スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムバーラク大統領の手術成功

ムバーラク大統領の手術成功
大統領の胆嚢除去手術成功

 フスニー・ムバーラク大統領は昨日、ドイツで胆嚢除去の手術を受け、エジプトのテレビは、その終了直後に手術成功の知らせを報じた。その数分後、手術の行われたハイデルベルグ病院は、「手術はうまくいった」という短いコメントを発表した。
 ドイツ医療筋によると、エジプト大統領の退院予定は決まっていないが、この種類の手術の療養期間は三日程度である。また中東通信社の伝えるところでは、大統領は快方に向かっており、手術室から直接集中治療室に移り、家族や手術チームと普通に会話していた。
 ドイツのメディアに述べるところでは、ムバーラクの到着直後に行われた精密検査により、結石による慢性の胆嚢炎がみつかった。全身麻酔による手術でこの除去に成功した。
 大統領は集中治療室に移り、家族や担当の医療チームと会話した。手術チームは、手術は完全に成功した、と発表した。
 ムバーラク大統領は、金曜夜、慢性炎に冒されているのがドイツ訪問による精密検査で見つかった胆嚢の除去手術治療期間が終わるまで、アフマド・ナジーフ首相に大統領権限を委任することを発表した。
 手術の数時間前、人民議会は大統領に電報を送った。その中でアフマド・ファトハー・スルールは、大統領が快復し健康になって祖国に戻られることを願う、と表し、こう付け加えた。「大統領閣下、アッラーがあなたをお守りしますように。貴方の愛がその心にある人民、その心があなたを取り囲んでいます」。
 ドイツの病院には、スーザン・ムバーラク大統領婦人と二人の息子ガマールとアラーゥ、そして保健相ハーティム・イル=ガブリーが大統領に連れ添った。ドイツの法律により患者の状態についての情報提供が制限されているため、ハイデルベルグ病院は、手術の詳細については何も伝えていない。
نجاح جراحة استئصال «مرارة» الرئيس

 الحوصلة المراريةはgall bladderで、胆嚢の意。アラビア語も英語も知りませんでした。もう一生使わない気がします(笑)。というか、日本語でも言葉は知っていても、具体的なことはほとんど知りません。
 こういう言葉に出会うと、言葉の意味を知っているというのはどういうことだろう、と考えます。ウィトゲンシュタインを待つまでもなく(笑)、当該言語の内部で運用できれば良いのですが、その運用というのは、意味の詳細や正しい情報を知っていることではなく、その単語に慣れ、最低限の連合関係(身体の一部である等)を把握し、「正しい間違え方」ができることなんですよね。面白い。
 と、大統領が大変な時に例によってのんきなことを考えていました。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ムバーラク  医療  ドイツ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ムバーラク大統領の手術成功|2010/03/08(月) 09:15:21|
  2. 新聞・メディア

ドイツ法廷内でのムスリマ惨殺事件続報

マルワさん事件 警官の誤射について
マルワさん事件 警官の誤射について posted by (C)ほじょこ

マルワ・イッ=シャルビーニーの家族、ドイツ検察による容疑者警官の取調べ中止を非難 本日の記者会見が機能停止に
マルワさんの父:ドイツ政府は「人種主義的」、エジプト外務省はドイツ人弁護士委任の我々の要求を無視している

