スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エジプト方言の慣用句・ことわざ

 前回に続き、Kallimni 'Arabi Fi Kull Haagaにあったアラビア語エジプト方言の慣用表現とことわざ。

بيطول الرقبة
(相手がわたしの)首を伸ばす
(相手のお陰で)鼻が高い、(相手を)誇りにしている

بيرفع الراس
(相手がわたしの)頭を上げる
(相手のお陰で)鼻が高い、(相手を)誇りにしている

بيفرح القلب
(相手がわたしの)心臓(魂)を喜ばせる
(相手がわたしを)喜ばせる

بيكسر القلب
(相手がわたしの)心臓(魂)を壊す
(相手がわたしを)悲しませる

بيفتح النفس
(相手がわたしの)魂を開く
(相手がわたしを)心を開く、欲望を刺激する、目を惹く
 نفسي مفتوحة(わたしの魂が開かれた)は、ご馳走を前にした時などに使われる表現。

وشك وللا القمر
あなたの顔か月か
あなたはとても珍しく、美しい(ここでの月は満月のこと)

مافيهاش صريخ ابن يومين
幼子(生後二日の子供)の泣き声もしない
閑散としている

ابنك على ماتربيه
あなたの息子はあなたがどう育てるかにかかっている
(文字通り)

عاش من شافك
再会から生きる
ずっと会っていない、久しぶりに会えて嬉しい

أنا وأخويا على ابن عمي وأنا وابن عمي على الغريب
わたしとわたしの兄弟は従兄弟に対峙し、わたしと従兄弟は他人に対峙する
外敵が来ればまとまる

اكفي الفدرة على فمها تطلع البنت لأمها
壺を口まで満たし、娘は母のようになる
子は親に似る(前半は語呂合わせで意味はない)

يصطاد في الميه العكرة
濁った水で釣りをする
使えるものは何でも使う、がめつい

اللي يقول لمراته ياعورة تلعب بيها الناس كورة
妻に「めくら」と言えば、皆がその妻を球のように遊ぶ
身内の扱いが悪ければ、他人も悪く扱う

اللي يقول لمراته ياهانم يقابلوها على السلام
妻に「お嬢様」と言えば、皆が会って挨拶する
身内の扱いが良ければ、他人も良く扱う

اللي تفتكره موسى يطلع فرعون
ムーサー(モーセ)だと思っていたらフィルアウン(ファラオ)だと分かる
良い人だと思っていたら悪人だった、人を見る目がない

العين بصيرة واليد قصيرة
目は見、手は短い
見ているだけで買わない、お金がない(قصيرةはエジプト方言ではカシーラではなく「ウサイヤラ」と発音しますが、ここは語呂を整えるのに「アシーラ」と読みます)

لسانك حصانك إن صنته صانك وإن هنته هانك
あなたの舌はあなたの馬、世話をすれば世話をしてくれ、疎かにすれば疎かにされる
舌は災いのもと(リサーナック・フサーナックと韻を踏んでいる)

اشتري الجار قبل الدار
家の前に隣人を買え
家そのものよりご近所さんが大事

الرجل تدب مطرح ماتحب
脚は好むところで足踏みする
人は好きなことをするもの

على قد لحافك مد رجليك
布団の大きさにあわせて脚を伸ばせ
身の丈に合った生き方をしろ
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプト方言の慣用句・ことわざ|2010/01/23(土) 11:42:08|
  2. 試論・雑記

エジプト方言の慣用表現

 アラビア語エジプト方言での、主に身体部位を使った慣用表現。
 Kallimni 'Arabi Fi Kull Haagaに収録されているものですが、同書内には意味がはっきり書かれているわけではなく(当然全部アラビア語だし)、自分の勉強用も兼ねて日本語訳とならべてみます。
 アラビア語での慣用表現、直訳、意味の順です。

إيده طويلة
手が長い
手癖が悪い、泥棒

عينه قوية
目が強い
حاسد 嫉妬深い

مخه تخين
脳が太っている
غبي バカ

إيده مخرومة
手に穴が開いている
يصرف كثير 浪費家

إيده طايلة
手が届く、手が達する
وسط コネが多い、権力者に通じている

إيده ماسكة
手が掴んでいる、手を握っている
بخيل ケチ

راسه ناشفة
頭が乾いている
عنيد 頑固

عينه وحشة
目が醜い
حاسد 嫉妬深い

لسانه طويل
舌が長い
غير مؤدب 下品、口が悪い、文句が多い

عضمه طري
骨が柔らかい
ماعندهش خبرة 未熟、経験がない(反対はعضمه ناشف骨が乾いている)

