スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツの裏側

100513_1.png
スポーツの別の側面 個人レッスンと職務外の選手権

 サッカーから体操まで、若者たちはスポーツの大会でプレイすることを夢見るものだ。ある者たちは「個人レッスン」以外に選手権への道をみつけられず、また別の者たちは世界ランキングや国際的なメダルを手にし、他の者は「ベンチの上」で終わる。
 ある者たちは危険な病に犯され、ある者たちはトレーナーのせいでプレイが嫌になり、別の者たちは、競技を続けるものの、悪魔の誘惑に負けておざなりになっていく。
 誰も見たことのないスポーツの世界の舞台裏を、本紙がお届けし、選手たちの、競技とは別の面を論じる。
الوجه الآخر للرياضة: دروس خصوصية وأبطال خارج نطاق الخدمة

100513_2.png
「出張」トレーナー チャンピオンになりたかったら、有難うと言うんだ

 化学のクラスと異なり、このジャンル、スポーツの個人レッスンというのは、新しい考えのようだ。両親の要望、子供たちのトレーナ、「教育センター」これらは皆「メダルへの道」のためだ。薄給のトレーナー、スポーツが未来の唯一の希望になった青年、教育の重圧を受ける両親、「スポーツ訓練」はこの円環を閉じるものなのだ。
 「お金のあるヤツは立派なチャンピオンになり、そこそこの金しかないヤツはそこそこの選手になり、お金のないヤツは何にもできない」。このようにアイン・スィーン(私営スポーツクラブオーナー)(訳注:名前はイニシャル)は、「スポーツコースビジネス」についての話を始めた。「プライベートレッスンをやっていないクラブなんてありません。トレーナーと私営クラブにとっては、割の良い仕事だからです。けれども、同時に、トレーナーたちにとっては骨の折れることでもあります。なぜなら、彼らはクラブで働いて、それからレッスンを行っているのだから。最大の困難は保護者たちにのしかかっています。息子たちをチャンピオンにするのに、大変な出費をしているのだから。わたしも、このレッスンに苦しめられている保護者の一人です。
 わたしは三つのクラブのメンバーだけれど、息子をチャンピオン級の体操選手にしてくれるクラブは一つもありませんでした。そこで個人レッスンを頼んだのです。実際、息子はチャンピオンになりました。しかし、レッスンと、それからこのスポーツによる怪我の治療と処置費で7年間で700,000ギニーを支払ったのです」。
 クラブのオーナーというのは、とても特別な立場だ。子供のためにこの金額を支払った後、レッスンの別の側面を見つけ出した。「息子のレッスン中、わたしはいつも一緒にいたので、このスポーツの技術的な基礎についての知識が付いたんです。またほとんどすべてのトレーナーたちと知り合いになりました。そこで、私営体操クラブを作る、という考えが浮かんだんです。利益は確実でした」。
 匿名希望のある体操トレーナーは、以前は別の考えを持っていた。「トレーナーを責めるべきではありません。責めるべきは、教育の腐敗です。学校でスポーツ教師を重視せず、生徒の才能を支えることができないのです」。
 スポーツ国民会議と教育省スポーツ連合は、海外で行われているように、学生と優れたスポーツ選手養成のための組織を設立すべきだ。しかしここでは、スポーツ選手たちは一つ一つ物事を乗り越えていかなければならない。彼らの能力を越えるものに直面しているのだ。最初にクラブで、いつも安月給を嘆いていて、良い選手の育成に興味を持たないトレーナーと練習する。それからプライベートレッスンを選ばざるを得なくなる。別のトレーナーかもしれないし、クラブの同じトレーナーかもしれない。最終的な敗者は選手だ。というのも、練習ばかりで選手生命を短くし、余計なことが多すぎて時間を浪費してくからだ。
 プライベートレッスンの世界には、地域格差があるようだ。ムハンマド・イル=バーズは語る。「わたしたちトレーナーは、選手の参加料を決めているが、この価格は地域によって異なる。例えばナスル・シティの価格はギザより高い。しかし、サッカーの参加料は安いと言っていい。水泳やテニスの時間あたりの価格は非常に高額だ」。
 サッカートレーナーのワリードキャプテンは、その個別授業で、選手への精神論を用いている。「サッカーにはコネはない。君たちの努力とサッカーへの愛で、みんなが愛する選手になるんだ。成功すれば、いつかガマール・ムバーラクやアラーゥ・ムバーラク(訳注:ムバーラク大統領の子息)のようになれるかもしれない」。ワリードはプライベートレッスンについて、短く語る。「僕たちはプロなんだ。この子供たちはグラウンドの財産で、この仕事は未来のためのものなんだ」。
 バスケットボールトレーナーのアイマン・アブドゥルムンイムもまた、こう語る。「プライベートレッスンは、トレーナーにとっても選手にとっても、決定的なものになってしまった。だが、選手をゆすってクラブや特別な体育館で練習するトレーナーもいる。もちろんこれは詐欺だ。私営のセンターが広がるに連れ、いくつかの体育館は有名な選手の名前を使って、彼が学校のオーナーだとか、トレーナーをやっているなどと騙り、入会者を多く集めようとしている」。
المدرب «الدليفرى»: لو عايز تبقى بطل.. كلمنى شكرا
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  スポーツ  サッカー  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. スポーツの裏側|2010/05/13(木) 23:37:32|
  2. 新聞・メディア

サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑?

 以前に、サッカーU-20ワールドカップ(エジプト式だと「ワールドカップ・ユース」)のムハンマド・タラアト選手が、コカコーラのCMで、日本語で「コカコーラ」と書かれたTシャツを着ている、と話題にしました(元記事はこちら、動画あり)。
 今日新聞で、このムハンマド・タラアト選手が、正にこのTシャツのせいで「イスラエルの犬」疑惑をかけられている、という凄いニュースを見つけました。

サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑?
サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑? posted by (C)ほじょこ

 「ユース代表のスポンサー企業、エジプト代表のTシャツに、ヘブライ語でイスラエルのマークを載せる」。
 記事によると、問題はムハンマド・タラアト選手の着ているTシャツに、イスラエル企業B.M.B社の名前がヘブライ語で書かれている、というとのこと。
 この件についてタラアト選手に取材したところ、「Tシャツはスポンサー企業によるもので、個人的に選んだものではなく、スポンサー企業(コカコーラ)と代表組織の合意によるもの」とのこと。また、代表チームのマーケティング部長は「広告はスポンサー企業の責任によるもので、代表チームに責任はない」とコメント、代表チーム組織委員長も「スポンサー企業の要請によるもの」と言っています。

 一体これのどこにヘブライ語があるのでしょうか。最初は細かい字のところにあるのかと思ったのですが、動画でも写真でも視認できません。ヘブライ語はまったく知らないのですが、アラビア語とは同じセム系でノリくらいはつかめるので「もしや」と思い「BMB」に相当する文字を拾ってみたら、次のようになりました。

במב

 「コカ・コーラ」の「コカコ」が、この「BMB」という企業のヘブライ語表記だと勘違いされたようです。確かに似ています。
 日本語はまったく読めず、ヘブライ語なら読める、という人が見たら、そういう風に受け取ってしまうのかもしれません。タラアト選手はとんだ災難ですが、この記事も突っ走りすぎでしょう。「コカ・コーラ」の「-ラ」の立場はどうなったのでしょう。
 左派系の新聞の記事だったので、政府系の新聞に電話して一報入れたら、金一封くらい貰えるかもしれません(笑)。

 ちなみに、タラアト選手が長髪であることも、こういう疑惑を持たれた一因のようです。エジプトで長髪の男性というのは、かなり突っ張った思想の持ち主だと思われたも仕方ないですし、以前から快く思っていない人たちがいたのでしょう。
 でも、彼のおでこには、若いのにはっきりとした礼拝ダコがあり、信仰熱心な人であることは一目瞭然です。長髪でツッパったファッションでも、信仰心には事欠かない感じが、個人的にはすごく応援したくなるのですが、人を見かけで判断するクダラナイ奴らがエジプトにも多いようです。

 百歩譲って本当にイスラエルの宣伝Tシャツを着てしまっていても、どう考えても彼個人には何の責任もない、と思っていたのですが、今日先生にこの記事の話題を振ったら、驚いたことに「いや、彼にも責任がある」と言われてしまいました。
 「イスラエルと我々の間には、どこまで行っても心の中では問題がある。撮影の時にTシャツを見て着たのだから、着た時点で彼にも責任がある」とのことです。彼はヘブライ語も日本語も読めないと思うのですが・・。

