FC2ブログ

ヨーロッパ人活動家らがカイロでガザ入りを求める

ガザ入りを求めるヨーロッパ人がカイロでデモ
ガザ入りを求めるヨーロッパ人がカイロでデモ posted by (C)ほじょこ

ガザ入りを求めるヨーロッパ人たちのデモがカイロで続く 外務省「デモ隊は約束を尊重していない」
「生命線3」エジプトの要請に応えイル=アリーシュに向かう 金属障壁の掘削機械がラファフに届く

 昨日、42もの国籍を含む数百のヨーロッパ人活動家が、カイロの多くの場所でデモを続け、住民への人道援助物資輸送、および同地区にイスラエルが「弾丸を注ぎ込んだ」攻撃の一周年記念を彼らと分かち合うためのガザ行きが認められないことに抗議した。人道および医療援助をガザ地区に運び入れている団体「生命線3」のメンバーは、ヨルダンのアル=アカバ港に数日間足止めされていたが、昨日、シリアに戻ることを決めた。ヌエバア港からのエジプト入りをエジプト当局に拒否され、イル=アリーシュ港からエジプトに入る準備のためだ。これは、本件に関するエジプトの要請に対し応えたものだ。活動家らは昨日、ナイル川コルネーシュの世界商業センタービル前で、抗議の座り込みを組織し、パレスチナを支援するシュプレヒコールを繰り返した。タハリールのモガンマア前では別の座り込みが組織された。三百人にのぼるデモ隊のほとんどはフランス人だが、一昨日夕方、ガザ広場に続くムラード通り(以前のシャルル・ドゴール通り)を三時間半にわたり遮り、フランス大使館前の通りに向けて広がり、ガザへ渡るためのラファフ(訳注:エジプトとガザ地区の国境の町)行きが治安上の理由で許可されなかったことに抗議した。一方、多くのイタリア人活動家は、イタリア大使館に向かい、同様の要求を主張した。
 また、外務省スポークスパーソンのヒサーム・ザキー大使は昨日、在カイロフランス大使館前で座り込みを続けているフランス人活動家らは、政治活動を行うつもりで観光ビザでエジプトに入国している--彼の言によると--点において、「自分たちの約束を守っていない」とした。一方、金属障壁のための作業は継続され、掘削作業を行うための機械が、昨日ラファフ港隣接地域に到着した。

 エジプト・ガザ地区間の国境封鎖や金属障壁建設には、アラブ諸国だけでなく欧米の活動家からも非難が浴びせられていますが、ちょっとこれは筋違いなのでは、と思えます。
 ガザに援助物資を運び入れたいなら、イスラエル側にも陸路はあり、ガザそのものにも港があります。そこからガザ地区入りできないのは、イスラエルが拒否しているためです。
 エジプト政府の政策を諸手を挙げて支持するわけではありませんが(というか疑問もかなり大きいですが)、エジプトとしても非常に苦しい判断の結果、国境封鎖という選択をしているのであり、そもそもこの状況を作り出したのもイスラエルです。
 なぜイスラエルではなくエジプトが抗議の対象になるのか、納得いきません。エジプト人がエジプト政府に抗議したり、百歩譲ってパレスチナ人や他のアラブ諸国から非難されるならともかく、ヨーロッパ人がカイロくんだりまで来て「ガザに入れろ」と叫ぶのは、文句を付ける先を間違えています。
 もちろん、イスラエルに抗議したところで「じゃあどうぞ」と入れてくれるわけもないし、だからこそ「何とかなりそう」なエジプトに目を付けているのでしょうが、エジプトとしてはとんだとばっちりではないでしょうか。

 こういう風景を眺めていると、イスラエル「建国」以降のパレスチナ周辺の歴史というのは、ユダヤという「外部」を措定することで「ヨーロッパ」であった者たちの、巨大な自己愛的贖罪ゲームの掌の中にあるように思えてなりません。ユダヤとは斜線を引かれたヨーロッパの主体なのです。
 アメリカのシオニストというのもまた、ある種の「裏切り感」というものに駆動されている自己愛において、「ヨーロッパ」と並行的です。
 念のためですが、文字通りのユダヤ人やヨーロッパ人を言っているわけではありません。ある歴史物語、自我を支えるファンタジーがあり、そのファンタジーへの病的耽溺が、イスラエルという存在を結果的に招いてしまい、今尚支えている、ということです。

