
 ボロボロにあれていた脛の辺りの皮膚も、軟膏のお陰かちょっとずつ良くなっています。Betnovateという保湿剤みたいな軟膏です。ちなみに、普通のボディクリームでは、いくつか試した結果、Vaseline Intensive Care Aloe Cool&Freshというのが、割とわたしの肌には合いました。エジプトで肌荒れに苦しんでいる日本人の方は、一度試してみて下さい。
 ただの推測ですが、「暑くて乾燥している」という気候だけでなく、風に運ばれてくる砂の細かい粒子みたいなのが肌にダメージを与えている気がします。海岸なんかでも砂焼けしたりしますし、似た現象ではないでしょうか。

 宿題が結構多かったので、苦しみながらやっと終えて、少し仮眠を取ろうかと思ったところでS先生から電話が。A先生が急用で来られず、M先生が娘の病気で村に帰ったとかで、要するに今日は先生がいない、という連絡です。休みでもいいし、いつもの半分の時間(つまり一人の先生分の時間)S先生が教えても良い、とのことだったので、S先生の授業をお願いしました。休みたいと思いつつ、丸一日授業がないとかえって不安です。

 急に時間ができてしまったので、ネットにつないでいくつか雑用をこなします。ネットブックで回線速度も低速なので、非常に効率が悪いです。日本のネットは素晴らしいです。
 ためしにダーリンの携帯にメールを入れてみたら、久しぶりにSkypeで話すことができました。しかも今回はビデオ通話成功。嬉しいです。
 先生と日本からSkypeで話していた時は、いつも画質や音質の悪さに悩まされていて、それが日本とエジプトの距離や回線状況によるものなのか、単なるクライアントの貧弱さによるものなのか、わかっていなかったのですが、純粋に日本エジプト間の遠さのせいらしい、とわかりました。
 ダーリン、カイロ在住の夢が膨らんでるけど、一番大事なのはあなただから心配しないでね。

 夕方にマタァムでチーズサンドイッチを食べる。
 肉が嫌いなのでこのチーズサンドイッチを頼むことが多いのですが、これはサンドイッチ類の中で一番安いので、一石二鳥です。
 しょっちゅう食べていると飽きそうですが、同じチーズサンドイッチを頼んでも毎回違うものが出てくるので飽きません。チーズとパンがあることだけは確かですが、パンの種類や大きさ、一緒に出てくる野菜、ポテトがついているか否か、その辺は全然一貫性がありません。多分、その時の当番の人が、たまたまその辺にあったもので「チーズサンドイッチこんなもんやろ」と作っているのだと思います(笑)。

 今更ですが、礼拝の方角についてハッとする。
 日本からだと大体西の方に向かって礼拝しますが、カイロからだと東よりちょっとだけ南の方がキブラになります。なんだか不思議な気持ちになります。

 久しぶりにS先生との授業。といっても、いつもM先生・A先生とやっている内容を急に代講するのも難しいので、ほとんどお喋りに終始。
 アーンミーヤについての初歩的講釈を受けるものの、到底意思疎通に使えるレベルではないので、結局フスハーで話してしまいます(フスハーなら困らないわけでは全然ありませんが)。でも、ちょっとしたポイントをいくつか教わるだけで、少しずつ一般人の言葉が聞き取れるようになってきました。
 日本語のアラビア語教科書は、フスハーでも基本的なものしかありませんが、アーンミーヤとなるとお気軽入門書の類しか存在しません。それでも、出発直前に「一応買っておくか」と入手しておいた本が結構役に立っています。『まずはこれだけ エジプト・アラビア語』という本です。ラテン文字とカタカナ表記だけで超基本をまとめたものですが、ないより大分マシです。フスハーが多少なりともできる人間にとっては、アラビア文字で書いていないのは大きなマイナスなのですが(アラビア語で書いてあれば語根が直感的に把握できるので、意味が類推できる)、入門書なので贅沢言いません。
 先生と話ながら、聞こえてくるアーンミーヤを自分なりに書き留めてから修正してもらうと、語根とフスハーから変化プロセスがパッと開けて「あぁ、そういうことか!」と納得します。でも、いざ話そうとするとちっとも話せません(笑)。

