スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大統領閣下が通る、バスの切符を買う

 今日、授業後に学校のある建物から出ようとすると、真昼間の市街中心部なのに、外がガラーンとしています。車一台、歩行者一人見当たらず、代わりに警官が二メートルおきくらいにびっしり立っています。
 入り口のところに門番のおじさんと若い人がいたので「何があったの?」と尋ねると、「大統領が通るんだ」とのこと。
 いつもは騒がしいお店のテレビや音楽やクルアーンも完全に止められ、市民は全員建物の中に篭っているようです。
 しばらくすると、白バイに先導されたそれらしき車が通過しましたが、沢山車があって、どれに大統領閣下が乗っていたのかはわかりませんでした(わからないようにしているのでしょうけれど)。
 日本なら天皇陛下が通るような状態ですが、沿道で日の丸を振る姿はありません。ゴーストタウンのようで凄い風景でした。

 先々日に「明後日来い」と言われていたので、無駄な予感を抱えつつ、ラムスィースへ。
 前にアレキサンドリアに行った時は簡単に切符が買えたのに、時期(イード・ル=アドハー前)と方向(アッパーエジプト)が悪いのか、とんでもなく手間取ります。
 「あっちの窓口だ」「二日前にならないと買えない」「当日分しかない」等々、窓口ごとに違う答えに翻弄され、ほとんどすべての窓口に並んだ挙句「一番端の窓口だ」とか言われ、「そこでこっちだって言うから待ってたんだ! あそこに並んで、ここに並んで、最後にここに来たんだ! 予約ができないわけないじゃない! 予約で買ってる人がいるよ!」と喚きたてるものの、相手にされず。ムカついて窓口のガラスを殴ってふてくされていると、親切な若者が間に入ってくれて、もう一度交渉になります。
 その職員も「当日に来い、切符は電車の中で買える」と返すだけだったのですが、明らかに嘘です。
 ただでさえも「帰省ラッシュ」時期で、切符を求める客がわめき散らす修羅場と化しているのに、当日ふらっと来て買えるわけがありません。
 さらにダフ屋みたいな親父と警官が寄ってきて「夜の電車ならある、夜でもいいか」とか言ってきます。「昼がいいけど、夜しかないならそれでもいい」と言っているのに、何度も同じことを確認してきて、明らかに怪しい雰囲気。警官は仲裁しているというより、親父の変な商売を見逃して袖の下でも貰ってそうな雰囲気です。ダフ屋から電車の切符を買うのも釈然としないので、諦めて撤退しました。

 結局切符を買えないまま「どうしたもんかなぁ」と駅の外に出て、ふとカイロ在住暦の長い日本人の方に電話してみます。
 やはり駅員の口上は「その場しのぎの嘘だろう」とのことで、「時期が悪い、外国人は普通寝台列車に乗る、今の時期にその方法は薦められない」と言われます。
 外国人向け寝台列車が安全らしいのは知っていたのですが、アホほど高いので、なんとか普通の電車に乗ろうとしていたのです。
 でも確かに、たたでさえも評判の悪い電車に、さらに「帰省ラッシュ」時に乗り込んだら、どんな目に遭わされるかわかりません。日取りは多少ズラせるので、もう少し空いている時期にしようか、と思ったのですが、その前にバスに挑戦してみることにしました。

 シナイ半島に行った時にお世話になったトルゴマーンのバスステーションまで歩く(ラムスィースからはメトロ一駅半くらいで近い)。
 場末な空気漂うラムスィースとは対照的に、トルゴマーンはショッピングモールと一体化したとても綺麗な近代的施設です。
 切符売り場は、ほとんど並んでいる人もいなくて、空いています。
 アッパーエジプト行きの窓口に行き日にちと目的地を告げると、まったく並ばずものの数秒で切符が買えました。夜のバスしかありませんでしたが、外人価格で100ポンド。職員さんの言葉遣いもとても綺麗でした。
 なんというあっけなさ。
 バスが俄然大好きになりました。
 電車なんか牛とぶつかって大事故になるし、もう嫌い! イーッだ! バスだーい好き♪
 まぁ、まだ乗っていないので何が起こるかわからないですけれどね。
 アッパーエジプト方面は道も悪いらしいし、ちょっと怖いですが、まぁ悪くても死ぬだけなので気楽に行きます。

