スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カダフィ、中国への対抗とヨーロッパ国籍取得を勧める

カダフィ、中国への対抗とヨーロッパ国籍取得を勧める
カッザーフィー、リビア人にヨーロッパへの移住と国籍取得の為の結婚を求める

 リビアの指導者ムアンマル・アル=カッザーフィーは、リビアは300人近いアル=カーイダ組織のメンバーを、刑期を終えた後も、新たな攻撃を防ぐため、無期限で収監し続ける、と述べた。
 アル=カッザーフィーは、これらの囚人と「不信心者」と言い表し、彼らはウサーマ・ビン=ラーディンとアイマン・アル=ザワーヒリーに従う者たちである、と言った。彼らは多くの非戦闘員や警官らを殺害し、彼らの収監を続けることは必要だ、と、このリビア国営テレビで放送された演説で述べ、こう自らの正当性を語った。「彼らは過ちの極みにあり、市井の人々への攻撃を続けたり、攻撃のためにエジプトやアルジェリアその他の場所へと移動するつもりでいる」。
 囚人問題についてのこの演説をアル=カッザーフィーが行ったのは、リビア公正相ムスタファ-・アブドゥルジャリールが、その職からの免職会議を求めた後のことだった。大臣は、刑期を終えたり無罪を証明しても政府が収監を続けることに抗議し、辞職を求める、と述べていた。
 アル=カッザーフィーは、これらの囚人は裁判所が判決を下しても過ちを犯す、と言い、この問題について責任がある、つまり彼らが間違っているかどうかを決める責任があるのは、治安当局である、と述べた。
 アル=カッザーフィーは、国の若者たちに、ヨーロッパやアフリカへの移住を求めた。リビア人にアフリカへの移住を度々求めるのは、この地で先んじている中国を弱体化させるためである、と述べた。また、リビア人はヨーロッパに行き、、ヨーロッパが法で禁じる前に、結婚し国籍を取得すべきだ、と語った。

 最近おとなしくなったと思っていたカダフィさんが、またすごいお話をされています。
 刑期を終えても無期限収監とは、法もヘッタクレもありません。その「囚人」たちにしても、本当にテロ組織と関わりがあったかどうかなど、怪しいものです。
 更に国籍取得の為の結婚を国の指導者自ら推奨するとは、ビザ狙いのナンパエジプト人も真っ青です。
 リビアは人口が少なく石油がそれなりに出るので、一般リビア人はエジプト人よりは豊かです。性格については、リビア人と付き合いのある方に聞いたところ「暗い」とのことで、超管理社会の抑圧下にあるからではないか、とのことでしたが、まぁエジプト人と比べたら大抵の国民は暗い気もします。

القذافى يطالب الليبيين بالهجرة لأوروبا والزواج للحصول على الجنسية
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
リビア  テロ    結婚   

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. カダフィ、中国への対抗とヨーロッパ国籍取得を勧める|2010/01/31(日) 15:12:19|
  2. 新聞・メディア