دمه خفيف
血が軽い
陽気、よく笑う、明るい

دمه تقيل
血が重い
陰気、笑わない、暗い

بطنه واسعة
腹が広い
ياخد الرشاوى 賄賂を求める、貪欲

مخه كبير
脳が大きい
行儀が良い

عقله خفيف
知性が軽い
مجنون 頭が弱い、頭がおかしい

عقله صغير
知性が小さい
狭量、神経質、不寛容

خلقه ضيق
性格が狭い
狭量、神経質、不寛容

ضله تقيل
影が重い
一緒にいて憂鬱になる

ريحه خفيف
魂が軽い
性格が優しい、一緒にいて楽しい、人が好き

قلبه كبير
心臓が大きい
忍耐強い

نفسه قصير
魂(呼吸)が短い
狭量、神経質、不寛容

أعصابه حديد
神経が鉄
物事に動じない
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプト方言の慣用表現|2010/01/22(金) 22:09:52|
  2. 試論・雑記

アーンミーヤ(エジプト方言)の教材・勉強法

 アーンミーヤ(エジプト方言)の学習でわたしが使った教材です。
 まず、わたしはエジプト到着時点ではまったくアーンミーヤに興味がなく(それを考えるとエライ変貌ぶりです)、日本での学習量はゼロ、一応まずはこれだけ エジプト・アラビア語―口語アラビア語入門という、まったくのド素人向けのペラペラの入門書を保険で持ってきただけでした。
 しかし、こんな入門書でも、ないよりはずっと良いです。基礎の基礎の基礎だけは、日本語の情報があると助かります。他にCDエクスプレス エジプト・アラビア語というのもあるので、いずれかを終わらせる、もしくは持参すると後悔がないでしょう。

 他に、最初は某語学学校の独自プリントなどで学習していたのですが、今思うとこれはまったく質の良い教材ではありませんでした。お勧めしません。
 また「アーンミーヤなんて会話の中で覚えればいい」というのも甘い考えです。知らないものは永遠に聞こえません。余程耳に自信のある方以外は、座学を併用しないと非常に効率が悪いと思います。
 その後、

Kallimni 'Arabi Aktar: An Upper Intermediate Course in Spoken Egyptian Arabic 3
Kallimni 'Arabi Mazboot: An Early Advanced Course in Spoken Egyptian Arabic 4
Kallimni 'Arabi Fi Kull Haaga: A Higher Advanced Course in Spoken Egyptian Arabic 5

 の三冊を使い、とりあえず最後までクリアしました。これは非常に良い教科書です。CDの音声も素晴らしい。
 授業時間はなるべくフスハーに裂きたかったので、半分以上独習で、分からないところだけ先生に質問していました(どうせ授業中はアーンミーヤになるし)。
 Kallimni 'Arabiは五巻構成で、そのうち三巻から五巻を使ったことになります。この前に、

Kallimni 'Arabi Bishweesh: A Beginner's Course in Spoken Egyptian Arabic 1
Kallimni 'Arabi: An Intermediate Course in Spoken Egyptian Arabic

 の二冊がありますが、語学学校の先生によると、最初の一巻は簡単すぎるので、二巻目から使うことが多い、とのことでした。
 どこから始めるかはその時点でのエジプト方言力およびフスハー力次第です。すべてアラビア語で、英語による説明はないので、フスハーの基礎文法もわかりません、というようだと、ちょっと厳しいかもしれません。フスハー初級文法卒業レベルなら二巻から、新聞が何とか読めてエジプト在住で普段から聴きまくっているなら、三巻か四巻からでも良いと思います。
 エジプト方言に興味の中心があったとしても、フスハーは必ず勉強した方が良いです。フスハーの文法知識は本当に本当に役に立ちます。

 他に助かったものとして、以下の2サイトがあります。

Arabic vocabulary lists
MoodleによるTUFS言語モジュールのe-learning化 アラビア語エジプト方言

 前者はアラビア語の語彙リストですが、基礎動詞などでフスハーとエジプト方言が併記されていて、初歩の初歩を学ぶ時に役立ちました。このページはシンプルで素晴らしく、日本ではよく仕事中にサボッて見ていました(笑)。
 後者は東京外大の作って下さっている教材で、動画が大変素晴らしいです。エジプトに来て日本の大学にお世話になるとは思いませんでした。悲惨なネット環境で、辛抱強くダウンロードして全部見ました。
 口調等が「本物のエジプト方言」なのは当然ですが、会話の展開やネタも「そうそう、これがエジプト人!」と笑ってしまうものばかりです。個人的には、ファックスが壊れて「ちゃんとやったよ! ボタンも押したよ! 動かないよ!」とか自信たっぷりにオッチャンが断言するスキットが大好きです。あぁ、これがエジプト人やー。大好きやー。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  アーンミーヤ  教材  教科書  勉強法 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アーンミーヤ(エジプト方言)の教材・勉強法|2010/01/15(金) 01:25:16|
  2. 留学まとめ

