スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゥクトゥク乗りも辛いよ

 新聞にトゥクトゥクの記事がありました。

トゥクトゥクの新聞記事
トゥクトゥクの新聞記事 posted by (C)ほじょこ

 トゥクトゥクは市中心部などにはいませんが、わたしの居住エリア近くには沢山いて、その車体の改造センスがヤンキー魂の結晶なので、何度かネタにしていました。
 記事は半分くらいが、トゥクトゥク乗りの台詞をアーンミーヤで記述したものです。雑な翻訳ご容赦。


政府がトゥクトゥク乗りと妥結 免許と停留所と県ごとの色 「茶色のトゥクトゥク」

 合法であること。それが彼らと他のトゥクトゥク運転手の唯一の違いだ。一方は、トゥクトゥクを近隣の通りや村に停め、警察が来ると逃げ、無免許で走っている。他方は、ルード・ル=ファルグの陸橋の下に停め、法的に必要とされる免許を持っている。
 合法化したからといって、彼らの状況はほとんど変わらない。免許があろうがなかろうが、問題は一緒だ。彼らの一人、ムフサン・アブド・ル=アーティーと呼ばれている男は、観光免状を取り、トゥクトゥクとそれによる仕事を得ることで夢を達成したが、免許を取るのに妻の金製品を売らざるを得なかった。免許をひらひらさせ、鼻で笑いながらこう語る。「免許を取って、ご褒美でも貰えるってのか? 問題も面倒も元のままだし、大きくなるくらいだ。俺らに押し付けられた条件だけで沢山だ。シートベルト、三角の非常ランプ、救急セット、消火器、こいつらは免許のとこでむりやり買わされるけれど、121ポンドだ。普通のとこなら70ポンドだぜ」。
 さらにこう付け加える。「俺らは法や行政に反体しているわけじゃない。でも、強制するなら、俺らも車の連中と同じように扱うべきだし、尊重すべきだ。でも、免許もベルトも、交通警察の前じゃ役にも立たない。泥棒か何かみたいに、俺らを追っ払うんだ」。アブド・ル=アーティーの言うところでは、トゥクトゥク運転手が今直面している困難な条件は、革のトゥクトゥクの天井をファイバーか鉄に交換することだ。これには500ポンドかかる。「免許が欲しければ1000ポンドを一括に払わなきゃならない。トゥクトゥクの売り上げは良くて1000ポンドだ。その半分は油代やら修理やらだ。家族に持って帰れるのは残りのちょっとだ」。その隣にいたアフマド・サーミーと呼ばれる運転手は、暗い調子で語る。「もしこのトゥクトゥクが人間だったら、黙って耐えていないだろうよ。これは安全のための条件じゃない。俺たちを弱らせるためのものだ」。


 タイトルに「妥結」とあるのは、もちろんカッコ付きの「妥結」。
 أصحاب التكاتك(アスハーブ・ル=タカーティク)という言い方が面白いですね。トゥクトゥクというのは、もちろんアラビア語本来の単語ではなく、タイかインドから入ってきた言葉だと思うのですが、ちゃんとアラビア語らしい母音パターンで複数形が作られています。

 トゥクトゥクのバカデザインは面白いのですが、記事から想像できるように、トゥクトゥクの運転手はガラの良い人たちではありません。
 日々の行き帰りの道で、ガキと並んでウザいのもトゥクトゥク乗りです。色々冷やかしの言葉を投げてくるし、わざとこっちにハンドル切って突っ込んできたりします。
 F女史も「もう何年もトゥクトゥクは乗っていない。一人で乗ったら何されるかわからないし」と言っていました。そういう乗り物です。
 大衆的なエリアにしかないのも、彼らが警察から逃げているからです。観光客が来るような場所には大量の警官が配置されているので、「エジプトに行ったけれどトゥクトゥクなんて見たことない」という人も結構いらっしゃると思います。

 このように、日頃宿敵のトゥクトゥク野郎どもも、この記事を読むと随分厳しい生活を強いられていて、少しだけ同情します。
 でもまぁ、個人的には同情は1ミリくらいですね。
 直接受けている奴らの攻撃の方が、ずっとリアルですから。

 わざとこっちに突っ込んできた時は、ビビって避けようとすると、面白がらせてしまいます。気づかないフリでもして、むしろこっちから踏み込む方が良いです。距離感を間違えると轢かれますが、どの道ここでは轢かれる時は轢かれるので、ビビったら負けです。
 この前、ギリギリでかわしてミラーをつかんで、そのまま飛び乗って殴ってやろうとしたのですが、実際車体を掴んだら引っ張る力が想像より強くて(当たり前)、しばらくテテテッと引きづられて手を離してしまいました。本気でやるなら、向こうの進行方向に合わせてかなり早めに強く飛ばないと、全然無理だと思います。
 映画みたいにはいかないです。

夜のトゥクトゥク
夜のトゥクトゥク posted by (C)ほじょこ
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アラビア語  アーンミーヤ  新聞  トゥクトゥク 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. トゥクトゥク乗りも辛いよ|2009/11/11(水) 04:01:35|
  2. 新聞・メディア

神様夜露死苦! 動物最高! 蝿砂無用!

