スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツの裏側

100513_1.png
スポーツの別の側面 個人レッスンと職務外の選手権

 サッカーから体操まで、若者たちはスポーツの大会でプレイすることを夢見るものだ。ある者たちは「個人レッスン」以外に選手権への道をみつけられず、また別の者たちは世界ランキングや国際的なメダルを手にし、他の者は「ベンチの上」で終わる。
 ある者たちは危険な病に犯され、ある者たちはトレーナーのせいでプレイが嫌になり、別の者たちは、競技を続けるものの、悪魔の誘惑に負けておざなりになっていく。
 誰も見たことのないスポーツの世界の舞台裏を、本紙がお届けし、選手たちの、競技とは別の面を論じる。
الوجه الآخر للرياضة: دروس خصوصية وأبطال خارج نطاق الخدمة

100513_2.png
「出張」トレーナー チャンピオンになりたかったら、有難うと言うんだ

 化学のクラスと異なり、このジャンル、スポーツの個人レッスンというのは、新しい考えのようだ。両親の要望、子供たちのトレーナ、「教育センター」これらは皆「メダルへの道」のためだ。薄給のトレーナー、スポーツが未来の唯一の希望になった青年、教育の重圧を受ける両親、「スポーツ訓練」はこの円環を閉じるものなのだ。
 「お金のあるヤツは立派なチャンピオンになり、そこそこの金しかないヤツはそこそこの選手になり、お金のないヤツは何にもできない」。このようにアイン・スィーン(私営スポーツクラブオーナー)(訳注:名前はイニシャル)は、「スポーツコースビジネス」についての話を始めた。「プライベートレッスンをやっていないクラブなんてありません。トレーナーと私営クラブにとっては、割の良い仕事だからです。けれども、同時に、トレーナーたちにとっては骨の折れることでもあります。なぜなら、彼らはクラブで働いて、それからレッスンを行っているのだから。最大の困難は保護者たちにのしかかっています。息子たちをチャンピオンにするのに、大変な出費をしているのだから。わたしも、このレッスンに苦しめられている保護者の一人です。
 わたしは三つのクラブのメンバーだけれど、息子をチャンピオン級の体操選手にしてくれるクラブは一つもありませんでした。そこで個人レッスンを頼んだのです。実際、息子はチャンピオンになりました。しかし、レッスンと、それからこのスポーツによる怪我の治療と処置費で7年間で700,000ギニーを支払ったのです」。
 クラブのオーナーというのは、とても特別な立場だ。子供のためにこの金額を支払った後、レッスンの別の側面を見つけ出した。「息子のレッスン中、わたしはいつも一緒にいたので、このスポーツの技術的な基礎についての知識が付いたんです。またほとんどすべてのトレーナーたちと知り合いになりました。そこで、私営体操クラブを作る、という考えが浮かんだんです。利益は確実でした」。
 匿名希望のある体操トレーナーは、以前は別の考えを持っていた。「トレーナーを責めるべきではありません。責めるべきは、教育の腐敗です。学校でスポーツ教師を重視せず、生徒の才能を支えることができないのです」。
 スポーツ国民会議と教育省スポーツ連合は、海外で行われているように、学生と優れたスポーツ選手養成のための組織を設立すべきだ。しかしここでは、スポーツ選手たちは一つ一つ物事を乗り越えていかなければならない。彼らの能力を越えるものに直面しているのだ。最初にクラブで、いつも安月給を嘆いていて、良い選手の育成に興味を持たないトレーナーと練習する。それからプライベートレッスンを選ばざるを得なくなる。別のトレーナーかもしれないし、クラブの同じトレーナーかもしれない。最終的な敗者は選手だ。というのも、練習ばかりで選手生命を短くし、余計なことが多すぎて時間を浪費してくからだ。
 プライベートレッスンの世界には、地域格差があるようだ。ムハンマド・イル=バーズは語る。「わたしたちトレーナーは、選手の参加料を決めているが、この価格は地域によって異なる。例えばナスル・シティの価格はギザより高い。しかし、サッカーの参加料は安いと言っていい。水泳やテニスの時間あたりの価格は非常に高額だ」。
 サッカートレーナーのワリードキャプテンは、その個別授業で、選手への精神論を用いている。「サッカーにはコネはない。君たちの努力とサッカーへの愛で、みんなが愛する選手になるんだ。成功すれば、いつかガマール・ムバーラクやアラーゥ・ムバーラク(訳注:ムバーラク大統領の子息)のようになれるかもしれない」。ワリードはプライベートレッスンについて、短く語る。「僕たちはプロなんだ。この子供たちはグラウンドの財産で、この仕事は未来のためのものなんだ」。
 バスケットボールトレーナーのアイマン・アブドゥルムンイムもまた、こう語る。「プライベートレッスンは、トレーナーにとっても選手にとっても、決定的なものになってしまった。だが、選手をゆすってクラブや特別な体育館で練習するトレーナーもいる。もちろんこれは詐欺だ。私営のセンターが広がるに連れ、いくつかの体育館は有名な選手の名前を使って、彼が学校のオーナーだとか、トレーナーをやっているなどと騙り、入会者を多く集めようとしている」。
المدرب «الدليفرى»: لو عايز تبقى بطل.. كلمنى شكرا
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  スポーツ  サッカー  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. スポーツの裏側|2010/05/13(木) 23:37:32|
  2. 新聞・メディア