喧嘩アラビア語

 一般に人懐こいエジプト人。エジプトではمنطوي(ムンタウィー、女性はムンタウィヤ、内気)というのはマイナスの意味しかありません。
 そうは言っても、やたら何にでも首を突っ込む詮索好きも、良しとされるわけではありません。標準レベルが国により違うだけで、引きこもりすぎるのも関わりすぎるのも良くないのは、万国共通でしょう。
 社交的であることはاجتماعي(イグティマーイー、女性はイグティマーイーヤ)とかعشري(アシャリー、女性はアシャリーヤ)と言い、これはポジティヴな意味ですが、行き過ぎた詮索好きはفصولي(フドゥーリー、女性はフドゥーリーヤ)と言い、これはネガティヴです。
 日本語だと「首を突っ込む」ですが、アラビア語(エジプト方言)だと、
يحط مناخير في كل حاجة
 「何にでも鼻先を突っ込む」と表現します。動物っぽくて可愛いです。
 冷静に考えると、日本語の「首を突っ込む」の方が、よく意味がわかりません。首というのは生首とか言う時の「首」で、首から上全部のことでしょうが、それはちょっと突っ込みすぎでしょう。

 と、このように一応「詮索好きが過ぎるのも良くない」とされているにも関わらず、道には大変詮索好きでしつこい男たちが沢山います(笑)。エジプトを一度でも訪れたことのある方、特に女性なら、「年齢は?」「電話番号教えて」と会って一分も経っていないのに畳み掛けられてムカついた経験があることでしょう。
 繰り返しますが、これはエジプトでも無礼なことです。すべてのエジプト男性がこんな調子なわけではありません。ただ、バカがガンガン前景にせり出してくるので、まともな人が背景に沈んで見えなくなっているだけです。
 こういうウザい男にまとわりつかれた時用の喧嘩アラビア語をいくつか。

وإنت مالك
ウェンタ・マーラック
お前の知ったことか、関係ないやろ

مالكش دعوة
マーラクシュ・ダウワ
呼んでねーよ、ほっとけ

سابني
シーブニー
放っといて

سيب الناس فيحالهم
シーブ・ッナース・フィー・ハールフム
人のことは放っておけ

حاجة متخصنيس
ハーガ・マトゥハッスニーシュ
わたしには関係ないわ

إنت رخم
エンタ・リフム
うぜえよ

إنت محعج
エンタ・ムズイグ
迷惑や

إسكت إمشي
ウスクトゥ、イムシー
黙れ、向こう行け

قليل الأدب
アリール・ルアダブ
変態、無教養

غير مؤدب
ゲール・ムアッダブ
失礼やんか

إنت عبيط
エンタ・アビート
あんたバカ?

 すべてエジプト方言で、かつ単独男性に対する形です。女性や複数に対する時は形を変えないといけないものもありますが、ウザいのは大抵男性なので(笑)、これだけでいいでしょう。
 あんまり気安く使って、とんでもないことになっても責任持ちません(笑)。

 一番簡単なのは完全無視してしまうことなのですが、最初は普通の挨拶から始まることも多く、挨拶まで黙殺するのは、それはそれで行儀の良い方法ではありません。大体、芸がなくて面白くも何ともありません。
 本気でキレたら日本語で怒鳴ったり灰皿投げたりすればいいので、これまた簡単ですが、それは別のお話なので割愛。
 エジプトの女性がどうやっているのか観察すると、言葉のジャブ(時に言葉の弾幕)を巧みに繰り出しながら、一定以上の距離に近づけないように牽制しているのです。
 もちろん、この粋に達するのは外国人としては容易ではないのですが、できれば、自分の側に非礼がなく、かつ下手な手出しをさせないよう、コントロールできれば理想です。言葉のサブミッション・アート!