 わたしがすぐ動物と遊ぼうとするので、親しいエジプト人によく注意されます。
 実際、カイロの街にいる動物たち(野良猫、野良犬、ロバ、馬、羊、ヤギその他)は、衛生的ではないし、ものによっては危険なので、安易に手を出さない方が正解です。
 でも、彼らがわたしを諌めるのには文化的要因もあって、動物と人間の間の溝が、少なくともわたしの感覚よりずっと深いようです。イスラーム的には、何と言っても人間が一番なわけで、動物はあくまで動物、ペットにして部屋で飼うなんてのは邪道、という発想が底流を流れているように感じます。
 わたしは人間と付き合っているよりロバと遊んでいる方が楽しい社会不適応者なので、ロバが暇そうにしているとつい弄って遊びたくなるのですが、ロバなんてのは下等な生き物であって、人間様が付き合って良い相手ではないようです。
 アラブ的な感覚で言うと、美しい動物というのはカモシカとか馬とかラクダであって、ロバは冴えない存在です。働き者だしちっこくて可愛いし、車買うより絶対ロバが欲しい!と思うのですが、ロバの何が至らないと言うのでしょう。馬なんて速すぎて怖いじゃないですか。なんか顔長いし。あたしゃロバでいいよ、ロバで。
 ちなみに、カイロの猫は日本の猫と違って荒んでいます。彼らの餌はデフォルトごみだし、毛並みも悪いし片目のない子も多いです。人間の人口比率と一緒で、やたら子猫を沢山見るのですが、子供のうちに死んでしまう猫が多いのかもしれません。


 フーティー(一人掛けのソファ、仏語由来、「ティー」に強勢)がفوتيهと表記されていて、「なぜفوتيだけじゃダメなの?」と尋ねたら、「第二音節に強勢を持ってくるため」と教えて貰えました。هは発音されないのですが、فوتيةと書いたら「フーティーヤ」と読んでしまうし、فيتيだけだと第一音節にアクセントが来てしまうし、結果的にこの表記に落ち着いているようです。面白い!
 アーンミーヤの「ハーマルブータ」は謎がいっぱいです。


 以前に見かけた「英語圏の新聞は結構修辞的な表現が多用されていて、英語学習教材には向かない」といった記述を、ふと思い出す。
 確かに、新聞というのは意外とかっこいいレトリックが使われていることもあるし、時事的な語彙がないと理解できない記事も多々あるのですが、新聞も難しいというのでは、言語なんて永遠に学習できない気がします。
 「アンタ本当に字読めんの?」という風情の物売りのオバチャンが道端に腰掛けて新聞を読んだりしていますから、新聞なんて誰でも読めるんです。そういう風にできていなければ、売れないんですから。ジャーヒリーヤの詩を読もうってんじゃないんですから、簡単に決まっているんです。
 英語については全然愛がないのでどうでもいいですが、日本における外国語学習は、全般に語彙や表現を軽視しすぎている気がします。TOEICなんて典型です。人生ナメすぎています。新聞読むのに二千も三千も字を覚えないといけない素晴らしい言語の使い手が、そんなあっさりハードル下げてどうするんですか。
 フスハーとアーンミーヤの乖離がこんな激しい国で、ダミ声でバナナ売ってるオバチャンが字を読めているんだから、わたしに読めないわけがないんです。あたしゃこれでも大学出てるんだよ! コンチクショウ!


 我が家の電気のスイッチの一つがバカになっていて、普通に押したぐらいだとバネで戻ってしまい、スイッチを切ることができません。寝る時は「ハッ!」と掌底で叩き込んで消しています。時々、それでも寝ている時に勝手にスイッチが入って、超ムカつきます。
 ちゃんと修理しようとせず、対処療法の連続でしのいでいる辺り、既に脳がエジ化している気がします。


