スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
  1. スポンサーサイト|--/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CIAに協力しエジプト等で行われる不当逮捕・拷問を国連が告発

CIAに協力しエジプト等で行われる不当逮捕・拷問を国連が告発
国連が告発 アメリカ情報機関のために、エジプトは容疑者を拘束し秘密裏に逮捕している

 国連は、エジプトおよび多くの第三世界の国々で、過去九年間に渡り、テロリスト容疑による拘束と秘密監獄への投獄が行われ、彼らの基本的人権が侵害されており、これがアメリカ中央情報局(CIA)エージェントの依頼によるものである、と告発した。
 四人の独立調査官は、一年を要した226ページにわたる報告書で、三十人の元被拘束者からの聞き取りに基づき、アルジェリア、中国、エジプト、インド、イラン、ロシア、スーダーン、ジンバブエが、治安上の理由もしくは反対勢力のメンバーであるとして、非公開の場所に監禁している、と述べた。また調査官らは、来たる三月に国連人権委員会に提出される予定の報告書で、犠牲者およびその家族には、補償を受け責任者を告訴する権利がある、と付け加えた。
 拷問問題担当として国連に任命されたマンフレッド・ノヴァクを長とする調査官ら、およびテロおよび人権問題担当官マーティン・シェイニンは、秘密裏の拘束の目的は、情報を得たりその人物たちを黙らせるのに、拷問や人権に反する扱いや虐待や隠蔽を容易にすることだ、と述べた。
 報告書の述べるところでは、9・11攻撃の後、前アメリカ大統領ジョージ・ブッシュが「テロとの世界的戦争」を宣言し、グアンタナモ刑務所やその他の「ブラックな場所」を設置し、そこに国内法の範囲を超えてアル=カーイダの被拘束者が収監された。また、アメリカ中央情報局(CIA)のエージェントが、そこに特殊な秘密の場を設け、被拘束者から「高付加価値」の情報を引き出した。
 報告書は、エージェントが人権に関して評価の低い協力者たちに対し、彼らのために秘密裏の拘束および尋問と拷問を行うよう求めた、と強調している。それらの国々とは、エチオピア、ジブチ、ヨルダン、モロッコ、パキスタン、シリア、タイ、ポーランド、およびルーマニアである。
 民主主義推進団前代表ナガード・イル=ブルイーは、エジプト政府が独立委員会を組織し、この報告に対する回答を準備し、これをエジプト国民に公表するよう求め、報告の中にあることは二年前から繰り返されていたことだ、と示した。同時に、人権団体らが政府に対し、自らの立場を表すよう求めた。本紙に対し、エジプトとアメリカ合衆国の関係は戦略的なものだが、それは、この地において相手国のために拷問の罪を犯すまでのものではない、と述べた。
 テロおよび人権問題担当マーティン・シェイニンは、およそ五ヶ月前にエジプトを訪れ、外務省、公正省および内務省の責任者らに会い、テロ対策法と人権、拷問の問題についての議論に触れていた。

 この問題は英語圏でも大きく報道されているので、真実性の高いものでしょう(例によって現時点では日本語報道が見当たらない)。
 ある日突然公安がやってきて、「その後の彼を知る者はいない」なお話は、エジプトでは時々聞くものです。シリアなんかもっと多いんじゃないか、という気がしますが(偏見すいません)。
 それにしても「テロリストを炙り出す」なら、最大のテロリスト輸出国であるサウジアラビアがリストにないのはどういうことでしょうね。