 一応授業時間が終了し、S先生にナイル川河畔のお洒落なお店に招待される。
 いつもわたしがうろついている戦後闇市みたいな街外れの広場とは全然違い、すべてがキラキラ輝いている素敵エリアです。車で十分程度の距離とは思えません。これからは、タクシー代使っても、絶対授業後こっちの方に遊びに来よう、と変な決意を固めました。
 ちなみに、昨日わたしが横断成功した道は、エジプト人にとっても危険度の高い道路のようで、横断能力を評価して頂けました(笑)。
 ナイル川の夢のような風景を見ながら、ウンム=アリーという甘味をご馳走になります。アラブ世界でもエジプト発祥の甘味で、今ひとつアラブの甘味を受け付けないわたしでも、おいしく頂けました。
 ナイル川には、いかにもエジプト的なド派手電飾でキンキラに飾った遊覧船がいっぱい航行していて、船の上で踊りまくる「船上結婚披露宴」の風景もよく見られるのですが、先生に「日本にもこういうのがあるか」と聞かれました。隅田川なんかには同様の趣旨の船がありますが、大分趣が違います。「あるけど・・こんな色とりどりじゃないよ」とモゴモゴ答えました。
 ちょっと「仕事」の話も含め、夜も更けるまで延々と話し続けます。まだまだ問題だらけのアラビア語で喋りまくり、結構シリアスな話題にも及び、頭が朦朧とするくらい体力消耗しました。
 アラブ人は本当にタフです。S先生はおなかのでっぷり突き出したいかにも「シャチョー」という感じのアラブ起業家なので、とりわけタフなのかもしれません。商社などにお勤めの方は、こういう人種を相手に果てしない「商談」をこなさなければならないのですから、何より体力がないと勤まらないでしょう。
 ただ、お酒が入ることはないですし、薦められるのも食べ物かタバコかシーシャで、女性にはとにかく親切だし、個人的には日本の宴会なんかよりずっと心地よいです。お酒も賭け事もなしにハイになって踊りまくれる文化の方が絶対楽しいと思います。
 「お酒とカラオケ」と「シーシャとダンス」を比べるなら、どう考えたって後者でしょう。

 それにしても、さすがフスハー教育のプロだけあって、彼のフスハーは明晰判明で、語彙やスピードもこちらに合わせて適度に調整してくれますし、ほとんど一言一句逃さず聞き取ることができます。一般人の言葉もこれくらい聞こえるようになると、夢のようなのですが・・。

 話の内容からお店の雰囲気、ナイル川の眺め、すべて「これがアラブ!」という感じの濃厚なキラキラ感に溢れる夜でした。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  カイロ  留学  食べ物  ナイル川 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトの肌荒れ、ウンム=アリー、アーンミーヤの入門書|2009/07/30(木) 04:23:53|
  2. エジプト留学日記

夜のナイル川沿いを散歩して犬に追いかけられる

 朝食後、そのままマタァムで勉強。元々夜型なのに宵っ張りのカイロっ子のノリに引っ張られて、ますます朝が辛くなり、午前中は頭が回りません。ノロノロとなんとか宿題を片付けます。
 ここ数日動き回って疲れがたまってきていたので、この日は昼間は外出しないことに決めていました。宿題を終えた後は、ロビーでネットにつなぎ、色々と雑用を片付けます。
 その後部屋に戻り、また少し勉強した後、一時間ほどお昼寝しました。