 道端でティッシュ売りの少女を見る。まだ小学校一、二年生くらい。
 よくある風景ですが、この少女は、一応ティッシュを並べて客を待ってはいるものの、一緒に汚れた教科書を地べたに置いて、一心にノートに書写しています。
 わたしが1ポンド置いてティッシュを取っても、まだノートに集中しています。
 「勉強してるの? 勉強は大事だよ。役に立つから、絶対続けてね」と言うと、やっと顔をあげて、無言のまま僅かに微笑んでくれました。手を振ると、ちゃんと手を振って返してくれます。
 これくらいしかできなくてごめんよ。わたしも帝国主義者の犬だ。
 革命しかないよ革命しか。革命は任侠なんですよ。どっちに走ればいいやらわかりゃしない。コンチクショウ。


 最近見かけた、素敵ロゴのトゥクトゥク。

パンキッシュなアッラーフ・アクバル
パンキッシュなアッラーフ・アクバル posted by (C)ほじょこ

 الله أكبر(アッラーフ・アクバル 神は偉大なり)と書いてあります。
 この手の文句が書いてあるのは、「宗教的な場所」にまったく限られず、普通の商店やら屋台やらタクシーやら、至るところにステッカーなどで貼ってあります。日本で車に交通安全のお守りをぶら下げているくらいの身近なノリです。
 それは良いのですが、このトゥクトゥクは「アッラーフ・アクバル」のロゴがパンキッシュで、どちらかというと悪魔っぽいです。トゥクトゥクの文化は、マイクロバスやタクシーの更に十倍くらいヤンキー的で、無意味にサイドミラー十個くらいつけて電飾ギラギラに改造しているのをよく見かけるのですが、この車体は「神様最高!夜露死苦!」みたいでちょっとウケます。


 魚売りの少年。



 「写真撮らせてくれ」と言ったら、「魚やる」「サバいてやるから大丈夫だ」と言うのですが、出かけしなで、魚なんか貰っても困るので、遠慮させて貰いました(こういうのを断るのは本当に大変!)。
 少年が子供たちを乱暴に追っ払っていますが、こういうのも普通の扱いです。別に怒ってないです(多分)。
 魚に蝿がたかっていますが、蝿のたかっていない食べ物なんてないので、火を通せば全然問題ありません(多分)。


 蝿で思い出しましたが、エジプトの生活の基本は、蝿と砂との戦いなんじゃないか、と思うことがあります。
 というか、人間が暮らしていたら、蝿が湧いて、野良猫や野良犬が湧いてくる(本当に「湧く」という感じで溢れている)のは、本来当然ですよね。衛生的で住みやすい環境というのは、凄まじい営為の果てに勝ち取られるもので、裸で提供されるものではありません。カイロでもこの調子なのだから、もっと田舎とか、スーダンあたりに行ったら、遥かにハードな生活が待ち構えていて、掃除と買い物と料理で一日が終わりそうな気がします。
 砂の脅威は日本にはないものですが、部屋の中でも、一日放っておくとテーブルの上に埃がたまります。モップで床を掃除すると、すぐ泥水になります。これでは下水管が詰まるのも当然です。
 機械にしても、日本では気にしたこともなかった「防塵性能」が非常に重要だ、と感じるようになりました。街中ならいざ知らず、砂漠で自動車が動かなくなったら、そのまま死につながります。兵器なみにタフでなければ、ラクダの方がマシな筈です(そう思うと動物って本当にすごい!)。
 日本ではどんどんお洒落なメカが登場し、古いものは捨てられる一方ですが、「開けて直せる」ってとても大切なことです。「ユニットごと交換」な仕掛けというのは、物流インフラが整備されている場所でしか通用しないもので、ちょっと不便なところに行けば、多少ゴツくてブサイクでも、イザとなれば自分で開けて直せるメカの方がずっと頼りになるはずです。

 日本で捨てられているバイクの大方は、キャブレターを掃除すれば動くようになる、という話を聞いたことがありますが、プリミティヴなメカというのは、掃除一つで復活してくれることが結構多いです。キャブレターというのは、魔法のように精巧なもので、あれを「プリミティヴ」などと言ったら怒られると思いますが・・。

 蝿と砂から逃れるには、ひたすら毎日掃除するしかありません。阿部公房の世界です。
 でも、それが人間の暮らしというものです。系を区切って、その内部だけは支配権が及ぶようにしよう、というのが、人間的な生活の基本でしょう。
 だから、お掃除というのは非常に重要です。人間の基本はお掃除です。
 鬱で自殺しそうになったら、掃除すれば治ります。というか、蝿やら砂やら外敵が多すぎて死んでる場合じゃないです。
 土地は誰のものか、と言ったら、その場所を掃除している人のものです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アーンミーヤ  食べ物  文化      イスラーム  動物  トゥクトゥク 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 神様夜露死苦! 動物最高! 蝿砂無用!|2009/10/26(月) 05:17:24|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。