CIAに協力しエジプト等で行われる不当逮捕・拷問を国連が告発

CIAに協力しエジプト等で行われる不当逮捕・拷問を国連が告発
国連が告発 アメリカ情報機関のために、エジプトは容疑者を拘束し秘密裏に逮捕している

 国連は、エジプトおよび多くの第三世界の国々で、過去九年間に渡り、テロリスト容疑による拘束と秘密監獄への投獄が行われ、彼らの基本的人権が侵害されており、これがアメリカ中央情報局(CIA)エージェントの依頼によるものである、と告発した。
 四人の独立調査官は、一年を要した226ページにわたる報告書で、三十人の元被拘束者からの聞き取りに基づき、アルジェリア、中国、エジプト、インド、イラン、ロシア、スーダーン、ジンバブエが、治安上の理由もしくは反対勢力のメンバーであるとして、非公開の場所に監禁している、と述べた。また調査官らは、来たる三月に国連人権委員会に提出される予定の報告書で、犠牲者およびその家族には、補償を受け責任者を告訴する権利がある、と付け加えた。
 拷問問題担当として国連に任命されたマンフレッド・ノヴァクを長とする調査官ら、およびテロおよび人権問題担当官マーティン・シェイニンは、秘密裏の拘束の目的は、情報を得たりその人物たちを黙らせるのに、拷問や人権に反する扱いや虐待や隠蔽を容易にすることだ、と述べた。
 報告書の述べるところでは、9・11攻撃の後、前アメリカ大統領ジョージ・ブッシュが「テロとの世界的戦争」を宣言し、グアンタナモ刑務所やその他の「ブラックな場所」を設置し、そこに国内法の範囲を超えてアル=カーイダの被拘束者が収監された。また、アメリカ中央情報局(CIA)のエージェントが、そこに特殊な秘密の場を設け、被拘束者から「高付加価値」の情報を引き出した。
 報告書は、エージェントが人権に関して評価の低い協力者たちに対し、彼らのために秘密裏の拘束および尋問と拷問を行うよう求めた、と強調している。それらの国々とは、エチオピア、ジブチ、ヨルダン、モロッコ、パキスタン、シリア、タイ、ポーランド、およびルーマニアである。
 民主主義推進団前代表ナガード・イル=ブルイーは、エジプト政府が独立委員会を組織し、この報告に対する回答を準備し、これをエジプト国民に公表するよう求め、報告の中にあることは二年前から繰り返されていたことだ、と示した。同時に、人権団体らが政府に対し、自らの立場を表すよう求めた。本紙に対し、エジプトとアメリカ合衆国の関係は戦略的なものだが、それは、この地において相手国のために拷問の罪を犯すまでのものではない、と述べた。
 テロおよび人権問題担当マーティン・シェイニンは、およそ五ヶ月前にエジプトを訪れ、外務省、公正省および内務省の責任者らに会い、テロ対策法と人権、拷問の問題についての議論に触れていた。

 この問題は英語圏でも大きく報道されているので、真実性の高いものでしょう(例によって現時点では日本語報道が見当たらない)。
 ある日突然公安がやってきて、「その後の彼を知る者はいない」なお話は、エジプトでは時々聞くものです。シリアなんかもっと多いんじゃないか、という気がしますが(偏見すいません)。
 それにしても「テロリストを炙り出す」なら、最大のテロリスト輸出国であるサウジアラビアがリストにないのはどういうことでしょうね。

 CIAの「拷問のアウトソーシング」を扱った映画Rendition



 町山智浩さんによる紹介記事:恐怖のレンディション - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

 全然関係ないですが、スーダンは「スーダーン」が発音が近いし、イランもエジプト人は「イーラーン」のように発音しています(ペルシャ語の正確な発音は知らない)。シリアも「スーリヤー」が近いし、ヨルダンは「ウルドン」、カタールは「カタル」の方がずっと原音に似ています。アルジェリアに至っては「アルジャザーイル(アルガザーイル)」だし、モロッコは「アルマグリブ」でしょう。
 ちょっと英語表記の日本語読みに偏りすぎですが(前に書きました)、まぁ「原音に忠実」も難しい話で、結局国名なんてそれぞれの国で勝手に発音しているし、正式国名になるとまたややこしかったりするので、定着している呼び名で良いようにも思います(一応スーダンだけお隣のよしみで「スーダーン」と書いてみましたw)。大体、日本だってジャパンじゃない!
 エジプト人もポーランドは「ボーランド」、パキスタンは「バーキスターン」ですしね。わたしも発音なんて自信ないし、なるべく似た感じ、くらいで良いんじゃないですかね。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アメリカ  CIA  人権  拷問  テロ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. CIAに協力しエジプト等で行われる不当逮捕・拷問を国連が告発|2010/01/28(木) 17:53:31|
  2. 新聞・メディア

コプト教会での銃乱射事件

 コプト教会での銃乱射事件は日本でも報道されているので、ご存知の方が多いでしょう。レイプ事件の報復が動機等、憶測が聞かれますが、本当のところはまだわかりません。容疑者は一応逮捕されていますが、犯行を否認しているようです。