 「ヒジャーブの殉教者」薬剤師マルワ・イッ=シャルビーニーの家族は、被害者の夫を誤射した警官の取調べをドイツ検察が中止した決定に対し、「激しく衝突」していることを明らかにした。彼女は、昨年七月にロシア系ドイツ人により法廷内で殺害された。
 家族は、この決定に対し最高裁までも上告することを確言し、必要であればヨーロッパ法廷にも赴くと述べた。
 家族は本日、ジャーナリスト組合の自由委員会による報道会議へ出席することになっていて、そこで「ナチス人種主義」および彼らの直面している「法的障害」に対する立場表明する。この障害により家族はその権利を奪われ、ドイツの犯罪者、とりわけ警官に対する申し立てにつながった。
 マルワさんの父アリー・イッ=シャルビーニーが本紙との単独会見で語るところでは、ドイツ検察の決定は「人種主義的」で、ドイツ政府はアラブとムスリムの権利に対し人種差別を行っている疑いがある、という。
 イッ=シャルビーニーは、彼らが最高裁での起訴担当にドイツ人弁護士委任を求めたことに対するエジプト外務省の回答には、彼の言う「著しい軽視」がある、と批判した。
 イッ=シャルビーニーの明かすところでは、四ヶ月前から外務省に弁護士委任を求めているが、下院議員および法務相、議員委員会は実行を約束したものの、実現していない。
 イッ=シャルビーニーは「わたしの娘とその夫に起きたことを、政府が忘れることが許されるだろうか」と問い、ドイツの代理総長は、判決への不服申し立ては十五日以内だが、法に沿った申し立てを行うための弁護士委任が現在に至るまで完了していない、と述べたという。
 一方、アラブ弁護士協会の弁護士代表ハマダー・ハリーファは、一昨日夕、在ドイツエジプト大使ラムジー・アッズッディーンに連絡し、判決への不服申し立てのためのドイツ人弁護士委任を求めたところ、大使は「できるだけ早く」弁護士委任を行うと述べた、と本紙に伝えた。
 ハリーファは、ドイツ検察の決定は「誤り」であるとし、法に沿わず、ドレスデン裁判所には「治安上の怠慢・不備」がある、とした。同裁判所は、事件前に犯人から犯罪を犯す決意を述べた手紙を受け取っているにも関わらず、必要な措置を採らなかった。
 ハリーファは言う。「容疑者が被害者の殺害しようとしていた時、治安上の状況は明白であった。加えて、警官は犯人を見ていながら、彼女の夫のアルワー・アッカーズを撃ったのだ。だれが攻撃していて、誰がそれを受けているのか明らかなのに、彼は確信をもって被害者(アッカーズ)を撃ったのだ」。
 弁護士ハーリド・アブー=バクルは、昨夕のドイツ「ビルト」紙で、イッ=シャルビーニーの家族と会ったところ「アルワーは非常に怒っていて、決定を受け入れることは到底できない。彼らには、ここで起こったことを理解することはできないのだ」と述べた。
 アブー=バクルはまた、家族は、犯人アレックス・ウェンツと外国人憎悪だけがマルワさんの命を奪った、と考えることは難しい、と述べた。「マルワさんの父と兄弟のターリクと皆は、最高位の法廷まで上告し、必要ならヨーロッパ法廷にも赴くだろう」。

 「テロリスト」「売春婦」などの暴言を受けたことから告訴したところ、法廷内でメッタ刺しにして殺され、さらに止めに入った夫を警察官が誤射する、という、信じられない事件の続報。
 本文中にもありますが、外国人憎悪やイスラームヘイト、犯人個人の性質だけでは納得できないものがあります。法廷内でこれだけの事件が起きたのですから、少なくともドイツ法廷には、治安上の責任があるはずです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ドイツ  マルワ・イル=シャルビーニー  イスラームヘイト  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ドイツ法廷内でのムスリマ惨殺事件続報|2010/01/05(火) 07:09:05|
  2. 新聞・メディア

ドイツ法廷でのムスリマ惨殺事件、2009年の衝撃的事件で第四位に

マルワさん事件
マルワさん事件 posted by (C)ほじょこ

マルワ・イル=シャルビーニー事件、2009年の衝撃的事件で第四位に

 米タイム誌は2009年に最も世間を騒がせた事件のリストを掲載し、そこでエジプトの薬剤師マルワ・イル=シャルビーニーの事件が第四位となった。この他に、世界中の十の事件が含まれている。
 様々な分野のリストを含むこのリポートは、この事件がイスラーム世界全体で注目を集めたことを示し、彼女を「ヒジャーブの殉教者」と表した。彼女がロシア系ドイツ人の過激派によって、ヒジャーブの着用を理由に殺されたからだ。
 イランでバハーイー教の宗教指導者七名が投獄された事件が、宗教的な世界的事件で第九位を占めた。彼らは、イスラエルのための諜報活動を行いイスラームを侮辱した、というイラン政府当局の「主張」以外に、何の公的な容疑もないまま、一年以上投獄された。リポートは、アメリカ合衆国国際信教の自由委員会委員長のレオナルド・レオの、「バハーイー教徒に対する容疑は何の正当性もなく、単に好ましくない宗教的少数派に対する抑圧の口実にすぎない」との言葉を伝えている。
 コペンハーゲン気候サミットが、国際環境問題で第一位を占めた。京都議定書に代わる協定の合意のために二年間続けられた協議に「戴冠」すると思われていながら、現在のところサミットは、排出の責任があるのは途上国なのか先進国なのかを巡って忙殺されている。