 日頃イスラエルを悪し様に罵っているわたしですら、この話題になった時のアラブ人の気迫には、ちょっとビビるものがあります。
 「もちろん、イスラエルとの問題は政治的なものであり、宗教的なものではない。ユダヤ教、キリスト教とは、統合的متكاملな関係(お互いに支えあい完成するイメージ)にある。だが、残念なことに、政治的な問題が宗教的な面を被ってしまっている」「アメリカからユダヤ教徒の学生が来ても、普通の学生と変わらないし、歓迎する。また、イスラエル人でも受け入れはするし、彼または彼女個人は『敵』ではない。だがイスラエル人は仕事だけの関係だ。決して友達ではない」。

 コカコーラについては、アメリカ消費文明の象徴だけあって、様々な陰謀説が尽きませんが、特にアラブ世界では、「ユダヤ系企業としてのコカコーラ」に対して、単に政治的というより、妄想に近い反感を抱いている人がいます。「コカコーラ」の英語文字を組み替えるとアッラーを誹謗する内容になる、とかのトンデモ説を大真面目に語る人もいます。
 一部のトンデモ好きな人たちのものではなく、他の面では至って合理的に振舞う教養ある人物の口からこういう説が出てくると、問題の根深さを憂わないでいられません。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  イスラーム  ヘブライ語  サッカー  新聞  陰謀説  コカコーラ  ユダヤ  スポーツ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. サッカーエジプト代表ムハンマド・タラアト選手にイスラエルの犬疑惑?|2009/10/09(金) 03:32:07|
  2. 新聞・メディア

エジプトがイタリアに快勝、フスハー、ナンバルワン!

 なぜか二日続けてDさんと会いました。といっても、二日ともカフェでサッカーを観戦していただけです。
 今日はエジプトが4対2でイタリアに快勝! ショクリーという選手が二点、途中交代で入ったボギー選手が二点です。「シュクラン、ヤー、ショクリー! シュクラン、ヤー、ショクリー!」という実況のフレーズが耳にこびり付いています。語呂がいいですね。
 サッカーに興味のないワタクシですが、マクハーでも通りでも、至るところで屋外に出したテレビを前に人々が熱狂していると、やっぱり気になります。日本では長年一人暮らしで、つい最近までそもそもテレビも持っていなかったのですが、みんなでテレビを見るって結構楽しいです。
 ちなみに、エジプト代表にムハンマド・タラアトという長髪のイケメン選手がいるのですが、中継の途中で流れるコーラのCMで、彼が「コカコーラ」と日本語で書いてあるTシャツを着ています。



 ハーフタイムとか試合後に、いつものようにあちこち線を引いた新聞を見せて「これどういう意味?」「何か例文作れない?」とか子供のようにまとわり付くと、辛抱強く教えてくれます。ほとんどのエジプト人は、こういう質問をしても役に立つ答えを返してくれないのですが(日本人だって一緒でしょう)、彼の説明はいつもわかりやすく、教師の才能があるんじゃないかと思います。
 もちろん、試合中はまったく相手にされませんが・・。

 エジプトでは、とにかく皆異様にフレンドリーに声をかけてくるので、最初の頃はホイホイ相手になって友達になれた気でいたのですが、向こうから来るのは男性だけで、かつ男性と適度な距離で普通の友達関係を維持するのが、日本の百倍難しいです。最初の頃は要領を間違えて、関係が切れてしまった人が沢山います。
 完全に絶ってしまうのが一番安全なのですが、それではつまらないし、率は低いですが、ちゃんと友達になりたい人というのはいます。無謀かもしれないし、ムスリムが大多数の国で愚かな行動をしているかもしれませんが、できればうまく交友していきたいです。「どんな信頼できそうな人でも、二人きりにならない」「友人関係であることを繰り返し強調する」とか、日本より遥かに大切です。

