スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気遣いの違い、聖俗分離の危うさ

 土曜日。
 話の流れで、日本とエジプトにおける「気遣い」の違いが話題になる。
 エジプト人はとにかくおせっかいで、常に人を助けるチャンスを狙っています。頼んでもいないのに「何か問題ない?」「困ったことがあったらいつでも電話してよ!」とやる気満々です。
 そして、うっかり「ちょっと体調が悪い」などと口にしようものなら、次から次にお見舞いコールがかかってきて、寝ている暇もありません(笑)。
 日本にも「声をかけてあげる親切」というのはありますが、同時に「放っておいてあげる親切」も尊重されます。逆にエジプトにだって、「他人に構いすぎるな」という発想がないわけではないのですが、比率として、圧倒的に「介入派」です。
 これが時に鬱陶しい、という話をしたところ、F先生は「それは面白い」と乗ってくれて、「確かに、エジプトでは、こちらから声をかけないと不親切ということになる」と言います。
 「わたし個人は、放っておかれても何も感じない。でも、以前に秘書の子が一日だけ体調を崩して休んだのだけれど、次の日学校に来たら、とても悲しそうにしていた。誰からも電話がかかってこなかったのがショックだったらしい。エジプトでは、確かにそういう時は、積極的に声をかけた方が良い」。
 あぁ、ついていけない・・・。

 F女史に教えてもらった隠れ家的お勉強スペースで勉強。静かで本が沢山あって、天国のよう。

 日曜日。
 ルクソールでお会いしたAさんを尋ねて某ホテルを襲撃するも、既に別のホテルに移った後。代わり?に噂に聞いていた若い日本人留学生さんとお話する。超かわいらしくて心配になる。なんかドキドキしました(笑)。

 月曜日。
 二ラウンドの長丁場授業。図書館で、普通のエジプト人にアーンミーヤについての質問に答えて貰う。
 アーンミーヤについても大量に質問が溜まっているのですが、授業は今読んでいるフスハーのテクストで一杯一杯で、全然質問する時間がありません。時間がもったいないので、基本的に自習ですべてこなし、分からないところだけ矢継ぎ早に質問しているのですが、それでも全然時間が足りない。

 火曜日。
 ご飯を奢ってもらってしまう。
 四五年連絡を取っていなかったオランダ在住の友人が電話をかけてくれる。感動。ちなみに時差は一時間。ヨーロッパは近いですね。
 オランダはビザが厳しいらしく、彼女が突然「日本もEUだったらいいのに!」と物凄いことを言い出す。トルコだってなかなか入れないのに、無茶言うたらあかんがな。
 でも本当に、日本がもう少し近かったら、往復も簡単だし時差も少ないし、とても楽しいのですけれどね。
 そんなことを考えて電話を切った後、彼女以上の妄想を閃きました。
 日本とイスラエルをかえっこしましょうよ。
 何せ神国ですから、シオニストに進呈する約束の地として不足はないでしょう(断言)。で、パレスチナ人に土地を返して、残ったちっこいところにぎゅうぎゅうにみんなで住みましょう。日本人の狭さ耐性と素晴らしい秩序形成能力をもってすれば、なんとかなります。みんな宗教とかテキトーだし、愛想だけは良いから、パレスチナ人ともあんまり喧嘩しない。お上品だから、トルコの次くらいには見事EU加盟。沖には海底油田があるって説もあるし、ウハウハですぜ。
 ネタです、一応。

 水曜日。
 夜にとうとうAさんと再会。延々とカフェでダベる。
 今後のこととか、イロコイ話とか、超楽しかったです。
 彼女は世界中旅している旅プロで、カイロ引きこもりなわたしと違って、本当に色んなことを知っています。
 「キリスト教圏の国は治安が悪い」と言うので、「アメリカやヨーロッパのキリスト教徒なんて名前だけだし、キリスト教じゃなくて近代化の問題でしょ」と返したら、興味深いポイントを指摘されました。
 「中南米の国のほとんどはキリスト教で、かつ未だ伝統色が強く、信仰も根強い。にも関わらず、犯罪は非常に多く、治安が悪い」。
 中南米というのは、まったく視野の中にありませんでした。