 CIAの「拷問のアウトソーシング」を扱った映画Rendition



 町山智浩さんによる紹介記事:恐怖のレンディション - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

 全然関係ないですが、スーダンは「スーダーン」が発音が近いし、イランもエジプト人は「イーラーン」のように発音しています(ペルシャ語の正確な発音は知らない)。シリアも「スーリヤー」が近いし、ヨルダンは「ウルドン」、カタールは「カタル」の方がずっと原音に似ています。アルジェリアに至っては「アルジャザーイル(アルガザーイル)」だし、モロッコは「アルマグリブ」でしょう。
 ちょっと英語表記の日本語読みに偏りすぎですが(前に書きました)、まぁ「原音に忠実」も難しい話で、結局国名なんてそれぞれの国で勝手に発音しているし、正式国名になるとまたややこしかったりするので、定着している呼び名で良いようにも思います(一応スーダンだけお隣のよしみで「スーダーン」と書いてみましたw)。大体、日本だってジャパンじゃない!
 エジプト人もポーランドは「ボーランド」、パキスタンは「バーキスターン」ですしね。わたしも発音なんて自信ないし、なるべく似た感じ、くらいで良いんじゃないですかね。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アメリカ  CIA  人権  拷問  テロ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. CIAに協力しエジプト等で行われる不当逮捕・拷問を国連が告発|2010/01/28(木) 17:53:31|
  2. 新聞・メディア

指標としてのユースフ・アル=カルダーウィー

100125.png

フォーリン・ポリシー「イル=カルダーウィーの反対者たちは、彼を『アラブの冷たい戦争』の原因と考えている」

 アメリカの作家で高名な中東政治研究者マーク・リンチは、ムスリム・ウラマー世界連盟会長ユースフ・アル=カルダーウィーを、この地域の諸問題に対するアラブの一般的意見を感じ取ることにおいて「最もよく認識している」と表した。議論をまとめることで「多くの実績」がある上、彼が公衆の意見を率いれば、多くがこれに従う。
 リンチが一昨日、アメリカの「フォーリン・ポリシー」誌の記事で語ったところではアル=カルダーウィーの反対者たちは、彼をこの地域における「アラブの新たなる冷たい戦争」の原因と考えている。この戦争は、ガザやハマースやアブー=マーゼン(訳注:ファタハのマハムード・アッバース議長のこと)に対する立場、そしてイェメンでの出来事についての彼の考えを巡り勃発したものだ。彼の意見はアル=ジャジーラで放送され、インターネットの世界中のサイトで広まっている。
 このアメリカの研究者が付け加えるところでは、この「反目」をフォローすることは、アラブ政治において現在、何が地域を分裂させ、感情を刺激しているのかを観察するための「優れた窓」である。アル=カルダーウィーは、いくつかの政治的議論の中心点だったのだ。
 彼は、世界中のイスラーム・ネットワークから幅広い共通の部分を作り上げる人物で、テレビスターであり、多くの著作を表し、ハマースを擁護し、世界的ムフティー(訳注:ファトワ-を出す人、イスラーム法学者)の立場からインターネットにおけるイスラーム指導者とみなされている。
 「フォーリン・ポリシー」でリンチは、アラブの諸問題に対する彼の立場は、アラブの一般的意見からの答えを測るのに最も益があり、と示した。アル=カルダーウィーは人気があり、注目を惹く能力があり、とりわけ彼の近著「ジハード法」以降は著しい。この著書で彼は、占領への抵抗が認め、アル=カーイダについては世界に狂気の戦争の火を放ったものと非難している。
 リンチは、近年にアル=カルダーウィーを巡り議論を刺激したものとして、四つの主題を挙げている。その第一のものは、エジプト政府による金属障壁建設を、ガザ包囲を強化し、合法的でもなければシャリーアに反する、としたファトワ-で、これはエジプトの怒りを買った。
 第二のものは、ムスリム同胞団の新指導者にムハンマド・バディーアを選出することに対し、沈黙を保ちコメントを拒んだことだ。これは彼にとって「予期せざること」だった。次は、イェメン政府とアル=ホウシ族の戦争を仲裁すべくサルマーン・アル=アウダらイスラーム宗教者への彼の書簡に関するもので、最後にファトハとハマースによるパレスチナの内部分裂がある。アル=カルダーウィーはエルサレム防衛を呼びかけ、パレスチナ当局を批判した。

 ユースフ・アル=カルダーウィーはエジプト人ですが、ムスリム同胞団への関与により最終的に国外追放、カタル在住。
 Wikipedia : ユースフ・アル=カルダーウィー