 「テロリスト」等の暴言を受けたことから訴えたところ、法廷内でメッタ刺しにして殺される、という凄まじい事件であるにも関わらず、日本ではあまり取り上げられていないようです。

参照:
Wikipedia : Murder of Marwa El-Sherbini
ドイツでイスラム女性刺殺/「差別」とエジプトで反発―四国新聞社

 マルワさん事件では、エジプトと並んでイランで激しい抗議活動がありましたが、そのイランでの宗教弾圧が一緒に取り上げられているのが興味深いです。この二つを敢えて並べて記事にしているのは、おそらく意図的でしょうが、センスの良さが伺えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  マルワ・イル=シャルビーニー  ドイツ  アメリカ  イラン  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ドイツ法廷でのムスリマ惨殺事件、2009年の衝撃的事件で第四位に|2009/12/13(日) 05:21:23|
  2. 新聞・メディア

エジプトのフェミニスト、ドイツ、コシャリの名門アブー・ターレク

 近況をざっくりメモ。

 F先生の授業は、今週はほとんどフスハー。様々な新聞記事を素材にした文章を読み、討論したり、練習問題などをこなしています。
 彼女との授業は、フスハーの授業でも二人の会話はフスハーだったりアーンミーヤだったり一貫していません。「フスハーをひたすら鍛えたい!」という人にはお勧めしませんが、こういうコードの使い分けは、エジプト人の間では非常に一般的なことなので、わたしもフスハーの文章を読み上げて、顔をあげて先生と話す時はアーンミーヤにシフトしています(でもまだ使い分けが下手で、フスハーとごっちゃになっていることが多いw)。
 普通のエジプト人と一緒に新聞などを読んでいても、新聞を小声で読み上げる時はフスハーで、その後しばらくフスハーが続いた後、いつの間にかアーンミーヤに戻っている、ということがよくあります。「これどういう意味?」等と尋ねると、大抵のエジプト人はアーンミーヤに言い換えようとするので、最初の頃は「それ余計わからん!」と思っていたのですが、段々そのノリにも適応してきました。

 ふと気づくと、F先生の授業では、ほとんどわたしが喋っています。対して、S先生の授業は、聞く時間の方が遥かに長い。男性と女性の違いが大きい気がします。

 「日本語に語根みたいのはある?」と聞かれて、ホイ来た!と常々感じている漢字の意味が拡張していく感じと語根概念が似ていることを熱く語ります。
 アラブ人は、フスハーについて語る時に「すべてに意味がある」ということをよく口にし、わたしもそこが大好きなのですが、日本や中国の使っている文字もまた、「すべてに意味がある」と言えます。もちろん、現在ではほとんどが元の意味を失っているのですが、そういう「言語そのもの基底に埋め込まれた記憶」について考えていると、うっとりとして時間が止まったような気持ちになります。

 女性の社会進出についての文章を読み、この件について二人で議論したのですが、非常に面白かったです。彼女もわたしの意見に興味があったようで、事前に作文が宿題で出されていたのですが、概ね考え方が一致して安心しました。
 彼女は、何せ自分が働いているくらいなので、女性の就労には肯定的で、イスラームとも矛盾しない、と考えています。女性を家の閉じ込めようとするのは「反動だ」と言い、نوال السعداوي(Nawal El Saadawi)というエジプト人フェミニストのことも教えて貰いました。彼女については、嫌っているエジプト人(特に男性w)が多いそうです。
 もちろん、社会を急激に変える危険についても、よく認識しています。わたしも、闇雲に女性を解放すれば良いとは思っていないし、女性の教育や独立が人口爆発の抑制に効果的だとは思っても、現在の日本の少子化などを眺めていると、うまくコントロールしないと別の新しい問題の種になるだけだな、と常々考えています。まぁ、専業主婦という存在に憎悪を抱いてはいますが、それはただの私怨なので横に置いておきます(笑)。
 彼女の友人に、大学卒業まで一年を残す状態で結婚した人がいて、旦那さんの猛反発で、結局学業を断念することになったそうです。こういうことは、エジプトでは珍しくありません。「あと一年なのに、どうかしてるんじゃないのか。もし旦那さんが病気にでもなったら、彼女が働かざるを得なくなるかもしれないし、その時は学歴がものを言うかもしれないじゃないか」と二人で憤慨しました。彼女は三人の子宝に恵まれたものの、彼の家族との関係がうまくいかず、幸せとは言えないようです。