 ことを宗教に還元してしまうのは大変危険ですし、彼女もわたしもそんな還元を本気で信じてはまったくいません。ですから、まったく根拠薄弱な連想にすぎませんが、キリスト教圏に一般的に見られる「信仰と世俗の分離」には、以前から疑問があります。
 「信仰と世俗の分離」というと、多くの日本人はむしろポジティヴにとらえるでしょうし、政教分離に反対しようとか、神権国家を翼賛しようという気はありません。政治体制というより、大衆に共有される思想的基盤について考えています。つまり、「政教分離」ではなく「聖俗分離」のことです。
 思想的基盤として「信仰と世俗の分離」は、世俗のところで悪どい真似をしても、信仰の世界に行って懺悔すれば許される、というようなイージーな「宗教の使い方」に堕ちてしまう危険を孕んでいます(もちろん、まともなキリスト者にそんなアホはいないでしょうが、どんな国のどんな宗教も、大半は「あんまりお上品ではない信仰者」が占めている)。
 ごめんで済んだら警察要りません。
 イスラームは社会の隅々まで介入しようとする傾向があり、「信仰の世界と世俗の世界」という二分的発想が非常に希薄です。わたしとしては、戦争にすらコミットしようとするイスラームの「天網恢恢」な勢いを大変肯定的にとらえています。ストリートを監視できないような弱い神様は要りません。神様なんだから、戦場でも売春宿でも、至るところに介入して当然です。そして、良い行いと悪い行いがある以上、許す専門ではなく罰する力もあるのは至って自然なことでしょう。許す専門の神様なんて、都合の良いゴミ捨て場にされるのが関の山です。
 世の中には、許されることと許されないことがある。
 この身も蓋もないことを粛々と実行しているのがイスラームで、大変地に足がついているのですが、一方で「宗教」というものに日本人の多くが期待する性質とは一致しない、というのもよく理解できます。全然「超越的」ではありませんから(一部のスーフィズムやイスラーム哲学を除く)。
 少なからぬ日本人の抱くであろう反感に対し、別に反論しようという気はありません。本音を言えば、直観的には、むしろそちらの「分離型」の発想の方がしっくりくるくらいで、わたしのイスラームへの接近は、直観に抗いザラザラしたところを無理に進むところから始まっています。人一倍「超越的」な信仰世界に惹かれながら、それを信仰の枠内で地に繋ぎ止める、という運動が、イスラームへわたしを招いていったようにも思いますが、これはまったく個人的なお話。
 繰り返しますが、この話は茶飲み話の流れで出てきた思いつきであって、本気で宗教に還元し説明するような思想には反対です。また、仮に相関性があったとしても、因果性があるのかは怪しいですし、またこの性質が教義に由来するのか、単なる相関的な社会的属性に由来するのかもおぼつきません。
 ただ、一般にキリスト教圏の方が治安が悪く、イスラーム圏が全般に治安がよろしい、というのは、単純に事実でしょう。特に「中東」というと、日本では物騒なイメージが強いですが、実際のところは、ほとんどの地域(都市部)は非常に安全です。ニューヨークなんかの方が遥かに危ないでしょう。
 シオニストがいなければもっと安全なんですがね(笑)。

 木曜日。
 休憩を挟みつつ六時間一対一授業。疲れが気持ちよい。
 F女史と一緒にメトロで帰る。メトロの車内にある表示が、あちこちスペルミスしているのが話題になる。
 エジプト人(アラビア語話者)にとっては問題ない「ミス」なのはわかるし、わたしでも読めるわけですが、正確なフスハーの文法から言うと「間違っ」ている表記というのは、あちこちに見られます。まぁ、日本語だって、おっちゃんの書いた張り紙なんて怪しいものですが・・・。

 相変わらずネットが丸一日二日くらい余裕で落ちますが、完全に慣れてしまいました。
 「次ネットがつながったらこれやろう、これ調べよう」というメモを、忘れないように書いています。お買い物みたいで楽しいです。

らくだのモニカ
らくだのモニカ posted by (C)ほじょこ
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  イスラーム  文化  キリスト教 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 気遣いの違い、聖俗分離の危うさ|2009/12/28(月) 03:53:16|
  2. エジプト留学日記

愛と信仰について語り合うと、いつも水道が止まる

 お休みが終わって、またいつものルーチンに戻る。
 朝食抜きでのんびり宿題をやって、屋台のサンドイッチで昼食。2ポンド(約40円)。
 この日は晩御飯も2ポンド50ピアストル(約50円)のコシャリだったので、一日で食費を100円くらいしか使っていません(笑)。

 今日の討論テーマは、交通の秩序。これについては言いたいことが山ほどあって、喋り捲れました。カイロの交通事情について「なんとかせにゃならん」と思っているのはエジプト人も一緒で、先生もため息をついていました。

 昨日のサウジのイマームとの件があったので、ちょっとだけ先生とイスラームのことを話す。地獄のイメージで脅すような語り方をするのは良くない、と先生は言います。
 「仮にわたしがムスリマになったとして、わたしの家族や日本の友達はどうなるの? 『ムスリム以外は地獄に落ちる』なんて、わたしは絶対に言えないし、言いたくないし、言うべきではないと思う」と言うと、先生は「その通りだ」と認めてくれる。また、他人の信仰実践について口を挟むことが良くないことであることも、再確認する。
 「信仰において一番重要なのは、神様とわたしの一対一の関係だと思う。形や他の人間との関係も大切だけれど、一番大切なのは神様への愛だ」と自分の考えを言うと、「まったくその通り」と評価して貰えて、少し安心しました。