ミド選手、イギリス人女性にクレジットカードを使い込まれる

イギリス人女性、ミド選手から46,000英ポンドを盗む
イギリス人女性、ミド選手から46,000英ポンドを盗む

 イギリス人女性が、イギリスのウェスト・ハム・ユナイテッドのプロ選手でエジプトのスター選手アフマド・ヒサーム・ミドから、46,000英ポンドを盗んだ。彼女は彼のクレジットカードを持ち、ドバイに旅行しそこで長期間過ごし、高額の衣料を購入し、ミドのクレジットカードで歯科治療を受け、40万ギニーにあたる額を使い込んだ。
 イギリス警察によると、女性がどのようにしてクレジットカードを手にしたかはわかっておらず、ミドは紛失も盗難も届け出ていない、という。
 ダリル・ローズ・ハリソンへの法廷の最終的判決が待たれる。彼女は来月21歳になり、現在同問題の支払責任により交流中である。
 ダリルは、以前より、6,000英ポンドを盗んだとして、母親に対する詐欺の容疑をかけられている。イギリス警察の捜査によると、ダリルは六人の友人のドバイ旅行に8,000英ポンド、ラップトップと衣類ほか個人的な物の購入に2,000英ポンド、歯の治療に5,800英ポンド、他の国への旅行に9,000ポンド使っている。
 ミドは、イル=ザマーレク移籍による週俸を犠牲に、英プレミアリーグに復帰し、イギリスのプロ選手の中では最低の俸給を受け、週俸1,000英ポンドに過ぎない。彼自身が会見で述べるところでは、この俸給は受け取らず、新たにもう一度活躍できることを希望に、見返りなしにプレーする。
فتاة إنجليزية تسرق ٤٦ ألف إسترلينى من اللاعب «ميدو»


Mido (footballer)
アーメド・ホッサム
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  イギリス  サッカー  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ミド選手、イギリス人女性にクレジットカードを使い込まれる|2010/02/14(日) 02:36:04|
  2. 新聞・メディア