 Dさんに紹介されたUさんと、度々一緒に勉強しています。
 ドイツ関連某施設の図書館を利用していているのですが、とても清潔で静かなところで、日本人のわたしもパスポート一つで入れて貰えて、ドイツ大好きになりそうです。職員の方も非常にフレンドリー。
 Uさんは、これまで出会ったエジプト人の中で、最も礼儀正しく勉強熱心で、清潔感溢れる好青年です。時間や予定もしっかり管理するし、生真面目で控えめなので、エジプト社会では生きづらいんじゃないか、と心配になるくらいです。図書館で紹介してくれる彼の友達も、全員言葉遣いがキレイです。
 彼の友人が文化間のノンバーバルコミュニケーション比較についてのディスカッションのことを話していて「やっと話が合いそうな人たちがいた」と思いました。街のエジプト人とのあまりの違いに愕然とします(笑)。
 場所が場所だけに、周りのエジプト人はみんなドイツ語がペラペラですが、英語はできる人とできない人がいます。Uさんは英語もできますが、その友達はサッパリでした。もちろん、こっちも意地になってアラビア語で喋ります。
 「君は日本語と英語が喋れて、今はアラビア語を勉強していて、それだけ?」と言われ、ションボリします。それだけでも苦労してるんだよ! アンタら多言語マスターすぎ!

 彼とはまだ会話量が少なく、こちらの言語能力が十分に伝わっていないこともあって、しばしば「ここに何て書いてあったか、説明してみて」「今僕のいったことわかってる? 説明できる?」と問われます。
 「わかってますよ!」を伝えるためには、ここで素早く適切に言い換えや例示をしないといけないのですが、これは以前に「良い語学教師の要件」として挙げたのと同じパフォーマンスです。
 「良い語学教師」は、自分で言い換えや例示ができるだけでなく、適切なタイミングで学生にもそれを要求しないといけないでしょう。彼は教師でもないのに、頻繁にプレッシャーを与えてくれて、しんどいながらも非常に助かっています。
 ちょっと口ごもったりすると「いや、まだわかっていないな。わかっていないだろう? つまりこれはね・・」と更に難しい話に進展していったりするので、間髪入れずに答えないと、体力を温存できません(笑)。

 豚インフルエンザ問題でも、Uさんの見解はF先生同様に冷静で、気持ちが落ち着きます。「豚インフルエンザはもちろん危険だが、こんなに騒ぐほどのことじゃない。他にも危険なんて沢山ある。本当の政治的問題から目を逸らすための、政府のキャンペーンにすぎない」。
 日本で覆い隠されているのは何でしょうか。本気で豚だの鳥だの騒いでいる人たちが多いのだろうし、状況はエジプトより深刻だと思いますが。地球温暖化キャンペーン然り。

 今のところ、ほとんどアラビア語を教えてもらっているだけですが、彼が読んでいる英語の文章を一緒に読んで、英語で議論することもあります。速読力では、依然英語とアラビア語にかなりの開きがあって、ちょっと焦ります。
 Uさんはドイツ語はペラペラだけれど、英語にはまだ自信がないようです。といっても、もちろん普通の会話ではまったく困らないレベルです。ビジネス英語になると、語彙が不足していたりして、一緒に英文を読んでみると、会話は非常に上手なのに、意外と基本的なボキャブラリーが欠けていたりします。エジプト人らしいです。
 文法についても、時々「アラビア語話者らしい間違い」をしていて、興味深いです。前置詞だけで関係性を示す名詞文みたいな英語を使う、等です。
 彼らの助けもあって、大分アーンミーヤ高速トークにもしがみついていけるようになってきました。こっちはなかなかスムーズに喋れませんし、完全に聞き取れているわけでは全くないのですが、場を白けさせない程度には、何とかついて行っています。非常に体力を消耗するので、三時間も話し込んでいると、別れた後立ちくらみがしそうです(笑)。

