スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU

パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU
パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU posted by (C)ほじょこ

パレスチナ人、本日、ヨーロッパからエルサレムを同国首都とする承認を引き出そうとする イスラエルはスウェーデン提議を失敗させるべく注力

 東エルサレムをパレスチナ国家首都として承認することを呼びかけるスウェーデンの提議を検討するEU外相会議にて、パレスチナ人は本日、ヨーロッパからエルサレムを同国首都とする承認を引き出そうとした。パレスチナ当局は、アラブ諸国と連携し、スウェーデン草案を認め、パレスチナ問題に肯定的な立場を取るよう、ヨーロッパに鋭意働きかけていくと述べた。イスラエルは、採択が早々に中座するよう、ヨーロッパ首脳への働きかけを強めている。
 イスラエル紙「ハアレツ」への報告によると、イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフは、ここ数日、ヨーロッパ首脳との電話会談を行っている。ネタニヤフは、ヨーロッパ首脳部に、パレスチナ当局がイスラエルとの交渉プロセスを延期するよう、圧力をかけるよう求めた。同紙の付け加えるところでは、ネタニヤフの国家治安顧問ウージー・アーラードは、フランスのカウンターパート、ジャン・ダフィド・ロイドに電話連絡し、スウェーデン提案受諾を拒むよう説得した。
 パレスチナ側では、政府広報事務所長ガッサーン・アル=ハティーブ氏がラマラにて「ブリュッセルのEU外相会議にて本日始まるヨーロッパ会議の結果を待っている。明日には結果を見るだろう」と語った。ヨーロッパのパレスチナ人居留区では、スウェーデン提案承認とエルサレム支援のために、本日ブリュッセルでの座り込みが呼びかけられている。
 提案のいくつかの点は、議論の的になるであろうと予想されている。ヨーロッパの外交官たちは、エルサレムの地位についての項目に議論が集中するだろう、と述べた。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  パレスチナ  EU  エルサレム  スウェーデン  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. パレスチナを巡るスウェーデン提案とEU|2009/12/08(火) 05:16:05|
  2. 新聞・メディア

イスラエルの臓器売買疑惑

イスラエルの臓器売買疑惑
イスラエルの臓器売買疑惑 posted by (C)ほじょこ

ウクライナ、二万五千人の子供を臓器売買のために誘拐したとイスラエルを告発

 昨日、アメリカのニュース網CNNは、最近ウクライナ内の多くのニュースサイトが、イスラエル当局が二万五千人にのぼる子供の「集団殺害」を犯し、それをウクライナから臓器売買目的で取り寄せた、という疑惑を伝えている、と報じた。この嫌疑についてのイスラエル側からの公式の回答はない。
 イスラエル「ハアレツ」紙の回答によると、このニュースは旧ソ連の選挙キャンペーン中に出てきたものである。また、もう一つの出所は、数ヵ月後のあるスウェーデン紙の報道で、イスラエル軍が臓器を得る目的で大量のパレスチナの若者を虐殺した嫌疑を伝えるものである、という。
 この報告は、作家で学者のファイスルーフ・ジューディーンが、ウクライナの首都キエフで先週行われた会議で引用した話に拠る。イスラエル人が、イスラエル医療センターでの「交換用の肉片」のために、ウクライナから二万五千人の子供を二年間に渡って取り寄せた、というものだ。
 ジューディーンは、先週始めの「ビシードゥー」会議に参加した三百にのぼる学者の前で語ったところでは、ウクライナ人が、イスラエル人によって養子に取られた十五人のウクライナの子供についての広範な調査を行っが、結果は杳として知れず、ただ、医療センターが彼らを引き取り、彼らが「交換用の肉片」として用いられたことは明らかである。イスラエル紙の報じるところでは、ウクライナの哲学者が「すべてのウクライナ人が、イスラエル人の犯した虐殺行為の真実を知る必要がある」と付け加え、「ウクライナのユダヤ人が担っている役割を知るために、すべてのウクライナ人にこの情報を知らせなければならない」と続けた。
 一方、ロシア最高位のラビ、ビーリール・アーザール氏は、このウクライナ・メディアの流している報道を非難した。イスラエル紙は、彼の「ウクライナの政治秩序は、民主主義の馬鹿にした物真似と言える」との言葉を伝えている。
 およそ三ヶ月前にスウェーデンのウフトゥンブラディード紙が伝えた報告の後、イスラエルとスウェーデンの間には外交危機が勃発している、という。イスラエル兵らが、パレスチナの子供と青年を殺す前に、臓器を摘出した、というものだ。

 少しややこしいですが、疑惑は二つです。
 一つは、旧ソ連時代のウクライナで、イスラエルが大量の子供を臓器売買目的で養子に取った、というもの。これが最近になってウクライナで掘り起こされ、問題になっている、ということです。
 もう一つは、(おそらく最近)イスラエルがパレスチナ人を殺す前に臓器を抜き取っている、というもの。スウェーデンで報道されているそうです。

 伝聞の多い記事ですし、この手の記事に誇張や誤報が多いのは事実ですが、まったく根も葉もない噂と断じるのも早計です。なぜか日本では、イスラエルの数々の行いが「あり得ない」として真面目に取り上げられない傾向があるように見えますが、その「あり得ない」ことを本当にやってしまうのがあの人たちなので、一応留保して観察して頂きたいです。事実だとしたら恐ろしい話です。

 一方で、記事からは、「ウクライナのユダヤ人に注意しろ」という言論がウクライナで盛り上がっている様子が伺えますが、問題を「ユダヤ教」に帰してしまうのも危険です。問題はイスラエルという国家とシオニストの蛮行にあるのであって、宗教は直接的には関係ありません。ウクライナで暮らすユダヤ教徒のほとんどは、極普通の市民のはずです。
 在日朝鮮人の問題を思い出して、少し心配になります。

 もう一つ覚えておきたいのは、こうした記事は、エジプトの政府系の新聞にはまず登場しない、とういことです(この記事は非政府系新聞のもの)。別段、サーダートの結んだ和平と現在のエジプト-イスラエル関係を否定しようというのではありませんが(戦争よりはマシに決まっている!)、彼らが国民の思いを反映していないのもまた事実です。

追記:
 スウェーデンで報道されているパレスチナ人臓器売買については、8月の時点で以下等に日本語情報が出ていました。
IRIB日本語ラジオ
 イスラエル軍がパレスチナ人の遺体の臓器を略奪
 シオニスト、パレスチナ人の臓器売買の公表を阻止
 イスラエルによるパレスチナ人の臓器略奪

パレスチナの敵をストックホルムで討つな? - flagburner's blog(仮)
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  イスラエル  ウクライナ  ロシア  スウェーデン  パレスチナ  臓器売買  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. イスラエルの臓器売買疑惑|2009/12/08(火) 03:48:33|
  2. 新聞・メディア

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。