FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

مشاري العفاسيミシャーリー・アルアファーシー、アラブの衛星テレビ、アルジャジーラ子供チャンネル

 مشاري العفاسيミシャーリー・アルアファーシーという、有名なクルアーン読誦者がいます。泣きの入った(?)独特の味のある詠み方をする人で、日本にいた時はこの人のクルアーンをiPodに入れて毎日聞いていましたし、今もネットブックに最後の方だけ入れてあります。すごくカッコイイです。しかも男前(笑)。
 テレビにも登場して、子供達と交流している番組を見たことがあります。そのままズバリのAlafasy.comという公式サイトもあります。

 アラブの衛星テレビには、一日中クルアーンを流しているチャンネルがあり、よく商店の店先などでつけっ放しにされているのですが、今日テレビを見ていたら、alafasy quranという、そのまんま「一日ずっとアルアファーシー」というチャンネルがあるのに気づきました。アルアファーシーさん一人のために一チャンネルです。
 でも、それだけの値打ちがあるくらい、本当にカッコイイんですよね。うっとり聞き惚れてしまいます。
 クルアーン読誦の音声と共に、アラビア語と英語のタフスィール(翻訳=解釈)が流れます。クルアーン学習素材のようなものは、現在ではネット上に山ほどあるのですが、こうしてテレビで流されていると、気軽に眺めることができて便利です。流しているだけでご利益があるような気がしてきます(笑 < 念のためですが、こういう発想はイスラーム的にはダメ)。
 DVDか何かになっていたら、買って帰りたいなぁ、と思っています。

 画面はこんな感じ(ウチのテレビが白黒なだけで、本当はカラーです)。

アル=アファーシー・チャンネル
アル=アファーシー・チャンネル posted by (C)ほじょこ

 アラブの衛星テレビで他によく見ているチャンネルと言えば、何と言ってもアルジャジーラ子供チャンネル。ほぼ全部フスハーだし、素材も優しいし、日本語でもこういう子供向け番組が大好きなので、ちびっこ並にかじりついています。
 お昼ぐらいに子供が対戦するクイズ番組があり、二日に一回くらいはチェックしています。お姉さんが「イジャーバトンー・・・サヒーハ!(正解!)」とか引っ張るのが万国共通で好きです。クイズ番組なので豆知識も身につきます。
 先日はネイチャー系のドキュメンタリ番組で、北海道はサロベツのムササビが取り上げられていました。「空飛ぶリス」みたいな言い方をしていましたが、あれはムササビというのですよね?(日本語ヤバイ)
 真冬の北海道の原野が舞台ですので、あれを見たアラブの子供たちは、日本というのはものすごい雪深い過酷な土地だと思ってしまうのではないでしょうか。
 「うわ、イタチが来たぞ! 危ない! 巣の中に逃げろ!」みたいなナレーションがついていて、めちゃくちゃ楽しいです。
 リスはسنجابで、フスハーだと「スィンジャーブ」ですが、エジプト方言では「スィンゲーブ」、耳で聞くと最後のb音がかなり弱くなって「ル」みたいに聞こえて、最初は「スィンゲール」なのだと思っていました。
 この単語は、友人が送ってくれたリスの写真をマタアムの女性店員に見せたら「きゃー、スィンゲーブ!」とはしゃいでいたので覚えました。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アラビア語  イスラーム  クルアーン  テレビ  衛星放送  動物  アルジャジーラ子供チャンネル  アルアファーシー 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. مشاري العفاسيミシャーリー・アルアファーシー、アラブの衛星テレビ、アルジャジーラ子供チャンネル|2009/10/03(土) 06:27:34|
  2. エジプト留学雑記