コプト教会銃乱射事件
コプト教会銃乱射事件 posted by (C)ほじょこ

警察当局、エジプト人七人の殺害者に「テロ」容疑を問う構え 警察は「陰の扇動者」を追う
第一容疑者は犯行を否認 新たな衝突で家屋6軒と店舗16軒が焼け、2名負傷

 本紙の入手したところでは、警察当局は、クリスマス(訳注:コプト教会のクリスマスは1月7日)の夜にナグア・ハマーディで起きたエジプト人七人の殺害の三人の容疑者に対し、「テロ」および故意殺害、宗派対立扇動、武器所持の疑いすべてを、関連するものとして問う構えである。彼は事件について何も知らないと言っており、警察の調書では犯行には身元の分からない「扇動者」がいるとされている。
 「ハマーム・イル=カムワーニー」の名で知られる第一容疑者ムハンマド・アフマド・ハサンは、警察に対し、警察官が彼を農場から連行し、血の惨劇について何もしていないのに、友人と共に容疑者として突き出した、と語った。警察は第二容疑者クルシー・アブー=ル=ハッガーグおよび第三容疑者ヒンダーウィー・サイードに聴取を行い、取調べのためにこの三人を十五日間拘留する。
 一昨日夕、ナグア・ハマーディのいくつかの地域およびその親戚筋の移住している村で、六時間に渡り新たな衝突が起こった。六軒の住宅と十六軒の店舗が焼かれ、二名が負傷した。その後、事態収拾のために治安部隊が催涙弾で介入した。衝突は、およそ二百名の若者が 犠牲者の名前を叫び、治安部隊に罵声を浴びせた後に起こった。攻撃のあった村の何十人もの若者が通りに出て、石や棒や卵を投げもみ合いになった。治安部隊が事態を収拾したのは、土曜日早朝二時だった。

 事件の背景に、ムスリムとキリスト教徒の対立があるのか、はっきりしたことはわかっていませんが、コプト教会のクリスマスに教会で銃撃したとあっては、そうした要素を疑われても仕方がないでしょう。
 仮に犯人がムスリムであり、宗教対立が背景にあったとしても、もちろん犯人たちはマトモなムスリムではないし、ただの犯罪者です。
 ただ、以下のようなよく聞くムスリムの意見には、少し疑問も抱きます。
 「テロリストはムスリムではない。ムスリムの一人が犯罪を犯したことで、なぜイスラーム全体を敵視するのか。マルワさんがロシア系ドイツ人に殺されたからといって、わたしたちはドイツ人やロシア人やキリスト教徒を敵だと思ったりはしない」。
 この言説は尤もであって、たまたま犯人がムスリムであったことでイスラーム全体を敵視するような姿勢は、いかなる関係にあっても厳に慎まれれるべきものです。
 しかし、犯人たちが、たとえ口先だけでも「イスラームを口実として」「イスラームの名の元に」罪を犯したとしたら、ただ単に「あんなヤツらはムスリムではない」というだけでは、済まされないものがあります。
 「あんなヤツらはムスリムではない」という気持ちは大変よく理解できるし、こうした言葉を口にする時、わたしたち(敢えて「彼ら」ではなく「わたしたち」と言おう)の多くは、責任回避やとばっちりが来るのを避けようとしているわけではありません。
 しかしそれでも、わたしにはどこか無責任に感じられるところがあります。
 彼らは「ムスリム」ではない。少なくとも、マトモなムスリムではない。
 にも関わらず、彼らの一部はイスラームを旗印としてしまったわけであって、そうしたムスリムを生み出してしまったことには、イスラーム社会全体として、責任の一端はあるのではないでしょうか。

 子供が犯罪を犯したからといって、親兄弟が裁かれて良いわけはありません。社会的な誹謗中傷が向けられるのも間違いです。
 しかし、親が何の関係もないかといったら、それも少し違います。誰も責めてはいけませんが、親自身にはやはり、自身を問い詰め、思考する義務がある。「あんな子はうちの子じゃありません」では済まないし、仮にそう言いたくても、口に出してはいけないでしょう。