 彼と彼の友人と喋っていると、アラビア語と英語に加えてドイツ語が混ざるので、めちゃくちゃ言語混成です。ドイツ語になるとまったく一言もわからないので、蚊帳の外になってしまいます。
 ドイツ人が混ざると、日本人とドイツ人がアラビア語で話す、というレアな状況が出来上がります。

 いつも新聞を買っている売店で、「お前は外国人じゃないのか? エジプト人か? アラビア語が上手だな」と言われて、すごく嬉しかったです。彼とはほとんど会話していなくて、かつ新聞を毎日買っているので、勝手にアラビア語が上手だと勘違いされただけなのですが、「エジプト人か?」と言われるのは、お世辞でも幸せです。
 顔は全然違うと思いますが、いっそ顔が似ているのでもいいです。エジプト人可愛いし!

 新聞記事の見出しに、
الفيروس يواصل الزحف على المدارس
 という表現がありました。「ウィルス、学校への進軍を続行」ということです。
 زحفは、辞書で引くと「這うこと、進軍、行軍」といった訳が載っていて、「進軍」という言い方は軍隊用語かな、と思うのですが、軍隊用語のうち一般人でも知っているようなものは、このように比喩表現として使われることがよくあります。
 以前に単語集で勉強していた時、軍隊用語で日本語でも意味のわからない単語が沢山あって「いつ使うねん!」と思ったのですが、一部の単語は軍事・メディア関係者以外にとっても重要です。

 コシャリの名門、アブー・ターレクを初めて訪れる。

アブー・ターレクのコシャリ
アブー・ターレクのコシャリ posted by (C)ほじょこ

 コシャリそのものが好きではないので、近くを通ったついでに「有名だし、一回食べてみるか」と寄っただけなのですが、まず、店内が広いのに驚き。
 加えて、コシャリ小で5ポンド。
 気になる味の方ですが、別に普通のコシャリだと思いますけれどね・・。
 まぁ、コシャリが好きではない味オンチの言うことなので流して頂いた方が良いですが、とりあえずわたしはコシャリに5ポンド出す気にはなれないです。

 以前に、エジプト日本人界の有名人丸山さんが、四谷にできたコシャリ屋を批判する文章の中で、「本当に貧しいエジプト人は、コシャリも食べていない。政府の援助があるパンを食べる」といったことを書かれていたのですが、まったくその通りだと思います。5ポンドだって、貧しいエジプト人の一食にしては、ちょっと高いです。
 エーシなら1ポンドだし、適当に野菜を煮込んだスープと一緒に食べれば、コシャリなんかより安くて栄養があって美味しいものが食べられます。
 というか、その辺のテイクアウェイの店でターメイヤのサンドウィッチでも頼めば、もっと安く済みますよね。ターメイヤも個人的には好きになれないし、やっぱりなんといっても豆!を推したいですが(ターメイヤも原料豆ですが、コロッケなので、安い店の油がかなりキツイ)。

 漫画家の永井豪さんの講演会情報を見かける。

エジプトの永井豪
エジプトの永井豪 posted by (C)ほじょこ

 マジンガーZなどが放送されていたそうですが、もう大分前のことで、エジプト人との会話の中で話題にされたことはありません。
 「おしん」も有名ですが、これも流行したのは大昔で、話題になったのは二回くらいだけです。「ウシーン」みたいに発音するので、最初は何のことかと思いました。

 最近、大分涼しくなってきました。もう夏の格好だと、朝夕は肌寒いです。
 「服を何とか調達しないと」と思うのですが、街で眺めても、今のところ秋冬っぽいものはあまり見かけません。セーターとかコートとかは、いつ頃出回るのでしょうか。何となく、エジプト女子は夏でも冬でも同じような格好で乗り切っているような気がして、このままでは凍え死ぬんじゃないか、と不安です(笑)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  フェミニズム  新聞  アラビア語  ドイツ  食べ物  コシャリ  アニメ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトのフェミニスト、ドイツ、コシャリの名門アブー・ターレク|2009/10/15(木) 15:36:37|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。