ガーマ
ガーマとタクシー posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アラビア語  アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 喧嘩アラビア語|2010/01/03(日) 04:18:37|
  2. エジプト留学雑記

アーシューラーの断食、フェミニストのムスリマ

 土曜日。
 駅前のスークでイチゴを買う。1キロ3.5ポンド(70円以下)。スーパーだともう少し高いですが、いずれにせよ物凄い安さです。
 日本のイチゴのように粒は揃っていないし、痛んでいるものも混ざっていますし、味も甘いものから酸っぱいものまで、当たり外れがありますが、まったく問題ありません。
 というか、イチゴに限らず、「日本製品」全般について思うのですが、高品質なものを手に入れられるのは結構なのですが、高品質なもの「だけ」しかなくて、高いお金を払わざるを得ない、というのが納得いきません。質の高いものが高いのは当然ですが、安くて質の悪いものも一緒に置いて欲しいものです。

 日曜日。
 授業の後、しばらく図書館で自習し、それからNちゃんの家に遊びに行く。
 いつもの待ち合わせ場所から、自力で歩いて行こうとしたところ、記憶も覚束ない上、例によってトゥクトゥクとマイクロバスが飛び交いバカが次々と変なことを言ってくるしんどい道で、精神的にかなりダメダメになる。さらにNちゃんと行き違いになり、超バッドな状態で会ってしまう。
 彼女の部屋に行き、喋っているうちに大分治ってくる。ごめんよ。
 「通りでブラブラしている若者や、遊んでいる子供は、全員ダメな人たちだ。やることがなくて、道で溜まっているので、ちょっと珍しいものを見たり女の子が通ると、暇つぶしに囃し立てて来る。原因の一つは失業だ。若者の行き場がない。彼らは知識人ではないし、知識人は子供を道で遊ばせたりしない。わたしも道を歩く時は、ただじっと足元を見て、何も見ない、何も聞かないようにしている」。
 ずっと年下の子に、こんなに整然と慰められる、というかたしなめられて、ちょっと恥ずかしかったです。
 それにしても、エジプトの知識人階級の若者は、普通の大学生でも非常に流暢に論理を展開し、政治・社会問題についても分析的な目を持っています。また、大人しいNちゃんでも、信仰の話になると立て板に水のように語ることができ、素晴らしい能力です。わたしも負けないようにしないと。
 「足元だけ見て、何も見ない、何も聞かない」と、カイロの道では即効車にはねられる可能性がかなり高いのですが、エジプト人は余裕でヘッドホンをしながら歩いたりしています。わたしも大分慣れてきて、普段は常時サングラスで視線を合わさず早足で歩いていますが(通りを渡る時も、下手に車に対してビビると負けるので、平気な顔で突っ切る)、流石に東京のような「完全閉鎖モード」では歩けません。物理ダメージをかわすセンスが十分磨かれて、はじめて精神バリアを使えるようになります。

 Nちゃんが断食している。アーシューラー(ムハッラム十日、初期イスラーム集団の断食潔斎の日)だったからですが、スンナ派ではほとんどの人はアーシューラーは普通に過ごしています。彼女はかなり敬虔な部類に入ります。
 日没前になんだかデラックスなご飯を出してくれてしまったのですが、彼女が断食しているのにわたしだけ食べられません。エジプト的には、一人が食べずに他の人が食べている、という風景は全然珍しくなく、別に失礼ではないようなのですが、気持ち的にどうしてもできません。別に飢えてもいなかったので、一緒に日没まで待ちました。
 ちなみに、断食明けは一般に大食いしないものですが、それにしても彼女は、ちょっとしか食べていませんでした。彼女はエジプト人にしては珍しく、スリムでとてもスタイルが良いのですが、普段から自制的な食事を心がけているのかもしれません。素晴らしい。
 体型的にも、顔付き的にも(色白)、性格的にも(大人しい)、日本人とあうタイプの子で、これが日本好きの結果なのか、逆にこういう性格だから日本が好きになったのか、ちょっと気になります。
 彼女とは「ジズルと漢字ってちょっと似てるよね!」等の、日本語とアラビア語を両方知らないと分からないニッチな話題を共有できるので、非常に楽しいです。会話はほとんどアラビア語で、最初の頃は外国人と話慣れていない彼女の言葉に苦労していたのですが、大分シンクロ率が上がってきました。