日本製ゲーム
日本製ゲーム posted by (C)ほじょこ

 オマケで、トルゴマーンにあった日本製のアーケードゲーム。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  治安  大統領  ラムスィース  電車  トルゴマーン  バス 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 大統領閣下が通る、バスの切符を買う|2009/11/22(日) 06:56:36|
  2. エジプト留学日記

シャルム・ッシェーフ

 旅に出ていて更新できませんでした。すいません。旅行中の日記を順次アップしていきます。

9/21

 ラマダーン明けのイード・ル=フィトルで暇なので(日本のお正月状態)、D氏の誘いに乗ってシャルム・イッ=シェーフに行くことにしました。
 シャルム・イッ=シェーフはシナイ半島南端のビーチリゾート。カイロからはバスで7時間ほどです。
 例によって計画性もなく、とりあえず必要そうなものをバッグに詰めて、トルゴマーンの長距離バスターミナルに向かいます。途中でサンダルが壊れるトラブルがあり、2ポンドでおじさんに直してもらいつつトルゴマーン着。
 長距離バスターミナルということで、薄汚い場所を想像していたのですが、ショッピングモールと一体化した新しくて近代的な建物でした。新宿駅西口のバスターミナルの百倍綺麗です。


トルゴマーン長距離バスターミナル内部
トルゴマーン長距離バスターミナル内部 posted by (C)ほじょこ

 シャルムへのバスは一日に何便も出ているのですが、イード中ということもあってか、当日乗れるのは19:30の便のみ。3時間くらい待つ羽目になって迷ったのですが、引き返すのも馬鹿らしいので、モールをうろついたり勉強したりして暇をつぶしました。ファラーフィルのサンドイッチ(3.5ポンド)を食べる。

 バスの中はほとんど欧米系の観光客。アメリカ人がやかましいです。隣のエジプト人青年が英語の本を読んでいて、わたしも勉強していたのですが、すぐに消灯されてしまい、青年もチッと舌打ちしてあとはナッツをポリポリしていました。
 途中でトイレが壊れるトラブル発生。車内に臭い匂いが立ち込めて、乗客一同かなりバッド。こういう時は、決して黙って我慢したりしないエジプト人が頼もしいです。「臭い、なんとかしろ」と騒ぎ立てた結果、途中で砂漠の真ん中でバス会社の関係らしいエンジニアが応援に駆けつけ、何とか解決。
 7時間の行程中、何度もゲートで止められ、そのたびに全員のパスポートかIDを確認されます。「シャルムまで20キロ」の看板が見えたところで、アメリカ人が歓声をあげていました。

 夜中の3時すぎにシャルム・イッ=シェーフ着。例によってタクシーの客引きが寄ってきますが、当然スルー。
 Dさんに電話したのですが、もう寝ているのか返答なし。完全に想定内なので、少しも不安になりません。基本、一人ですべてやらないとだめです。むしろ気楽で楽チンです。
 とはいえ、初めての土地で真夜中、砂漠のど真ん中の一本道に取り残されて、さすがにちょっと心細いです。真っ暗な中をひたすらハイウェイだけが続いていて、飛行場みたいです。
 大通りまで歩きながら「どうしたもんかなぁ」と考えていると、タクシーが寄ってきたので「いくら?」と聞くと、「25ポンド」とあり得ない価格提示。「いらん」と言うと20ポンドでいいと言いますし、シャルムでは相場なのかも、と少し不安になりますが「歩くからいらん」と言うと「町まで5キロだ」と教えて去っていきました。
 夜で涼しいし5キロなら歩くか、と思ったのですが、万が一道に迷って夜が明けたりしたらシャレになりません。大通り沿いに立っている人がいたので尋ねたところ、マイクロバスが通るとのこと。
 待っているとマイクロバスが来たので「シャルム・イル=ミーヤ行く?」と尋ねると「シャルムのどこや」と笑われます。もっともですが、地名も全然知らないし、自分でもどこに行くかわかっていないので、答えようがありません。「オールドマーケット?」と言うので、それが何なのかわからないまま「アイワアイワ」で乗り込みます。
 マイクロバス3ポンド。驚きの高値ですが、ぼったくりではなく相場です。正確には、シャルムとハリーグ・ッナアマ間が3ポンドで、バスターミナルまでなら1ポンドで乗れることもある、と後で知ったのですが、とにかくカイロやアレキサンドリアではあり得ない値段です。