ストリートで見るサッカー・エジプト・パラグアイ戦

 ダハブから早朝帰った日は、たまっていた日記を一気に書いて、夕方に所用でザマーレクに。日本人駐在員の方が大勢住んでいるお大臣な地区ですが、初めて足を踏み入れました。あまりのゴージャスさに目が回りそうです。
 映画に出てくるカイロを見て「これは本当にわたしの住んでいる町なのか」といつも不思議に感じていたのですが、きっとこういう場所でロケしているのでしょうね。東京だって広いですから、どこの町でもキレイな所と汚い所はあります。
 めちゃくちゃ道に迷って、十回以上道を尋ねたのですが、例によって聞く人ごとに答えが違って、一時間くらいさ迷いました。

 翌日、授業があると思っていたら、予定の時間に先生が来ません。
 電話してみると、「ヨーム・ル=イツナイン(月曜日)」と言ったつもりが「ヨーム・イツナイン(二日)」と勘違いされていました。こんな簡単なことを伝え損なっていた自分に絶望します。

 授業再開が翌日ということになってしまったので、翌々日から海外に行ってしまう友人に挨拶しようと、ウストゥルバラドへ。
 まだ時間が早かったので、アメ大の図書館に寄るも、欲しい本はなし。ブラブラしてから適当なカフェテリアに入り、お茶を飲みながら新聞を読んだり勉強したりして過ごします。
 頃合を見て友人にメールしたところ、仕事で9時にならないと空かない、とのお返事。勉強続行し、時間になってから待ち合わせのカフェに移動しました。

 少し遅れて友人着。
 通りに出したテレビで、皆がサッカーのエジプト・パラグアイ(エジプト式だと「バラグワーイ」)戦を観戦しています。
ストリートで見るサッカー
ストリートで見るサッカー posted by (C)ほじょこ
 サッカーに全然興味がないのですが、エジプト人は感情表現が一々オーバーなので、選手の表情やオーディエンスの凄まじい盛り上がり方を見ているだけで楽しいです。中継は部分的にしか聞き取れないのですが、ベタベタのアーンミーヤかというとそうではなく、基本は超高速のフスハーで、中継独特の表現、口語表現が混ざっているのがわかります。日本でもスポーツ中継には独特の言い回しがあり、そのスポーツに馴染んでいる人以外には難しいことがあるので、無理もないかな、と自分を慰めておきます。
 試合は一対一のまま後半戦のロスタイムに入ったところで、パラグアイがゴール。その瞬間に、エジプト人が一斉に席を立ったのが面白かったです。映画のエンドロールを見ないで帰る客みたいです。「もうあかんあかん、無駄や無駄や! 帰ろ!」という感じ。

 しばらく友人とそのまた友人とダベる。言語はアラビア語と英語半々くらい。彼らがやたら英語で話そうとするので、意地になってアラビア語で返してウザがられます(笑)。
 映画のエキストラバイトの話を聞く。このエキストラバイトについては、あちこちで悪い噂を聞いていたので、話半分に適当に流します。
 ピンハネされるとかは構わないのですが、やたら拘束されたり、変な格好をさせられるのはイヤです。それさえないなら、一日二日くらい遊びで参加しても面白そうなのですが、彼らの約束はまったくアテにならないので、とりあえず様子見にしておきます。

 友人がナイトクラブに連れて行ってくれる。豚インフルのせいか、入場前に熱を測られました。
 といっても、正直嬉しくないです。彼が旅立つ直前のお別れ会なので、頑張って笑顔でお相手しましたが、キリスト教徒(のはず)と外人だけが、お酒を飲んで踊っているような場は、ただひたすらに苦痛です。音楽やダンスそのものは大好きですが、こういう空気の悪い閉鎖空間は大嫌いです。日本のカラオケだって御免です。歌やダンスは神様に見せるものだから、お空の下でやらなきゃダメです。
 しばらく我慢していたのですが、耐え難くなって「外に出よう」と言い、その後はカフェでお喋り。