サッカーが何であるかを、あなたに理解させるものは何か

サッカーが何であるかを、あなたに理解させるものは何か
サッカーが何であるかを、あなたに理解させるものは何か posted by (C)ほじょこ

 小さなコラム記事ですが、クルアーンを読んでいる方なら、タイトルで「クス」とするかもしれません。
ما أدراك ما كرة القدم
マー アドラーカ マー クラトゥルカダム
サッカーが何であるかを、あなたに理解させるものは何か
 というタイトルですが、これは、
ما أدراك ما ليلة القدر
マー アドラーカ マー ライラトゥルカドル
みいつの夜が何であるかを,あなたに理解させるものは何か
 という、スーラトゥ・ル=カドル(みいつ章)2節のもじりです。「ライラトゥルカドル」と「クラトゥルカダム」も音が似ています。
 こういう「クルアーンネタ」というのは、ご法度なのではないかと気をつけていたのですが、品位ある内容であれば許されるようです。考えてみると、今までにも似たようなものを目にした気がするし、わたしの教養が足りずに気づかないだけで沢山あるのかもしれませんが、どの辺が「やりすぎライン」なのか微妙そうなので、自分ではなかなか使えません(笑)。

 この記事を訳してみようとしたのですが、詩文形式でエライ格式高い文章になっていて、正直まったく自信がありません。雰囲気を伝える参考までにヘボヘボの訳を載せてみますが、沢山間違っているので、笑って許してやってください。
 要するに、昨今のサッカーがらみの問題について、心ある方々はキチンと嘆いている、ということです(笑)。

アラブの民よ、世界が笑っているぞ 足の発明を囲い込んでしまって以来
手綱は頭より足に落ちた 端綱は闇の愚者と成り果てた
知性は狂乱し、分別の彼方 振る舞いは道徳と価値に遠くある
民は学問と文学で競っていた 足の一蹴りは高みにあった
兄弟に対し、愛ある眼差しを送っていた それが敵意と下劣さの山で返された
スポーツは心身の基礎たるものだ 今や殴る蹴るの領分だ
願いの極みは十億のキック だが病気や疾病から癒されたか?
願いの極みは十億のキック だがテント暮らしの者の飢えに応えたか?
願いの極みは十億のキック だがバラバラになった者たちを秩序の元に集められたか?
友がライバルとして来ればガズワとなる バドル、ハンダク、栄光ハイバルにはこれがなかった
歴史とアラブ性は溶けた蝋燭 サッカー場が燃えれば集まってくる
十一の選手は努力を交わす 無数の夢中になった者たちが踊ったり落ち込んだりしている
ゴールを取ればピラミッドを築く あるいは学と知を声高に罵る
ゴールを取れば、この世に場所などあろうか? あるいは二人の多神教徒と続く列が不幸と闇と共に訪れるのか
破壊と混乱が断絶以外の何より遠かろう? その遠さは、後悔の指を噛むのに供するのか?
旗を高く掲げ 扇動を煽る 惨めな狂信へと堕ち退いてしまった
勝利を飾り立て敗北に委ねなかった アラブそのものが、サッカー競技場で敗れたのだ!

 バドル、ハンダク、ハイバルというのは、イスラーム草創期の合戦の名前です。ガズワというのは戦争のことですが、普通の戦争ではなく、イスラーム草創期の預言者の戦い、という含みがあります。
 もっと勉強するです・・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  サッカー  クルアーン  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. サッカーが何であるかを、あなたに理解させるものは何か|2009/11/26(木) 22:56:25|
  2. 新聞・メディア

サッカーと犠牲祭の風刺漫画

 新聞の風刺漫画を二つ。アーンミーヤです。

アルジェリア問題の風刺漫画
アルジェリア問題の風刺漫画 posted by (C)ほじょこ

إحترم نفسك يا عديم الوطنية
شمتان قوي في محاسيب الحزب الوطني والناس المتلمعة وأعضاء مجلس الشعب إللي راحوا ماتش السودان

 「自分を大事にしろ、愛国心のない奴め。スーダンの試合に行った国民民主党の偉いさんとか、地位のある人とか、下院議員とかの不幸を喜ぶんじゃないよ」。
 例のアルジェリア騒動を背景にした漫画。スーダンまで試合観戦に行けるのは限られた人だけですが、そういう特権階級が散々な目に遭うのを喜んでいる子供をたしなめる、という内容。
 本当にひどい目に遭ったのは、在アルジェリアのエジプト人労働者なのですが。