 マーク・リンチによる元記事は、多分こちら
 Foreign Policy
 フォーリン・ポリシー誌ブログ「パスポート」日本語版

 著作などを読んだこともないので、極めて大雑把なことしか言えませんが、アル=カルダーウィー氏の意見というのは、多くのエジプト人の共感を呼ぶものに見えます。逆に言えば、「アラブ人ムスリム」の最大公約数的な妥当な意見を言っている、とも言えますが。
 個人的にも割と共感しますが、「パレスチナの戦いは侵略に対する防衛であり、外部に対する戦い故に肯定される、テロは内部に対する暴力であり肯定できない」等と「正論」(少なくとも、多くのエジプト人にとってこれは「正論」だし、わたし個人にとっても「正論」だ)を言っているだけでは埒があかないという一面もあります。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  アメリカ  ユースフ・アル=カルダーウィー  イスラーム  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. 指標としてのユースフ・アル=カルダーウィー|2010/01/26(火) 02:35:02|
  2. 新聞・メディア

ビン=ラーディンは世界で最も知られた顔

ビン=ラーディンの記事
ビン=ラーディンの記事 posted by (C)ほじょこ

タイムズ紙:ビン=ラーディンは世界で最も知られた顔

 アフガニスタンのアル=カーイダ組織の指導者ウサーマ・ビン=ラーディンが、アメリカのタイムズ紙のこの十年間で最も影響力のあった人物リストで、第七位に登場した。このリストで、ビン=ラーディンは、西洋にとって脅威の象徴であり、等しく殺し、戦った、とされている。また同紙は昨日、この十年間での最も重要な人物五十名のリストのリポートで、ビン=ラーディンは地球上で最も知られた顔、とした。2001年には、アル=カーイダとその指導者たちが「健在」であることを示すために、24本の音声付きビデオを出した。英紙は、ビン=ラーディンの行方は依然「不明」であり、おそらくこの十年間は「指導的人物」であり、ビン=ラーディンの人物像は「不可視的」である、と述べた。

 ビン=ラーディンがエジプトの新聞で話題になることは多くなく、大分前に見た記事も「ビン=ラーディンの妻の告白によると、彼は電化製品全般を嫌っていて、冷蔵庫の使用も許可しなかった」といったどうでもいい内容でした。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ウサーマ・ビン=ラーディン  アメリカ  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ビン=ラーディンは世界で最も知られた顔|2009/12/16(水) 05:03:06|
  2. 新聞・メディア

ドイツ法廷でのムスリマ惨殺事件、2009年の衝撃的事件で第四位に

マルワさん事件
マルワさん事件 posted by (C)ほじょこ

マルワ・イル=シャルビーニー事件、2009年の衝撃的事件で第四位に

 米タイム誌は2009年に最も世間を騒がせた事件のリストを掲載し、そこでエジプトの薬剤師マルワ・イル=シャルビーニーの事件が第四位となった。この他に、世界中の十の事件が含まれている。
 様々な分野のリストを含むこのリポートは、この事件がイスラーム世界全体で注目を集めたことを示し、彼女を「ヒジャーブの殉教者」と表した。彼女がロシア系ドイツ人の過激派によって、ヒジャーブの着用を理由に殺されたからだ。
 イランでバハーイー教の宗教指導者七名が投獄された事件が、宗教的な世界的事件で第九位を占めた。彼らは、イスラエルのための諜報活動を行いイスラームを侮辱した、というイラン政府当局の「主張」以外に、何の公的な容疑もないまま、一年以上投獄された。リポートは、アメリカ合衆国国際信教の自由委員会委員長のレオナルド・レオの、「バハーイー教徒に対する容疑は何の正当性もなく、単に好ましくない宗教的少数派に対する抑圧の口実にすぎない」との言葉を伝えている。
 コペンハーゲン気候サミットが、国際環境問題で第一位を占めた。京都議定書に代わる協定の合意のために二年間続けられた協議に「戴冠」すると思われていながら、現在のところサミットは、排出の責任があるのは途上国なのか先進国なのかを巡って忙殺されている。