 夕方から授業開始。
 A先生はのんびりペースで、あんまり教科書が進みません。でも、細かいところを丁寧に説明してくれるので、安心して勉強できます。
 二つの授業の合間は一応休憩のはずなのですが、結局お喋りしているので、結果として勉強になってしまっています。A先生は授業が終わると「アーンミーヤでいこう」というような人なので、期せずしてこれまた役に立ってしまいます。一緒に出かける約束をして、「ストリートではストリートの言葉で話そう、その後フスハーで言い直すから」と嬉しい提案をしてくれます。フスハーならどんと来い、というわけでは全然ないので、言い直されてもわからない可能性大ですが・・。
 M先生は対照的にパキパキした授業で、喋るスピードも全然違います。でも集中力さえ持続できれば、大体のことは聞き取れます。今日は先日と反対に「幸せ」についての文章を読みました。
 M先生も授業が終わると、パタンと教科書を閉じて、なぜか家庭の事情を相談されてしまいました。「内緒だけど」という前提なので、ここには書けません(笑)。まぁ、どこの世界も悩みは似たりよったりです。
 M先生は、最初は杓子定規でノリの悪い人かと思っていたのですが、真面目で繊細な人なんだ、と段々わかってきました。秀才肌で、子供の頃は逆にいじめられたんじゃないか、という感じです。色白だし、仕草もどことなくフェミニンで、タバコも吸わないし太ってないし、エジプト男性っぽくありません。「ガツン」と言えないエジプト人です。いじると結構可愛いところがあるので、段々好きになってきました。
 教え方も合理的だし、日本でアラビア語教師をしたら、人気が出るタイプではないかと思います。「エジプト人好きの日本人女性」というより、普通の女性に結婚対象として見られそうな感じです(既婚者ですが)。個人的には、豪放なタイプの男性に憧れつつ、結局付き合って落ち着くのは物静かでフェミニンなタイプの人なので、この人を好きになる人の気持ちはわかります。
 家庭の悩み相談に乗っていたら、ボスのS先生がやって来ました。お金の問題とかで相談することがあったのです。この人は本当にボス然としたボスで、M先生もボスのジョークのフォローに気を使っている感じです(笑)。日本の会社と一緒でしょう。
 ちなみに、M先生はタバコを吸わないのですが、ヘビースモーカーのS先生に勧められて困る、というボヤキを聞いたことがあります(笑)。わたしにも「タバコは体に悪いしやめるのが大変だ」と言いつつ、必ず薦めてきます(これは礼節の一部でもあるので、薦められたら丁重に断れば良いのですが)。

 すべて終了で11時すぎくらいでしたが、こちらの感覚だと「まだ夜はこれから」なので、涼しい夜中に散歩にでかけます。まだ大勢遊んでいる人がいるナイル沿いを散歩して、橋の上でフンモス(ひよこ豆)のトマト煮みたいなのを食べます。トマト煮込み系の大好きなわたしにとっては、こういうエジプト料理(というかファストフードですが)は有難いです。橋の上は深夜にも関わらず人でごった返していますが、別に若者が夜遊びしているのではなく、子供からおばあちゃんまで、老若男女を問わず宵っ張りです。
 さらに散歩していると、ダルそうに寝ている犬がいたので、写真を撮りました。その直後、通りにすごい勢いで車が入ってきて、犬もわたしもびっくりして飛びのきました。さっきまで気持ちよさそうに寝ていた犬が猛烈に吠え出して、なぜかわたしに向かってきます。とんだとばっちりです。
 なんとか距離をとって「もう大丈夫」と思い歩いていたら、一度戻った犬がまた凄い勢いで走ってきて、怒って向かってきます。さっきの場所から100メートル以上は離れているのに、怒りが収まらないようです。これには本当にびっくりして、ほとんど決死の戦闘体勢に入っていたのですが、道路の向こう側にいたエジプト人男性が果敢に飛び込んできて追っ払ってくれました。超カッコいいジェントルマンです。命拾いしました。
 S先生は「犬には話しかけるな」と言っていましたが、話かけなくても怒られることがあるので、皆さん気をつけてください。遠くからそっと見守るだけにしましょう。