 彼女は日本人と友達になりたがっていて、ネット上での交流もあるようで、「日本人ムスリムのグループを見つけた」等と嬉しそうに語ります。
 「でも、普通の日本人が相手の時は、最初からイスラームの話題を喋りすぎない方がいいよ。日本人のほとんどは、そういうことに慣れていないし、ムタタッリファ(過激ムスリマ)だと思われてしまうかもしれない。まず、普通の話題から入って、時々イスラームのことを話し、でも話しすぎないようにおさせるくらいが丁度良いよ」と、老婆心ながらアドバイス。
 この辺の感覚は、逆にエジプト人にはなかなかつかめないようです。
 ネット越しだと、ただでさえも誤解が生じ易いのに、言語や文化的環境の違いから、変な誤解を受けてしまわないか、心配です。

 この日、電話で彼女が言った台詞から、يرن(ユリン、未完了三人称単数)という俗語を覚える。
 「電話をかけるが、相手が出る前に切る」「ワン切りする」くらいの意味で、文字通り「リン」から来ています。「わたしがリンした」なら「リンニートゥ」。
 電話代を節約するために「着いたよ」とかの単純メッセージを伝えるのに使われる他、日本同様「かけて」という意味にもなるそうです。

 彼女が日本人観光客の出迎えバイトをするそうで、この場面で使う日本語表現をいくつか質問されました。何か教えるたびに「これは丁寧な表現?」と確認していて、日本語における敬語表現の重要性を良く理解しています。
 「聞き取れなかった時に、『すいません、英語で話してください』と言ったら、怒られますか」と聞かれたので、「誰も怒らないけれど、英語も話せない日本人は多いよ」と応えます。
 彼女は苦笑いして「英語を喋れる日本人も沢山いるけれど、カタカナ・イングリッシュですね」と言います。よくわかっています(笑)。多分彼女なら、普通のエジプト人より「日本人英語」をうまく聞き取ってくれると思いますが。

 月曜日。
 長丁場授業。合間にフェミニズムとイスラームについてF女史とちょっと話す。フェミそのものも、反イスラームなフェミもどうでもいいけれど、ムタダイイナ(宗教熱心)でかつ教養あるフェミニストのムスリマというのも希少ながら存在して、その立場だけが非常に気になります。この狭いゾーンにいる人だけ、心を開いて本当に面白い話ができるような気がします。
 ムタダイニーン(宗教熱心な人たち)とムタタッリフィーン(過激派)は違うのですが、時にその違いが危うくなる上、日本のように全般に宗教色の薄い国の人には理解されにくく、この点をもっとアピールし伝えなければならない、と主張すると、強く同意して貰えました。いやほんと、これ大事です。

 彼女の中にも色々相克があるようで、自分の中の矛盾とも戦っているようです。しかし、わたしとしては、そういう矛盾を抱えているからこそ真の信仰なのであり、そういう姿をもっとイスラーム圏の外の人に知ってもらいたい、と感じてしまいます。
 彼女は大抵薄化粧をしているのですが(エジプトでよくある超ケバいメイクではない)「化粧は本当はハラームだ」と言います。「クルアーンに明示されているわけではないが、人目を引くのは良くないことだ」。
 それはわたしもわかっているのですが、一番重要なのは「やたら男性の目を引くような格好をしないで普通にせよ」ということであって、化粧なら即ハラームだ、というのは言いすぎではないか、と反論(擁護?)します。
 「あまり解釈を進ませると何でもアリになってしまっていけないが、大切なのは『奇抜になりすぎるな』ということのはずだ。化粧一つでも、どんな化粧かで違う。エジプトでは膝下のスカートでも目立つし、ハラームだが、日本ならまったく普通で、別にハラームとは言えないと思う(もちろんミニスカートはハラームだ!)。信仰の根本は変化してはならないが、末端は常に変化し、土地の風習にあわせて考えるべきではないか。要はTPOを守れ、ということでしょう」。
 そう言うと、F女史が「なるほど」と一定の賛意を示してくれます。
 「極端な話、エジプトではヒジャーブは義務だが、日本ではむしろハラームかもしれない。なぜなら、日本でムスリマがヒジャーブをすることは、かえって衆目を引く効果を発してしまうからだ」。
 これは極論ですが、常日頃から考えていたことで、こうして率直に話せる知的なムスリマ(でかつフェミニスト)と知り合えたことは、大変ラッキーです。彼女もうなって考えていました。
 形式を粗末にし、やたら根本に返って解釈し直すことは、信仰を形骸化させる第一歩ですから、慎重になる必要はありますが、末節にこだわるばかりでも本末転倒です。これはバランスの難しいところです。
 ただ強調したいのは、何度も言っているように、ある形式を「義務」と信じて厳密に守っているムスリム(またはムスリマ)であっても、他の信仰者がその形式を軽視していたからといって、非難したり侮蔑するようなことはほとんどない、ということです。この距離感を理解するのは、日本からだと難しく、わたしも常に気を使っていますが、社会の絶妙なバランス感覚だと思います。