 「テロリスト」等の暴言を受けたことから訴えたところ、法廷内でメッタ刺しにして殺される、という凄まじい事件であるにも関わらず、日本ではあまり取り上げられていないようです。

参照:
Wikipedia : Murder of Marwa El-Sherbini
ドイツでイスラム女性刺殺/「差別」とエジプトで反発―四国新聞社

 マルワさん事件では、エジプトと並んでイランで激しい抗議活動がありましたが、そのイランでの宗教弾圧が一緒に取り上げられているのが興味深いです。この二つを敢えて並べて記事にしているのは、おそらく意図的でしょうが、センスの良さが伺えます。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  マルワ・イル=シャルビーニー  ドイツ  アメリカ  イラン  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. ドイツ法廷でのムスリマ惨殺事件、2009年の衝撃的事件で第四位に|2009/12/13(日) 05:21:23|
  2. 新聞・メディア

オバマ大統領の祖母、巡礼を延期

オバマおばあちゃん
オバマおばあちゃん posted by (C)ほじょこ


オバマの祖母、在ケニアサウジアラビア大使の交代により巡礼を来年に延期

 オバマアメリカ大統領の祖母ママ・サーラ・オバマは、巡礼の義務を執り行うことを来年に延期することを決めた。彼女の巡礼願いを受け取っていた在ケニアサウジアラビア大使の交代により、巡礼手続きの完了が遅れたためだ。さらに、リビアのオバマ氏(訳注:ママ・サーラの旦那さん、オバマ大統領の祖父のこと)が、飛行機の予約の問題で三日間遅れた。ママ・サーラの巡礼は、とりわけ彼女の孫バラク・オバマ大統領の勝利の直後、彼女をキリスト教に改宗させる試みのニュースが広まってから、メディア全体に大きな反響を呼んでいた。彼女はこれをきっぱりと拒み、ムスリマとして生まれ、生き、やがて死ぬと確言した。オバマ氏は語る。「新しいサウジアラビア大使には会っていないし、ナイロビに到着しているかどうかも知らない」。また、こう付け加える。「様々なアラブの上層から、多くの誘いを受け取っている。巡礼の義務を今年果たしたかったが、おかげさまで、UAEのスレイマーン・アル=ファヒード氏の誘いに応え、ウムラ(訳注:決められた期間以外に巡礼を行うこと。正式な巡礼とはされない)を近いうちに果たせることになった。来年には聖なる神の家を訪れることができるよう願っている」。ママ・サーラは、巡礼の延期で、悲しみの表情を浮かべている。八十六歳を越える生涯で初めての巡礼のために、巡礼の衣装も用意してあったのだ。彼女は言う。「これはアッラーの意志でしょう。近々ウムラに行き、来年巡礼ができるまで、アッラーがわたしの寿命を保って下さることを願っています」。


 オバマ大統領だってそれなりの年齢なのに、そのおばあちゃんというのがすごいです。既に彼女は曾孫まで見ているわけですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  ケニア  アメリカ  サウジアラビア  オバマ  巡礼  新聞 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. オバマ大統領の祖母、巡礼を延期|2009/11/18(水) 05:11:09|
  2. 新聞・メディア