 授業の終わりに、突然ボスのS先生が現れる。
 授業参観のように、M先生もわたしも緊張ぎみで、妙にテンションが上がります。この時読んでいた文章がわたしにはかなり難しく、M先生も説明に苦慮していたので、二人ともボスに「ダメ教師」「ダメ生徒」と認識されないよう、必死になっています。
 S先生は、お腹を突き出したいかにも「アラブのシャチョー」然としたエネルギッシュな人で、ちょっと怖いところもありますが、頭の回転も素晴らしく速いです。横から口を出して示す例えも説明も、非常に的確でわかりやすく、おまけに声が通って美しい。有無を言わせぬ巧みな弁舌を振るえる人で、このトーク力と機転で修羅場を潜り抜けてきた、というのがヒシヒシと伝わってきます。
 滞在に関していくつか相談事をして、この日の授業は終わりました。

 晩御飯のコシャリを食べに行く途中、また交通事故現場に遭遇。
 事故の瞬間ではなく、事故った後でしたが、タクシーと乗用車の運転手が怒鳴りあいをしていて、回りに人だかりができています。タクシーは自走不可能な状態になっているようで、みんなで押して道路の脇に寄せていました。
 やれやれです・・。

 宿に戻る途中で、前にナンパしてきた同じエジプト人が、また話しかけてくる。
 思ったより良い人っぽく、しつこくすることもなく「ちょっとお話してみたかっただけだ、元気にしてる?」みたいな他愛のないことだけ話して、バイバイしました。
 ナンパに限らず、声をかけてくる人に対しては、完全無視ではなくトークの中で適度に距離を取る、というのが重要だと思います。日本人全般に、こうした「外交的」技術に拙い傾向があるようですが、わたしも適応に時間がかかっています。外国語ではなく母国語であったとしても、「丁重にお引取り頂く」のには技術が必要です。
 たまたま授業の時にもこの話題が出たのですが、「うまく距離を取りながらイヤなことを相手を怒らせずに断るのは、技術が要る」と言ったところ、先生はちょっと驚いた様子で「当たり前じゃないか、それはすごく重要なスキルだ」といった反応をしていました。「何を今更」だったのかもしれません。
 エジプト人はこういうトーク技術に長けていて、ほとんど当たり前のことだと思っているのでしょうが、外交下手・社交下手な日本人からすると(わたしだけ?)、道のりは険しいです。

 特別なことが何も起こらないまま一日が終わってしまうなぁ、と思っていたら、暗いマタァムで仕事あけのハーニーがぼんやりテレビを見ていたので、遊びに行きました。
 昼のカイロの日差しは地獄のようですが、夜は本当に美しいです。薄暗いマタァムでカイロの夜景を見ながら語り合うのは、夢のように心地よいです。
 彼はカイロで生まれ育った人ですが、バックグラウンド的にはサイーディー(ナイル上流の人たち)で、両親はルクソールより少し北くらいの村の生まれだそうです。
 エジプトの多様性が話題になる。「エジプトは大陸の交わるところにあって、常に他国の侵略を受け、色んな人が住んでいるし、今も沢山の観光客が来る。わたしはそういう色々な人と一緒に生きていきたいし、この多様性は良いことだと思う」と彼は語ります。
 本当にその通りだと思うし、エジプト人は顔形から性格に至るまで、よく言えばバラエティに富み、悪く言えばまとまりがありません。日本とは好対照を成しています。日本的な秩序をこの国で築くのはほぼ不可能でしょうが、一方で異質なものと適度な距離を取って共存する技術については、エジプト人の方が圧倒的に長けています。日本の均質性にもエジプトの多様性にも、それぞれ良いところと悪いところがあるでしょう。
 また何となく宗教的なお話になります。
 「わたしは自分を良くしていきたいと思うが、別に出世したりお金が沢山欲しいとは思わない。ただより良い人間になりたい」「国のための仕事を何もしない大臣と、小さな学校の先生だけれど、生徒に本当に役立つことを教えられる人なら、安月給の先生の方が立派だろう」「同じ一冊の本を見ても、その価値を汲み取ることができる人もいれば、『こんなのはただの紙じゃないか』と捨ててしまう人もいる。価値というのは、心に宿るものだ」と語ります。
 こう書いてしまうと、安っぽいお説教話にしか見えないでしょうが、こういうベタで素朴なことを、大真面目に語れるというのは、それだけで価値あることだと思います。斜に構えて素直になれないより、ちょっとバカなくらいの方がいいです。これは自分自身に対して言っています。
 ハーニーは決してフスハーが上手な方ではありませんが、その苦手なフスハーで話すからこそ、言葉に真実が宿っているようにも見えます。フスハー独特の荘重さもありますが、同時に、「慣れない言葉で話す」こと一般の力もあると思います。今のわたしにとってのフスハーが正にそうですが、慣れない言語で喋ろうとすると、どうしたって表現が素朴になります。本当に言いたいことを、むき出しでぶつけるしかできないからです。限られた会話力の中で何とか言葉を紡ごうとする時、得意な母語で喋るときより、むしろ人は純真になり、本性が現れる気がします。

 部屋に戻ると、また水道が止まっていました。
 ハーニーと語り合うと、いつも水道が止まります。彼には水道を止める不思議な力があるのでしょうか。
 できたら使って欲しくない力です・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  キリスト教  交通 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 愛と信仰について語り合うと、いつも水道が止まる|2009/08/18(火) 04:18:24|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。