 そんな中、なぜかDさんとは細く長い縁が続いています。彼はドイツ人相手のガイドで、単にカイロに来て最初に泊まっていたホテルのロビーで知り合っただけなのですが、海外経験もありインターナショナル・マインドがありながら、同時にフスハーをこよなく愛していて信仰熱心なところが、付き合い易いのかもしれません。
 ガチガチのローカルな人というのは、やはり正直付き合い易い対象ではありません。外国人が価値観や言語の相違でどんなところがしんどいのか、まったく理解できないことが多いからです。もちろん100%理解されることも理解することもできないのですが、できないなりに「こいつは日本人やし違うんやな」くらいは察して欲しいのが率直なところです。
 一方で、やたら欧米かぶれで英語ばかり喋っている人種もそりが合いません。「フスハーなんて誰も使わないよ」みたいな態度を取られると、フスハー愛しさに仕事やめてまでエジプトに来ている身としてはムカッときます(笑)。
 Dさんと最初に出会った時は英語で会話していたのですが、その後フスハー、最近は主にアーンミーヤで時々フスハー、という具合に、言語を合わせてくれているのも助かります。

 少し前に彼とはちょっと気まずいことがあり、わたしが「それはハラームだ、誰もいなくてもアッラーは見ている」と非難してしまったことがありました。「正式にムスリムでもないわたしがそんな僭越なことを言っても、何の価値もないだろうな」と思っていたのですが、先日会った時に、彼がその言葉を持ち出して、謝ってくれました。
 もう今では怒ってもいなかったので「気にしないでいい、別に怒ってないし悲しくもない」と言ったところ、「いや、僕が悲しかったんだ。君はムスリムでないのに、アッラーはいつも見ていると、正しいことを言った。後になってとても恥ずかしかった」と、エジプト人なのに(失礼)びっくりするくらい謙虚な姿勢で、一段株が上がりました。

 その彼が、最近すっかりアーンミーヤに振り回されていて、高速アーンミーヤがさっぱり聞き取れずにションボリしているわたしに「フスハーが第一だ、まずフスハーの勉強をしっかりして、アーンミーヤはその後でいい」と言います。
 逆のことを言うエジプト人は沢山いるのですが、こんな言葉を先生以外から聞くのは珍しいです。
 「フスハーで話しかけられて笑うエジプト人がいるかもしれないが、それは彼らの方が間違っている。きちんと話せば、必ずフスハーで通じる。無知なヤツらの言うことに耳を傾けちゃだめだ。僕は小さな村の出身だけれど、そこの方言でもカイロ方言とは違う。アーンミーヤなんて、エジプトでしか通じない」
 「そうは言っても、わたしもみんなが話している会話を理解したいんだよ」
 「僕はドイツ語を学んでいるけれど、ドイツ人同士が早口で会話していると、ほんの一部しか聞き取れないことがよくある。外国語なんだから、全部を理解する必要なんてない。フスハーだけでも大変なことだ」
 そう言われると、ちょっと勇気が出てきました。
 いや、アーンミーヤはアーンミーヤで面白いので、コツコツ勉強していきますが、初心を忘れずフスハーを大事にしたいです。
 今日は初対面の彼の友人もちょっと同席したのですが、わたしがアーンミーヤが下手だと聞いていたらしく、最初から見事なフスハーで喋ってくれて、感激しました。軽々しく握手を求めないでジェントルマンでした(エジプトでは、男性が女性に対する時は、女性が手を出すまで握手を求めないのが礼儀正しい。でも外人だと見ると自分から手を出してくる男性が非常に多い)。

 フスハーを読んでいると、それが唯の新聞記事でも、子供向けの本でも、何か荘重で、大きな存在に包まれているような安心感があります。大きな熊にだっこされているみたいです。何でしょうね、これは。歴史のある言語ならではの重さなのでしょうか。
 フスハー、ナンバルワン!です。

エジプト・イタリア戦観戦
エジプト・イタリア戦観戦 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  アラビア語  フスハー  アーンミーヤ  スポーツ  サッカー  CM 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトがイタリアに快勝、フスハー、ナンバルワン!|2009/10/02(金) 12:51:08|
  2. エジプト留学日記

ストリートで見るサッカー・エジプト・パラグアイ戦

 ダハブから早朝帰った日は、たまっていた日記を一気に書いて、夕方に所用でザマーレクに。日本人駐在員の方が大勢住んでいるお大臣な地区ですが、初めて足を踏み入れました。あまりのゴージャスさに目が回りそうです。
 映画に出てくるカイロを見て「これは本当にわたしの住んでいる町なのか」といつも不思議に感じていたのですが、きっとこういう場所でロケしているのでしょうね。東京だって広いですから、どこの町でもキレイな所と汚い所はあります。
 めちゃくちゃ道に迷って、十回以上道を尋ねたのですが、例によって聞く人ごとに答えが違って、一時間くらいさ迷いました。