エジプトでの豚インフルエンザ、アスワーン方言とフスハー

 今日は、いつも習っている先生以外の学校で、初のお試し授業。
 今習っている先生は、付き合いも長いので切るつもりはないのですが、経営者でもあるため非常に多忙で、最近は特に家庭の事情で度々授業が流れます。ちょっとイライラするので、他の学校と併用することにしたのです。
 家庭教師派遣ではなく、学校での一対一もしくはグループレッスン。今の先生よりいくらか割安ですが、期待していた程安くありません。
 でも、場所が決まっているというのは安心感があるし、わたしが訪れた時はマネジャークラスらしい先生以外は全員女性で、ほぼみんな愛想が良かったです。こちらに来て以来、話す相手には事欠かないものの、大家さん一家を除くと他はほぼ全員男性です。これはちょっと不自然だし、エジプトではかなり異常なことなので、女の先生に教えて貰えるのは良いかな、と思いました。
 担当して頂いたF先生は礼儀正しくフスハーもキレイで、質問したところは板書のようにメモに書いてくれます。
 今日は豚インフルエンザ(日本での「新型インフルエンザ」はエジプトでは「豚インフルエンザ」と呼ばれているし、英語圏のメディアでもほとんど「豚」だと思います)の話題になり、わたしが「豚インフルエンザは、世間で騒いでいるほど危険なものじゃない。普通のインフルエンザだって危険は危険だし、誰でも病気になる時はなる。わたしは豚インフルエンザより、人々の恐怖が怖い」と言ったところ、「わたしもそう思う。インフルエンザが怖い怖いと恐れていると、かえって身体が弱くなる。やたら恐れるべきではない」と同意してもらえて、非常に楽しく話せました。
 彼女は「寿司が好き」と言っていて、エジプト人には珍しいです。以前に「日本人は毎日寿司を食べている」という誤情報を他の日本人からインプットされてしまったようで、「いや、普通の人は毎日寿司なんか食べない。寿司は日本でも高い」と言っておきました。わたしの情報が正しいですよね? それともみんな毎日お寿司を食べているんですか?
 肉をほとんど食べないわたしに対し、彼女は「肉はなんでも好き!」だけれど「ウサギだけは食べない」そうです。子供の頃うさぎを飼っていて、それを食べるなんて言語道断だと信じているわたしにとっては、癒される嗜好でした。
 それにしても、ダブルスクール状態になって、ますます経済状況が逼迫してきました。稼がないと帰りの切符が買えません。

 新聞の見出しでは連日豚インフルが話題にされていて、メトロではヒジャーブの裾で口元を覆っている女性も時々いるのですが(マスクも極稀にいる)、エジプトではこれはかなり異様な振る舞いです。先生も「あれは変だ」と言っていました(日本では花粉症等によりマスクをする習慣があるので、別にしたければしても構わないと思いますが)。
 もちろん、病気は怖いし、豚インフルも危険は危険でしょうが、危険なんて言い始めたら、カイロでは道路の横断の方が遥かに危険です(笑)。食中毒が怖かったら買い食いもできません。人間、誰でも病気になる時はなるし、問題の一つや二つはあるもので、最後には必ず死にます。すべてはアッラーの意志でしょう。恐れて縮こまるのは愚かなことだし、武道やスポーツと一緒で、恐怖に負けると、避けられる打撃もかわせなくなると思います。
 わたしは自分の恐怖が一番怖いです。

 夕方にいつものS先生の授業。
 今日の授業で、アスワーン方言について面白い話を聞きました。
 シャルムに行った時に、アスワーン出身者がقلبを「ガルブ」と発音していたのですが、アスワーンではقはg音に変化するそうです。カイロ方言のأへの変化に比べると、大分穏やかです(それだって外国人が聞いたら厳しいですが・・)。
 アスワーン方言全般に、カイロ方言(いわゆるエジプト方言)に比べると、フスハーに近い、とのことです。
 例えば、
كيف حالك؟(カイファ・ハールカ? ご機嫌いかがですか?)
は、カイロ方言では「イザーィヤック?」とまるで違う形になりますが(howに相当する疑問詞自体が跡形もなく変形している)、アスワーン方言では「ケーフィック?」または「ケーフ・ハーラック?」で、文字に起こしたら同じになるくらい、近いです。
 地方になればなるほど、外部社会との交流が少なく、諸外国語からの影響も少ないため、古いアラビア語が残っている率が高くなるのでしょう。それでも、カスラ(i音)に引っ張られるところはカイロ方言と共通しているのが面白いです。エジプト人、本当にカスラ好き(笑)。二人称人称代名詞の性が、直前の母音で代替表現されるのも一緒のようです。
 以前にDさんが言っていた「ベドウィンは生まれた時からフスハーだけ話している」というのは極端にしても(不正確な情報)、彼らの方言もまた、カイロ方言に比べればフスハーに近いのではないかと思います。
 ますますアスワーンに行きたくなってきました。