関連記事:
ガザ虐殺から一年
エジプト・ガザ国境ラファフの密輸トンネルと窮状
エジプト・ガザ地区間の密輸トンネルと国境の街ラファフの苦悩
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  ガザ地区  イスラエル  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ヨーロッパ人活動家らがカイロでガザ入りを求める|2009/12/30(水) 17:34:52|
  2. 新聞・メディア

ガザ虐殺から一年

ガザ虐殺一周年
ガザ虐殺一周年 posted by (C)ほじょこ

ガザ虐殺から一年

 ガザ地区の各地域では昨日、イスラエルが同地区に仕掛けた戦争の開始から一年が経過したことを、「注がれた弾丸の為したこと」の名の下に、デモ行進とハマースの組織した活動で記念した。運動には数百人の子供が参加し、一方、ハマースの軍事部門アル=カッサーム部隊は、これまでのイスラエルへのあらゆる抵抗の中で「最も適当なる存在」となることを約束した。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ガザ地区  イスラエル  ハマース  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ガザ虐殺から一年|2009/12/30(水) 01:43:52|
  2. エジプト留学日記

イスラエルの臓器売買疑惑

イスラエルの臓器売買疑惑
イスラエルの臓器売買疑惑 posted by (C)ほじょこ

ウクライナ、二万五千人の子供を臓器売買のために誘拐したとイスラエルを告発

 昨日、アメリカのニュース網CNNは、最近ウクライナ内の多くのニュースサイトが、イスラエル当局が二万五千人にのぼる子供の「集団殺害」を犯し、それをウクライナから臓器売買目的で取り寄せた、という疑惑を伝えている、と報じた。この嫌疑についてのイスラエル側からの公式の回答はない。
 イスラエル「ハアレツ」紙の回答によると、このニュースは旧ソ連の選挙キャンペーン中に出てきたものである。また、もう一つの出所は、数ヵ月後のあるスウェーデン紙の報道で、イスラエル軍が臓器を得る目的で大量のパレスチナの若者を虐殺した嫌疑を伝えるものである、という。
 この報告は、作家で学者のファイスルーフ・ジューディーンが、ウクライナの首都キエフで先週行われた会議で引用した話に拠る。イスラエル人が、イスラエル医療センターでの「交換用の肉片」のために、ウクライナから二万五千人の子供を二年間に渡って取り寄せた、というものだ。
 ジューディーンは、先週始めの「ビシードゥー」会議に参加した三百にのぼる学者の前で語ったところでは、ウクライナ人が、イスラエル人によって養子に取られた十五人のウクライナの子供についての広範な調査を行っが、結果は杳として知れず、ただ、医療センターが彼らを引き取り、彼らが「交換用の肉片」として用いられたことは明らかである。イスラエル紙の報じるところでは、ウクライナの哲学者が「すべてのウクライナ人が、イスラエル人の犯した虐殺行為の真実を知る必要がある」と付け加え、「ウクライナのユダヤ人が担っている役割を知るために、すべてのウクライナ人にこの情報を知らせなければならない」と続けた。
 一方、ロシア最高位のラビ、ビーリール・アーザール氏は、このウクライナ・メディアの流している報道を非難した。イスラエル紙は、彼の「ウクライナの政治秩序は、民主主義の馬鹿にした物真似と言える」との言葉を伝えている。
 およそ三ヶ月前にスウェーデンのウフトゥンブラディード紙が伝えた報告の後、イスラエルとスウェーデンの間には外交危機が勃発している、という。イスラエル兵らが、パレスチナの子供と青年を殺す前に、臓器を摘出した、というものだ。

 少しややこしいですが、疑惑は二つです。
 一つは、旧ソ連時代のウクライナで、イスラエルが大量の子供を臓器売買目的で養子に取った、というもの。これが最近になってウクライナで掘り起こされ、問題になっている、ということです。
 もう一つは、(おそらく最近)イスラエルがパレスチナ人を殺す前に臓器を抜き取っている、というもの。スウェーデンで報道されているそうです。

 伝聞の多い記事ですし、この手の記事に誇張や誤報が多いのは事実ですが、まったく根も葉もない噂と断じるのも早計です。なぜか日本では、イスラエルの数々の行いが「あり得ない」として真面目に取り上げられない傾向があるように見えますが、その「あり得ない」ことを本当にやってしまうのがあの人たちなので、一応留保して観察して頂きたいです。事実だとしたら恐ろしい話です。