 夜、久しぶりに大家さんのファトマがやってくる。下水工事に関する相談。
 ファトマは相変わらず気をつかって、フスハーとアーンミーヤが混ざった謎のファトマ語で喋ってくれるのですが、気がつくと彼女の言葉も100%聞き取れるし、こっちもまったくストレスなくアーンミーヤで喋っています。
 もちろん、ちょっと慣れない話題になったり、慣れない相手になると(そう、相手を知っているかどうかが重要!)、未だに非常に苦労するのですが、まぁなんとかこの程度のところまで来ることはできました。
 もっと勉強しないと・・・。

 火曜日。
 朝出かけようとすると、部屋の前が緊迫した情勢に。

階段の猫1
階段の猫1 posted by (C)ほじょこ

階段の猫2
階段の猫2 posted by (C)ほじょこ

 朝の授業時、F女史の体調が何だか悪そうだったのですが、その後自習し夕方の授業を待っていたところで、体調不良でキャンセルという連絡が。
 翌日も授業がなくなってしまったので、Nちゃんと一緒に勉強する約束をする。
 F女史の体調が心配。最近非常に忙しかったし、その一因はわたしにあるので、気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アーシューラー  食べ物  イスラーム  動物  フェミニズム    アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. アーシューラーの断食、フェミニストのムスリマ|2009/12/30(水) 17:26:11|
  2. エジプト留学日記

濃霧で交通が乱れる

霧のニュース
霧のニュース posted by (C)ほじょこ

霧により七名が死亡、五十六人が負傷 メトロが三時間停止

 一昨日朝、大カイロ圏および海岸地域のほとんどの道路で、濃い霧によって、交通がストップした。10月6日県警察の報告によると、二名の市民が死亡事故を起こし、他の十五名が霧による二つの事故で負傷した。昨日、イッ=ダカリーヤ県、イル=ガルビーヤ県、イル=イスマイーリーヤ県の各県で、霧と視界不良による交通事故で、五名が死亡、四十一人が負傷した。イッ=スワイス県では、天候不良により五箇所の港が閉鎖された。
 気象観測公機構は、昼間暖かい天候が続き、最初の夜は寒く、次に非常に寒くなる、と予想していた。一方、メトロの第一路線ヘルワーン-マルグは昨日朝、濃い霧の原因となった激しい雷により電気回線が遮断され、三時間に渡り運行を停止した。トゥラ・ル=バラド駅での制御ケーブルの断線により、トゥラ-ヘルワーン間で電車の運行が止まり、駅のホームが人で溢れかえった。


 霧はフスハーではضباب(ダバーブ)ですが、記事ではアーンミーヤのشبور(シャッブール)という言葉が使われています。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  気候  交通  アーンミーヤ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 濃霧で交通が乱れる|2009/12/30(水) 01:42:46|
  2. 新聞・メディア

二カーブ禁止撤回、ニカーブ支持者の理屈

 大学での二カーブ禁止が覆されたことについてのカリカチュア。アーンミーヤです。

二カーブのカリカチュア
二カーブのカリカチュア posted by (C)ほじょこ

إبتسموا شوية علشان شكلكم يطلع حلو في الصورة
القضاء الإداري يلغى قرار منع النقاب في المدن الجامعة

ちょっと微笑んで、可愛く写真に写るでしょ!
「学生寮での二カーブ禁止決定が覆される」

 二カーブというのは、目以外スッポリ覆ってしまうもので、髪を覆うヒジャーブ(ヒガーブ)とは違います。「イスラーム的なもの」「いや、単なるアラブの習慣」と意見が分かれていて、ざっと見る限りムンタキビーン(二カーブ着用者)の比率は5%未満ですが、徐々に増えているようです(ヒジャーブについては99%くらい着用しているが、ほんの数十年前まではまちまちだったらしい)。
 イスラーム主義の伸張を恐れる政府としては、色々理由を付けてニカーブを締め出したいのですが、学生寮(学生街)でのニカーブ禁止が、市民と学生の反対にあって覆された、というニュースが、この漫画の元ネタです。
 ニカーブが実際上の問題を起こすこともある、というのは事実で、ニカーブを着用した男性が女子寮に侵入、という事件も実際にありました。これはニカーブのせいというよりアホな男が悪いだけですが、治安上の問題にもなり得る、というのは根も葉もないわけではありません(IDカードなどにはニカーブなしの写真が使用され、身元確認時には顔を見せる必要がある)。
 豚インフルエンザにかこつけて「衛生上の問題」で批判しようという向きもありますが、これは幾らなんでもこじつけでしょう。