 スーパーに寄って保湿剤を買います。
 こちらに来てから、気候の違いと汗のかきすぎのせいか、肌の調子が良くありません。寝ている時に無意識に足を掻いてしまったところが、すごい傷になっています。かなり凹みます。保湿剤をいくつか試していますが、これというものに出会えません。汗疹対策が必須です。ダニ対策に気をとられてそこまで考えていませんでした。
 それにしても、スーパーの万国変わらない雰囲気には、悔しいけど安心します。海外に行ってマクドナルドに入るような人が信じられないのですが、結局似たようなショボい安心感なのだと思います。
 スーパーにはお魚もあるので、キッチンのあるフラット住まいでないのが悔やまれます。何の魚だか良くわかりませんが、まぁ火を通せば食べて死ぬこともないでしょうし、焼き魚にでもしてみたかったです。
 ちなみに、わたしの見た範囲のスーパーはほとんど24時間営業で、スーパー以外にも終夜営業かかなり夜遅くまでやっているお店が多いです。終夜営業というと、先進国のコンビニみたいなものに限られるイメージがありますが、カイロの夜は超アクティヴなので、むしろこっちの方が元祖なのではないかと思います。
 東京が「眠らない街」だとしても、実際のところ活動的なのは新宿とか大きな街だけでしょう。カイロは普通の住宅街みたいなエリアでも、かなり夜遅くまで人通りが途絶えません。あの人たちは一体いつ寝ているのでしょう。とにかく体力が半端ないです。

 ホテルに帰って寝る前にネットをチェックしたら、ダーリンのSkypeがオンラインになっています。日本は朝のはずなのに、びっくりして電話したら取ってくれました。めちゃくちゃ嬉しいです。出社前だったので長くは話せませんでしたが、やっぱりダーリンが世界一大事だ、と思いました(ノロケ)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アラビア語  動物  ナイル川 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 夜のナイル川沿いを散歩して犬に追いかけられる|2009/07/24(金) 21:38:58|
  2. エジプト留学日記

Middle East Hotelの朝とナイル川プチクルーズ

 一夜明け、Middle East Hotelでカイロ最初の朝。といってもあんまり寝ていません。
 昼間でも日陰にいれば、思ったほど暑くはありませんが、まぁやっぱり少し汗くらいはかきます。
 一階の食堂の朝食がもう終わっていたので、五階のオープンテラスのようなところで朝食。山ほどパンが持ってこられますが、いくつかかじっただけで十分。ホテルのチーフみたいな人?が親しげに話しかけてきて、つい話し込んでしまいます。アラビア語を喋るので驚かれましたが、そんなに上手でもなく、向こうもフスハーは苦手なのか、結局英語になってしまいます。
 結婚式場を見せてもらいました。ピカピカに電飾がセットされて、アラブっぽい派手可愛い式場です。何度も「結婚してるのか? 恋人は日本にいるのか?」とか聞かれましたが、これはエジプトに行った全女性が無数に経験する質問でしょう(笑)。
 ちなみにわたしは未婚ですが、普段は恋人にもらった指輪を左手薬指にしています。エジプトでは男避けにちょうど良いのですが、文字通り「結婚している」と取られてしまうので、婚約の印として右手にしていこうとつけかえてみたところ、右の方が微妙に太くて断念しました。ショックです。
 というわけで、カイロでも結婚ポジションに指輪をしていますが、何か聞かれたら「婚約している(マフトゥーバ)」と答えています。これで大体面倒はクリアできます。

 学校の関係者の方と移動して、滞在先を探します。といっても候補のホテルがあって、部屋を見たらちょうど良い広さで、Middle East Hotelほど郊外でもなく値段も少し安めだったので、そこで手を打ちました。
 清潔で居心地の良い部屋ですが、エレベータにドアがないのがすごいです。廊下側にはドアがあるのですが、エレベータの箱側にはドアがついていません。つまり、移動している時はエレベータの筒の内壁が見えている状態です。廊下側のドアも手動です。最初何回か、エレベータが到着しているのに気づきませんでした。危なっかしそうですが、ちゃんと正常動作しているだけでもすごいのかもしれません。
 このホテルは無線LANが使えますが、電波が届くのグランドフロア付近だけらしく、わたしの部屋からは接続できませんでした。