 今日得たマメ知識「砂糖に蟻がたかっていたら、砂糖ごと直射日光の下に置いておくと、蟻がいなくなる」。
 本当でしょうか。一回お砂糖に蟻がたかって丸ごと捨てて以来、砂糖を買うのをやめたのですが、機会があれば(あんまり嬉しくない)試してみます。紫外線パワーが強力なエジプトならではの方法なのかもしれません。
 ちなみに今、エジプトではお砂糖の値段が上がって、庶民の暮らしを直撃しているのですが、彼らのお砂糖への愛は尋常ではないので、このマメ知識も本当かもしれません。砂糖の入れ物に「塩」と書いて蟻が来るのを防ぐ、というジョークもあります。

 今日の授業中、珍しくS先生がアメリカの悪口を言っていました。
 外国人相手の商売をしているせいか、特定の国をネガティヴに言うことはほとんどないし、「どんな国にも良い人と悪い人がいる」という当たり前のことはよくよく認識しているのですが、それを差し引いても「すべてではないが、アメリカ人には傲慢な人が多い」とこぼしていました。
 何かというと歴史の長さやら中世のイスラーム全盛時代を持ち出すエジプト人もどうかと思うし、日本人も謙虚というより単にお人好しで話下手なだけじゃないのか、という気がしないでもないですが。

 夜に大家さんとその娘がやってきて、何故か部屋のソファを交換していきました。何となくグレードアップした気がしますが、一体なぜソファを交換してくれたのか、今もって理解できていません(笑)。
 それより洗濯機の方が重要ですが、明後日にとうとう到着するようです。明後日と言われたら再来週くらいに思っておいた方が安全ですが、もうすぐ三ヶ月になろうとするカイロ生活で、遂に洗濯機が我が家にやってくるかもしれません、インシャアッラー。
 今日の新聞で、豚インフルエンザのせいで夏休みが伸びまくっていた学校がとうとう始まった、というのを読んだのですが、大家さんの娘もその話をしていました。マスクをして学校に通っているそうです。
 学校を休校にしたくらいで感染拡大が防げるとは思わないし、学校の外で接触してしまえば一緒のことだと思いますが、エジプトでは特に女の子は家に篭る時間が長いので、日本における休校よりはいくらか意味があるかもしれません。
 わたしはすべてをアッラーに預けて、予防は手洗いとうがいくらいにしておきます。豚インフルの前に車に轢かれないように気をつけます。

馬に乗る人の絵
馬に乗る人の絵 posted by (C)ほじょこ
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
人気ブログランキングへ
エジプト  カイロ  留学  アラビア語  アーンミーヤ  学校  アスワーン  アメリカ  砂糖  豚インフルエンザ 

テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

  1. エジプトでの豚インフルエンザ、アスワーン方言とフスハー|2009/10/05(月) 07:18:19|
  2. エジプト留学日記

スポンサードリンク

ランキング

最新記事

カテゴリ

エジプト留学日記 (127)
エジプト留学雑記 (43)
アレキサンドリアの旅 (1)
シナイ半島の旅 (6)
ルクソール・アスワーンの旅 (7)
新聞・メディア (123)
留学まとめ (8)
試論・雑記 (9)
未分類 (0)