羊とサッカーの風刺漫画
羊とサッカーの風刺漫画 posted by (C)ほじょこ

أهو خسروا الماتش وهيفوقوا علينا دلوقتي

 「見ろ、試合に負けて、いよいよ俺たちに目が向いたぞ!」
 サッカーに夢中だったエジプト人が負けて少し冷静になったところで、イード・ル=アドハーがやって来て、犠牲の羊が慌てている、という漫画。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  サッカー  アルジェリア  イード・ル=アドハー  新聞  カリカチュア  漫画 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. サッカーと犠牲祭の風刺漫画|2009/11/26(木) 05:37:52|
  2. 新聞・メディア

アルジェリア問題の背後にカタル企業?

アルジェリア問題とカタル
アルジェリア問題とカタル posted by (C)ほじょこ

政府筋 アルジェリアでの対ユーロスコム事件、背後にカタルの手
先の事件でエジプト企業に五千四百万ドルの損失 アルジェリアの方策は昨年七月に始まっていた

 先のアルジェリア人による攻撃で、ユーロスコム・テレコムの受けた損害は、五千四百万ドルに上ることがわかった。攻撃は、中央センター、営業所、倉庫、工場の三十九箇所に対し行われた。政府筋によると、同社への六億ドルの課税を含む、今に至るまでのアルジェリアの歩みの背後には、おそらくカタルの働き、とりわけ、アルジェリアにおけるユーロスコム・テレコムのライバル会社カタルQTELがあり、この方策は、単にユーロスコムのアルジェリア市場からの追放にとどまらないだろう、と警告している。
 情報筋が付け加えるところでは、アルジェリアが経済開放を控えるようになったのは、2008年7月のアルジェリア大統領アブドゥルアジーズ・ブトゥフリーカの演説に始まった。彼はこう述べている。「アルジェリアは、とりわけ投資の分野で、過去にいくつかの過ちを犯してきた。まさに改革の時が来た」。ブトゥフリーカは、アルジェリアにおける海外資本は、アルジェリア国民にもアルジェリア経済にも益をもたらさない、と述べ、アルジェリアでのモバイル運用許可のために七億三千七百万米ドルを課されたユーロスコムについては、三年後に二十億ドルの収益を上げ、アルジェリアには何の役にも立たなかった、と語った。
 情報筋の語るところでは、ブトゥフリーカは、エジプトの会社がアルジェリア市場で吸い上げた投資の大きさと、四十億ドルをモバイル網の普及に投じ、五万人のアルジェリア人雇用を生み出したことを忘れてしまった。
 情報筋の示すところでは、この時よりアルジェリアは同国投資規制を調整し、海外資本を規制しており、いくつかの会社にしつこくまとわりつくようになっている。財産規制法では、いかなる海外資本においても、アルジェリア人率が三十パーセントを下回ってはならないとし、収益の差し押さえが盛り込まれ、海外の会社は、税務状況の決算次期変更を禁じられている。

 段々陰謀論っぽくなってきていますが、これくらいならあり得るかな、というのが恐ろしいところです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アルジェリア  サッカー  カタル  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アルジェリア問題の背後にカタル企業?|2009/11/26(木) 04:55:30|
  2. 新聞・メディア

アルジェリア問題と大使の責任、アムル・ムーサー

 今、エジプトの新聞のトップニュースは、サッカーワールドカップ予選を巡る「アルジェリア騒動」関連ニュースで占められています。在アルジェリアエジプト人が、アルジェリア人の熱狂的ファンによる暴力的な攻撃や脅迫を受け、職場や住居を破壊され、エジプトに脱出するような事態になっているのです。
 試合時のエジプト人たちの狂乱ぶりは言語を絶するものでしたし、カイロでの試合ではアルジェリア選手団に石が投げられた、という噂も聞いたので、熱狂した一部の市民が暴走した、ということかと思っていたのですが、そんな生易しいものではなかったようです。
 アルジェリアで「エジプトで選手団が襲われ、アルジェリア人が殺された」という誤情報が流されたことが原因とも、その情報操作の背景にはアルジェリア国内の権力闘争があるとも聞きます。
 カイロでの投石が事実かどうかもわからないのですが、その噂を聞いた時には「嘆かわしい」と自国を批判していたF女史も、アルジェリアでの事件に発展してからは、アルジェリア批判に鞍替えしてしまいました。