 個人的には、ニカーブを「禁止」するような政府の方針には反対ですが、一方でニカーブがイスラーム本来のものなのかは疑わしいと考えています。
 F女史にこの話題をぶつけたところ、「ニカーブ支持者の反論」として、こういうものを教えて貰えました。

① ニカーブがイスラーム本来のものなのか(義務であるか)は、確かに判然としない。しかし、もし義務であり、かつニカーブをしていなかったら、審判の日に裁きを受けるだろう。一方、義務ではないのにニカーブをしていても、別に問題はない。だから、ニカーブを着用するのは一種の保険だ。
② ハッジ(マッカへの巡礼)の際には、ニカーブは許されない。神の前で顔を露にしなければならないからだ(これは明白な規定)。この特別な機会の際に顔を露にするということは、普段は隠しておけ、ということだ。

 どちらも根拠としては覚束ないですが、一応理屈としてはこういうものがあるようです。
 とりわけ、①の「保険」の姿勢には、危険が感じられます。「保険」などと言い始めたら、いくらでも保険をかけられるわけであって、ちょっとでも「こちらがマシ」な選択があったら、暗黙のうちに「この選択が絶対」な空気を作る地盤になり兼ねません。イスラームは本来、そんな堅苦しいものではないはずなのですが、「保険」の思想には変な空気の圧力を作り出してしまう弊害があるように見えます。

 F女史曰く「仕方ない理由があれば、義務であっても絶対ではない。砂漠の真ん中で豚以外食べ物がなく、豚を食べないと死ぬのであれば、豚を食べることでも許される」。
 個人の好悪とか政府の意向とか以前に、ニカーブをしていては、働ける職場がかなり限られます。百歩譲ってニカーブが「義務」であったとしても、当該女性が働かざるを得ない状況なら、ニカーブを着用しないことは罪ではないはずです。

 それ以前に、個人的にニカーブを好きになれない理由は、ニカーブが今や、着用していることで「貞淑さ」を演出する、一種の見栄のように使われているからです。
 女が服で見栄を張るのは洋の東西を問いませんから、それ自体が害毒と言いたいわけではありませんが、イスラーム的に褒められないことをイスラームにかこつけて行う、というのは、あまり好ましい行いとは思えません。
 それでも、暴走する方向が「こっち」というのは、欧米や日本の女性の方向に比べれば、ずっと好ましいと思いますけれどね・・・。

 ただ、ニカーブの是非とかヒジャーブの是非という以前に、注意しなければならないのは、外の世界から見て分かりやすいこうした「指標」というのは、当のイスラーム社会では、別段「絶対」ではない、ということです。
 サウジのように法的に縛ってしまっている場合は別ですが(ちなみに、こういうやり方には多くのエジプト人が反感を抱いている)、「ヒジャーブは義務である」と考えているムスリマが、ヒジャーブをしていないムスリマを見たからといって、馬鹿にしたり非難したりすることはないし、友達の場合もあります。ヒジャーブをしているとかしていないとかいうのは、人間を構成する無数の要素の一つに過ぎないし、そんな一点で全否定・全肯定するほど、彼らは単純ではありません。

 なんというか、一人の人間の中に、非常に頭の固い面と、緩やかな面が同居しているようなところがあり、なぜこの間の矛盾が破綻に至らないのか、不思議に感じることも少なくない程です。
 「教条主義的なイスラーム」というのはステレオタイプですが、かといって「実は緩い」というのはやっぱり嘘で、極普通のムスリムでも、結構ちゃんと頭は固いですよ(笑)。「固いか柔らかいか」ではなく、めちゃくちゃ融通の利かないことを言うくせに、三歩歩くと違うことをしている、という「結果としての緩さ」が同居していて、しかも誰もツッコまない、というのが面白いところです。

追記:
 ややこしいようなので、今一度整理します。

・ニカーブ:目以外すっぽり覆うもの。エジプトでは着用率5%未満。ほとんどは黒一色だが、エジプトでは紺色っぽいものもある。よく見るとデザインも豊富。「義務」と考える人と、そうでない人がいる。そもそもイスラームと関係ない、という人もいる(位置づけが怪しい)。
・ヒジャーブ(ヒガーブ):髪を覆うだけのもの。エジプトでは着用率99%。非常にカラフルでデザインも多様。ほとんどの人が「義務」と考えている(位置づけはかなり定着している)。