 翌日、授業があると思っていたら、予定の時間に先生が来ません。
 電話してみると、「ヨーム・ル=イツナイン(月曜日)」と言ったつもりが「ヨーム・イツナイン(二日)」と勘違いされていました。こんな簡単なことを伝え損なっていた自分に絶望します。

 授業再開が翌日ということになってしまったので、翌々日から海外に行ってしまう友人に挨拶しようと、ウストゥルバラドへ。
 まだ時間が早かったので、アメ大の図書館に寄るも、欲しい本はなし。ブラブラしてから適当なカフェテリアに入り、お茶を飲みながら新聞を読んだり勉強したりして過ごします。
 頃合を見て友人にメールしたところ、仕事で9時にならないと空かない、とのお返事。勉強続行し、時間になってから待ち合わせのカフェに移動しました。

 少し遅れて友人着。
 通りに出したテレビで、皆がサッカーのエジプト・パラグアイ(エジプト式だと「バラグワーイ」)戦を観戦しています。
ストリートで見るサッカー
ストリートで見るサッカー posted by (C)ほじょこ
 サッカーに全然興味がないのですが、エジプト人は感情表現が一々オーバーなので、選手の表情やオーディエンスの凄まじい盛り上がり方を見ているだけで楽しいです。中継は部分的にしか聞き取れないのですが、ベタベタのアーンミーヤかというとそうではなく、基本は超高速のフスハーで、中継独特の表現、口語表現が混ざっているのがわかります。日本でもスポーツ中継には独特の言い回しがあり、そのスポーツに馴染んでいる人以外には難しいことがあるので、無理もないかな、と自分を慰めておきます。
 試合は一対一のまま後半戦のロスタイムに入ったところで、パラグアイがゴール。その瞬間に、エジプト人が一斉に席を立ったのが面白かったです。映画のエンドロールを見ないで帰る客みたいです。「もうあかんあかん、無駄や無駄や! 帰ろ!」という感じ。

 しばらく友人とそのまた友人とダベる。言語はアラビア語と英語半々くらい。彼らがやたら英語で話そうとするので、意地になってアラビア語で返してウザがられます(笑)。
 映画のエキストラバイトの話を聞く。このエキストラバイトについては、あちこちで悪い噂を聞いていたので、話半分に適当に流します。
 ピンハネされるとかは構わないのですが、やたら拘束されたり、変な格好をさせられるのはイヤです。それさえないなら、一日二日くらい遊びで参加しても面白そうなのですが、彼らの約束はまったくアテにならないので、とりあえず様子見にしておきます。

 友人がナイトクラブに連れて行ってくれる。豚インフルのせいか、入場前に熱を測られました。
 といっても、正直嬉しくないです。彼が旅立つ直前のお別れ会なので、頑張って笑顔でお相手しましたが、キリスト教徒(のはず)と外人だけが、お酒を飲んで踊っているような場は、ただひたすらに苦痛です。音楽やダンスそのものは大好きですが、こういう空気の悪い閉鎖空間は大嫌いです。日本のカラオケだって御免です。歌やダンスは神様に見せるものだから、お空の下でやらなきゃダメです。
 しばらく我慢していたのですが、耐え難くなって「外に出よう」と言い、その後はカフェでお喋り。

 日本の善良なアルコール愛好者の方には申し訳ないですが、やっぱりお酒は好きになれないし、お酒を飲んでいる人と話すことも何もありません。
 彼はカイロに住んでいるだけあって、そういうアルコールに対する嫌悪感は理解するのですが、何か根本的なところで別人種のように感じます。
 ダーリンも両親もお酒をたしなむし、わたし自身かつてはお酒を飲んでいたので、他人が飲んでいる分には干渉する気はないのですが、こういう「お酒はハラーム」という価値観が基本にあるような国でまでアルコールを摂取するのは、やはりどうかと思います。せめてエジプトにいる間だけでもやめられないのでしょうか。先日ダハブで会ったロシア人が「モスクワではウォッカを飲むが、エジプトではお酒は飲まない」と言っていたのがとても素敵でした。

 メトロを逃してしまったので、久しぶりにカイロでタクシーに乗って帰宅。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  ザマーレク  スポーツ  サッカー  テレビ  ナイトクラブ  お酒 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ストリートで見るサッカー・エジプト・パラグアイ戦|2009/09/30(水) 19:25:14|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。