アルジェリア問題とアムル・ムーサー
アルジェリア問題とアムル・ムーサー posted by (C)ほじょこ

 この記事は、社説のようなコラム記事で、このアルジェリア騒動を扱い、かつアラブ連盟事務総長アムル・ムーサーの名前が出ているので、気になって読んでみたのですが、アムル・ムーサーの名は最後にちらっと出てくるだけでした(笑)。
 アムル・ムーサーは、エジプト国民の中で非常に人気のある人物で、次期大統領の座を巡っては、法的状況から最も有利な位置にありながら国民には人気のないガマール・ムバーラク(ムバーラク大統領の次男)とは好対照を成しています。
 格調高い文章で(コラム記事は大抵普通の記事より難しい)、訳はかなり覚束ないのですが、参考までに載せさせて頂きます。頼りなくてすいません。

アムル・ムーサーの知性へ

 エジプトとアルジェリアの間の危機が長く続くことを望む者は、一人もいないだろう。両国間の関係が本来のものへ戻る日が来るのは疑いようもないが、その日がいつ来るのかはわからない。わかっているのは、その日がひとりでに来ることはなく、偶然に訪れることもなく、それに先立つ歩みが必要だ、ということだ。
 アルジェリア当局が、この危機にあってとった行動に出たのは、理由のないことではない。確固たる理由があったのであり、その理由のうちいくつかは我々の眼前で明らかとなっており、いくつかは模糊として知れない。
 理由のうち明らかなものに触れさせて頂けるなら、またアルジェリア国の振る舞いが、同国代表が十一月十四日の試合前に空港からホテルへの移動中に遭遇したことについて、カイロから伝えられた情報に帰するものだと述べさせて頂けるなら、その情報とは、アルジェリア中枢にも、外務筋にも伝えられておらず、情報源は限定されており、その第一のものも、別のものも、はっきりわかっている。
 最も重要な第一の情報源は、在カイロ同国大使アブドゥルカーディル・ハッジャールである。彼は、同国代表が熱狂的ファンからの投石に遭った、という、まったく事実ではない内容を打電していた。また彼は、在カイロアルジェリア人の死傷者が出ている、と試合直後に報告書に書いているが、これも一片も事実ではない。
 アルジェリア中枢が何らかの態度を示す、あるいは何らかの立場を採るなら、誠に当然のことながら、危機の最中に目にしたように、基本的に、我国にいる彼らの大使からの情報に頼ることになる。例えばブラジルにいる大使からの情報で態度を決める、などということは考えられない。
 ここにこそ、我々が扱っている危機の核心、もし同国当局が現在起こっていることを乗り越えたいなら越えなければならない核心がある。アルジェリア大使自身がその渦中にある状況を否定することはできず、起こったことはこの状況に負っているのであり、これに沿った振る舞いをしたのであり、意図的にであれそうでないのであれ、多くの問題をもたらしてしまったのだ。
 このすべてが目下の我々の主題、事件を追っているすべての者、すべての読者がやがて目にするであろう我々の真の主題なわけではないが、このような種類の大使は、彼とエジプト国の間で将来対話を再開することはできないし、彼の手の及ばないかもしれない理由により、両国の関係を修復することもできないし、この男は、わたしの評価では、すでに権限を失い、権限のための手段も失い、使い物にならなくなるのだ。
 大使の価値を貶めたり、彼やかの国の人々を悪し様に言いたくはない。もし彼が彼の書いたもの危機の初めからを見直してくれていたら、このような意思がわたしの側にはまったくないのを見たことだろう。わたしは、目にし観察し、示してきた現実を語っているのだ。おそらくは、状況の力が大使自身より強かったのだろう。他の首都であれば、彼はかの国に尽くすことができたのだろう。この件について、一体どちらに向かって良いのかわからない。アルジェリア中枢なのか、同国外務省なのか。この二者に、アブドゥルカーディル・ハッジャールに、できるだけ近い今後の外務人事にて、エジプトの職から去るよう求めて欲しい。危機の当事者ではない別の人物がこの地位につき、再建の道を進めるように。あるいは、アラブ連盟事務総長アムル・ムーサーに向かい、できるだけ近い機会に、この要望をアルジェリアに彼の方法で届けてもらうのか。事務総長は必ずこの亀裂の修復を望んでおり、我々を守ってくれるだろう。彼は、この種の亀裂が、この悲惨な一頁に参加しておらず、それを覆い隠してくれる、新しい大使の存在の元でなければ、修復不可能だとわかっている。