 だからこれは、「親」の、イスラーム共同体そのものの、内面の問題です。
 非イスラーム圏、あるいは非ムスリムからイスラームへ向けられる誹謗中傷には、断固として反対します。
 しかし、イスラーム共同体内部に仕事が残っていないと思ったら、それは大間違いです。
 我々は思考しなければならない。なぜ、わたしたちの子供が、わたしたちの神の名の下に、その名を汚す大罪を犯してしまったのか。いかにして、これ以上の罪を防ぐのか。

 幸か不幸か、わたしたちにはまだたくさん「子供」がいます。
 わたしたちの子供を、審判の炎から守ることが、わたしたちの義務でないとしたら何でしょうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  テロ  イスラーム  コプト  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. コプト教会での銃乱射事件|2010/01/11(月) 07:14:44|
  2. エジプト留学日記

「サラフィー主義者」の逮捕

サラフィー主義者
サラフィー主義者 posted by (C)ほじょこ

「サラフィズム・ジハード主義」組織の新たなグループが逮捕される
暴力流布、知事への攻撃、社会への不正な教化の容疑

 イッ=シャルキーヤ県治安当局は、「サラフィズム・ジハード主義」団体のメンバーを逮捕し、社会への不正な教化、知事への攻撃の容疑で捜査を行っている。四ヶ月前に、同組織メンバーらがイッ=ダカリーヤ県イル=マンスーラ市で逮捕されたばかりだ。
 治安筋の本紙に語るところでは、容疑者らは自宅で逮捕され、この中にはムハンマド・サイード・アブドゥルラフマーン、イサーム・スレイマーン・イッ=サイード、アフマド・ムハンマド・ムスタファー、ムハンマド・ラダー・アフマドが含まれる。
 匿名希望の情報源に拠れば、この新たなグループのメンバーらは、暴力思想の流布、闘争、知事への攻撃、社会および国家要人への不正な教化の容疑で、カイロの治安当局の建物内で取り調べを受けている。彼らおよびその活動に関する情報すべての取調べの後、イスティクバール・トゥラ刑務所に引き渡されるという。
 ファークース、ビルビース、カフル・サクルを含むイッ=シャルキーヤ県の複数の地域と市で同団体のメンバーが逮捕された。逮捕決定後、彼らはイスティクバール・トゥラ刑務所に送られる前に、内務捜査施設に移送された。
 一方、同団体弁護士のラマダーン・イル=アラビーは、カイロ刑事裁判所の前で、内務省によって出された逮捕決定における多くの不審点を指摘し、彼らを釈放し住居へ戻すよう求めた。
 イル=アラビーが本紙に語るところでは、グループの逮捕は、サラフィー主義ジハード組織への所属のかどにより、彼らの取調べは、不正な教化を行う思想を修正し高等国家公安代表の元に送るべく説得したり、知事および社会への不正な教化、知事への攻撃、国家要人殺害の容疑を負わようとするものだという。
 昨年には多くのテロ組織が高等国家公安代表の捜査を受けた。その筆頭にはシーア派組織があり、他にイッ=ザイトゥーン、イル=フサインおよびヒズブッラー組織がある。


 サラフィーヤ(サラフィズム、サラフィー主義)とは、初期イスラームの原理への回帰を訴える思想で、いわゆる「イスラーム原理主義」ですが、ここでは単なるレッテル張りと同然でしょう。
 ジハーディーヤ(ジハーディズム、ジハード主義)という言葉も、括弧付きで使われている通り、かなり大雑把に「過激イスラーム」を指す意味で使われているようです。
 サラフィーヤ・ジハーディーヤなので「ジハード主義サラフィー主義」かもしれませんが、しつこいのでとりあえず上のような日本語にしておきました。Wikipedia:سلفية جهادية

 イッ=ザイトゥーン、イル=フサインは「テロ組織」の名前ですが、あまり聞いたことがありません。エジプト人に尋ねたところ、後者は南シナイでの連続テロの「犯人」とらしい、とのことでしたが、ウロ覚えっぽいので違うかもしれません。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  イスラーム  テロ  治安  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 「サラフィー主義者」の逮捕|2010/01/05(火) 05:22:42|
  2. 新聞・メディア

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。