 日本の善良なアルコール愛好者の方には申し訳ないですが、やっぱりお酒は好きになれないし、お酒を飲んでいる人と話すことも何もありません。
 彼はカイロに住んでいるだけあって、そういうアルコールに対する嫌悪感は理解するのですが、何か根本的なところで別人種のように感じます。
 ダーリンも両親もお酒をたしなむし、わたし自身かつてはお酒を飲んでいたので、他人が飲んでいる分には干渉する気はないのですが、こういう「お酒はハラーム」という価値観が基本にあるような国でまでアルコールを摂取するのは、やはりどうかと思います。せめてエジプトにいる間だけでもやめられないのでしょうか。先日ダハブで会ったロシア人が「モスクワではウォッカを飲むが、エジプトではお酒は飲まない」と言っていたのがとても素敵でした。

 メトロを逃してしまったので、久しぶりにカイロでタクシーに乗って帰宅。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  ザマーレク  スポーツ  サッカー  テレビ  ナイトクラブ  お酒 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ストリートで見るサッカー・エジプト・パラグアイ戦|2009/09/30(水) 19:25:14|
  2. エジプト留学日記

衛星放送が映りかけて頓挫、ビバ子供

 授業の後、大家さんとその娘が衛星放送受信機の件でやって来る。
 電気屋さんのような男がやってきて、大家さんのファトマと延々値段の交渉をしています。「このアンテナでヨーロッパの放送は見られるのか」「ダメだ、別の大きなのをつけないといけない」とか「それは高い」「後で払うから待て」「できない」「この辺でわたしを知らない人はいない、ちょっと支払いを待てないのか」とか、そんなお話です。半分くらいしか聞き取れていませんが、要旨はわかりました。
 最終的に値段が妥結すると、ファトマがわたしを別室に招いて、「100ポンド払えないか」と言ってきます。わたしは衛星テレビなんてあってもなくてもいいし、増してアラブ以外のテレビを見る気は全然ないので「ヨーロッパの放送も日本の放送もいらない。それがなければお金を払わないでいいのか」と確認すると「いらないなら別にお金はかからない」とのこと。
 もっと早くにツッコんでいれば余計な交渉をさせないで済んだかもしれませんが、どの道スッキリは行ってなかったらだろうし、実際「アラブの放送だけで構わない」と言っても部品が足りないとかで工事が延びたので、良しとしておきます。

 エジプト人はテレビを非常に良く見ます。日本のように娯楽が多様化していないし、女性は家に篭る時間が長いので、テレビのポジションが日本よりずっと重いです。
 結婚する時は必ず豪勢なテレビを用意しなければならないし、衛星放送もほとんど必須、とのことです。M先生も奥さんについて「テレビばかり見ていてちっとも家事をしない。時間を持て余しているならもうちょっと役に立つことをして欲しいけれど、読書にもコンピュータにも興味がないようだ」とボヤいていました。
 そんな背景があるので、頼んでもいない衛星放送を導入してくれる、という話になったのかもしれません。どのみちエジプトのテレビしか見ないし、地上波だけなら今でも映るので(アンテナがボロい室内アンテナだけなので、画面はほぼ白黒だが音声は聞き取れる)、何もしてくれないで良かったのですが。