関連記事:
アルジェリア・エジプト問題の陰にアルジェリア大統領の後継者争い?
サッカー エジプト・アルジェリア戦の余波
サッカー エジプト・アルジェリア戦
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アルジェリア  サッカー  アムル・ムーサー  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アルジェリア問題と大使の責任、アムル・ムーサー|2009/11/25(水) 06:27:31|
  2. 新聞・メディア

アルジェリア・エジプト問題の陰にアルジェリア大統領の後継者争い?

アルジェリア騒動の背景に後継者争いあり?
アルジェリア騒動の背景に後継者争いあり? posted by (C)ほじょこ

続く怒りのデモ 弁護士たちがアルジェリアの旗を焼く 下院にて沈静化の指導

アルジェリア筋 病のブトゥフリーカとその兄弟が、権力継承のために反エジプト扇動を率いる

 フルトゥームでの試合に端を発するアルジェリアに対する怒りの反対行動が続き、何十人もの弁護士が「エジプト民衆への侮辱」に抗議し在カイロ・アルジェリア大使を追放するよう求め、アルジェリアの国旗を焼いた。エジプト代表を応援する人々がアルジェリア人によって受けた攻撃を非難し、デモはアラブ諸国大学通りへ進んだが、アルジェリア大使館に続くシッタ・イシュリーン・ユリヨ通りは治安封鎖されていた。アレキサンドリア、ポールサイード(ポートサイド)、スエズでもデモが行われた。
 下院が事態沈静化を指示する一方、アルジェリア観測筋が、アルジェリアにおける反エジプト扇動キャンペーンの背後には、アルジェリア大統領の兄弟サイード・ブトゥフリーカがいる、と明らかにした。彼は、不治の病に侵された大統領の三つ巴の後継者争いで、民衆の人気を集めている。アルジェリア情報筋が本紙に明かしたことでは、試合後の事件はアルジェリアの指導権争いによるもので、その背景には、アブドゥルアジーズ・ブトゥフリーカ大統領が重病で、この未婚の大統領が、兄弟のサイード・ブトゥフリーカに権力を引き継がせようとしていることがある。
 この情報源の明らかにするところでは、サイード氏こそが、カイロとアルジェリアにおけるエジプト権益に対する扇動行動を率い、同国での人気を勝ち取ろうとしたのだという。「試合でエジプト代表が勝っていたら、エジプト人虐殺が起こっていただろう」。

 真偽のほどは定かではありませんが、アルジェリアならあり得るかも、な話です。
 アルジェリア大統領の名前は、日本では「ブーテフリカ」と表記されるようですが、「ブトゥフリーカ」の方が耳で聞いた印象に近いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アルジェリア  サッカー  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アルジェリア・エジプト問題の陰にアルジェリア大統領の後継者争い?|2009/11/24(火) 05:53:51|
  2. 新聞・メディア
次のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。