 一方で、記事からは、「ウクライナのユダヤ人に注意しろ」という言論がウクライナで盛り上がっている様子が伺えますが、問題を「ユダヤ教」に帰してしまうのも危険です。問題はイスラエルという国家とシオニストの蛮行にあるのであって、宗教は直接的には関係ありません。ウクライナで暮らすユダヤ教徒のほとんどは、極普通の市民のはずです。
 在日朝鮮人の問題を思い出して、少し心配になります。

 もう一つ覚えておきたいのは、こうした記事は、エジプトの政府系の新聞にはまず登場しない、とういことです(この記事は非政府系新聞のもの)。別段、サーダートの結んだ和平と現在のエジプト-イスラエル関係を否定しようというのではありませんが(戦争よりはマシに決まっている!)、彼らが国民の思いを反映していないのもまた事実です。

追記:
 スウェーデンで報道されているパレスチナ人臓器売買については、8月の時点で以下等に日本語情報が出ていました。
IRIB日本語ラジオ
 イスラエル軍がパレスチナ人の遺体の臓器を略奪
 シオニスト、パレスチナ人の臓器売買の公表を阻止
 イスラエルによるパレスチナ人の臓器略奪

パレスチナの敵をストックホルムで討つな? - flagburner's blog(仮)
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  イスラエル  ウクライナ  ロシア  スウェーデン  パレスチナ  臓器売買  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. イスラエルの臓器売買疑惑|2009/12/08(火) 03:48:33|
  2. 新聞・メディア

エジプト人の父、イスラエル人の母を持つ少女

 エジプト人の父、イスラエル人の母を持つ少女のことが、新聞記事になっていました。

ハーフの少女
ハーフの少女 posted by (C)ほじょこ


 「わたしは半分エジプト人で、半分イスラエル人。ユダヤ教徒で、ムスリマ(この週にシナイでユダヤ教の洗礼を受けたのだが)。お父さんとはアラビア語で話し、お母さんとはヘブライ語で話すの。イスラエルのラマット・ハ=シャロンに住んでいて、シナイ半島の両親の巡り合った観光の村と、カイロのおじいちゃんの農場で休暇を過ごしています」。
 こう自分を語るヤスミーン(あるいはヤスミーナ)は、およそ十三年前のエジプト人男性とイスラエル人女性の結婚の賜物。イスラエル人でユダヤ教徒の娘フィルド・リブフィツفيرد ليبوفيتشがが、ターバー近郊のأكو صنで三日間を過ごしに訪れた時、村の所有者で経営者でもあるヒシャーム・ナシームの誘惑に惹かれ結婚し、一年が経とうという時にヤスミーンが生まれた。
 イスラエル「ハレーツ」紙が、ヤスミーンの家族が、彼女の十二歳の誕生日を祝うため、今週シナイ半島に旅行し、ユダヤ教の洗礼を行うのを追った。しかしながら、パーティーの客達をざっと眺めると―ハレーツ紙が伝えるように―驚かされることに、パーティーには彼女の父ヒシャーム・ナシーム、彼女の腹違いの兄弟、父方の祖母も参加していた。彼らはみな、カイロから訪れたのだ。一方、彼女の母、ユダヤ教徒の祖母ハニヤ・リブフィツ、父方の伯父、ユダヤ教徒である母方の伯父も参加していた。


 彼女は「人々が暖かい」とカイロが大変気に入っているようで、カイロの大学への進学を夢見ているそうです。

 シナイ半島にはイスラエル人の観光客がかなりの数訪れますし、エジプト男の超ナンパ力を考えると(笑)、こういうケースは他にも結構あるのではないでしょうか。
 イスラーム法的には、父がムスリムなら子は自動的にムスリムになるはずですが、そうそう額面通りには運営されていないこともわかります。
 どう感想を言ってよいやら複雑な心境になりますが、お互いの家族もうまくやっているようですし、彼女が将来エジプト国内で進学し、平和な日々を送ってくれるといいな、と遠くで願っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  新聞  イスラエル  ユダヤ教  結婚  シナイ半島  イスラーム 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプト人の父、イスラエル人の母を持つ少女|2009/11/04(水) 08:54:53|
  2. 新聞・メディア
前のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。