 ファトマはわたしと話す時は無理にフスハーや英語を使おうとするので、かえって聞き取りにくいです。世間話で出てくる話題も「その髪はどこで染めたの」「なんてブランド? 美容院でやったの? 自分でやったの?」とか「脱毛はどうやってするの?」とかばかりです。エジプトの女性とお話しても、この手のネタとか「食べ物は何が好き?」「どう料理するの?」とか、そんな話題で、ちっとも話が噛み合いません。
 そういう普通の話題にまったく興味がないわけではないのですが、ぶっちゃけどうでもいいし、普通の女子トークができなくて脱落して流れ着いたような人生なのに、エジプトくんだりまで来て脱毛のことなんか話したくありません。
 その点、娘のタスニーム(十二歳)は知的好奇心旺盛で、非常にノリが合います。精神年齢的に近いということでしょうか。彼女の方がいくらか大人な気もしますが・・。
 礼儀正しいし、フスハーも上手だし、ちょっと日本語を教えるとすぐ覚えるし、とにかく色んなことに興味を持って、何でもノートに書きとめようとするのがとても素敵です。二人で話していると彼女は日本語の勉強、わたしはアーンミーヤの勉強になるので、お互いにとってプラスです。「いつでも好きな時に遊びに来て。一緒に勉強しよう」と言っておきました。
 NHK Arabicのカリーマ先生による日本語講座のページを見せたら、合気道の話題が出てきて「友達が合気道やってる!」とか目をキラキラさせています。残念ながら合気道はできませんが、わたしの武道キャリアが活かせる場がやっとやって来たかもしれません(笑)。
 日本から日本語関係の書籍やお土産をもっと持ってくればよかった、と悔やまれます。英語による日本語教材ならカイロでも手に入ると思うので、彼女にプレゼントしたいです。カイロの日本語学校などでは、どんな教材を使っているのでしょうか。
 とにかく、彼女はエジプトで出会った全女性の中で一番好きです。十二歳、最高です。変に色気付かないで、「なぜ? なぜ? どうして?」のまま突っ切って欲しいです。あんまり突っ切るとわたしみたいになるので、普通のことも大事ですが・・・。
 昨日遊んだ五歳のムハンマドくんといい、遊んで楽しいのは子供ばかりです。大人ってつまんないなー。

 授業中にDさんから電話がかかってきて「今授業中、あとでかけなおす」と言ったまま放置していたら、夜中にまた電話が鳴りました。
 シャルム・イッシェーフにいるそうで、「バスで遊びに来い」と言い出します。「何でも高いし、そんなとこ行きたくない」と言っても「安いところもある。全然問題ない」と誘ってきます(シャルム・イッシェーフはシナイ半島の地政学的要所で、元々はイスラエルが作ったビーチリゾート)。
 「カイロに篭って勉強ばかりしてないで、せっかくの機会なんだから色々旅行した方がいい」とか言われているうちに、本当にちょっと行ってみたくなりました。一泊貧乏旅行するだけなら、遊びに行っても良いかもしれません。最近は結構遊んでいるので、あんまり「勉強ばかり」の暮らしではないのですが・・。
 ヨーロッパ並みの物価というし、ダイビングなんか絶対したくないし、「夜パーティーに出るならドレスが必要」とか聞いているだけで鬱になる情報ばかり耳に入ってくるので気が向かないのですが、逆にキッカケがなかったら一生縁がなさそうだし、チャンスかもしれません。
 ビーチリゾートかぁ。ヨーロッパ人騙して巻き上げられないかなぁ。

通りのイフタールを俯瞰
通りのイフタールを俯瞰 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  テレビ  衛星放送  子供  シャルム・イッシェーフ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 衛星放送が映りかけて頓挫、ビバ子供|2009/09/19(土) 10:56:48|
  2. エジプト留学日記

محمد هنيدي(ムハンマド・へニーディー)のفول الصين العظيم(フール・ッシーン・ル=アジーム 偉大なる中国の豆)

 朝食抜き。ダラダラ勉強していたら、Sさんから電話がかかってきて、タラアト・ハルブへ。一時間くらいシーシャを吹かしてぼんやりお茶する。
 行きはバス、帰りはメトロだったけれど、宿がメトロの駅から遠くて日差しが辛いです。

 またへルビーさんのターンメイヤを買うけれど、なんかお疲れ気味の様子。エジプトの人は何でも顔に出るし、情緒の揺れが大きいので、特に気にしないでおきます。日本人としてはあり得ないほど顔に出してしまうわたしも、こういう印象を与えていたのか、と学ぶ日々。
 関係ないですが、ターンメイヤを食べるといつも眠くなるのはなぜでしょう。