月別アーカイブ

サイト内検索

アラブ・イスラームおすすめ本

アラビア語の教科書

エジプトの写真

タグ

エジプト カイロ 新聞 留学 アラビア語 アーンミーヤ イスラーム 食べ物 文化 動物 日本 サッカー 日本語 エルバラダイ 治安 選挙 医療 イスラエル 交通 政治 恋愛 観光 男女 フスハー アルジェリア ラマダーン ルクソール アメリカ IT ガザ地区 英語 学校 映画 クルアーン パレスチナ アムル・ムーサー 大統領 社会 経済 中国 ニカーブ 精神医療 労働 シャルム・ッシェーフ アパート エルサレム ドイツ ナイル川 豚インフルエンザ 物価 テロ スポーツ ビーチリゾート 病気 ダハブ 音楽 生活 ナイル 写真 ホテル イード・ル=アドハー 衛星放送 ハマース ガス 勉強法 辞書 教科書  シナイ半島 信仰 小説 気候 買い物 エジプト航空 長距離バス アスワーン マシュラバ コプト インドネシア カリカチュア ロシア ロバ 貧困 停電 身体障害者 アニメ バス ネット 自殺 トルゴマーン トゥクトゥク 電話 洗濯機 風邪 記法 カタル アバーヤ ロボット  ケニア ザマーレク ラムスィース エレベータ 電車 環境問題 アラーゥ・アル=アスワーニー トルコ イギリス ユダヤ フェミニズム ムスリム同胞団 ミウザナ ラクダ 男女関係 乞食 インフラ 大学 クウェート マルワ・イル=シャルビーニー イラン ダンス 大統領選 法律 衛生 キリスト教 サウジアラビア お酒 水道 洪水 教材 遺跡 Google マクハー スウェーデン ジョーク タウフィーク・アル=ハキーム 古代エジプト 子供 喧騒 スイス オールドカイロ コカコーラ 賄賂 モガンマア ビザ 自動車 ヘブライ語 イントネーション ジェスチャー 原爆 シリア トンデモ アル=フサリー 陰謀説 排外主義 ピラミッド タンターウィ コシャリ スーパー 商業 ダム イスラーム主義 看板  教師 イスラーム地区 エチオピア コンゴ google 動物園 タヒーナ 携帯電話 ダウンタウン 倫理 メトロ リスク 大気汚染 グローバリズム スーフィー 孤児   オーストラリア ムハンマド・へニーディ グラスボート ハリーグ・ッナアマ 煙草 オールドマーケット ベドウィン 礼拝 イフタール シャルム・イッシェーフ ナイトクラブ 護身 短剣 貧富の差 パピルス 否定文 ショッピング 砂糖 ヘルワーン 化粧品 お土産 アレキサンドリア アルジャジーラ子供チャンネル 仕事 CM 言語 アルアファーシー  服装  書籍 正書法 ラファフ サファリパーク 民主主義 長者番付 道徳 寛容 家族制度 開発 アーシューラー サッカーラ 名誉殺人 ウルフィー 家父長制 人口爆発 性犯罪 イスラームヘイト ヒジャーブ キファーヤ カイロ大学 セクハラ  ファイスブック  臓器売買 EU 憲法 表記 ウサーマ・ビン=ラーディン 大統領選挙 ガーダ・アブドゥルアール ナギーブ・マフフーズ カタカナ ナンパ タイ クリスマス 汚職 健康保険 西岸 行政 麻薬 スーダン 農業 イブラーヒーム ムバーラク 憲法改正 シャルム・ッ=シェイフ 訃報 タンターウィー エネルギー アズハル 少子高齢化  試験 飛行機 豪雨 日本人 スンナ 天皇陛下 ファルド アスワンハイダム ユースフ・アル=カルダーウィー 清掃 リビア 道路 拷問 CIA 人権 ウクライナ 痴漢 アル=アファーシー 風刺漫画 ユダヤ教 湾岸 おしん サマータイム ウナギ文 ヒズブッラー 日本語教育 リンゴ セイフティネット  地域社会 電化製品 UAE   戦争 軍隊 徴兵制 ファストフード 接客 ストリート アザーン 陰謀 建築 翻訳 北朝鮮 歌詞 ヒシャーム・アッバース  エジポップ 字幕 ワールドカップ カルナック フルーカ 方言 安宿 断食 休暇 下水 王家の谷 王妃の谷 アイデンティティ ターハー・フサイン バックパッカー 砂漠 ハトシェプスト女王葬祭殿 メムノンの巨像 漫画 マアラ イラク フランス アラブ諸国 巡礼 オバマ オペラ 発音 イメージ シーフード  人生 文学  老人 書店 結婚式 

検索フォーム

RSSリンクの表示

プロフィール

ほじょこ

Author:ほじょこ
アラビア語修行にエジプト留学して帰国。翻訳やっています。お問い合わせは下のフォームから御気軽に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。