 シャルム・イッ=シェーフは、大雑把に北のハリーグ・ッナアマ(ナアマベイ)と南のシャルム市街の二つの地区から構成されていて、北がお高い高級リゾートということは知っていました。長距離バスターミナルは、二つの地区のちょうど真ん中あたりにあります。
 ちなみに、この真ん中のエリアは観光産業などで働くジモピーの住宅地になっていて、砂漠の真ん中に突然巨大なガーマがあり、なかなか壮観です。
 後日撮影したシャルムのガーマ。

シャルム・ッシェーフのガーマ
シャルム・ッシェーフのガーマ posted by (C)ほじょこ

 イッ=スーゥ・ル=アディーム(オールドマーケット)は南の市街の中心にあるスーク。とはいえ、カイロで「スーク」と言われて連想するような場所では全然なく、完全に観光地です。後になってナアマベイよりは大分薄汚いとわかりましたが、いわゆるスークより圧倒的に綺麗なアミューズメント拠点です。
 時間的にほとんどの店が閉まっていたのですが、一通り回った後、結局イッ=スーゥ・ル=アディームの南ゲート入ってすぐ右にあるイル=マスリイーンというマタアムに入ります。バスで何も食べなかったので結構飢えていて、「シャルムだから魚がおいしいだろう」と「ボリ・マシュウィー、ボリ・マシュウィー」と歌のように口ずさむ勢いでウキウキしていたところ、「魚はない」と衝撃の返答。
 ションボリしたのですが、先に持ってきてくれたサラダが新鮮でおいしそうです。これは良いマタアムの証拠。店員さんの勧めで、やむなく鳥のグリルとロズ・ビ=キブダを頼みました。
 結果としては、大正解。暇な時間だったせいか出てくるのも早いし、おいしいし、アイマードعيمادというおっちゃんがとても親切で、わたしの下手糞なナイフさばきを見かねてか、肉を切り分けてくれたりしました。
 お値段23ポンド。大衆食堂よりはレベルの高いマタアムであることを考えると、全然高くないです。カイロなら普通くらいですが、シャルムという前提なら激安と言っても良いです。イル=マスリイーン、超おすすめです。オールドマーケットに行くならイル=マスリイーン!
 後日撮影したオールドマーケットとイル=マスリイーンの写真です。

シャルム・ッシェーフのオールドマーケット入り口
シャルム・ッシェーフのオールドマーケット入り口 posted by (C)ほじょこ

シャルム・ッシェーフのマタアム・イル=マスリイーン
シャルム・ッシェーフのマタアム・イル=マスリイーン posted by (C)ほじょこ

 食事中にD氏から電話があり、スークまで迎えに来てくれます。彼が仕事で宿泊しているSANDY HOTELという宿にチェックイン。150ポンド(朝食つき)。安くないですが、シャルムでエアコンもついているということでは、かなり安めだと思います。シャルムにはいわゆる「安宿」はほぼないんじゃないのではないでしょうか。すべてのホテルが中級以上、という印象です。
 部屋はお値段相応程度で、トイレットペーパーがあったのが感動的でした。タオルやシャンプーはなかったですが、タオルは頼んだら持ってきてくれました。
 驚いたのが、レセプションの脇に黒いラブラドールレトリバーがいたこと。エジプトでは宗教上の理由から、飼い犬は非常に少ないですし、野良犬は大量にいますが、どれも薄汚くてやる気がなく、時々危険な生き物です。人懐こくて賢いラブラドールなんて、初めて見ました。ヨーロッパのようです。犬の名前はウォッシ。多分watchのことで、エジプト式にchをshで発音しているのでしょう。
 夜明けすぎに就寝。
 ちなみに、Dさんは仕事で来ているだけなので、結局このときを含めて数回顔を合わせただけで、まったく行動を供にしませんでした。

シャルム・ッシェーフのサンディ・ホテル中庭
シャルム・ッシェーフのサンディ・ホテル中庭 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  シャルム・ッシェーフ  ビーチリゾート  シナイ半島  トルゴマーン  長距離バス  食べ物  動物 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. シャルム・ッシェーフ|2009/09/28(月) 04:37:02|
  2. シナイ半島の旅

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。