 この日は宿探しだけで勉強は翌日からだったので、急に暇になってしまいます。今から市街に行くのも面倒だし、近所を散歩に出たのですが、余りの暑さにすぐ退散。
 ホテルのレストランでぼさーっと本を読んでいたら、若いウェイターが話しかけてきます。暇なので他愛もないことをおしゃべりしています。しきりに色々なものについて「これは日本製か?いくらだ?」と聞いてきます(ラップトップについては、最初の二日だけで三四人に聞かれました。安物なのですが)。ペンに興味津々だったので、一本進呈しました。
 日本製のペンが重宝されるというのはもう地方だけで、カイロではそんなもの誰も欲しがらない、と聞いていたのですが、彼にとっては魅力的だったようです。個人的な趣味かもしれません。

 夕方にS先生から電話がかかってくる(携帯を貸して貰っています)。二時間後に迎えに行くというので、涼しくなったところでまた散歩に出て、水を買う。
 ブラブラしているといつものナンパがやってくる。左手薬指の指輪も効かない! こっちも歩いているものだから、一緒に歩いてどこまでもついてきます。まぁ暇つぶしに散歩しているので良いのでけれど、ちょっと鬱陶しいです。「五分だけ!」と何度も言うので「五分はもう経ったよ」と言うと、苦笑いして「もう五分!」。そのエネルギーをもうちょっと他のことに向けようよ・・。
 やっと説得してバイバイしようとすると、キスしよう、ホッペだから大丈夫、とか言ってくる。あぁ、最初に相手したのが間違ってた。「日本人はそういうことしないんだ!」と言うと「ここはエジプトじゃないか」と言う。「エジプト人もしないやろ! というか、エジプト人こそそんなこと男女で絶対しない! 嘘つき!」と言い返したら、やっと諦めてくれました・・。
 ちなみにこの会話はほとんど英語。自分のアラビア語力のショボさにガッカリします。

 先生が迎えに来てくれて、ナイル川までタクシーを飛ばす。ほんと、タクシーから見る風景がカーレースのゲームです。スリルが欲しい人はカイロで運転すると良いと思います。わたしが運転したら二時間以内に死ぬか人を轢き殺す自信があります(笑)。
 ナイル川には大きいのから小さいのまで、遊覧船のようなものが浮かんでいるのですが、小さな船を一時間くらいだけ借りて遊んでくれる。サービスしすぎでしょ。手を取られて船に乗ったりして、お姫様にでもなった気分です。川の眺めは本当に素晴らしくて、正直ポワーンと夢心地です。一応勉強しに来たのに、思い切り遊んでます。先生とは断固フスハーで会話するので、練習にはなっているかもしれませんが・・。
 船上結婚式のような楽しそうな船、巨大な遊覧船المطعم العائم(泳ぐレストラン?)、モーターのついていない帆船など、様々な船が航行しています。遊覧ではなく実用的な「水上バス」も航行していて、政府が運営しているそうです。
 帰りに橋に座ってフンモス(ヒヨコマメ)を食べる。日本の枝豆みたいなノリ。ナイル川にかかる橋には「椅子屋さん」みたいなのがいて、涼みたい人に椅子を貸す商売をしています。
 造花売りのおじさんがやってきて、先生が買ってくれる。おじさんのトークが面白かったので、買ってあげたみたいです。「この子はアラビア語わかるよ。フスハーの勉強に来ているんだ」と先生が言うと、おじさんが綺麗なフスハーで「どこから来たの?日本?日本は大好きだ、柔道のマフムードが有名だろう」という話を流麗に語ったのです。実際面白い話だったので、トーク商売で一本取った感じです。わたしは知らなかったのですが、先生によると「日本でも有名」だそうです。恥ずかしい。

 シティバンクのカードでお金を引き出そうとしたところ、エジプトポンドでしか引き出せず、困り果てる。どうやったらドルを手に入れられるのだろう。みずほ銀行があるらしいので、そっちで今度もう一度やってみる。結構焦る。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ホテル  カイロ  ナイル川 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. Middle East Hotelの朝とナイル川プチクルーズ|2009/07/21(火) 03:56:10|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。