 授業前半は不調。
 ハーニーが出してくれたヘルバのパワーか、後半から段々調子が出てきて、元気になる。
 今更ですが、単純に暑さでバテているのかもしれません。とにかく、一日に受け取る情報量が半端ない上、一日の間の温度差も激しく、楽しいことも辛いことも次から次にやってくるので、身体がついて行ってない気もします。
 途中で息抜き?にクルアーンの章句をいくつか一緒に暗誦したら、ものすごい体が軽くなりました。こういう時は、フスハーを勉強していて良かった!と実感します。
 授業後、一時間半ほどそのまま自習して勉強終了。

 帰ろうとしたところで、珍しくハーニーが「タバコある?」と聞いてきます。
 頼んでもいないヘルバをしょっちゅう奢ってくれて、チップを置いていこうとしても頑として受け取らないハーニーがタバコを欲しがっているのに、そういう時に限って切らしていました。
 大急ぎで近所の売店まで走り、タバコを二箱買って戻り、一つ箱ごとハーニーに押し付けます。
 「いや、一本でいいんだ、一本で」と箱を返そうとしますが、こっちも負けじと押し付けて、何とか受け取ってもらいました。
 エロオヤジやしつこいナンパ、シーニーシーニー囃し立てるガラの悪い若者、厚かましいおばちゃん、あの手この手でひっかけようとする外人相手の商売人、そんなエジプト人が溢れている一方、通りすがりの外国人を家に招いてお茶を出してくれるおっちゃん、ジュースを奢ってくれたおっちゃん、一緒に道端でサンドイッチをほうばった若者たち、そしてハーニーのような純真で礼儀正しい労働者がいて、一瞬ごとにエジプト観が揺さぶられます。「良い人と悪い人がいる」のは世界中どこでも一緒ですが、エジプトは幅が広すぎます。
 痩せっぽちのキリスト教徒のサイーディー。ハーニー、大好きやで。

 そのハーニーにタバコを押し付けていたら、テレビで前にも見たことがある映画をやっていました。最初に見た時も気になっていたのでタイトルを尋ねたところ、محمد هنيدي(ムハンマド・へニーディー)のفول الصين العظيم(フール・ッシーン・ル=アジーム 偉大なる中国の豆)という映画がだそうです。
 何が気になるかというと、この映画、エジプト人主演のカンフー映画なのです。
 正確に言えば、エジプト人はカンフーができるわけではないのですが、憧れの中国を訪れ、そこでカンフーバトルに巻き込まれる、という筋のコメディーです。助演の中国娘がベタにカンフー使い、という設定。ちゃんと中国でロケしている立派な娯楽大作です。
 早口のアーンミーヤで台詞はあまり聞き取れないのですが、台詞がわからなくても楽しめるくらい、良くできた映画です。香港映画やハリウッド・コメディーにもひけをとりません。日本で見ることはできないのでしょうか。字幕をつけて上演したら、結構人気になると思うのですが。
 ムハンマド・へニーディーというコメディー俳優も、この映画自体も、かなり有名とのことです。この俳優さんは他の映画でも見た覚えがありますが、確かにすごく面白いです。
 ちなみに、この映画の中で、中国人が「ボーヤ、ボーヤ、ボーヤ!」と言いながら携帯電話を車の窓から投げ捨てる場面があります。لا لا لاと字幕がついていたので、「ノー」の意味だと思います。時々エジプト人がわたしを見て「ボーヤボーヤ!」と叫んでいたのですが、元ネタはこの映画だということが分かりました。叫んでいるエジプト人も意味もわからず変な中国語とだけ思っているのでしょうが、こっちも中国語はまったくわからないです。最初は「坊や」のことかと思い、超意味不明でした。いや、ネタがわかっても相変わらず意味不明ですが・・。

 近所をブラついて、ナッツ屋さんで木の実を買う。
 このナッツ屋さんの店員さんが、大衆向けの普通の店なのに、エジプト人とは思えないほど(失礼)礼儀正しくて、感動しました。両替もイヤな顔一つせずやってくれて、ナッツも安くておいしかったです。