 チャドルとか、欧米で「スカーフ」と呼ばれているのもヒジャーブです。
 ヒジャーブは単に髪の毛を覆っているだけのものですから、そこ以外は普通の洋服です。肌を露出することさえありませんが(スカートも超ロングで夏でも長袖)、その一点以外は、エジプト人は日本人より遥かに派手です。ヒジャーブと洋服の色を合わせるのにも神経を使っていて、みんな何十枚もヒジャーブ持っているそうです。

 争点になっているのは「ニカーブ」であり、「ヒジャーブ」ではありません。
 ヒジャーブの重要性については、ほとんどすべてのムスリムが一致しているので、万が一政府がヒジャーブを規制しようとしたら、間違いなく暴動になります(笑)。
 エジプト政府は、過激なイスラーム主義の伸張を恐れてはいますが、ムスリムが大多数の国なわけで、政府だってそれなりにイスラーム的要素はあります。単に「行き過ぎる」のを警戒しているだけです。
 一方、サウジアラビアなどでは、「ニカーブ」が逆に法的に義務付けられていますが、こういう「宗教を法律で押し付ける」やり方には、エジプト人は反感を抱いています。
 ニカーブ支持派と言えど、別に「ニカーブを義務化せよ」とか思っているわけでは全然なく、単に「着たいヤツには着させてやれ」と言っているだけです。ニカーブ義務化したりしたら、これまた暴動が起きると思います(笑)。

 フランスの公共の場で禁止されて話題になったのは、「ヒジャーブ」の方です。というか、流石にフランスでニカーブをしようという人はいないでしょう(笑)。
 位置づけについてに合意がほぼ得られている「ヒジャーブ」だから、禁止が猛反対を受けたのであり、仮に「ニカーブ」が対象だったら、少なくともエジプト人なら「まぁそりゃ仕方ないんじゃね」くらいには受け止めたと思います。
 ヒジャーブだけなら、治安などの実際的問題は何もないはずですし、「髪を隠す」というのはムスリマにとってかなり重要な一線ですから、怒る人がいるのは当然です。
 もちろん、法律で禁止され止むを得ずヒジャーブを解いても、「罪」ではないはずですが、抵抗するムスリマの気持ちは非常によく理解できます。
 カリーマ・エルサムニー先生が良い例えをあげていましたが、例えば日本で、ミニスカートが義務化されたとしたら、発狂しそうになる女性がかなりいるはずです。慣れたらどうということはないかもしれませんが、服装とか「肌のここまでなら見せられる」というのは、長年染み付いた習慣であって、そう簡単に変えられるものではありません。ムスリマにヒジャーブを解けというのは、万年パンツの女に「明日からミニスカートで来い」というようなもので、わたしなら会社辞めます(笑)。
 今思いつきましたが、男性が「明日からミニスカートで来い」と言われるようなもの、と言ったら、もっと分かりやすいでしょうか(笑)。いや、全然違う話かな。会社辞めるでしょ。辞めなかったら、色んな意味で男じゃないよ(笑)。

 髪を隠すとか顔を覆うとかと関係なく、「アバーヤ」というズルンとしたワンピース状の長衣がありますが(ほとんどは黒だが違う色もある)、これはイスラームではなくアラブに由来するもの。普通はアバーヤ+ヒジャーブになりますが、ヒジャーブなしでアバーヤを着ている人もいます(わたしココ)。
 アバーヤは「身体の線を出さない」という意味で、よりイスラーム的に好ましいはずですが、イスラームに由来するものでもなく、着ているのは庶民系の人が多いです。単に楽だからだと思います(わたしまたココ)。
 女性用の外套で、厚手の生地のものが多いですが、アバーヤ命な女性は夏でもこれで通していて、しかも下には普通の洋服を着ていますから、ものすごい暑さ耐性です。

 「ガラベーヤ」というのは、同じようなワンピースですが、カラフルな部屋着です。女性はスークのオバチャンみたいな超庶民系以外、これで外出することはありません。ガラベーヤは男性用もあり、庶民系のお父ちゃんたちがガラベーヤ一枚でウロウロしています。ノリ的には浴衣っぽい(笑)。エジプトに由来するもの(イスラームには全然関係ない)。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カリカチュア  ニカーブ  ヒジャーブ  新聞  イスラーム  アラビア語  アーンミーヤ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 二カーブ禁止撤回、ニカーブ支持者の理屈|2009/12/16(水) 07:58:37|
  2. 新聞・メディア
次のページ

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。