 帰りに売店で飲み物を買おうとしたら、珍しく働いている女の子に話かけられる。
 カイロ大学の学生で、卒業したら給料の良い国に働きに行きたい、みたいなことを話していたのですが、今ひとつ聞き取れず、聞き返しても「なんでわかんないのよ」という雰囲気で大声で同じことを繰り返すだけで、おまけに料理中に出てきたらしく右手の包丁を振り回しながらのトークだったので、ちょっとビビりました。エジプトの女子は怖いっす。
 ちなみに、「カイロ大学の学生」には数え切れないくらい出会いましたが、そのほとんどが日本で「大学生」と言ってイメージするような人種ではありません。年齢もばらばらで、大抵は働いています。
 こう書くと「苦学している立派な青年たち」をイメージされるかもしれませんが、必ずしもそんな清い雰囲気ではなく、ワイルドすぎてついて行けない人もいます。そういう時は、つくづく自分が籠の中でしか生きられないひ弱な人間なのだと思い知らされます。

DSCN4250
スイカ売りのロバ posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アラビア語  文化  映画  テレビ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. محمد هنيدي(ムハンマド・へニーディー)のفول الصين العظيم(フール・ッシーン・ル=アジーム 偉大なる中国の豆)|2009/08/22(土) 04:30:53|
  2. エジプト留学日記

エジプトのテレビの言語 アラブの時代劇

 エジプトのテレビで言語を観察すると、固めのニュースとか宗教番組、偉い人の演説などは、フスハーです。特にニュースは定型的な語り口をするものなので、アラビア語に限らず、一般に聞き取り易いものです。また、子供向けのアニメなども、教育目的でキレイなフスハーの場合があります。
 これが討論番組などになると、段々アーンミーヤっぽくなってきて、ムサルサル(テレビドラマ)とか外国の娯楽映画の吹き替えになると、すっかりアーンミーヤです(少なくともわたしにはそう聞こえる)。フスハーとアーンミーヤの関係を巡って「識者に聞く」みたいな番組がよくあるのですが、フスハーの重要性を訴えている知識人の言葉が、結構アーンミーヤぎみだったりして、ちょっと可笑しいです。
 バラエティ、お笑い番組なども、非常に難しいです。お笑いは、言語を問わず一番外国人にとって難しいものだと思いますが、フスハーとアーンミーヤの距離があるため、アラブでは格別難しいです(アーンミーヤから入った人にとってはそうではないでしょうけれど)。
 ところが、今日気づいたのですが、同じドラマでも歴史物になると、フスハーで喋っているのです。イスラーム草創期のエピソードを扱ったドラマ(映画?)を見たのですが、発音の一部がエジプトなまりですが、ほとんど綺麗なフスハーで、わたしにとっては非常に聞き取り易かったです。日本で言えば、時代劇で「ござる」とか言っているようなものかもしれませんが、フスハー自体は日本語古文と違って、一定の領域ではちゃんと使われているので、まったく同じ事情ではありません。細かく観察すると、タシュキールがやたら誇張されていたり、表現が現代的でなかったり、ニュースのフスハーと違って「時代っぽさ」を意識的に演出しているのがわかります。
 ちなみに、劇中では「偶像崇拝者」がベタにわけのわかんない石像を拝んだりしていて、笑ってしまいました。日本の信心深いおばあちゃんとかは、彼らから見るとこういうのと同類なのでしょうか・・・。
 もちろん、フスハーでも格調高い「本物の古いフスハー」(クルアーンやハディース等)は非常に難しく、一口にフスハーと言ってもニュースと古いテクストとでは雲泥の差がありますが、所詮はドラマのフスハーなので、外国人にとっては、うまいこと一番聞き取り易いスタイルに落ち着いてくれているようです。
 アラビア語を学習されている方は、ニュースや子供向け番組と並んで、時代劇をチェックすると役に立つかもしれません。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  カイロ  留学  アーンミーヤ  テレビ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトのテレビの言語 アラブの時代劇|2009/08/06(木) 06:17:36|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。